儲かるスモールビジネスの4条件とは?稼げる&稼げない事業モデル6選も紹介!

儲かるスモールビジネスにはどのようなものがあるのか―。

これからスモールビジネスを始めようと思っている人は、特にこの点が気になるでしょう。

儲かるスモールビジネスには4つの条件があり、それを満たせば儲かる、満たさなければ儲からないという法則が存在します。

この記事では、その法則と合わせ、具体的に儲かるスモールビジネスと儲からないスモールビジネスを紹介していきます。

スモールビジネスで利益を出したいと思っている人には、きっと役立てていただけるでしょう。

この記事の結論

  • 儲かるスモールビジネスには4つの条件がある
  • 小資本・無在庫・高利益率・定期収入である
  • これを満たすのはフリーランス業など
  • 満たさないのは実店舗経営など

以上が儲かるスモールビジネスの要点ですが、この要点(儲かるための4つの条件)を完璧に満たすビジネスが存在します。

それが、スマホ1台で稼げるスマホ副業です。

「怪しい」と思う前に、スモールビジネスに興味がある方なら、そのビジネスはどのようなモデルになっているのか、誰がどこで収益を出しているのかを分析するべきです。

また、報酬が発生している以上「何らかの社会的意義」があるはずであり、それも見抜く必要があります。

そうした「なぜ稼げるのか」の分析を事業家として行うためにも、ぜひ下のサイトのスマホ副業をチェックしてみてください。

(この記事の内容と合わせて読んでいただくことで、スモールビジネスを展開する上での重要なヒントが見つかるでしょう)
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

儲かるスモールビジネス4つの条件

儲かるスモールビジネス4つの条件

儲かるスモールビジネスには4つの条件があります。

これは、ホリエモンこと堀江貴文氏が提唱する「ビジネス4原則」としても知られているものです。

ここでは、その4原則を説明します。

なお、この4原則も含めスモールビジネスで起業時に考えるべきことは「スモールビジネスからの起業」のページで詳しくまとめています。

小資本で始められる

0円起業出典:amazon.co.jp

まず「少ない資本でスタートできる」ことが第一の条件です。

  • 大きな資本が必要な場合、そもそも始めにくい
  • 始める場合も借入が必要になることが多い
  • その借入の返済のために利益が圧迫される
  • そのような事態を回避するために小資本を選ぶ

という理由です。

「起業すると破産する」というイメージが一部にあるのは、こうした「借り入れを伴う起業の場合です。

借り入れがなければ、起業するだけで破産することは基本的にありません。

極端な話お客さんが来ないうちはアルバイトをしていればいいのです。

小資本でスタートできるスモールビジネスは、そのように気軽に始めて気軽に継続できるという点で儲かりやすくなります。

(気軽だと儲からないと思うかもしれませんが、継続しているうちに信用がついて儲かるようになることが多いのです)

なお、スモールビジネスをスタートさせる方法については「スモールビジネスの始め方」のページで詳しく解説しています。

在庫をほぼもたない

在庫をもつビジネスは、下のリスクやデメリットがあります。

  • 在庫自体が「無駄なコスト」である(換金できていない)
  • 在庫を「管理する」ことにも無駄なコストが生じる
  • 管理する人件費やシステム費、倉庫代などがかかる
  • 自前の倉庫では火災などのリスクもある

このように、在庫をもつと掛け算でリスクやコストが増えていくのです。

こうしたデメリットから逃れるためにも「在庫をほぼ持たない」ビジネスを選ぶことが重要といえます。

利益率が高い

「小資本や無在庫」とも通じますが、利益率が高いビジネスは継続しやすくなります。

たとえば、フリーランスのお仕事全般はコストがかからないため「意外に稼ぎやすい」ビジネスです。

「フリーは大変」という言葉も聞くでしょうし、実際大変な部分も多いのですが、実店舗経営よりは明らかに楽というのが、すべてのフリーランスの共通意見でしょう。

実店舗経営は、厳しいといわれているコンビニ経営でも年商2億は平均で出しているほどです。

(それでも店長がまともに生活できないケースもあるほど、コンビニは利益率が低いのです)

一方、フリーランスは2億より遥かに少ない年商500万程度でも「そこそこの成功組」といえます。

このように「利益率が高いスモールビジネス」は、小さな売上でもビジネスが軌道に乗りやすいのです。

定期収入を見込める

定額制出典:https://pixta.jp/subscriptions

サブスクリプション(定額課金制)のビジネスは、月々の売上を計算しやすいという点で、スモールビジネスでも儲かりやすくなります。

1回の単発の課金で大きく儲けるより、サブスクリプションで継続してコツコツ儲けていく方が、①最終的な総額も大きくなる、②経営の計画を立てやすくなるというメリットがあるのです。

飲食などの業種は一見定期収入を導入しにくいようですが、たとえば、コーヒーチケットのセットを「毎月買ってもらうと割引」などのシステムを導入すれば、サブスクにできます。

一見定期収入を確保しにくい業種でも、やり方次第では確保できるため、そのアイディアを考えるようにしましょう。

以上が儲かるスモールビジネスの4条件ですが、これを最も満たしているのが、下のサイトのビジネスです。

スマホ1台でできるため、初期費用は不要で利益率もほぼ100%、在庫も完全ゼロです。

サブスクのような課金はできませんが、継続的に安定して稼げる内容です。

どのようなビジネスモデルか、スモールビジネス自体の知識を増やすためにも、ぜひチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

4つの条件を満たしているスモールビジネス3選

4つの条件を満たしているスモールビジネス

ここまで説明した4つの条件を満たしているスモールビジネスには、どのようなものがあるのか―。

ここでは、具体的なビジネスを3つ紹介します。

なお、4つの条件を満たしつつ「実際に成功している事例」は、下の記事でまとめています。

海外のスモールビジネス事例10選!ユニークな成功例やアイディアを徹底紹介!

フリーランス全般

フリーランスのお仕事は全般的に「4つの条件」を満たしています。

フリーランスの仕事の例

  • ライター
  • デザイナー
  • プログラマー
  • エンジニア
  • コンサルタント


などの職業です。また、税理士・弁護士・司法書士・行政書士などの士業もすべて、4つの条件を満たしています。

このような職業は昔から「手に職」といわれていますが「自分の手」の中に報酬を生み出す種があるため、原則コストはかからないのです。

(高い事務所を借りるなどしなければ)

なお、フリーランスのように単独でできるスモールビジネスは「一人でできるスモールビジネス」のページで詳しく紹介しています。

アプリ・クラウドサービス

Google Play出典:Google Play
アプリやクラウドサービスも、4つの条件を満たせるものです。

満たせないことがあるのは小資本で始められるの部分でしょう。

大規模なシステムを自分でなく外注で開発するとなるとコストがかかります。

しかし「あえて大規模にしない」「自力で開発する」となれば、コストはかかりません。

そして、初期コストでないランニングコストについては、もともと安いもの」です。

(実店舗など物理的に使用するものがないため)

また、定額課金制が当たり前の分野であるため、定期収入も確立しやすくなっています。

在庫も当然ゼロであり、自力開発さえできれば、4条件を完璧に満たせるビジネスです。

有料note・情報商材販売

note出典:https://note.com/

有料noteや情報商材の販売も、やはり4つの条件を満たせます。

小資本 文章を書くだけなのでコストはほぼゼロ
在庫 ゼロ
利益率 80~90%(有料noteの場合)
定期収入 可能(月額マガジンの場合)

満たしにくい部分があるとしたら「定期収入」でしょう。

中身のある有料noteや情報商材なら、この部分もクリアできます。

しかし、いわゆる「情報弱者を騙す」というタイプの情報商材だと、この部分を満たせません。

次々に新しい人を騙していく「焼畑農業」になるのが、詐欺的な情報商材の欠点です。

逆にいえば、まともなコンテンツさえ提供していれば、有料noteや情報商材は、4条件を完璧に満たせるということです。

以上が4つの条件を満たしているスモールビジネスですが、実は「もっと満たしている」ビジネスがあります。

スマホ1台でできるスマホ副業と呼ばれるビジネスですが、その中でも特に稼げるノウハウは、下のサイトで紹介しています。

儲かるスモールビジネスを探す上で、なぜこのビジネスでそれほどに儲かるのかを分析することにも大きな意義があるものです。

そうしたチェックとお金を稼ぐ目的も兼ねて、ぜひ下の公式サイトをチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

儲からないスモールビジネス3選

儲からないスモールビジネス

儲かるスモールビジネスとは逆に「儲からないスモールビジネス」もあります。

ここでは、それらの代表例を紹介していきます。

実店舗経営

実店舗をかまえる「リアルビジネス」は基本的にすべて利益率が低いものです。

「だからやってはいけない」ということは当然ないのですが、まず数値を見てみましょう。

下記は、中小企業庁による「中小企業経営調査結果」の数値です。

この調査結果では、サービス業の利益率が下記のように「1~2%前後」となっています。

業種 利益率
洗濯業 1.5%
理容業 1.5%
旅館業平均 0.9%
各種物品賃貸業 1.5%
広告業平均 2.3%
産業廃棄物処理業平均 1.4%

利益率が1~2%ということは、年商1億でも利益は100万円~200万円ということです。

もちろん、社長のお給料はコストのうちなので、社長の年収はここからまた別に引いています。

しかし、中小企業がいかに「ほとんど利益を出せていないか」がわかるでしょう。

「節税のためでは?」と思うかもしれませんが、利益を出さなければ手元に残せるお金はないということです。

蓄えたキャッシュがない以上、何かが起きたときに現金では対処できなくなります。

そのため、金融機関などのからの借り入れに頼ることになりますが、その借入ができなければショートしてしまうということです。

実際、企業の成績は基本的に利益で評価されるものであり、利益率の低い企業にはいい人材も集まらないものです。

そう考えると、上記の数値を出している中小企業は「利益を出したくても出せずにこの数値になっている」ことがほとんどといえます。

(Amazonやアップル、スターバックスなどのように「国際的なスキームを使ってわざと利益を出していない会社」は別です)

一部の大企業のような例外を除けば、実店舗や事業所を構えるリアルビジネスは、ほとんど利益が出ないということです。

それを覚悟で取り組むのであればいいのですが、少なくとも上記のような利益率のデータは調べた上で取り組むのがいいでしょう。

ネットワークビジネス

ネットワークビジネス出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/a9d9207b1694b493f6f94cfcca104bb92b0b6e4f

ネットワークビジネスは「稼げないビジネス」の代表です。

稼げない理由は、数学的に稼げないようになっているためです。

たとえば、オレオレ詐欺の電話に対応して「彼らの指示通りにしたら、おばあさんが稼げる」と思う人はいないでしょう。

同じようにネットワークビジネス関連の人間のいうとおりにして、稼げる人はいないのです。

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)ほど完全に悪質ではないにしても、それに近いレベルで「彼らの言うことを聞く時点で稼げない」仕組みになっています。

なぜ「数学的に」稼げないのか

これは、組織の各階層で「何人の部下を持つか」を考えるとわかるものです。

ネットワークビジネスの構造はピラミッド式になっており、自分の部下が出した利益の数%が自分の利益になるようになっています。

たとえば、一律で下の人間から3
%ずつ搾取する
としたら、搾取される率が下記のようにどんどん高くなっていくわけです。

階層 搾取される率
トップ 0%
2番手 3%
3番手 6%
4番手 9%
5番手 12%
6番手 15%
7番手 18%

この「7番手」を見て「18%なら手数料として妥当では?」と思うかもしれません。

しかし人数を考える必要があります。

ネットワークビジネスで成功するために、部下は何人必要でしょうか。

当然ビジネスの組織にもよりますが、一般的なイメージでどれだけ少なくても「10人は必要」でしょう。

そして、上の「7つの階層」で全員が10人の部下を持つとどうなるか―。

下の表のとおり「1000万人」になるのです。

階層 従える部下の人数
1番手 10人
2番手 100人
3番手 1,000人
4番手 10,000人
5番手 100,000人
6番手 1,000,000人
7番手 10,000,000人

7階層はほとんどのネットワークビジネスで「普通のレベル」です。

(あなたが勧誘される時点で、すでにこのレベルです)

そして、先に書いた通り「10人は一般的に考えて絶対必要な部下の人数」です。

それでも、7番手の段階で「日本の人口の10分の1」なのです。

日本でネットワークビジネスをする人など100人に1人程度なので、日本全国で120万人しかいないのです。

つまり、1つの組織が7階層まで10人誘うだけで、軽く10倍を超えてしまうのです。

そして、ネットワークビジネスの組織はアムウェイを始め、数え切れないほどあります。

勧誘はできたとして3番手までであり、後はもう勧誘できる人間が日本に物理的にいないのです。

なのになぜネットワークビジネスがなくならないかというと、末端の人間は勧誘できないまま商品だけを買わされ、使い捨てにされるためです。

ネットワークビジネスで末端の人間は「勧誘するため」の人員ではなく「商品を買える限り買わせる」ための人員なのです。

彼らの貯金やカードローン、クレジットカードの枠を養分として吸い尽くすことが、ネットワークビジネスの事業モデルなのです。

完全に詐欺的ですが、法律には触れていないため一応存続が許されています。

ただ、いかに「数学的に稼げない」ビジネスであるかは、上記の計算でわかるでしょう。

イメージの良い仕事全般

マイケル出典:https://news.mynavi.jp/article/20130814-a153/

イメージが良い仕事は、基本的に稼げません。

理由は簡単で、イメージが良く稼げるなら、みんなやるに決まっているためです。

  • イメージが悪くて、月収100万円を稼げる仕事
  • イメージが良くて、月収100万円を稼げる仕事

上の2つの仕事があったら、誰もが2つ目に飛びつくでしょう。

たとえば100人の競合がいたら、その100人全員がイメージが良い方に集まるのです。

そうなれば、上の「月収100万円」は維持できなくなります。

逆に競合がいなくなった「イメージが悪い方」の月収100万円は維持されます(むしろ向上します)。

このような理由で、ビジネスは常にイメージの悪い仕事ほど稼げるようになっています。

イメージのいい仕事で稼げる人もいますが、それはごく一握りです。

また、その状態も長く続くものではありません。

  • 小室哲哉さん
  • マイケル・ジャクソン
  • ジョニー・デップ

上記の人々の破産、あるいは破産寸前だったという事実を見ればイメージのいい世界で最も稼げる人々でも、それを維持するのは難しいということがわかるでしょう。

彼らの場合は「浪費が原因」といわれますが、ジョニー・デップはともかく、小室さんとマイケル・ジャクソンは、途中から音楽の人気自体が失速したというのも正直なところです。

こうした音楽業界の例を見てもイメージのいい仕事は稼げない(イメージの悪い仕事は稼げる)という鉄則を、理解しておくべきです。

イメージの悪い仕事は人から褒められないのですが、下記を意識する必要があります。

  • 必ず社会にとっての意義があるから報酬が発生している
  • 意義があるにもかかわらず、人がやりたがらず、人手が不足している
  • そのようなお仕事をするから、高い報酬を受け取れる

たとえば一部のグレーゾーンの情報商材などは、それに騙されるような人が、もっと大きな詐欺被害に遭うことを事前に防ぐワクチンのようなものです。

5,000円などの少額で「美味しい話には裏がある」ということを学べば、もっと悲惨な詐欺に巻き込まれることを防げるでしょう。

『ナニワ金融道』の作者で、詐欺の世界を知り尽くしていたはずの青木雄二先生は、漫画家引退後に詐欺師に騙され、1億7千万円を騙し取られています。

これは、青木雄二プロダクションから公式に出版された伝記でもわかる内容です。

(下記の漫画家の高波先生も紹介されています)

この本に詐欺の内容が書かれていることは、下のレビューでもわかります。

『ナニワ金融道』出典:Amazon

『ナニワ金融道』を描いた後の青木雄二先生でも億単位の詐欺に遭う―。

ということは、人間は誰でも巨額の詐欺被害に遭っておかしくないのです。

そのような大きな被害に遭う前に、ワクチンとして「美味しい話には裏がある」と人に伝えることには、社会的意義があるのです。

もちろん、ワクチンは「病原菌の量」が一定レベルを超えてはいけません。

あくまで「一定レベルまで」は、詐欺的な情報商材でも存在意義があるということです。

イメージが良くないお仕事でも、そのような社会的意義を見出して取り組める人は、スモールビジネスでも成功するでしょう。

そして、そのようにあまりイメージの良くない「怪しい」と思われている仕事として「LINE副業」があります。

そのLINE副業の中でも最も稼ぎやすいとされ、同時に最も怪しいといわれているのが、下のサイトのビジネスです。

「本当に怪しいのか」「なぜ稼げるのか」を分析するため(そして、もちろん収益を得るため)に、ぜひ下のリンク先から詳細をチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

また、スモールビジネスで一番イメージが良いのは「スタートアップ」ですが、スモールビジネスから始めるスタートアップについては「スモールビジネスとスタートアップの違い」のページを参考にしていただけたらと思います。

【まとめ】儲かるスモールビジネスとは?

【まとめ】儲かるスモールビジネスとは?

この記事の要点をまとめると、儲かるスモールビジネスとは、小資本・無在庫・高利益率・定期収入の4条件を満たすものです。

ビジネスごとにこの4つの要素で「満たしにくい」部分があります。

それをいかに満たすか、あるいは他の要素でカバーするかが鍵となります。

そして、この4条件も含めて儲かるスモールビジネスを考える上で、あらゆるビジネスの「なぜ儲かるか」という理由を考えることは重要です。

たとえば、下記のサイトで紹介するスマホ副業は、スマホ1台の簡単な作業で月収100万円も目指せるというものです。

なぜスマホだけでそこまで稼げるのか、取り組んで稼ぎながら、ビジネスモデルを分析する意義は大きいでしょう。

スモールビジネスのための資金集めと、上記のような研究の目的を兼ねて、ぜひ下のリンク先で詳細をチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*