在宅ワークのライターとは?仕事内容や仕事の取り方を徹底解説!

「在宅で仕事がしたい」

「在宅で稼げるライターって?」

このような疑問をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

最近だと「ノマドワーク」という時間や場所に縛られずに仕事をする働き方に、魅力を感じる人が少しずつ増えてきた印象です。

大学生、社会人の副業、子育てをする主婦などの方におすすめの働き方です。

在宅で働いて少しでもお金を稼げたら、自分の生活にちょっとしたゆとりを持つことができますよね。

そこで今回は、在宅ワークで定番のライターという職業について徹底解説していきます。

「在宅ライターとはどのようなお仕事なのか」から「在宅ライターの収入」、「在宅ライターのなり方」までさまざまご紹介しますので、在宅でのライターという仕事に興味がある方はぜひ参考にしてください。

この記事を読むとわかること

・在宅ワークでのライターって?

・在宅ワークでのライターの収入

・在宅ワークのライターになるには

では詳しく見ていきましょう!

在宅ワークの定番のライターってどんな仕事?

ライターとは

在宅ワークの定番!ライターってどのようなお仕事なのでしょうか?

在宅ワークでのライターとなると、厳密にはWebライターというお仕事になります。

Webライターとは、Web上の文章を執筆する仕事です

例えば、企業が運営しているブログ、いわゆる「オウンドメディア」や特定のメディアでの記事執筆や、取材によるインタビュー内容をWeb上に書き起こしたり、などなど。

Web上の文章の執筆作業ですので、パソコン、スマホ、Wi-Fiなどのインターネット環境さえ整っていれば、時間や場所にとらわれず、自分の好きなように業務を調整し仕事ができます。

もちろん、仕事の納期は設定されますが、それさえしっかり守ればなんの問題もありません。

そのため、在宅ワークとの相性が抜群に良く、在宅ワークの定番といえばWebライターといわれる所以です。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

在宅ワークのライターって未経験の初心者でもできるの?

ライター未経験

このように、すごく魅力的に見える在宅でのライターのお仕事ですが、みなさん気になるのは未経験者でも在宅ワークのライターとして働けるのかどうかということですよね。

結論から述べると、未経験の初心者の方でもWebライターとして働くことが充分可能です。

Webライターというのは、基本的には文章を執筆するお仕事です。

わたしたちが普段慣れ親しんでいる日本語という言語を扱う仕事で、比較的誰でも参入しやすい職業であります。

Webライターといわれるだけあって、パソコンなどのWeb系の扱いに慣れていないと、少し使いづらさを感じるかもしれません。

しかし、パソコンの扱いで特に難しい作業もございませんので、仕事をこなす中で慣れていくでしょう。

そのため、本当にだれでも始めることができるのが在宅ワークのライターです。

在宅ワークのライターの収入ってどれくらい?

では、実際に在宅で作業をしているライターさんはどのくらい稼いでいるのでしょうか?

在宅で働いているライターさんの収入を見て、イメージを掴みましょう。

とその前に、ライターさんの報酬体系についてお話します。

ライタ―さんの報酬の体系としては以下の2つに分けられます。

ライターの報酬の体系

文字単価:文字数に応じた報酬のこと。例えば、文字単価1円で1,000文字の執筆で報酬1,000円のような。

記事単価:記事毎に決まった報酬のこと。例えば、記事単価1,000円。目安1,000文字、報酬1,000円の執筆のような。

報酬体系を理解したところで、実際に収入を見ていきましょう。

知り合いのWebライターさんの収入を参考に数人ピックアップしていきます。

まず1人目は、料理人からフリーランスのライターに転身した女性の方です。

ライターを専業にしており、1日6時間を6日ですので週36時間の稼働となります。

月収としては15万円で、年収に表すと180万円です。

2人目はサラリーマンをする傍ら、副業としてライターをやっている男性の方です。

この方は、文字単価0.5~1円で執筆しているそうですね。

ライター歴が短いためか、先ほどのライターさんより文字単価が低いです。

副業でライターをしており、1日1~2時間を3日ですので週3~6時間の稼働です。

月収としては、約2万円で年収に表すと24万円です。

Webライターさんの収入の実態は以上です。

この収入を多いと捉えるか、少ないと捉えるかはあなた次第ですが、自分のスキマ時間や、好きな時間に仕事ができてこの収入でしたら、良いのではないでしょうか。

 

フリーランス白書によると、

参照:https://blog.freelance-jp.org/wp-content/uploads/2019/03/freelancehakusho2019_suvey20190306.pdf

文章系のお仕事でフリーで働いている人の年収の割合は

ライターの年収の割合

200万未満     :32.0%

200~400万未満      :26.9%

400~600万未満      :21.%

600~800万未満      :8.2%

800~1,000万未満   :5.5%

1,000~1,200万未満   :2.3%

その他       :3.6%

となっています。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

在宅ワークのライターになる方法

ライターなる

ここでは、在宅ワークのライターになる方法をご紹介します。

結論から述べると、在宅ワークのライターには、今すぐになれます。

在宅ワークのライターになるための特別な資格やスキルは必要ありませんから

しかし、どのようになれば良いのか分からない方もいらっしゃると思います。

在宅ワークのライターになるには、大きく分けて2つ方法があります。

在宅ワーカーになる2つの方法

・企業に属した在宅ライター

・フリーランスの在宅ライター

1つずつ詳しく見ていきましょう。

企業に属した在宅ライター

これはアルバイトや企業の社員になって作業する働き方です。

このような求人も最近では増えており、探せばいくつか見つかります。

採用の流れとしては

採用の流れ

①書類選考

②面接

が一般的です。面接はオンラインでする案件もあります。

合格したら、企業さんとメール等で、やりとりをしながら納期に間に合うよう作業をするというものです。

フリーランスの在宅ライター

フリーランスの在宅ライターは自分で仕事を探さなくてはいけません。

自分の書きたい文章や自分の強みを生かせるジャンルを把握し、メディアや企業に自分で営業をかけたり、クラウドソーシングサイトなどを利用して、仕事獲得を目指します。

「未経験なのに、仕事を受注できるの?」と不安を抱く人もいらっしゃると思いますが、未経験者でも意外と仕事を受注できるものです。

もちろん受注率は芳しくないとは思いますが、最初のうちは質よりも量という気持ちで、案件を受注するため、提案をたくさんするのが良いでしょう。

 

在宅ワークでのライターは資格やスキル無しで始めることができると説明しましたが、もちろん身に付けておくと良いスキルはあります。

身に付けておくと良いスキル

・分かりやすい文章術

・SEOと呼ばれる、検索で上位に表示させるための文章術

・著作権などなど

以上のスキルが身についていると自分の文字単価や記事単価が上がり、収入UPの可能性があります。

スキマ時間を利用して、上記のような文章術の勉強をしていくと、単価交渉をするときの交渉材料としても使用できるでしょう。

在宅ワークのライターの募集サイト

在宅ワークのライターとして簡単にデビューするには、クラウドソーシングサイトに登録して活動するのが一番手軽な方法です。

ここでは、ライター募集案件が豊富なクラウドソーシングサイトを2つご紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークス2

クラウドワークスは2018年の8月のプレスリリースによると会員数が200万人以上と国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

会員登録や年間利用料も無料で利用できます。

また、非常に多くの案件があり、特にライティング案件が豊富です。

後に紹介するランサーズとライティング案件の数を比べても、6倍ほどクラウドワークスが多いといわれています。

プロ向けの案件から、経験不問の案件まで幅広い案件があり、未経験者の方でも仕事を受注する可能性は充分にあります。

そのうえ、クラウドワークスで一定の基準を満たしたワーカーにはプロクラウドワーカーという称号が与えられます。

プロクラウドワーカーになると、高単価案件をオススメされやすくなるほか、メルマガやクラウドワークス上で取り上げられ、優先的にクライアントさんに紹介されます。

プロクラウドワーカーになれるよう、少しずつスキルと経験を磨きましょう。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズもクラウドソーシングサイトの一つで、国内初のクラウドソーシングサイトと言われています。

ランサーズの特徴は案件数の多さです。

クラウドワークスも案件数は十分多いのですが、すべてのジャンルを含めた総案件数はランサーズに軍配が上がります。

しかし、ライティング案件単体を比べてみると、クラウドワークスの方が6倍程度多いです。

クラウドワークスと大きく違うポイントは案件の探しやすさ

ランサーズには「こだわり検索」とよばれる検索方法があり、詳細な案件検索を可能にしています。

そのこだわり検索の中でも、特に便利なのが「文字単価検索」。

ライターは、案件を文字単価で判断することが非常に多いです。

「~0.9円」「1円から1.9円」や「5円~」など、自分の希望する文字単価に合った案件を素早く検索でき、かなり重宝する機能の一つ。

クラウドワークスには無い機能ですので、「忙しくて案件を探している時間があまりとれない」なんて方はランサーズがオススメです。

さらに、ランサーズには認定ランサー制度というものがあります。

クラウドワークスのプロクラウドワーカーと同じような制度ですが、プロクラウドワーカーと違い、ランクが豊富です。

クラウドワークスでは、「一般会員」と「プロクラウドワーカー」の2種類しかありません。

それに対しランサーズでは、「一般会員」「レギュラー」「ブロンズ」「シルバー」「認定ランサー」と5種類のランクが設定されています。

より自分の努力や実績が反映されやすい制度です。

そのため、ランサーズは細かい機能が豊富にとり揃っている印象です。

 

ここまで、クラウドワークスとランサーズの特徴を紹介してきましたが、結局どちらを登録すれば良いのと思う方もいらっしゃるでしょう。

結論、どちらも登録しておいた方が良いです。

「クラウドワークス」、「ランサーズ」両方登録して、ライター案件を探した方が自分に合った案件をより見つけやすいためです。

未経験者のうちは、質より量で勝負したいので、案件獲得のために両方登録しましょう。

ライター以外のおすすめ在宅ワーク

スマホdeマネー

「ライター以外で在宅ワークをしたい」「ライターよりも多くのお金を稼ぎたい」なんて方も中には、いらっしゃるでしょう。

そんな方にオススメなのが「スマホdeマネー」

スマホdeマネーは、副業サイトの一つで、スマホの簡単操作で収入を得ることができます。

スマホを使用するため、データ通信を使うのがデメリットです。

しかし特別なスキルなどは必要なく、老若男女問わず気軽に利用できることが強みになります。

場所や時間問わずにどこでも利用できますので、在宅ワークはもちろん可能。

お小遣い程度に稼ぎたい人から、ガッツリ稼ぎたい人まで幅広く利用いただけますので、ぜひ、スマホdeマネーを利用してみてはいかがでしょうか。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

在宅ワーカーのライターまとめ

ライターまとめ

この記事では、在宅ワークで定番のライターという職業について徹底解説してきました。

まとめ

①在宅でのライター、すなわちWebライターとはWEb上の文章を執筆する職業のこと

②ライターは資格やスキルがなくても始められる

③ライターはクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」「ランサーズ」に登録すると良い

④ライター以外のことをやりたいと考えている人には「スマホdeマネー」がオススメ

在宅での仕事を考えている方は、ライターかスマホdeマネーを始めるのが良いです。

スマホdeマネーはスマホを操作するだけで収入が得られるので手軽で簡単です。

ぜひ利用してください。

また、他の在宅ワークについてはおすすめ在宅ワークの記事をご一読ください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*