レンタカー経営は儲かるの?メリットデメリットを詳しく解説!

レンタカー経営は儲かるの?メリットデメリットと向いている人を紹介!

レンタカー経営は比較的簡単に始めることができますが、儲かるのでしょうか?

この記事では、レンタカー経営は儲かるのかということから、レンタカー経営のメリットデメリットまで詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

また、レンタカー経営はどんな人に向いているかということやレンタカー経営よりも儲かるおすすめの副業も紹介しています。

この記事を読むと分かること

  • レンタカー経営は儲かるのか
  • レンタカー経営のメリット
  • レンタカー経営のデメリット
  • レンタカー経営はどんな人に向いているのか
  • レンタカー経営よりも儲かるおすすめの副業

レンタカー経営は初期費用分を稼いで、プラスに転じるまでに時間がかかってしまいます。

そのため、すぐに稼ぎたい人におすすめのビジネスではありません。

すぐに稼ぎたい人におすすめの副業はスマホdeマネーです。

スマホdeマネーは非常に即金性が高いので、始めてから手早く稼ぐことができます。

少しでも興味がある人はスマホdeマネーの公式サイトをチェックしてみてください。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

レンタカー経営は儲かる?

レンタカー経営は儲かる?

レンタカー経営は儲かるビジネスと言えます。

中古車を仕入れて貸し出すことで始めることができるので、初期費用は思っているよりもかかりません。

保険や運営費用などを差し引いても十分に稼ぐことができます。

どのような場所でレンタカー経営を行うかでかなり変わってきますが、集客できる場所で経営することができれば数年で十分に元が取れます。

使用する車を買い換えていく必要がありますが、元の車の買取や現在の売り上げから十分に行うことが可能です。

レンタカー経営は1度軌道に乗ることができれば十分に稼ぐことができるビジネスです。

もちろん、軌道に乗るまでは費用がかさむので、「スマホdeマネー」のようなスマホ副業で負債を減らす努力をしましょう。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

レンタカー経営のメリット

レンタカー経営のメリット

レンタカー経営には2つメリットがあります。

1つは事業が軌道に乗れば手間がかからないと言うこと、もう1つは事業の拡大がしやすいと言うことです。

それぞれを詳しく解説します。

レンタカー経営のメリット

  • 1度軌道に乗れば手間がかからない
  • 事業の拡大がしやすい

1度軌道に乗れば手間がかからない

レンタカー経営のメリットには、1度軌道に乗れば手間がかからないということがあります。

車を用意して手続きを行い集客を行った後は手間をかけずに毎月稼ぐことが可能です。

定期的に集客方法を考える程度で、主だってやることはありません。

車のメンテナンスを外部に委託することで自分で行う必要はなくなります。

費用はかかってしまいますが、時間を節約することができるのでおすすめです。

事業の拡大がしやすい

ガッツレンタカー出典:https://guts-japan.com/

レンタカー経営は事業の拡大が行いやすいです。

扱う車の台数を増やすだけでレンタカー経営はどんどん大きくなっていきます。

注意点として、10台以上の車をレンタカー経営で扱う場合は整備管理者専任届が必要になります。

台数を増やす頃には人を雇う余裕も出てくるので、整備管理者を雇いましょう。

整備管理者には自動車整備士技能検定に合格した人か2年以上の設備の実務経験が必要です。

外部委託でも問題ないので自分にあっている方法を選んでください。

レンタカー経営のデメリット

レンタカー経営のデメリット

レンタカー経営にはもちろんデメリットもあります。

レンタカー経営を考えている人はどのようなデメリットがあるのかを把握して、事業を起こすか判断する材料にしてください。

レンタカー経営のデメリット

  • すぐに稼ぐことはできない
  • 規模によっては費用がかさむ
  • 集客が難しい

すぐに稼ぐことはできない

レンタカー経営はすぐに稼ぐことができないというデメリットがあります。

最初に車や保険など様々な費用がかかってしまいます。

そのため、元をとれるようになるまでにかなりの時間がかかるのです。

すぐに稼ぎたいという人にはあまり向かないビジネスと言えます。

即金性が高いビジネスを行いたい人におすすめなのがスマホdeマネーです。

スマホdeマネーは稼いだお金を最短で翌日に引き出すことができる副業です。

また、経験がなくてもしっかりと稼ぐことができるようにサポート体制が整っています。

すぐに稼ぎたい人はスマホdeマネーに無料登録してみてください。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

規模によっては費用がかさむ

レンタカー経営のデメリットとして、規模によって費用がかさんでしまうという点が挙げられます。

レンタカーなので扱う車の台数を増やせばもちろん効率は上がりますが、初期必要がかなりかさんでしまいます。

台数を増やすと車庫の規模も大きくしないといけないので、毎月の経費が増えるのです。

また、集客にかなりの広告費が必要になります。

規模を大きくしてしまうとかなりの人を呼び込むまで利益には転じません。

そこで広告をうつことになるので店舗周辺での広告だけではなく、ネット広告やポスティングなども必要になってきます。

集客が難しい

レンタカー経営の大きなデメリットに集客の難しさがあります。

どうしても大手のレンタカー会社が人気で、小規模のレンタカー会社から借りてくれる人は少ないです。

大々的に広告を出してもそこまでの効果が出ないことは少なくありません。

非常に価格を安くしたり、大手レンタカーが扱っていないような車種を扱ったりといった独自性が必要になります。

他にはないような強みを探して人を呼び込みましょう。

上記のようなデメリットも多く存在するので、低リスクの営業をやってみたいあなたは「スマホdeマネー」のようなスマホ副業から始めてみるのもいいでしょう。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

レンタカー経営はどんな人に向いている?

レンタカー経営はどんな人に向いている?

レンタカー経営に向いている人を解説します。

自分が当てはまっていると言う人はレンタカー経営を行いやすいので、参考にしてください。

レンタカー経営はどんな人に向いている?

  • レンタカー関連の仕事についていた人
  • 駐車場経営をしている人

レンタカー関連の仕事についていた人

トヨタレンタカー出典:https://www.trl-aichi.co.jp/recruit/

レンタカー経営はレンタカー関係の仕事に就いたことがある人におすすめのビジネスです。

レンタカー関係の仕事についていた人であればレンタカー経営に必要なものをあらかじめ知っているので、勉強する必要がありません。

また、何かトラブルが起きたときに対応がしやすいです。

勤めていた時と同様の対応をすれば、迅速に質の高い対処をすることができます。

また、どのような車がレンタカーとして人気があるかやどのようなサービスを導入したら良いかを判断することも可能です。

駐車場経営をしている人

もともと駐車場経営をしている人にレンタカー経営はおすすめです。

0からレンタカー経営をしようとすると駐車場台がかかってしまいます。

しかし、駐車場を持っていると、その駐車場にレンタカーに使用する車を止めておくことができるのでコストがかかりません。

初期費用を大幅に節約することができるので、駐車場経営を行っている人にレンタカー経営はおすすめです。

レンタカー経営よりも儲かるおすすめのお金を稼ぐ方法

レンタカー経営よりも儲かるおすすめの副業

レンタカー経営は初期費用分を稼ぎ、プラスに転じるまでに時間がかかってしまいます。

そのため、すぐに稼ぎたい人には向いていません。

そこで、すぐに稼ぐことができるおすすめの副業を紹介します。

ここで紹介している副業はレンタカー経営よりも稼ぎやすいのでぜひ利用してみてください。

他にもお金を稼ぐ方法を知りたいあなたはこちらの記事も合わせてご一読ください。

レンタカー経営よりも儲かるおすすめの副業

  • スマホdeマネー
  • plus
  • TECH

Remake

[Remake-画像]

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
必要な時間 1日1時間〜
必要なスキル 特になし
稼げる金額 月10万円〜
運営会社 株式会社ライブ

Remakeは稼げるようになるまでに時間のかかるレンタカー経営とは異なり、始めてからすぐに稼ぐことができる副業です。

レンタカー経営は収支がプラスになるまでに数年程度かかってしまいます。

しかし、Remakeは始めたその月からしっかりと稼ぐことが可能です。

現在、Remakeでは月収300万円を目指すことができるプロジェクトが行われています。

このプロジェクトに参加することでレンタカー経営以上に稼ぐことができます。

しかし、このプロジェクトは先着順なので急いで登録した方が良いです。

少しでも興味のある人はRemakeに無料登録してみてください。

[Remake-画像]

plus

plusの公式サイトのキャプチャ画像  
おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️
必要な時間 1日1分〜
必要なスキル 特になし
稼げる金額 月10万円〜
運営会社 株式会社Rafio

plusはスマホ1台のみで手軽に稼ぐことができる副業です。

作業時間が最短30秒と非常に短いので、時間をかけずに稼ぐことができます。

plusは稼ぐのにスキルが必要ないので、初めて副業を行う人でも問題ありません。

時間をかけなくてもよい副業をこれから始めたい人におすすめです。

plusは利用し始めた月から10万円以上稼ぐことができます。

ぜひplusに無料登録して手軽に稼いでください。
plusが少しでも気になった場合「plusとは?」の記事や、下の公式ページを確認して無料登録を試してみてください。

\即日稼げる!/

副業研究所おすすめ副業を
今すぐ始める!

TECH

TECH公式サイトのキャプチャ画像  
おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️
必要な時間 1日10分〜
必要なスキル 特になし
稼げる金額 月10万円〜
運営会社 株式会社CUBE

TECHは自分の空き時間に合わせて副業を選ぶことができます。

レンタカー経営の空いている時間に手軽に稼ぐことが可能です。

そのため、レンタカー経営で稼げない最初の数年をカバーすることができます。

通常、レンタカー経営がプラスに転じるまで数年かかりますが、TECHを併用することでより早くプラスになります。

TECHの公式サイトを利用して、レンタカー経営で空いている時間を有効活用してください。

\今すぐ10万円を稼げる!/

TECHに
今すぐ登録する!

個人レンタカーは儲かる?

個人レンタカーは儲かる?

レンタカー経営で近年注目されている形態に「個人レンタカー」があります。

ここでは、個人レンタカーとは何か、儲かるビジネスモデルなのかを解説していきます。

なお、個人レンタカーも含めて「小規模ビジネスでの起業」に興味がある方は「スモールビジネスの始め方」のページをご覧ください。

そもそも個人レンタカーとは?

個人レンタカーとは、現代でいうと「カーシェアリング」のことです。

レンタカー業は道路運送法による認可を取らなければいけないため、その認可がなければ正式にはレンタカーとはいわないわけです。

個人レンタカーは「個人間の共同使用契約」というのが、法律上の正式な扱いです。

つまり、1台の車を、Aさん・Bさん・Cさんなどが共同で使う約束をしたという形式になります。

法律上利益を出してはいけない

上記は「一緒に使う」というだけなので「利益を出してはいけない」=「利益を出すならレンタカー業になる」というルールがあります。

つまり、個人レンタカーでできることは、経費をまかなうだけです。

  • 車の購入費用
  • 車検などの維持費
  • ガソリン費
  • その他の雑費

上記のような費用をまかなう範囲で、お金をとることができます。

「車の購入費用の元を取るまで」は大きい

車の維持費は、基本的に月数万円でしょう。

しかし、購入費用の元をとることもできるため、高額な車を使えば毎月ある程度の収入を得られます。

  • 自分は欲しい高級車を買える
  • その元を取るまで個人レンタカーで稼げる

ということです。

一度元を取ったら、その後は毎月の維持費までしか稼げないという点に注意が必要です。

(その場合は、また新しい高級車を買うという手もあります)

Anyca(エニカ)に登録すれば貸し出せる

エニカ出典:https://anyca.net/
具体的に個人レンタカーをどう始めるかですが、ほとんどの人はAnycaに登録します。

エニカはDeNAと損保ジャパンが共同で始めたサービスです。

ここまで説明してきたルールは、Anycaが生み出したものです(法律をうまく解釈して、このようなサービスを始めたといえます)。

エニカでは、先に書いたような費用を入力すると、貸し出し金額の上限が自動で算出されます。

それに従って貸し出ししている限り「当面違法にはならない」ということです。

当面というのは、エニカのビジネスモデルは「事実上レンタカーではないか?」という疑問が国土交通省の中でもあることによります。

今後の展開によっては「エニカはレンタカー業」とみなされる可能性もあるわけです。

年収600万の会社員が年138万円の副収入を得る例も

エニカ出典:https://nikkan-spa.jp/1239277

上の日刊SPA!の記事では、37歳で年収600万円、都心在住のサラリーマン男性が、年138万円をエニカで稼いでいる、という事例が紹介されています。

これだけ稼いでもいいのは、ポルシェのカイエンを使っているため、購入費用が高いためです。

男性は200万円でカイエンを購入したため、200万円+毎月の維持費までは稼いでいいということになります。

単純計算でいうと、138万円の年収を2年続けたら、購入費用の分は算入できないとなるでしょう。

つまり、上記の収入を維持できるのは、人気が続いたとしても2年程度です。

ただ、うまくやれば「年138万円の収入を個人レンタカーで得られる」ことが、この記事でもわかります。

ちなみに、カイエンは新車で1000万円はしますが、男性は10年落ちの中古車(走行距離7万km以上)で購入したため、200万円という格安になっています。

通常は月1~2万円程度

「結局個人レンタカーでいくら稼げるのか」というと、月1万円~2万円程度です。

これは、実際の維持費との兼ね合いもありますが、そもそも多くの車にはそこまで借り手がつかないことにあります。

上の男性のカイエンのようなパターンは例外的で、普通は「月1回か2回借り手がつく」という程度なのです。

努力すれば結果も出ますが、そもそも利益を出してはいけないビジネスに、そこまで努力する意味があるのかという疑問ももつ必要があります。

高級車が好きな人であれば「高級車の購入費までは回収していい」というメリットがあるため、有意義です。

しかし、そうでなければ「特にやる意味はない」というのが実情といえます。

もしお金を稼ぐことが目的であれば、個人レンタカーのような「法律上稼いではいけない」ものはおすすめできません。

それより法律上問題なく、しかも稼ぎやすいというビジネスをおすすめします。

そのようなビジネスの代表はスマホ副業であり、中でも特に稼げるビジネスを下のサイトで紹介しています。

誰でもスマホ1台を使ってスキマ時間に稼げるビジネスなので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

カーシェアオーナーの収入はどのくらい?

カーシェアオーナーの収入はどのくらい?

エニカも含めた、カーシェアリングのオーナーの収入はどの程度なのか―。

これは月収0円~10万円程度の幅に収まります。

登録しただけで積極的なアピールをしていなければ、月収ゼロでとどまることも普通です。

逆にまるでビジネスであるかのように積極的なアピールの努力をしていれば、先に紹介したように年130万円以上を稼ぐこともできます。

1回の貸し出し金額は5,000円前後~1.5万円前後です。

手数料はエニカでもその他のサイトでも、概ね10%で統一されています。

以上がカーシェアリングのオーナーの収入や報酬のルールですが、やはりそもそも法律的に利益を出してはいけないというのが、一番の懸念です。

このようなビジネスモデルでは、やはり大きく稼ぐことはできません。

大きく稼ぎたいのであれば、LINEのみで稼げる「LINE副業」をおすすめします。

そのLINE副業のなかでも最も稼げるビジネスは下のサイトで紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

レンタカー開業は儲かる?

レンタカー開業は儲かる?

「レンタカー開業は儲かるのか」という点に興味を持っている人も多いでしょう。

ここでは、レンタカーの開業費用やコスト、利益率などのデータを紹介します。

なお、レンタカー開業も含めて起業に興味がある方は「起業するには」のページをご覧ください。

開業の基本データ

まずグッドエンジェルのデータによれば、レンタカー事業で開業する人のデータは以下のようになっています。

起業資金 1,135万円
運転資金 月96~124万円
軌道に乗るまで 半年
経営者平均年齢 50歳

平均年齢の50歳というのは「意外に高い」と感じる人が多いでしょう。

ただ、起業時点ではこれより10歳ほど若かったという可能性もあります。

(起業時の平均年齢か、今の平均年齢かは、上記のデータでは不明です)

軌道に乗るまでの期間はあくまで目安であるため、あまりにコストがかかるやり方だと、さらに長期にわたる可能性もあります。

(そもそも、軌道に乗らずに終わることもあります)

最低半年は軌道に乗らないと考えると、持ちこたえるために約600~800万円の費用が必要といえるでしょう。

これは開業資金とは別に用意するため、総額で2,000万円近くが必要といえます。

ちなみに、上のグッドエンジェルのリンク先では、

  • レンタカーで起業したい
  • レンタカーの起業家に投資したい人

が集まっています。

事業プランさえ良ければ、投資家の方から出資を受けて事業をスタートするということも可能です。

開業費用の内訳

レンタカーの開業でかかる費用の内訳(何に使うか)は下のとおりです。

  • 自動車
  • 許可取得費用
  • 管理システム一式
  • 広告宣伝費(HP作成含む)

レンタカーの管理システムについては、月額タイプと買い切りタイプがあります。

月額タイプなら毎月2万円程度、買い切りタイプなら50万円程度が相場です。

買い切りだとその後のバージョンアップができない可能性もあるので、この点も確認した上で比較する必要があります。

ホームページの制作費用は、クリエイター個人に依頼すると10万円程度から可能です。

一方制作会社に依頼すると、事業ですぐ使えるレベルであれば、20万円程度からが相場となります。

紙のチラシの作成は、デザインから一定の部数の配布まで、トータルで10万円~15万円を見ておけばいいでしょう。

(印刷費用は枚数によりますが、デザイン自体は片面なら数万円で依頼できます)

許可・認可の取得費用

レンタカー開業の許可・認可を取得するには「9万円」がかかります。

これは登録免許税という「国に対して必ず支払う費用」です。

司法書士や行政書士などに代行を依頼せず、自分ですべて手続きをしたとしても、この金額は必ずかかります。

(そして、代行を依頼する場合は代行費用が追加されます)

レンタカー事業の利益率は?

レンタカー出典:SSレンタカーが陥った落とし穴|MIC
 
『月間ガソリンスタンド2017年10月号』には、営業利益50%という数値が出ています。

営業利益なので、ここから税金などを引いた最終の確定利益(経常利益)になると、もっと下がるでしょう。

(金額など諸条件で変わりますが、30%程度でしょうか)

この数値は、SS(サービスステーション)で併設サービスとしてニコニコレンタカーを始めた場合のものです。

増田信夫さんという経営者の方が、事業のデータを赤裸々に公開されています。

(非常に勉強になるデータです)

この利益率の高さを見て、増田さんの会社ではレンタカーを一気に増やしたそうですが、増やしたらSSの他のサービスの利益が落ちてしまい、トータルでは利益が増えなかったということです。

すべての会社で同じようになるとは限りませんが、SSでニコニコレンタカーのようなフランチャイズのサービスを提供する場合、利益率が30~50%程度は行くことがあると、推測できます。

帝国データバンクの経営実態調査

帝国データバンク出典:帝国データバンク

上のページの帝国データバンクの実態調査の、要点をまとめると下のとおりです。

  • レンタカーの会社は、全国で256社
  • 最も多いのは東京・沖縄県の21社
  • 設立年代は「1960年代」が最多で21.5%
  • 売上の90%以上は「大手6ブランド」が占める

まず、多くの人が気になるのは、下の点でしょう。

  • 東京と並んで沖縄が最多
  • 1960年代設立が多い
  • 大手ブランドが売上の9割以上

ここからわかるのは、立地は大都市か観光地が有利ということです。

また、老舗の会社が強いこともわかります。

そして、トヨタレンタリースなどの大手がほとんどの売上を占めているというのは、これから開業したい人には少々痛いデータかもしれません。

レンタカーの大手6ブランドの社名を一覧にすると、下のとおりです。

  • トヨタレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • 日産レンタカー
  • タイムズカーレンタル
  • ニッポンレンタカー
  • バジェットレンタカー

ただ、これら以外の会社でもニコニコレンタカー・ガッツレンタカーなど勢いのある会社は多いものです。

それらの会社の業績を推測する限り「大手以外の1割でもそれなりに大きな事業になる」といえそうです。

以上がレンタカー開業が儲かるかどうかの検証結果ですが、やはり実業は全てにおいて難しいものです。

特にレンタカーのように店舗で物品を扱う事業は、震災などで大きな被害を受けることもあります。

もし「儲ける」ことが目的であれば、このような事業に手を出す前に、まずは十分な資金を蓄えることが重要です。

その資金稼ぎに、下のサイトのスマホ副業は非常におすすめなので、ぜひ一度詳細をチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【まとめ】レンタカー経営は儲かる?

レンタカー経営は儲かる?まとめ

レンタカー経営は儲かるビジネスです。

初期費用はかかってしまいますが、1度軌道に乗ってしまえば安定して稼ぐことができます。

しかし、レンタカー経営は稼げるようになるまでに数年かかってしまいます。

どうしても数年間は初期費用を取り戻す期間になるのです。

そのため、すぐに稼ぐのには向いていません。

すぐに稼ぎたい人におすすめなのはスマホdeマネーです。

スマホdeマネーは即金性が高いので、利用し始めてからすぐに稼ぐことができます。

また、稼いだお金を最短で翌日に引き出すことができるのができるのも特徴です。

手早く稼ぎたい人におすすめのスマホdeマネーに無料登録してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*