【稼げない?】Webライターの収入は?初心者はどれくらい稼げる?

Webライターの収入

この記事では、Webライターの始め方や収入、稼げるのかどうかについて徹底解説していきます。

「Webライタ-って実際は稼げるの?」
「Webライタ-の収入はどのくらいなんだろう?」

と思っている人にとっては非常に役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • Webライターとは
  • Webライターで稼ぐ方法
  • Webライターの収入はどれくらいなのか?
  • Webライターでの収入を上げるコツ
  • 一般的なWebライターは稼げないのか?
  • Webライターより稼げる副業5選

結論から言いますと、Webライタ-はPCだけで始められる便利な副業ですが、稼いでいくのは難しいです

やはりWebライタ-にはライティングスキルが必要であり、稼げるのはトップ層のライターばかりだからです。

なので、誰にでもおすすめできる副業とは言えないでしょう。

スキルがない人でも稼げる副業としては、スマホdeマネーがおすすめ。

スマホdeマネーは、スマホアプリを利用するだけで良いので、誰でも簡単に始めることができます。

好きな時間に好きな場所で稼いでいきたい人は、スマホdeマネーに無料登録してみましょう。

\今話題の副業!/

スマホdeマネーに
今すぐ登録する!

Webライターとは

Webライターとは

Webライタ-とは、簡単に言うとWEBサイトの記事を執筆する仕事です。

「在宅で始めることができる」「本業をやりながら取り組める」といった理由で、人気のある副業ですね。

WEBサイトの記事を執筆しますので、大半の場合PC1台あれば始めることができます。

場所を選ばずに済む点が1つのメリットですね。

とはいえ、WEBライターは、ライティングスキルが必要になるので、ある程度勉強&実践を繰り返す必要があります。

Webライターで稼ぐ方法

Webライターで稼ぐ方法

Webライタ-として稼いでいきたい場合は、以下のステップを踏む必要があります。

Webライターで稼ぐ方法

  1. クラウドソーシングに登録
  2. 案件をこなす
  3. 納品する

①クラウドソーシングに登録

まずは、Webライタ-として仕事を受注するためにクラウドソーシングに登録します。

クラウドソーシングとは、仕事を受注する人と発注する人をマッチングするサービスです。

個人的に仕事を受注しても良いのですが、仕事を探すのに時間がかかったり、報酬の交渉が難航したりとデメリットは大きいです。

しかし、クラウドソーシングに登録すればスムーズに仕事を受注でき、トラブルの危険性もありませんので登録しておきましょう。

尚、オススメのクラウドソーシングは後ほど解説しますので、そちらも是非ご覧ください。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

②案件をこなす

クラウドソーシングで仕事を受注したら、案件をこなしていきます。

ライティングの仕事を進めていくということですね。

ライティングには多くの場合、クライアントが定めた執筆ルールがあります。

例えば、「句点で改行をいれる」「記号は使わない」などです。

執筆ルールを守りながら案件をこなしていきましょう。

③納品する

仕事が終わったら、納品を完了させます。

クライアントがチェックをしてOKが出れば報酬を受け取ることが可能です。

Webライタ-は一般的にこのような流れで稼いでいきます。

Webライターの収入はどれくらい?

Webライターの収入はどれくらい?

Webライタ-の概要を一通り把握したところで、この職業の収入について解説します。

Webライタ-の収入をざっくりと説明すると以下のようになります。

Webライターの収入

  • トップ層は稼げる
  • 平均的にはあまり稼げない

トップ層は稼げる

やはりライターとしてスキルを持っている人は稼げる傾向にあります。

多い人であれば、30万円~40万円以上稼ぐ人もいるようです。

とはいえ、そのレベルに達するには、それ相応のスキルが必要になるので、誰でもこの金額を稼げるわけではありません。

徐々に経験を積んでいく必要があります。

平均的にはあまり稼げない

一方で、トップ層以外の一般的なライターはあまり稼げない傾向にあります。

これは多くの場合、文字単価が安くなってしまうのが原因です。

トップ層でなければ、大抵0.5円~1円といったところでしょう。

文字単価0.5円の場合、5000文字執筆したなら報酬は2500円です。

さらに、そこから手数料や税金を払いますので、手元に残るのは2000円弱でしょう。

わりと多く書いているのに稼げないというのがWebライタ-の現実のようです。

とらねこブログ」で実体験を元により詳しく解説されています。

いろいろな資格についても紹介されていますので、合わせてご参考ください。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

Webライターでの収入を上げるコツ

Webライターでの収入を上げるコツ

では、どうすればWebライタ-での収入を上げることができるのでしょうか?

ここでは、Webライタ-としての収入を上げるコツについて解説します。

Webライターでの収入を上げるコツ

  • 毎日ライティングする
  • 単価の高い仕事に申し込む

毎日ライティングする

1つ目のコツは毎日ライティングをすることです。

文字単価が安い場合でも毎日コツコツ取り組んでいれば、収入もアップしていきます。

単価よりも量で勝負するということですね。

地道に継続すれば稼ぐことは可能ですが、エネルギーが消耗しやすいというデメリットもあります。

単価の高い仕事に申し込む

2つ目のコツは、単価の高いライティング案件に申し込むことです。

クラウドソーシングでは、仕事を探す際に文字単価が表示されています。

相場は大体1文字0.5円~1.5円程度ですが、高いものになると2円~3円の案件もあります。

こうした単価の高い案件に申し込むことで収入をアップさせることが可能です。

ただ、単価の高い案件では、それなりのスキルが求められるので、初心者向けとは言えないでしょう。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

一般的なWebライターは稼げない?

一般的なWebライターは稼げない?

一般的なWebライタ-は果たして稼げるのか?

あなたが1番知りたいのはここだと思います。

「稼ぐ」ということに焦点を当てた場合、結論から言うと以下になります。

一般的なWebライターは稼げないのか?

  • 基本的に単価が低いので稼ぎづらい
  • 稼ぎたいなら副業を始めるべき

基本的に単価が低い

先述しましたが、ライティング案件の単価は基本的に低いです。

文字単価0.5円で1記事5000文字書いたとした場合、手取りは大体2000円弱です。

これを多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれですが、労力対効果が見合わないと感じる人も多いようです。

単価の高い案件を選ぶという手段もありますが、その場合は高度なライティングスキルが必要になります。

稼ぎたいなら他の副業を始めるべき

「稼ぐ」ことを目的にするならば、他にも別の副業を始めるべきです。

正直、ライティングよりも労力対効果が大きい副業はたくさんあるからです。

記事を書くこと自体が好きなのであれば、多少収入が安くても継続することはできるでしょう。

しかし、稼ぐことが目的の場合は、どうしても収入が見合わないことに苦痛を感じるようになります。

なので、Webライタ-をやる・やらないのどちらにしても、他の別の副業に取り組むことをおすすめします。

【必見】Webライターより稼げる副業アプリ5選

【必見】Webライターより稼げる副業5選

Webライターは、PC1台あれば始められる便利な副業ですが、トップ層しか稼ぎづらいというデメリットがあります。

それに、ライティングスキルがなければ務まらない副業なので、初心者向けの副業とは言えないでしょう。

そこで、ここでは、Webライターよりも稼げる副業を5つに厳選して紹介していきます。

どれも無料で登録できるものばかりなので、少しでも気になった場合は登録してみてください。

Webライターより稼げる副業5選

  • スマホdeマネー
  • 株式投資
  • 代行業
  • クラウドワークス
  • セレクト

副業アプリの記事と合わせて参考にしてみてください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーとは、無料アプリを一定期間利用することで稼いでいく副業です。

作業はアプリを利用するだけなので、スマホをお持ちであれば、誰でも簡単に始めることができます。

Webライターとは違い、スキルを求められない点も大きなメリットですね。

副業初心者でも取り組みやすいでしょう。

とはいえ、登録すれば稼げるわけではなく、やはりコツコツ継続して作業する必要はあります。

簡単な作業を地道に継続できる方には向いている副業です。

会員登録は無料ですので、気になった場合は登録だけでも済ませてみてはいかがでしょうか。

\今話題の副業!/

スマホdeマネーに
今すぐ登録する!

株式投資

株式投資とは、一般的に現物取引のことを指します。

東京証券取引所をはじめとする国内市場に上場している株式を売買することです。

例えば、あなたが会社を立ち上げて事業を始めようとした場合。

在庫の購入費や人件費など、多くの資金が必要になりますよね。

こうした資金を集める方法の1つが株式の発行です。

事業を行うための資金を出してくれた人には、会社は株を発行し、株を受け取った人は株主となります。

会社が利益を上げたら、その一部を配当金という形で受け取り、稼いでいくのが株式投資です。

リスクと隣り合わせの副業ですが、しっかり知識を付けたうえで取り組むと、稼ぐことができます。

不労所得化できる点も大きなメリットです。

代行業

代行業とは、何かで困っている人の代わりに働くことです。

例えば、運転の代行・家事の代行・育児の代行・掃除の代行などがあります。

ベビーシッターや家政婦などをイメージして頂けると分かりやすいと思います。

直接依頼の代行業もあれば、仲介会社を挟んで行う代行業もあり、案件の豊富さが1つのメリットです。

代行業は、その分野でスキルを高めていけば、リピーターを獲得できますし、給料アップも期待できます。

自分のスキルを活かせる機会でもありますので、この際に始めてみるのも良いかもしれません。

クラウドワークス

クラウドワークス2

クラウドワークスとは、「仕事を受注したい人」と「仕事を発注したい人」をマッチングするサービスです。

ライティングやロゴ制作、動画編集など、様々な分野での仕事が揃っています。

自分のスキルを活かせる仕事を選べる点が1つのメリットですね。

クライアントとの間にクラウドワークスが仲介している為、報酬の未払いなどはなく、安心して取り組むことができます。

登録は無料ですので、この機会に始めてみると良いでしょう。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

セレクト

セレクト

セレクトとは、LINEで紹介される副業をこなすことで稼いでいくアプリです。

LINEがあれば、誰でも始めることができますし、時間も場所も選びません。

作業は簡単なものが多く、特別なスキルも必要ありません。

Webライターはどうしてもライティングスキルが必要になりますが、セレクトではスキルがいらないのでお手軽です。

登録は無料でできますので、少しでも気になった場合は登録だけでもしておきましょう。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

【まとめ】Webライター

【まとめ】Webライター

この記事では、Webライターを始める方法や、一般的な収入について解説してきました。

WebライターはPC1台でできる便利な副業ですが、トップ層でなければ稼ぎづらいということでしたね。

また、ライティングスキルが必須になってくるので、副業初心者にはあまり向いていないでしょう。

そこで、ノースキルでも稼げる副業としてスマホdeマネーをおすすめしたいです。

スマホdeマネーは、アプリを利用するだけですので、スキルがなくても取り組むことができます。

また、好きな時間に好きな場所で稼いでいける点も大きなメリットです。

隙間時間を有効に活用していきたい方は、スマホdeマネーに無料登録してみましょう。

\今話題の副業!/

スマホdeマネーに
今すぐ登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*