スモールビジネスとスタートアップの違いとは?それぞれのメリット・デメリットと事例を紹介!

スモールビジネスについて調べていると「スタートアップとの違い」が気になるでしょう。

両者の違いは「スケールの大きさ」で、詳しくは下記の「結論」にまとめています。

この記事では、この結論についての詳しい説明と、それぞれの形態のメリット・デメリット、どのような人に向いているかなどを解説していきます。

起業や副業に興味がある方には、きっと役立てていただけるでしょう。

この記事の結論

  • スモールビジネスとスタートアップの違いはスケールの大きさ
  • スモールビジネスは、リターンが小さいがリスクも低い
  • スタートアップは、リターンが大きいがリスクも高い
  • スモールビジネスの方が安定して自分のやりたいことをやれる
  • スタートアップは、社会を変える大きなビジネスをできる
  • スタートアップにつながるようなスモールビジネスもある

スモールビジネスとスタートアップの違いとは?

スモールビジネスとスタートアップの違いとは?

スモールビジネスとスタートアップの違いを、最初に表でまとめると下のとおりです。

比較項目 スモールビジネス スタートアップ
リスク 低い 高い
リターン 小さい 大きい
少人数でOKか ずっとOK 途中から不可

それぞれ詳しく説明していきます。

スモールビジネスについてはこちらの記事でさらに詳しくまとめているため、合わせてこちらもご参照ください)

スモールビジネスは、ローリスク・ローリターン

スモールビジネスは、スタートアップと比較して「ローリスク・ローリターン」です。

初期投資もランニングコストも少額であるため、まずリスクが低くなります。

代わりに、売上や利益も小さくなるため、ローリターンとなります。

また、スタートアップのように会社を上場させて創業者利益を手にするということもできません。

そのようにリターンは小さくなりますが、リスクも圧倒的に小さいのがメリットです。

倒産しにくいか、一人で行うフリーランスのようなビジネスなら、そもそも倒産自体がないということもあります。

(極端な話、自分が生存していれば事業はずっと続くため)

スモールビジネスはこうした個人事業や商店、零細企業的なビジネスと考えてください。

なお、ローリターンといっても、スモールビジネスは個人レベルでは十分稼げるものです。

スタートアップは、ハイリスク・ハイリターン

テスラ出典:https://www.tesla.com/

スタートアップは、スモールビジネスと比較して「ハイリスク・ハイリターン」となります。

大抵の場合、初期のコストは低くても、事業を大きくする局面で資金調達などを行います。

その金額も数億単位のこともあれば数十億単位のこともあり、失敗すれば負債となることもあります。

(失敗した場合も責任を経営者に負わせない「エンジェル」と呼ばれるベンチャー投資家の方々もいます)

ただ、仮に責任がなくても精神的にはプレッシャーを感じるのが普通であり、スタートアップの難易度はかなり高いといえます。

その分、売上や利益も大きくなり、場合によっては会社を上場させて莫大な資産を築くことも可能いです。

以上が、スモールビジネスとスタートアップの違いです。

この違いを読んでスタートアップは明らかに自分向きではないなと思う人も多いでしょう。

その場合はスモールビジネスが向いていますが「何をするか思い浮かばない」ということもあるかと思います。

そうしたケースでは「まず資金を稼ぐ」ことを考えるのも重要です。

そのような資金集めにおすすめのビジネスは、下のサイトで紹介しているため、こちらもぜひチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

スモールビジネスがおすすめな人

スモールビジネスがおすすめな人

スタートアップではなくスモールビジネスがおすすめな人の条件はいくつかあります。

ここでは、それらの条件を簡単に説明していきます。

大成功したいわけではない

まず、スモールビジネスは大成功を目指すものではありません。

そのため別に大成功する気はない、ほどほどの成功で十分嬉しいという人がスモールビジネスに取り組むべきです。

そもそも、成功の大きさで人の価値を比べると、最終的にすべての人が無価値になってしまいます。

イーロン・マスクすら、アレキサンダーやチンギス・ハンと比べたらスケールが小さいと評価されてしまうでしょう。

人との比較には意味がないため「自分にとっての成功」を追い求めるべきです。

大きな成功を求める必要がないため「始めやすい」ことがスモールビジネスのメリットです。

スモールビジネスを始める方法については「スモールビジネスの始め方」のページで詳しく解説しています。

自分のこだわりを仕事で実現したい

スモールビジネスはスタートアップと違い「自分のこだわり」を仕事のなかで着実に実現できます。

株主や投資家、社員などの関係者が少ないため、すべて自分の判断で決められるためです。

それで利益が小さくなっても、自分一人が生きていけるレベルでいいわけですから、問題はありません。

自分のこだわりの味やコンテンツなどを世の中に届けたいという人には、スモールビジネスが適しています。
(スタートアップでそれができることも稀にありますが、基本的には利益が全てになるため、難しいものです)

何らかのスキルや資格をもっている

フリーランスとして何らかのスキルを持っていたり、弁護士や税理士などの資格をもっているという場合には、スモールビジネスが適しています。

こうした仕事は一人で動くのが普通であるため、規模の大小を特に気にする必要もないためです。

また一人で動くことが不利になるということもありません。

スケールの大きい事業にしようとすれば、たとえばデザインなら「デザイン会社」などの組織にする必要があります。

しかし多くのデザイナーは「別にデザイン会社などできなくてもいい」と思っているでしょう。

下手に組織化すると逆に不自由になることが多く、こうしたフリーランス・有資格者は一人で動くことのメリットが大きいため、スモールビジネスに適しています。

このように「一人で動きやすい」ことは、スモールビジネスの代表的なメリットです。

そのメリットを享受しやすいビジネスは「一人でできるスモールビジネス」のページで詳しく紹介しています。

以上がスモールビジネスがおすすめの人の条件ですが、実際に独立してビジネスの現実の厳しさを知った人は「まずお金を稼ぎたい」と思うでしょう。

スモールビジネスで今最も効率的に稼げる分野はスマホ副業です。

そのスマホ副業の中でも最も稼ぎやすいビジネスは、下のサイトでまとめています。

多くのスモールビジネス実践者が最初に目指す月収100万円も簡単に稼げるビジネスなので、ぜひチェックしてみてください。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

スタートアップがおすすめな人

スタートアップがおすすめな人

スモールビジネスではなくスタートアップがおすすめなのはどのような人か―。

ここでは、スタートアップがおすすめの人の条件を3つまとめます。

大成功したい

まず、大成功を収めたいのであれば、スタートアップ一択です。

スモールビジネスから大きな事業になる例もありますが、最速で成功したいのであれば、やはりスタートアップを選ぶべきです。

現代ではビジネスプランコンテストなどもあり、Twitterなどで直接投資家の方々に連絡をとり、自分の事業プランを見てもらうこともできます。

なお、スモールビジネスから大きな起業につなげていく選択肢もあります。

そのやり方については「スモールビジネスからの起業」のページをご覧ください。

社会を大きく変えるアイディアがある

「このアイディアが実現したら社会がより良くなるはず」というアイディアがある場合は、確実にスタートアップを目指すべきです。

もちろん、そのアイディアがスモールビジネス向きのものであれば、まずはスモールビジネスから始めてもいいでしょう。

ただ、基本的に社会を変えるようなアイディアは、スタートアップで大々的に展開していく方が向いているものです。

最終的にはアイディアの内容次第ですが、アイディアの実現のために資本が必要と感じたら、スタートアップを選ぶべきです。

失敗が怖くない

孫正義出典:https://forbesjapan.com/articles/detail/32840

スタートアップでは大きな失敗をすることも当然あります。

たとえば、ベンチャー投資の世界では千三つ(センミツ)という言葉があるほどです。

これは「1000の事業のうち3つ当たればいい」という意味です。

成功確率は1000回挑戦して3回ということで、そう考えるといかにスタートアップで成功するのが難しいかがわかるでしょう。

基本的に失敗して当たり前であるため、その失敗が怖くないという人がスタートアップに向いています。

以上がスタートアップに向いている人の条件ですが「自分には向いていない」と感じた人もいるでしょう。

そして、スモールビジネスをやるにしても、何をやるかすぐに思いつかないということもあるかと思います。

その場合は、まずLINE副業のような稼ぎやすいビジネスで、資金を貯めることをおすすめします。

LINE副業の中でも、特に稼ぎやすいノウハウは下のサイトで紹介しているものです。

1日5分などの隙間時間の作業で月収100万円を稼ぐことも可能なビジネスモデルなので、ぜひ詳細をリンク先で確認してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

スタートアップとベンチャーの違いは?

スタートアップとベンチャーの違いは?

スタートアップとベンチャーの違いは、ベンチャーは「新規事業」全般を意味するという点です。

つまり、ベンチャーは「大企業の中の新規事業」を含みます。

たとえばトヨタがバイク事業を始めたら、それはトヨタの中の「社内ベンチャー」となります。

(トヨタバイクなどの別会社を作らず、トヨタ自動車として展開したとしても)

一方、スタートアップは一つの会社です。

つまり、スタートアップは会社、ベンチャーは事業というのが違いといえます。

(ただ、最近は「社内スタートアップ」などの言葉も登場しており、両社の区別は国語的な議論でなければ、特に必要がなくなっています)

スタートアップにも繋がるスモールビジネス

スタートアップにも繋がるスモールビジネス

スモールビジネスから始めても、そのまま拡大してスタートアップになるような事業は多くあります。

ここでは、それらの代表的なビジネスを紹介していきます。

輸入ビジネス:日本人が知らない商品を開拓したら一大事業になる

輸入ビジネスは、中国や東南アジアなどの諸外国から商品を輸入し、それを日本で売るものです。

転売の国境を超えるものです。

これも、個人レベルで会社員や主婦、学生の副業などで手掛けている人も多くいます。

しかし、副業やスモールビジネスの規模にはとどまらず、大きなスタートアップにつながる可能性もあるものです。

たとえば、売れ筋商品を探しているうちに、日本でまだ知られていないが、大ヒットする可能性があるという商品が見つかることもあるでしょう。

そのような商品を早い段階で大量に仕入れ、製造元と何らかの独占契約などを結べば、それを日本国内で大きなビジネスにできます。

いきなり独占契約は難しいでしょうが、売れ始めた時点で大量に仕入れることは可能であり、大量に仕入れることで相手側も契約に応じてくれる可能性があります。

実は、日本で過去に大ヒットした商品で、このようなパターンで中小企業が大きく飛躍した例は多数あるのです。

(たとえば医療や美容の機器などで、こうした独占販売の代理店になっている企業がしばしば見られます)

国を逆にすれば、日本で生み出されたカラオケを諸外国で最初に導入した現地企業は、大きな利益を得ているでしょう。

そのように、輸入ビジネスはスモールビジネスから始めても、社会に影響を与えるスタートアップになる可能性があります。

(なお、輸入ビジネスを始める方法は「輸入ビジネスで稼ぐには?」のページで詳しくまとめています)

アフィリエイト:エイチームなど一部上場企業も登場

エイチーム出典:https://www.a-tm.co.jp/

個人や中小企業のビジネスというイメージが強いアフィリエイト

しかし、東証1部上場のエイチームは、アフィリエイトを主力事業(3つのうちの1つ)とする会社です。

  • 引越しの比較・予約サイト「引越し侍」
  • 車査定・車買取サイト「ナビクル」
  • 結婚式場情報サイト「ハナユメ」

こうしたサイトの運営が同社の主力事業となっています。

【参考】エイチーム|Wikipedia

他にゲームアプリ事業とEC事業もありますが、東証1部の上場企業の事業の3分の1がアフィリエイトというくらい、アフィリエイトは大きく稼げるビジネスモデルなのです。

また、そもそも新聞社や週刊誌などの大手メディアのサイトも、登場初期からGoogleアドセンスなどのアフィリエイトをしていました。

さらにいうと、2020年前後から週刊誌のサイトを中心に、ドメイン内にアフィリエイトサイトを作る動きが活発になっています。

(日刊ゲンダイやポストセブンなどの大手は皆やっています)

このように、アフィリエイトは完全に「大企業も手掛けるビジネス」となっており、スモールビジネスで始めた後、やり方次第でスタートアップにもつながるものです。

このようなアフィリエイトの収益性の高さについては「アフィリエイトが儲かる理由」のページで詳しく解説しています。

ハンドメイド:特におもちゃは一大事業になりうる

オセロ出典:オセロ誕生の秘密|株式会社メガハウス

「お金にならない」「趣味の延長」と思われがちなハンドメイド。

確かに、ほとんどのハンドメイドは趣味の延長で、月数万円稼げたらいい方です。

しかし、例外的に「アイディアによってヒット商品が生まれる」ことがあり得ます。

特におもちゃを手作りしていた場合、そのおもちゃがヒットして量産されたら一大ビジネスになります。

たとえばオセロは日本で生まれたおもちゃで、長谷川五郎さんという方が1973年に玩具メーカーにアイディアを持ち込んだものです。

長谷川さんは「牛乳瓶のフタ」でオセロの試作品を持ち込み、その企画が採用されて世界的な大ヒット商品になったのです。

牛乳瓶のフタで作ったものなので、コストはほぼゼロ円だったといっていいでしょう。

完全にアイディア勝負で、世界的なヒットおもちゃを生み出すこともできるのです。

オセロの誕生から50年近く経った現代では「そのようなアイディアはすでにない」と思われがちです。

しかし、たとえば「パソコン以上の大発明はもう出ない」と思われていたら、スマホが登場しました。

今も、オセロ級のおもちゃの発明のアイディアは、眠っているはずです。

ハンドメイドでそのようなものを生み出したら、スモールビジネスから一気にスタートアップレベルのビジネスになるでしょう。

以上のとおり、スタートアップにもつながるようなスモールビジネスは多数あります。

また、特に海外での事例については「海外のスモールビジネスの事例」のページでも詳しく紹介しています。

ただ、どんなスモールビジネスを始めるにしても、資金の準備はしっかりしておくべきです。

そのような資金を蓄えるためのビジネスとして、下のサイトのスマホ副業は非常におすすめできるものです。

1日5分などの隙間時間で効率的に稼げるビジネスなので、ぜひ詳しい内容をリンク先で確認してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

稼ぎやすいスモールビジネスなら『スマホ副業』がおすすめ

稼ぎやすいスモールビジネスなら『スマホ副業』がおすすめ

「最初から一定の金額を稼ぎやすい」ということが、スタートアップと比較したときのスモールビジネスのメリットです。

そして、そのスモールビジネスのなかでも特に初動から稼ぎやすいのが『スマホ副業』です。

スマホ副業は「スマホ1台の作業で稼げるビジネス」の総称で、下記のビジネスが代表的なものです。

そして、上記の3つと比較してもさらに稼ぎやすいビジネスは、下のサイトで紹介しています。

1日5分などの隙間時間のみの作業で月収100万円も目指せるという内容なので、ぜひ詳細をリンク先で確認してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【まとめ】スモールビジネスとスタートアップの違い

【まとめ】スモールビジネスとスタートアップの違い

スモールビジネスとスタートアップは、それぞれ向いている人が異なります。

確かなことは、こうしてネット上で人の意見を参考にしているうちは、スタートアップは向いていないということです。

これは悪いことではなく、スタートアップに向いている人は良くも悪くも「普通人にとっては付き合いにくい」という部分があります。

逆に、スモールビジネスに適しているような「普通の人」の方が、家族や友人として付き合うには良いということが多いものです。

(たとえばスタートアップを展開している男性と結婚すると、数年でいきなり自己破産してしまうということもあり得ます)

つまり「スタートアップに向いていない」ということは、決して悪いことではなく良い面も多いわけです。

そして、スタートアップではなくスモールビジネスを始めようと思ったとき、やはり気になるのは「お金をどうするか」という点でしょう。

お金については、本業とは別に稼げるビジネスを持っておくことをおすすめします。

そのようなビジネスとして、特に推奨できるのは下のサイトのスマホ副業です。

スマホ1台でできる作業で月収100万円を稼ぐことも可能なので、ぜひ詳しい内容をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*