一人でできるスモールビジネス12選!個人経営のメリットやデメリットを徹底解説!

スモールビジネスは、数名のスタッフや仲間すら集めず一人で行うことも可能です。

「一人でスモールビジネスを立ち上げたい」「何ができるか一覧したい」と思っている人は多いでしょう。

この記事では、一人でできるスモールビジネスを4つのジャンルで12選紹介します。

一人で設立できる法人や、一人のスモールビジネスのメリットやデメリットなども解説しているので、これらの知識もぜひ参考にしてみて下さい。

この記事を読んで分かること

  • 一人でできるスモールビジネスには何があるか
  • クリエイティブ・物販などのジャンル別に12選を紹介
  • 一人で設立できる会社・法人の種類
  • スモールビジネスを一人で実践するメリットとデメリット

なお、一人でできるスモールビジネスの中で、最も稼ぎやすいものは「スマホ副業」です。

そのスマホ副業の中でも、特に収益性が高く月収100万円も目指せるビジネスは、下のサイトで紹介しています。

他のスモールビジネスを展開する資金を貯める上でも役立つビジネスなので、ぜひ下のリンク先で詳細を確認していただけたらと思います。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【クリエイター系】一人でできるスモールビジネス3選

【クリエイター系】一人でできるスモールビジネス

一人でできるスモールビジネスの代表は「クリエイティブ系」です。

ここでは、それらの中でも特に代表的なものを紹介していきます。

(また、ここで紹介するビジネス以外の「スモールビジネス全般」の始め方は「スモールビジネスの始め方」のページで詳しく解説しています)

ライティング

Shinobiライティング出典:Shinobiライティング

ライティングは文章を書く仕事で、特にウェブ用の文章を書く「Webライター」のお仕事が始めやすいものです。

Webライターは未経験から始めることも可能であり、実際に多くの人がまったくの未経験からスタートし、専業ライターになっています。

Webライター業の始め方のページを読むと、具体的にどのように始めればいいかがわかるでしょう。

デザイン

主にWebやチラシなどのデザインを行います。

デザインの副業もライティングと並んで一般的なものです。

特に多いのはバナー作成の副業で、デザイン未経験でもバナーのお仕事であれば簡単に獲得できます。

YouTube

YouTube出典:YouTube

YouTubeもクリエイティブ系のスモールビジネスの代表です。

昔と比べて現在はYouTubeで稼ぐことが難しくなっていますが、市場自体は大きくなっているため、いいコンテンツを作れるYouTuberならチャンスはあるものです。

YouTuberになる方法については「YouTuberのなり方」、効率的に稼ぐコツについては「YouTubeで稼ぐ方法」の」ページで、それぞれ詳しく解説しています。

YouTuberになる場合、最初の難関はYouTubeの収益化をすることです。

(一定の条件をクリアするまで、広告を貼るなどの収益化はできません)

逆に、その難関さえクリアできたら、後は良質な動画を作り続けることで、大きく稼げる可能性のあるスモールビジネスです。

以上がクリエイティブ系のスモールビジネスで一人でできるものですが、やはりいずれもスキルが問われます。

参入障壁が低くやりがいがあるため、それだけライバルも多いということです。

結果、3つとも稼ぎにくいビジネスになっており、稼ぐことが目的であれば、別のスモールビジネスを手掛けることをおすすめします。

下のサイトのビジネス(スマホ副業)なら、誰でも簡単に月収100万円を目指せる内容なので、ぜひこちらのノウハウも参考にしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【物販系】一人でできるスモールビジネス3選

【物販系】一人でできるスモールビジネス

ネットショップなどを利用した物販の事業も、一人でできるスモールビジネスです。

ここでは、物販のスモールビジネスで特に一人で行いやすいものを3つ紹介します。

輸入ビジネス

輸入ビジネスは、中国や東南アジアなどから輸入した商品を日本で売るものです。

仕入れではebayなどの越境ECサイトが使われることがほとんどです。

特に中国語や英語、その他の外国語を使いこなせる人には有利な分野です。

こうした輸入ビジネスで稼げる人の条件や稼ぐコツは「輸入ビジネスで稼ぐには?」のページで詳しくまとめています。

また、外国語ができる人は海外の成功事例を学んで日本に持ち込むのもおすすめです。

海外の成功事例については、下のページで詳しく解説しています。

海外のスモールビジネス事例10選!ユニークな成功例やアイディアを徹底紹介!

Tシャツ販売

Tシャツトリニティ出典:https://www.ttrinity.jp/

Tシャツを自分でデザインして販売するビジネスです。

Tシャツのデザイン販売ができるサイトは近年多数登場しているため、お手軽に始めることができます。

実際に筆者が「ClubT」でデザインしてTシャツを販売した手順を、写真とともに「ClubTの評判」のページでまとめています。

ハンドメイド

ミンネ出典:ミンネ

ハンドメイドは、文字どおり手作りの作品をネットで販売するスモールビジネスです。

下記のようなハンドメイドサイトに商品を出品する方法が、始め方としては一般的です。

  • minne(ミンネ)
  • iichi(イイチ)
  • Creema(クリーマ)

ハンドメイドは基本的に趣味の延長と考えられており、稼ぐのには適していないともされます。

しかし、気仙沼ニットのような成功しているスモールビジネスで、完全ハンドメイドを特色としているものも多くあります。

このため、やり方次第ではハンドメイドも「一人でできるスモールビジネス」として、大きなものになるでしょう。

以上が物販系のスモールビジネスですが、やはりいずれもまともに収益を安定させるのは難しいものです。

物販を本業としつつも、より稼ぎやすい副業的な収入源を持っておくのがいいでしょう。

そのような収入源として、最もオススメできるのは下のサイトのビジネスです。

1日5分などの隙間時間でスマホ1台で稼げるため、ぜひ物販と並行して取り組んでみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【コンサル系】一人でできるスモールビジネス3選

【コンサル系】一人でできるスモールビジネス

一人でできるスモールビジネスの中には、コンサルティングやコーチングを行うタイプのものもあります。

ここでは、そのような「教える系」のスモールビジネスを紹介していきます。

有料note販売

note出典:note

最も手軽にスタートできるコンサルティング業務は有料noteの販売でしょう。

有料noteは詐欺という批判も一部で見られますが、情報商材と比較して圧倒的にイメージが良いものです。

実際、今までは表に出てこなかった有益なノウハウが、有料noteでは多数販売されています。

あなたにとっては当たり前のことでも、他の業界の方や未経験の方々からしたら貴重な情報ということは多いものです。

そうした情報を発信することは、社会にとっても有意義であると考えてください。

情報商材販売

ブレイン出典:Brain

情報商材は有料noteと似ていますが、有料noteよりもさらにギラギラした内容が多いものです。

有料noteと比較すると、高額なものが多い・怪しい内容が多い、という特徴があります。

全体的にイメージが悪いため「情報商材は怪しい」という声はしばしば聞かれます。

ただ、人に情報を教えて対価をもらうこと自体は、本来正当なものです。

(経営コンサルタントなどの仕事がまさにそれです)

このため、正しい内容の教材を売っている限りは、情報商材は正しいスモールビジネスといえます。

その情報商材をいかに販売するかは「情報商材の売り方」の記事でまとめているため、ぜひチェックしてみてください。

また、自ら情報商材を制作するのではなく情報商材のアフィリエイトをする稼ぎ方も、1つの選択肢です。

コーチ・コンサルタント

コーチ出典:https://service.visasq.com/

コーチングやコンサルティングも一人でできるスモールビジネスです。

最近は副業でコンサルタントを行う人も増えています。

また、そのような人材を募集するマッチングサイトも多数登場しています。

まずはそのようなサイトに登録するところから、コーチやコンサルタントとしての実績を積み重ねていくのがいいでしょう。

以上のとおり、コンサル系でも一人でできるスモールビジネスは多数あります。

しかし、実績のない人がコーチングやコンサルティングをいきなり行うのは難しいものです。

有料noteなどは始めるハードルは低いものの、実際に売れるかというと別問題です。

やはり、スモールビジネスを始めるのであれば、最初は確実に稼げるビジネスから始めるのがいいでしょう。

そのようなビジネスは下のサイトで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【サービス系】一人でできるスモールビジネス3選

【サービス系】一人でできるスモールビジネス

サービス系でも一人でできるスモールビジネスは多数あります。

ここでは、それらの中でも特に始めやすいものを紹介していきます。

(なお、サービス系は特に稼ぎやすいスモールビジネスですが、その他の稼げるビジネスは「儲かるスモールビジネス」のページでも詳しくまとめています)

スマホビジネス

スマホビジネスは「スマホ1台で稼げる」ビジネスの総称です。

多くのスマホビジネスのノウハウがリリースされていますが、特に稼ぎやすいものとして、下の3つが挙げられます。

特に稼ぎやすいスマホビジネス

いずれも、1日5分などの隙間時間で作業でき、最大で月収100万円を稼ぐことも可能という、収益性の高いビジネスです。

スマホビジネスのより詳しい内容は「スマホ副業」のページでも解説しています。

チャットレディ

ビーボ出典:https://vi-vo.link/lady/

チャットレディは、男性とライブチャットをして稼ぐビジネスです。

起業という感じはありませんが、下手な起業よりは稼ぎやすいものです。

女性起業家でも、もともとはキャバクラ嬢や銀座のホステスなどをして資金を貯めたという人は多いものです。

チャットレディはそのネット版だと考えるといいでしょう。

男性とのコミュニケーションを取りながら、会話力やコミュ力も磨かれていくため、ビジネスのプラスにもなります。

メールレディ

モア出典:https://lady.moa-app.com/

メールレディはチャットレディのメールのみで稼ぐ版です。

主に男性とメールのやり取りをし、その回数分だけ報酬になります。

チャットレディと同じく「起業」というイメージではないものの、月収で50万円以上を稼ぐメールレディは多く存在しています。

起業は初年度の年収が10万円などの話もよく聞かれるため、そうした現実と比較すると、メールレディは「自力で稼げる立派なスモールビジネスといえます。

(上の10万円というのは月収ではなく年収です。一般的な起業ではこのくらいのことはごく普通にあります)

メールレディには危険なイメージもあるでしょうが、実際危ない部分もあるため注意が必要です。

そのような注意点については「メールレディは安全?」の記事で詳しくまとめています。

また、どのメールレディサイトを使うべきかについては「おすすめのメールレディサイト」のページをご覧いただけたらと思います。

以上がサービス系のスモールビジネスですが、やはり圧倒的に稼ぎやすいのはスマホビジネスです。

そのスマホビジネスの中でも、最も稼げるビジネスは下のサイトで紹介しています。

特別なスキルや知識など一切不要で稼げるものなので、ぜひ詳細をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

一人で会社は設立できる?

1人で会社は設立できる?

スモールビジネスを会社組織として行いたい場合もあるでしょう。

ここでは、1人での会社設立のルールを説明します。

株式会社・合同会社・合名会社は可能

1人で法人化する場合、ほとんどは株式会社か合同会社です。

この両者は、下のとおりどちらも代表1人で設立可能です。

会社法の制定によって、合名会社・合同会社・株式会社それぞれについて、一人会社として存続することが認められた。
一人会社|コトバンク

(文章では「存続」となっていますが、設立も可能です)

なお、スモールビジネスから法人化して起業する場合は「スモールビジネスからの起業」のページを参考にしていただけたらと思います。

一般社団法人は2人、NPO法人は10人必要

一般社団法人は理事1名・社員2名が必要です。

理事と社員は兼任できるため「2名いれば設立できる」ということです(配偶者や親などに頼むケースが多く見られます)。

NPO法人は10名必要です。

この理由は10人集まらない程度の活動では、公益性がないと考えられるためです。

ちなみに、法人設立はfreeeで依頼すると、リーズナブルかつ簡単にできます。

起業後の会計もfreeeを導入すると非常に便利かつ正確になるため、ぜひ下の公式サイトでサービスの詳細をチェックしてみてください。

freeeに
今すぐ登録する!

スモールビジネスを一人で行うメリット

スモールビジネスを1人で行うメリット

スモールビジネスを一人で行うことには多くのメリットがあります。

ここでは、それらのメリットを3つ解説していきます。

コストがかからない

スモールビジネスのメリットは、第一にコストがかからないことです。

真っ先に連想するのは「人件費」でしょうが、人件費以外でもあらゆるコストが削減されます。

社会保険料 従業員の年金や健康保険料を支払わなくていい
オフィスの地代 オフィスが不要か最小限になるため
備品代 デスクやパソコンなど、あらゆるものが1人分でOK
管理コスト 給与計算ソフトの費用など、管理に関するコストが減る

特に大きいのは、やはり社会保険料とオフィスの地代でしょう。

金額としては、特に社会保険料が大きなものです。

また、オフィスの地代や備品代など「人数が増えるほど掛け算で増えていく」というコストもあります。

これらを見ると「従業員を増やすことがいかにハイリスクな挑戦か」ということがわかるでしょう。

(もちろん、ハイリターンのある場所は常にハイリスクであるため、ハイリスクだからこそ良い部分もあります)

自由に仕事を進められる

完全に一人でスモールビジネスを進める場合、仕事のやり方も自由になります。

取引先には合わせる必要があるものの、取引先以外に合わせる必要はありません。

通常であれば「社内・取引先」の双方に合わせなければいけないところを「取引先」だけに合わせればいいのです。

(もちろん、BtoCのビジネスなら取引先=お客様です)

BtoBであれば「納期さえ守っていれば働き方は自由」という形が一般的です。

このため、いつ働くか、どのような環境で働くかなどを自由に決められます。

100%自由ではないものの「従業員と一緒に働くときよりは自由が大幅に増える」ものです。

社内の人間関係でトラブルが起きない

一人のスモールビジネスでも、取引先やお客様など「社外」の方々との人間関係はあります。

しかし「社内」の人間関係はありません。

内部の人に気を遣って気疲れするなどのデメリットがないのは、スモールビジネスの利点です。

ちなみに、人間関係の負担がなくなるという点では「外部との人間関係すらない」というビジネスが「最強」といえます。

そのようなビジネスの代表はスマホ副業です。

スマホ副業の中でも、特に稼ぎやすいビジネスは下のサイトで紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

スモールビジネスを一人で行うデメリット

スモールビジネスを一人で行うデメリット

スモールビジネスを一人で実践することにはデメリットもあります。

ここでは、それらのデメリットで主だったものを解説していきます。

事業スケールが小さくなる

スモールビジネスは名前のとおり、事業スケールが小さくなります。

華々しくVC(ベンチャーキャピタル)の融資を受けるビジネスと違い、大きなスケールの事業はできないということです。

しかし、だからこそリスクが小さいという利点もあります。

スケールの小ささこそがスモールビジネスのメリットであるということも、よく理解しておきましょう。

(基本的に、世の中の何でもメリットとデメリットは同じものです)

なお、事業スケールを大きくしたい場合は「スモールビジネスとスタートアップの違い」のページを参考にしていただけたらと思います。

仕事内容によっては孤独感を覚える

たとえばライター業やデザイナー業などは、一人で黙々と部屋に籠もって作業することがほとんどです。

このため、人によっては孤独感を覚えメンタルに影響が出るということもあります。

これを避けるため、スターバックスなどのカフェやコワーキングスペースで仕事をするフリーランスの方も多いものです。

ただ、このデメリットもやはりメリットになるもので、孤独=人間関係を気にしなくていいという利点にもなります。

要は「孤独を感じたら何らかの対策をとればいい」と考えておけばいいでしょう。

社会的信用が小さい

商工会出典:https://www.shokokai.or.jp/

一人のスモールビジネスは「いつでも畳める」ものです。

これもやはりメリットでもあるのですが、たとえば融資をする側からしたらいつ倒産して逃げられるかわからないという危機感があります。

そのため、多額の融資などは受けられません。

しかし、この点もそもそも融資を受けなければいい、信用は小さいが責任も小さいので楽と捉えることもできます。

たとえばマイケル・ジャクソンの社会的信用は絶大でしたが、亡くなる直前の彼はどれだけ睡眠薬を売っても眠れない状態になっていました。

社会的信用が大きくなると責任も重くなり、それが嬉しいこともあれば苦しいこともある、ということを理解しておくといいでしょう。

(マイケルの場合は、本能的に死して名を残すことを望んでいたとも推測できます)

このように、スモールビジネスを一人で行うことにはデメリットもあります。

しかし、これらのデメリットを解消できるスモールビジネスもあります。

たとえば、LINEの簡単な作業だけで稼げるLINE副業なら、仕事時間自体が短いため、孤独感を覚えることはありません。

また、簡単に稼げるため事業を大きくしていくことも可能です。

社会的信用はさすがにありませんが、それは「別の事業で獲得する」こともできます。

そのLINE副業の中で最も稼げるビジネスは下のサイトで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【まとめ】一人で行うスモールビジネス

【まとめ】一人で行うスモールビジネス

この記事の要点をまとめると、下のとおりです。

  • 一人でできるスモールビジネスは多数ある
  • クリエイティブ系はすべて該当する
  • 物販・コーチ系・サービス系などのジャンルもある
  • 法人は一人で設立できる(株式会社・合同会社)
  • スモールビジネスにはデメリットもあるが、それらはメリットと同一
  • 基本的にはメリットしかない

スモールビジネスは基本的にリスクがないものなので、悩まずに気軽に実行してみることをおすすめします。

そして、どんなビジネスでも必要となる資金については、スマホ副業などの稼ぎやすいビジネスで確保していただくのがいいでしょう。

スマホ副業でも最も稼ぎやすいビジネスは下のサイトで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*