在宅ワークで月20万円は楽に稼げる?データ入力の仕事や20万以下の税金ルールを解説!

自宅で月20万円稼ぐおすすめの在宅ワークをご紹介 副業研究所

事情があったり特に考えがあったりする等して、在宅ワークで働く人はとても多くなっています。

お小遣い程度を稼ぎたいという人もいれば、在宅ワークだけで生計を立てたいと考える人も決して少なくありません。

では、普通にアルバイトや正社員で働く人達と同様に、月20万円を稼ぐことは果たして可能なのでしょうか。

そこで、ここでは在宅ワークで20万円稼ぐことができる方法についてご紹介していきます。

このページを読んでわかること
・在宅ワークで20万円稼ぐことはできる?
・【月20万円稼げる在宅ワーク】データ入力
・【月20万円稼げる在宅ワーク】Webライター
・【月20万円稼げる在宅ワーク】副業アプリ
・月20万稼げるおすすめ在宅ワーク5選
・在宅ワークで月20万円稼ぐときの注意点

代表的な在宅ワークを挙げて、20万円稼ぐことができるかどうか説明していきますので、ぜひ参考としてご一読ください。

結論から言うと、スマホ1台でできるスマホビジネスなら月20万円は稼ぐことができます。

在宅ワークだけで月に20万円稼ぎたいならまずはスマホビジネスに登録してみましょう!

当サイト「副業研究所」おすすめのスマホビジネスは、下のサイトで紹介しています。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

在宅ワークで20万円稼ぐことはできる?

在宅ワーク20万

在宅ワークで20万円稼ぎたいという人の場合、在宅ワークで生計を立てようとするケースが多く見られます。

例えば、病気や介護、家事で拘束されるため外で働けないといった理由から、自宅でもできる仕事を探した結果、在宅ワークに辿り着くのです。

昨今ではテレワークという形も進んでいることから、在宅ワークの注目度は高いと言えるでしょう。

ただし、実際に稼げるかどうかは、仕事の内容と作業量によって大きく変わってきます。

ここでは、代表的な在宅ワークについて違いを説明し、20万円の稼ぎ方を整理していきますので、ぜひ参考としてください。

月20万円稼げる在宅ワークの種類

それでは、月20万円稼げる在宅ワークの種類を紹介します。

この3つを選んでおけば、誰でも20万円を稼ぐことはできるでしょう。

【月20万円稼げる在宅ワークの種類】副業アプリ

副業アプリ

スマートフォン一台を使って行う副業アプリという方法もあります。

仕事内容

サービスによって内容は異なるものの、登録し指定の作業を行えばお金が生まれる、という流れは基本的に一緒です。

仕組みについては副業アプリの記事をご参考ください。

納期や作業ノルマもなく、空いた時間を有効活用する形で取り組むことができるため、最も取り組みやすい在宅ワークだと言えるでしょう。

仮に1日15分の作業で1ヶ月2万円稼げるとしたら、月20万円稼ぐためには月に25日稼働で1日2時間半作業すれば良いことになります。

代表的な在宅ワークの中では、月20万円に一番近い方法になると言えます。

副業アプリの中で一番おすすめなものは、下記のサイトでまとめています。

副業アプリ以外もすべて当サイト「副業研究所」一押しのビジネスなので、ぜひチェックしてみてください。

\10万円分の副業プレゼント付き/

公式HPに
移動する!

-18歳以上限定-

【月20万円稼げる在宅ワークの種類】データ入力

データ入力

データ入力は、企業又は個人から依頼を受けて、何らかのデータをエクセルや社内システムに入力していく仕事です。

特にタイピングに自信がある人におすすめです。

(タイピングができるとどのように有利かは「データ入力・タイピングの副業」のページで解説しています)

仕事内容

データ入力はその名の通り、エクセル等を用いてデータを入力していく作業です。

「入力1件あたり数十円」「時給換算で1,000円前後」等、報酬体系は様々あります。

仮に時給1,000円とした場合、20万円稼ぐには200時間の勤務が必要になり、月に25日作業するなら一日8時間びっしりと仕事をする必要があります。

入力一件50円のデータ入力をする場合は、4000件をこなさなければなりません。

従って、データ入力だけで20万円稼ぐことは不可能ではないものの、決して割の良い仕事とは言い切れないところがあるのです。

さらに詳しい仕事内容については「データ入力の在宅ワーク」のページをご覧いただけたらと思います。

【月20万円稼げる在宅ワークの種類】Webライター

WEBライター

文章作成が主たる業務になるWEBライターの場合、1文字あたりの単価がいくらになるかで、20万円達成までの道のりを大きく左右します。

例えば1文字0.2円で2000字の記事を書く場合、20万円稼ぐためには500記事書く必要があり、月に25日作業するなら一日20記事書かなければならず、現実的ではありません。

しかし、1文字1円で受注できた場合、同じ条件では月に100記事書けば良く、25日作業するなら1日4記事で良いことになります。

ただし、1日4記事を書けたとしても、その人によって作業スピードや要領の良さは変わってくるため、それなりに頑張って仕事する必要があるでしょう。

このようなWebライティングの収入については「WEBライターの収入」のページをご覧ください。

また、未経験からWebライターになる方法については「未経験からのWebライター」のページで詳しく解説しています。

仕事内容

こちらもその名の通り文章作成をするというのが主な仕事内容です。

ライティングと言っても様々な種類があります。

SEO(検索エンジン最適化)を意識した文章なのか、体験談なのか、感動させる文章なのかを確認してから仕事に取り組みましょう。

在宅ワークでできるWebライターの記事もご一読ください。

月20万稼げる在宅ワークの副業アプリ5選

在宅ワーク5選

前述のような理由から、月20万円を稼ぐには、スマートフォンを使った在宅ワークがとても向いています。

そこで、ここでは、特に人気のある在宅ワークを5種類ピックアップしてお伝えします。

いずれも楽しみながら取り組むことができる点からも、当ページが強くお勧めする方法ですので、ぜひご一読の上実践してみると良いでしょう。

おすすめ在宅ワークの記事と合わせてご参考ください。

スマホdeマネー

つみたて副業公式サイトのキャプチャ画像

おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️必要な時間隙間時間必要なスキル特になし稼げる金額数万円~100万円も可能

スマホdeマネーは、スマートフォンを使った在宅ワークの一つで、スマホを操作するだけでお金を稼ぐことのできる方法です。

スマートフォンは肌身離さず持ち歩くものであり、隙間時間にゲームをしたり写真加工をしたりする等、多くの人が様々な利用の仕方をしていることでしょう。

これらアプリの操作ができればスマホdeマネー内の作業も可能ですから、誰でも取り組めるお勧めの在宅ワークだと言えるのです。

一般的な在宅ワークでは相当程度の時間拘束があるものですが、スマホdeマネーは隙間時間を利用して作業できますのでコストパフォーマンスに優れていると言えます。

スマホdeマネーに登録したいならまずはここをクリックしてみましょう!

\20万円をあなたにプレゼント!/

スマホdeマネーに
今すぐ登録する!

-18歳以上限定-

plus

plusの公式サイトのキャプチャ画像  
おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️
必要な時間 一日10分程度
必要なスキル 特になし
稼げる金額 数万円~100万円以上も可能

plusという在宅ワークも、スマートフォン一台で行うものです。

同サービスが提供するシステムを使って一日10分程度スマートフォンを操作すれば、どんどんお金を生み出していくことができます。

特定商取引法ページを確認してみると、plusが有料サービスであることがわかりますので、間違わないように気をつけましょう。

ただし、plusは超短時間でも稼げる方法であるため、システム料金を賄ってなお利益が出ますので安心です。

plusに登録したいならまずはここをクリックしてみましょう!

plusが少しでも気になった場合「plusとは?」の記事や、下の公式ページを確認して無料登録を試してみてください。

\即日稼げる!/

副業研究所おすすめ副業を
今すぐ始める!

-18歳以上限定-

TECH

TECH公式サイトのキャプチャ画像  
おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️
必要な時間 隙間時間
必要なスキル 特になし
稼げる金額 数万円~300万円も可能

アプリ開発企業による在宅ワークアプリのTECHは、登録後に送られてくる自分用のコードを使って作業を進めていきます。

作業を行うと反響が返ってくるため、これを利用してさらに効率的に稼いでいくことになります。

非常にシンプルな内容であるにもかかわらず、頑張れば月収300万円も可能であると公式サイトでは謳われていますから、月収20万円はかなり現実的な数値目標となることでしょう。

TECHに登録したいならまずはここをクリックしてみましょう!

\今すぐ10万円を稼げる!/

TECHに
今すぐ登録する!

-18歳以上限定-

Right

Right公式サイトのキャプチャ画像  
おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️
必要な時間 一日30秒
必要なスキル 特になし
稼げる金額 数万円~100万円も可能

Rightもスマートフォンによる在宅ワークで、1日わずか30秒の作業で稼いでいくことができます。

登録後に送られてくる専用情報を使い、スマートフォンやパソコンで指定作業を行うだけでお金を生み出していけるのです。

公式サイトでは月収100万円も可能とされていますから、月収20万円であればそこまで負荷を感じずに達成できそうです。

もちろん作業ノルマ等はありませんので、隙間時間を使って目標金額を目指し頑張っていくと良いでしょう。

Rightに登録したいならまずはここをクリック!

\簡単作業で月収100万円も目指せる!/

Rightに
今すぐ登録する!

アクシズ

アクシズ公式サイトのキャプチャ画像  
おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️
必要な時間 隙間時間
必要なスキル 特になし
稼げる金額 数万円~上限なし

アクシズの公式サイトには、「お母さんでも稼げる」というキャッチコピーが記載されています。

「お母さんには休みがない」と言われるように、毎日家事や育児に忙しく、まとまった時間も取れないまま一日を家の仕事で終えてしまいやすいのです。

そんなお母さんの方々のように忙しくても、隙間時間はどこかに必ずあることでしょう。

そういった時間を利用して稼ぐのがアクシズという方法なのです。

条件としては、「LINEが使えること・簡単な計算ができること」のみですので、ほとんどの方が対象となることがわかります。

月に数万円~100万円も可能なこの方法であれば、月収20万円を稼ぐことも決して無理なことではないと言えます。

アクシズに登録したいならまずはここをクリックしてみましょう!

\コピペだけで日給3.5万円も可能!/

アクシズに
今すぐ登録する!

主婦が月20万稼ぐ方法は?

0主婦が月20万稼ぐ方法は?

「主婦で在宅ワークで月20万円稼げたら理想」と考えている女性は多いでしょう。

ここでは、主婦が月20万円を在宅で稼ぐ方法を解説します。

在宅コールセンター

在宅コールセンター出典:https://diamond.jp/articles/-/249787

まず、コロナで急速に需要が伸びたのは「在宅コールセンター」です。

インディードなどの求人サイトを見れば、大企業から中小企業まで、多数の企業が在宅コールセンターのスタッフを募集しています。

時給はおおよそ1,500円からで、法人が相手の業務になると時給1,900円からというものもあります。

(法人相手であるため、高度な知識や対応力が問われます)

また、コールセンターに近い内容としてテレフォンアポインター(テレアポ)のお仕事もあります。

これは簡単にいうと「電話営業」で、時給が元々高めであったり、成果報酬によって給与が増えるなどします。

いずれにしても、自宅でインターネットや電話を使えればできるお仕事であるため、主婦が月20万円を稼ぐにはおすすめです。

クラウドソーシング

シュフティ出典:https://app.shufti.jp/

クラウドソーシングは、WEB上で下記のようなお仕事を請け負うものです。

  • ライティング
  • デザイン
  • イラスト
  • プログラミング
  • データ入力

初心者の場合、最初に経験するのはライティングかデータ入力です。

IllustratorやPhotoshopなどを使いこなす技術があれば、デザインやイラストのお仕事を請け負うこともできます。

デザインの在宅ワークで稼ぐ方法は「デザインの副業」のページで詳しく解説しています。

デザインというと敷居が高く感じるでしょうが、Web記事で用いられるバナー作成の副業は比較的簡単にでき、需要も多いものです。

他にも事務や営業などのお仕事を主婦になる前にしていた方であれば、そうした案件もクラウドソーシング上で見つかります。

このようなお仕事の探し方も含め、クラウドソーシングでの稼ぎ方については「クラウドソーシングの副業」のページをご覧いただけたらと思います。

アフィリエイト

バリューコマース出典:https://www.valuecommerce.ne.jp/

アフィリエイトは成果が出るまでに時間がかかりますが、すぐに稼げなくてもいいのであればおすすめです。

成功しているアフィリエイターなら個人で月収100万円を超えている人も多く、主婦でそのような方もしばしば存在します。

日記のようなブログにGoogleアドセンスなどの広告を貼って稼ぐ方法もありますが、基本的には何かに特化したアフィリエイトサイトを作る方がいいでしょう。

こうしたアフィリエイトでの稼ぎ方については「アフィリエイトで稼ぐ方法」の記事で詳しくまとめています。

アフィリエイトではいかに効率的にサイトを作るかも重要となりますが、アフィリエイトに特化したサイト制作ツールを使うのも1つの選択肢です。

以上が、在宅で主婦の女性が月20万円を稼ぐための方法です。

いずれも努力すればできるものですが、その努力が大変ということが多いでしょう。

その点、稼ぐことだけが目的であれば、下記のサイトの副業ですぐに目的を達成できます。

スマホ1台で月収100万円も目指せるという内容のビジネスなので、ぜひ詳細をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

在宅ワークのデータ入力で月20万稼ぐには?

在宅ワークのデータ入力で月20万稼ぐには?

パソコンを用いた在宅ワークの中で、誰もがすぐにできるものは「データ入力」です。

ここでは、そのデータ入力の在宅ワークで月20万円を稼ぐ方法を解説します。

クラウドソーシングではほぼ無理

クラウドソーシングで月20万円を稼げる人は多くいます。

しかし、すべてデータ入力で稼ぐのはまず無理といえます。

無理をすればできるのですが、クラウドソーシングでそれだけ稼げる人であれば、次の段落で紹介する「企業のお仕事」に行くことをおすすめします。

もちろん、こうした求人がクラウドソーシングで出ることもあり、その場合はクラウドソーシングでも稼げます。

(クラウドソーシングは一部、求人サイトのような形でも活用されているのです)

求人サイトでは時給1100~2000円の仕事が見つかる

求人サイトでは、在宅のデータ入力作業で時給1100円~2000円のお仕事も多数見つかります。

たとえば下記のお仕事は週1回のみ出社で、後は在宅という条件です。
データ入力出典:Indeed

時給は1100円~2000円で、下のような月収例が示されています。

年齢 25歳
性別 男性
スキル PC作業未経験者
勤務期間 6ヶ月 時給 1,500円 週5勤務 300,000円(歩合、皆勤手当込)

見てのとおり、パソコン作業未経験者でも、時給1500円で週5日勤務すると月収30万円になるということです。

単純計算でこの3分の2でいいわけですから、時給1100円でも週5日勤務すると、月20万円になります。

(月に4日出社し、16日在宅で働くという形になります)

事務系・PC系の資格を多く持っていれば可能

検定
上のお仕事は「パソコン未経験者」でもOKの求人でした。

それでもこれだけ稼げるわけですから、パソコン系・事務系の資格をもっていれば、在宅のデータ入力で月20万円はさらに簡単に稼げます。

  • 日商簿記
  • PC検定
  • MOS資格(ワード・エクセルなど)
  • タイピング技能検定

上記のような資格をもっていれば、求人での採用率も上がり、時給も高くなります。

在宅なら複数掛け持ちも可能であるため、月収20万円クラスのお仕事を2つ請け負い、月収40万円を稼ぐこともできるでしょう。

以上のとおり、在宅ワークのデータ入力で月20万円を稼ぐことも可能です。

しかし、それだけの努力ができる人が別の仕事に行けばもっと稼げるというのも事実です。

そのように稼げる仕事の例としては、たとえば下記のサイトの副業が挙げられます。

スマホ1台でスキマ時間にできる作業で、誰でも月収100万円を目指せるというビジネスモデルでなので、ぜひ詳細をチェックしていただけたらと思います。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

在宅ワークの年収が20万以下だと税金はどうなる?

在宅ワークの年収が20万以下だと税金はどうなる?

月収でなく年収で20万円稼いだ場合、税金がどうなるのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、国税庁のサイトを引用しながら、正しいルールを解説していきます。

経費を差し引いた「利益」が20万円かを計算する

まず、税金のルールの「年収20万円」というのは「利益」です。

たとえば、あなたが1年で稼いだ総額が20万円とします。

そして、それを稼ぐために多少の電気代・通信費・消耗品費などはかかっているでしょう。

それらのコストは「経費」として差し引きできます。

そして「引いた後の利益」が20万円になったら「年収20万円」となるのです。

このため、たとえばコストが年間5万円だったら「25万円稼いだ」場合に20万円のルールが発動します。

20万円以下なら確定申告不要(何もしなくていい)

イータックス出典:イータックス

上で説明した「利益」が、年間20万円以下であれば、確定申告は不要です。

国税庁のホームページでも、下のように書かれています。

給与所得以外の所得が20万円以下の方は、確定申告は不要です。
引用:国税庁

この「20万円以下で確定申告不要」となる理由は、20万円以下の収入は「雑所得」になるためです。

雑所得だとなぜ確定申告が不要なのかというと「その方が国税庁にとってプラスになるため」です。

  • 20万円で申告されても、税金はゼロに近い
  • むしろ、管理コストで赤字になる
  • だから、申告しないでくれた方がいい

ということです。

もちろん、本業で20万円収入が増えたなら、それはしっかり税金を取れます。

しかし、本業以外での収入となると、20万円程度は無視した方が、税務がスムーズになるのです。

なお「20万円未満」か「20万円以下」かで迷う人が多いでしょうが「以下」が正解です。

つまり20万円ジャストまでは確定申告不要です。

20万円超で確定申告が必要

利益が20万円超となると、確定申告が必要になります。

これも、国税庁の「給与所得者で確定申告が必要な人」というページで、下のように書かれています。

給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
引用:国税庁

これはあくまで「確定申告が必要」というだけで、まだ「納税が必要」ではありません。

確定申告をした結果「納税の対象外」となるのが普通です。

(20万円を超えてすぐの場合)

パート扱いであれば103万円超から納税が必要

20万円を超えた後、いくらから納税が必要になるかは雇用形態で変わります。

まず、パートであれば103万円超からです。

この103万円の壁は普通のパートでも共通なので、知っている人が多いでしょう。

103万円を超えた分から税金がかかっても、納税額自体は大したことはありません。

たとえば「104万円」だったら、課税される部分は1万円だけなので、所得税はほぼゼロとなります。

ただ、このレベルになると「十分に稼いでいる」ということで、扶養から外れるのが難点です。

扶養を外れると「旦那さんの税金が高くなる」ため、家族トータルで見ると「収支が前より悪くなる」ということが多くなります。

(このため、103万円を超えるのであれば、できるだけ大きく超える方が良いのです)

【参考】パート収入はいくらまで所得税がかからないか|国税庁

「個人事業」で行う場合は「113万円超」から

改正出典:青色申告特別控除額が変わります!|国税庁

パートでなく「個人事業主」として在宅ワークを行う場合、金額が10万円プラスされます。

103万円ではなく、113万円超になってから納税が必要という仕組みです。

以前は103万円でしたが、令和2年からルールが変わり、下のようになっています。

基礎控除 48万円
青色申告特別控除 65万円
合計 1113万円

以前は、基礎控除が38万円だったため、パートと同じ103万円でした。

しかし、おそらく日本全体でフリーランスが増えたことで、個人事業主を優遇する方針に変わったのだと見られます。

以上が「在宅ワークで年間20万円を超えた場合」のルールです。

ルール自体はシンプルですが、実際に経費や売上をすべて計算して確定申告をするのは大変です。

その点、個人向けの確定申告ソフトの『freee』があれば、家計簿感覚で簡単に複式簿記をつけられます。

パソコンが苦手な方でも簡単に操作できるので、在宅ワークで本格的に稼ぎたい方は、ぜひfreeeもチェックしてみてください。

\個人向け確定申告ソフト!/

freeeに
今すぐ登録する!

在宅ワークだけで食べていける?

ここでは在宅ワークだけで食べていけるかどうかを詳しく解説します。

本業をやめて在宅ワークだけにしたときに食べていけるのであれば本業を無理にする必要はありません。

将来的に本業をやめて在宅ワークだけにしたい人はぜひ参考にしてみてください。

在宅ワークだけで食べていける?

  • 条件が合えば在宅ワークだけで食べていける
  • 在宅ワーク選びが重要

条件が合えば在宅ワークだけで食べていける

業務になれれば在宅ワークだけで十分に食べていくことができます

業種にもよりますが、在宅ワークをフルタイムで行えば本業よりも稼ぐことが可能です

しかし、実際にフルタイムの業務をするだけでの案件するがあるのかどうかは別の問題になります。

本業をやめて在宅ワークだけに絞る前に詳しくシュミレーションを行うようにしましょう。

また、在宅ワークだけで食べていこうとする場合は、1つだけではなく複数の在宅ワークを行っておくのがおすすめです。

本業とは違い、在宅ワークは仕事が続く保証がされにくいので、複数の在宅ワークをしておくことで1つがダメになった時の保険になります。

在宅ワークだけで食べていくことは十分可能ですが、在宅ワークだけに絞る前にしっかりと想定をして見通しを立てておきましょう

在宅ワーク選びが重要

在宅ワークだけで食べていくには、在宅ワーク選びが重要になります。

いくら副業としての在宅ワークが稼げていたとしても本業をやめて食べていけるかどうかは怪しいです。

月に20万円以上の利益がある在宅ワークかどうかを判断するようにしましょう。

もし、いま行っている在宅ワークだけで食べていくのが難しいのであれば複数の在宅ワークを行うのがおすすめです。

少しでも収入を増やしたい人は在宅ワークとしてスマホ副業を利用してみてください。

スマホ副業であればスマホ1台で簡単に在宅ワークを始められるので、在宅ワークで食べていく際に収入を増やす柱になりやすいです。

少しでも気になった人はスマホ副業をチェックしてみてください。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

【まとめ】在宅ワークで月20万円稼げるの?

まとめ

ここまで見てきたように、データ入力やWEBライターでも月20万円を目指すことは不可能ではありませんが、時間や労力が相応にかかることがわかります。

仕事だと言えばそれまでですが、よりスムーズに20万円稼ぐことができればより喜ばしいのではないでしょうか。

このことから考えても、最も効率的なのは副業アプリだということがわかるのです。

そこで当ページでは様々なビジネスを紹介しましたが、中でもスマホ1台でできるスマホビジネスをお勧めしています。

何故なら、一般的に新しい仕事を始める時は新しい作業や手順を覚える必要があり、そこが難点となります。

しかし、スマホビジネスの場合は普段行っている作業の延長線上で在宅ワークができるためです。

つまり、作業に対するハードルが最も低く、かつ稼ぎやすい点が大きなメリットとなってくると言えます。

どんな仕事でも、そこに楽しみややりがいを見出せるかどうかで、続けられるかどうかも変わってくるものです。

また、実際に十分稼げるかどうかも譲れない条件になってきます。

これらの要素を満たす方法として、スマホビジネスはまさに最適なので、ぜひ積極的に取り組んでみてください。

スマホビジネスに興味がある方はまずは下のサイトから登録してみてください!

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*