輸入ビジネスって本当に稼げるの?おすすめの始め方を徹底解説!

輸入ビジネスって本当に稼げるの?仕入れのポイントと始め方を紹介!

大きく稼げるビジネスとして候補に挙げられるのが輸入ビジネスですね。

海外から商品を仕入れて、国内で高く販売する古典的な商売です。

日本は先進国で、他の国よりも物価が高い為、物価が安い国から商品を仕入れることができれば大きな利益を上げることができます。

今回はそんな輸入ビジネスにスポットを当てて、初心者が始めても儲かるのかを検証していきます。

この記事を読むとわかること
  • 輸入ビジネスの概要
  • 輸入ビジネスのメリット・デメリット
  • 輸入ビジネスのコツ
  • 輸入ビジネスより稼げる副業

結論から言いますと、輸入ビジネスは稼ぐことができません。

輸入ビジネスは海外から商品を仕入れないといけない為、外国語が使えないと安く仕入れられません。

翻訳ソフトの進化によって多少のやりとりはできるでしょうが、トラブルが起こった時や価格の交渉をする時に非常に困ることでしょう。

また、輸入ビジネスはプロのライバルが多数存在しており、今から稼げる商品を見つけ出すのは至難の業です。

自身のECサイトを持っていたり、マーケティングに自信がある人以外は別の副業を探した方がいいでしょう。

今は初心者でもすぐに稼ぐことができるどこでもビジネスが主流です。

どこでもビジネスは言語の壁や、プロのライバルが存在しないので今から始めても簡単に稼ぐことできます。

輸入ビジネスと違って初期費用も必要ないので、まずは会員登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

輸入ビジネスとは?仕組みは?

輸入ビジネスとは?仕組みは?

輸入ビジネスとは、主に海外のネットショップで商品を仕入れて、国内のネットショップで売ることを指します。

日本は先進国なので、海外と比べると物価や賃金が大きく違います。

なので、品物によってはかなり安い価格で仕入れることが可能です。

そして日本で売る時は適正な価格に設定することで、その差額分だけ儲けることができるのです。

他にもネットでできる副業を探しているあなたはこちらの記事をご一読ください。

輸入ビジネスのメリット

輸入ビジネスのメリット

輸入ビジネスと聞くと難しい印象がありますよね。

初心者からするとやや手を出しにくいのではないでしょうか。

しかし、輸入ビジネスにはメリットがあるので、挑戦してみる価値は十分あります。

安く仕入れて高く売りやすい

輸入ビジネスのメリットは、何と言っても差額分だけ丸々儲かることです。

海外サイトだと非常に安い価格で仕入れることができるので、物によっては原価率10%を切ることさえあります。

日本で売る際は、自分のECサイトを持ってない限り、販売手数料や送料などが掛かるかと思いますが、それを差し引いても十分な金額が手元に残ることになります。

SNSでバズると儲けられる

今の時代、お金を払って広告をうたなくても、SNSでバズれば十分に宣伝することができます。

これは面白いなと思う商品を仕入れて、SNSで面白おかしく紹介することで、一気に買い手がつく可能性があるのです。

また、100均で売っているようなシンプルな商品でも、実用的だと思わせられれば自然とリツイートなどで広まっていきます。

輸入ビジネスのデメリット

輸入ビジネスのデメリット

輸入ビジネスは利益を出しやすい一方で、デメリットも存在します。

おいしい話は一筋縄ではいかないのです。

これを知っておかないと後々痛い目を見る可能性もありますので、頭の中に入れておきましょう。

言語の壁がある

輸入ビジネスで一番苦労するのは、何と言っても言葉の壁です。

基本的には英語や中国語が使えないと安い価格で輸入することはできないでしょう。

今は翻訳ソフトの進化で最低限のやり取りはできるようになっています。

しかし、時には翻訳ソフトを通してもうまく伝わらない表現をされることもあるので、多少の英語はできないと厳しいでしょう。

また、こちらの発言も相手に伝わるかどうかも定かではありません。

ビジネスにおいて、意思の疎通ができないことはかなり致命的なのです。

どうしても英語や中国語が使えず、意思疎通ができそうにない時は、どこでもビジネスなどの誰でもできる副業を始めましょう。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

輸入できない商品もある

日本への輸入を禁止している品物があります。

もし輸入を試みた場合、最悪実刑を食らう可能性もありますので、必ず覚えておきましょう。

輸入が禁止されている品物は下記の通りです。


1.麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
2.指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
3.けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
4.爆発物
5.火薬類
6.化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
7.感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
8.貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
9.公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
10.児童ポルノ
11.特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
12.不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

財務省関税局HPより引用

【初心者必見】輸入ビジネスの始め方

【初心者必見】輸入ビジネスの始め方

輸入ビジネスを始めたいけれど、どうしていいか分からないという方は多いでしょう。

なので、ここからは初心者が輸入ビジネスを始めるコツを教えていきます。

どれも売り上げを上げる為には必要なスキルになるので、是非参考にしてみてください。

需要を考える

輸入ビジネスを始めるには、まずどの商品を扱うか決めなければなりません。

その商品を決める際に、ヒントとなるのが需要です。

基本的には、世間からの需要があればどんな商品でも売り上げをあげることができます。

逆に、私はこの商品が好き!と思っていても、世間からの需要が無ければ全く利益にならないでしょう。

中にはニッチな分野に絞って利益を上げるビジネスマンもいますが、輸入初心者であれば世の中のニーズに沿った商品を選んだ方が無難です。

需要を知るには、常にSNSをチェックしたりニュースを見ておく必要があります。

その他にも、フリマサイトなどで人気のあるバイヤーが販売している商品を調べたり、Amazonで売れ行きの良い商品をチェックしましょう。

どこから安く仕入れられるかリサーチする

取り扱う商品が決まったら、次は仕入れ先をリサーチしましょう。

ビジネスの勝機は原価をどれだけ抑えられるかに掛かっています。

今は無数のネットショップが存在しており、特に海外ともなると穴場のネットショップが見つかったりもします。

なお、仕入れ先を決めるコツとしては、ネットショップに表示されている価格だけに囚われないことです。

例えば10ドルで販売しているショップと9ドルで販売しているショップがあると、9ドルのショップが優位に見えるでしょう。

しかし、10ドル側はバイヤー向けの販売を行っていて、数十個単位で買うと単価が5ドルになるというケースも十分あります。

また、送料や決済手数料も十分考慮しなければなりません。

商品を販売するサイトを見極める

販売経路を確保するのも大切です。

日本で売る場合、フリマアプリやオークションサイト、そしてAmazonを利用するケースが大半でしょう。

しかし、それぞれ販売手数料や使い勝手、取り扱いできる商品がそれぞれ違います。

例えば古着系を扱うのであればフリマアプリが最適でしょう。

そして、こまめな商品管理が得意なのであればオークションサイトは利益を出しやすいです。

なので、扱う商品や自分の性格に合わせて販売するサイトを見極めましょう。

少量からスタートする

輸入ビジネスを始める場合は、まずは少量からチャレンジしましょう。

これは売れる!と思った商品でも、いざ販売してみると全然売れないケースがごまんとあります。

輸入ビジネスで一番最悪なのは、商品が売れずに在庫が余ることです。

在庫が余ると仕入れ値が丸々赤字となってしまうので絶対に避けなければなりません。

なので、まずは様子見として数点だけ輸入するのがベストでしょう。

しかし、仕入れ先によっては、大量に購入することで大幅に割引されるショップもあるので、その場合は想定される売れ行きと利益率を天秤にかけて判断しましょう。

徐々に規模を拡大していく

少量から輸入を始めて軌道に乗ってきたら、徐々に規模を拡大していきましょう。

全て捌ける前提ではありますが、輸入量を増やせば増やすほど利益は増大していきます。

梱包や発送の作業が忙しくなってくれば、人を雇うという手もあります。

そして、量を増やすだけではなく、新しい商品を見つけ出して新規開拓をしていくことも大切です。

いろんなジャンルを扱えるようになれば、ヒットする確率も高くなります。

また、時間に余裕があるのであれば、販売するサイトも増やしていきましょう。

在庫の管理や顧客対応がややこしくなるので慣れが必要ですが、作業に見合った報酬を得れるかもしれません。

輸入ビジネスの仕入れのポイント

輸入ビジネスの仕入れのポイント

さて、ここからは実際に仕入れる際のポイントを書いていきます。

仕入れこそが輸入の肝と言っても過言ではないので、これから書くことは常に意識しておきましょう。

安く仕入れることに執着する

仕入れで一番大切なのはとにかく安く仕入れることです。

輸入業はライバルが多く、日本のサイトで販売しようと思ったら同じ商品が羅列しているということも珍しくありません。

その場合仕入れ値が安いほど、より安価で出品できる為、他のライバルよりもアドバンテージを保てるでしょう。

直接交渉をする

仕入れ値を安くするには値段の交渉が必須です。

外国人を相手に値引き交渉できる気がしない…と思うかもしれませんが、意外とできるものなんです。

カタコトでも構いません。Google翻訳などで値引きしてほしい旨を伝えると割と応じてくれることがあります。

特に、大量に仕入れることや、継続して仕入れることを伝えるとかなりの確率で割引してもらえます。

おすすめは中国・東南アジア

輸入先の国として特におすすめなのが中国や東南アジアです。

この地域はまだまだ日本との格差があるので、かなりの安価で商品を購入することができます。

日本では1000円程度で売られているスマホケースなども、中国のネットショップでは50円くらいで売られていたりします。

自分で中国から輸入するのが怖いあなたは中国輸入代行に依頼するという手もあるので、気になるあなたはこちらの記事もご一読ください。

輸入ビジネスの注意点

輸入ビジネスの注意点

輸入ビジネスは絶対に儲かるわけではありません。

常にリスクが付きまとう商売なので、気をつけておかないとマイナスになる可能性もあります。

そこで、一体どのような点に注意しなければならないのかをまとめてみました。

在庫を抱えることもある

輸入ビジネスの一番の難点は在庫を抱える可能性があることです。

在庫を抱えてしまうと、仕入れ値分マイナスになってしまいますし、何よりスペースを圧迫してしまいます。

大きな倉庫を持っている場合は問題ないですが、大抵の方は普通の住宅に住んでいることでしょう。

そうなると、在庫がどんどん山積みになっていき、次第に荷物を置ける場所がなくなってしまいます。

輸入作業は想像以上に煩雑

輸入作業はネットで注文するだけだから簡単だと思っていませんか?

それが意外と複雑で難しいんです。

まずは言語の壁によって、うまく輸入ができなかったり、トラブルが起こったときの対処ができないことがあります。

そして、大量に仕入れるとたまに関税で止められてしまうケースがあるんです。

その場合は通関手続きというものをおこなわないといけないのですが、この手続きが非常に複雑なんです。

更に、検査で商品を開けられることもあるので、新品として販売している場合はお客様との2次トラブルにもつながります。

輸入ビジネスで稼ぐことはできる?

輸入ビジネスで稼ぐことはできる?

みなさんが一番気になるのは、輸入ビジネスは結局のところ儲かるのかどうかだと思います。

ここからは、実際に輸入ビジネスをした経験をもとに、本当に稼げるのかどうかを現実的にお話ししていきましょう。

輸入ビジネスに対する知見がないとつらい

輸入ビジネスは知見がないと利益を出すのは難しいです。

このビジネスは、日本で売れる商品を見極めてそれをどのように販売して、いかに安く仕入れるかに全てが掛かっています。

当たり前のことですが、いきなり始めた初心者が売れる商品を見極められるわけがありません。

何のリサーチもせずに当てずっぽうで輸入をしても商品が売れずに赤字になるだけです。

そして、この世界は知見のあるライバルが無数に存在しています。

あなたが目をつけた商品は、間違いなく他のライバルが既に目をつけている商品になるでしょう。

稼ぎたいなら副業を始めるのがおすすめ

余程マーケティングや商品リサーチに自信があるのであれば輸入ビジネスに手を出してもいいかもしれません。

しかし、そうでない限りは別の副業を始めた方が、よっぽどリスクを抑えられるでしょう。

輸入業は初期費用がとても高くつきます。

つまり、初心者が始める副業としては非常に難易度が高いのです。

輸入ビジネスよりも簡単おすすめスマホ副業3選

輸入ビジネスよりも簡単おすすめスマホ副業3選

ここからは輸入ビジネスよりも簡単な副業を紹介していきます。

輸入ビジネスに目をつけた嗅覚があれば、下記のビジネスで非常に稼ぐことができるでしょう。

他にもおすすめのスマホ副業を知りたいあなたはこちらの記事もご一読ください。

どこでもビジネス

どこでもビジネス

どこでもビジネスは、その名の通り空き時間を使ってどこでも稼げるアプリです。

スマホを使った10分程度の軽作業を紹介してくれるので、特別な知識やスキルは必要ありません。

また、運営側で健全でないビジネスを徹底的に排除しているので、安心できる案件だけが回ってくるようです。

LINEの友達に追加するだけでお仕事がやってくるので、空き時間を有効活用したい方は是非始めてみましょう。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイト自身のサイトに広告を貼ることで、広告収入を得られるビジネスです。

人気サイトとなると、月に50万以上稼ぐことができるので副業としてかなり割りがいいでしょう。

ただ、SEO対策などの知識が必要になってくるので、勉強は必須です。

しかし、努力に見合った報酬が得られることは間違いありません。

\アフィリエイトを始めるなら!/

A8.netに
今すぐ登録する!

転売

転売

輸入ビジネスとは違い、日本国内で商品を仕入れてまた日本で売るという転売も候補に入れてみましょう。

国内で商品を仕入れるのであれば、言語の壁もないので誰でもできます。

また、好きなアーティストや好きなゲームといった自分だけがよく知っているジャンルなどは特に転売をしやすいです。

グッズなどの適正価格を知っていれば、メルカリなどのフリマアプリで安く仕入れて高く売ることも可能でしょう。

転売で副業を始めたいあなたはこちらの記事もごい一読ください。

【まとめ】輸入ビジネスはおすすめ?

【まとめ】輸入ビジネスはおすすめ?

今回は輸入ビジネスが儲かるかについて紹介させて頂きました。

結論としては、輸入ビジネスで稼ぐことは厳しいです。

理由は、海外の販売者から商品を購入しないといけないので、言語の壁で不利を被ります。

更に、商品は全て関税を通す必要があるのですが、大量に仕入れたり同じ商品を何度も仕入れると関税で止められるケースがあります。

その場合は、通関手続きが必要になるのでかなり面倒です。

そして、何より輸入ビジネスはプロが市場を独占しています。

初心者が目をつけるような品物は、既にプロが輸入していること間違いなしですから、今から参入するのは厳しいでしょう。

輸入ビジネスのまとめ
  • 輸入ビジネスは言語の壁があって難しい
  • 輸入ビジネスは既にライバルが多数存在するので、今から市場を開拓するのは無理
  • 輸入ビジネスを今から始めるのであれば、別の副業を探した方が効率が良い

もし輸入ビジネス以外の副業をやろうと思っているのであれば、どこでもビジネスを選ぶと良いでしょう。

どこでもビジネスは輸入ビジネスのように言語の壁やライバルの存在がないので、初心者でもすぐに稼げるようになります。

複雑な作業や手続きが苦手といった方にピッタリなアプリなので、気になった方は会員登録から始めてみましょう。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*