行政書士を副業で始めるには?始め方とメリット・デメリットを紹介!

行政書士を副業で始めるには?

行政書士という職業があります。

この職業は副業としても活動できることが知られており、実際に副業にしている方も少なくありません。

そんな行政書士の副業とはどんなものなのか。

今回以下の流れで解説していきます。

今回の流れ
・行政書士として副業は始められる?
・行政書士の副業での仕事内容
・副業で行政書士に始めるには
・行政書士の副業をするメリット・デメリット
・行政書士以外の副業

これらについてお話しし、まとめました。

結論からお話すると、行政書士としての副業をするのなら、まずはスマホdeマネーなどの副業アプリを使用することをおすすめします。

スキマ時間にスマホを扱って作業するだけでお小遣い稼ぎが可能です。

是非一度公式サイトをご覧ください!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

行政書士として副業は始められる?

行政書士は副業として始められます

行政書士として免許を所得し、事務所を設けようとする場所の都道府県の行政書士会に入会して、事務所の現地調査も受けたうえで、日本行政書士会連合会の名簿に載れば、あとは本業でも副業でも業務として行って問題ないのです。

ただ、業務の依頼に応じる義務が生じますからきちんと業務を遂行することが求められるということになります。

それに応じることができる環境にすれば、問題なく副業として行政書士の仕事を行うことが可能です。

副業の始め方の記事と合わせてご参考ください。

行政書士の副業での仕事内容とは

行政書士の副業での仕事内容は、本業で行う場合と大きく異なります

それは、実質的な業務が限られるという点です。

例えば契約書の作成や法律相談業務と言ったものが中心になり、書類の提出を同業者に依頼するという形になります。

なぜなら行政書士の業務は行政にかかわる書類の作成が多い性格上、官公署と密接に結び付いているものが多く、役所の窓口が開いている平日の日中にしか行えない業務が多いからです。

それによって本来の行政書士としての業務が副業という形を取ることによって大きく制限されます。

本業の仕事を平日に行い、週末を行政書士として副業を行った場合は、よりそういった仕事内容になりやすい傾向です。

そして、この点をどう解決するかが、副業で行政書士としてやっていくうえで重要なポイントとなります。

本業の行政書士に依頼して業務の一部を委託したり、平日に上手く時間を使ったりと何かしらの時間的な工夫を行わないと副業として満足な行政書士の業務が行えません。

副業で行政書士に始めるには?

副業で行政書士始めるには

こういった時間的な制約をクリアし、実際に行政書士になるためのステップについて紹介します。

そのステップとは本業の就業規則を確認、免許を取得、行政書士連合会に登録、機材などの用意、そして営業活動です。

本業の就業規則で副業を行って良いかということをしっかり把握しておく必要があります。

自分が勤務する企業が副業を認めていなければ、副業として行政書士を行うことは不可能です。

反対に副業を認めていれば始めることは可能ですから、次のステップへ進めることができます。

次に免許を取得します。

これは試験を行って取得しますが、誰でも取れるような容易に取得できる資格ではないため、計画的な勉強が必要です。

晴れて免許を取得することができたら、次は行政書士の業界団体である行政書士連合会へ登録を行います。

この登録は25万円程度の費用がかかり、その金額を用意することが必要です。

ここまでこれたら、制度上は業務が開始できますが、この状態では何もできないことも多いため、設備を整えます。

工場を開業するわけではないので、大規模な設備投資を行うわけではありませんが、パソコンを行政書士の業務が行えるようにしたり、場合によっては事務所のような拠点を作ることも必要です。

事務所を自宅としてもかまいませんが、事務所となるところを登録しないといけませんから、何かしらのワーキングスペースを用意しましょう。

最後は営業活動です。

顧客から案件を獲得できるかどうかはまったくの別問題であり、営業活動や人脈づくりなど、自分を売り込み仕事を獲得して初めて副業として収入が入ってくる仕組みになります。

行政書士の副業をするメリット

行政書士 副業 メリット

行政書士を副業にするメリットは以下の通りです。

行政書士の副業メリット
・リスクが低い
・資格を生かせる

これらについて紹介していきます。

独立開業しない分リスクが減る

行政書士を本業とする場合、リスクがあります。

それは収入が行政書士によるものがメインになること、そして経費がかさむことです。

行政書士の業務が本業になると自由度は高まりますが、その分不安定な収入となり、経済的に安定しない可能性があります。

軌道に乗ってしまえばいいのですが、そうでない場合は収入が非常に不安定になるため、顧客が獲得できないと生活が立ち行かなくなるのです。

こうなると企業に勤めて本業とし副業で行政書士を行った方が経済的には、はるかに安定します。

こういった経済的なリスクが一つです。

もう一つが経費がかさむことで、これは事務所を構えた場合家賃が発生する以外にも様々な経費が発生し収入を圧迫します。

事務所の維持費である光熱費や移動のための自動車、ガソリンを始め様々な経費がかかり、収入がどんどん削られていくのです。

副業であれば、もともと持っている車を使ったり、事務所も自室にして活動することも可能ですから、失敗しても元の生活に戻るだけなのでリスクはとても少ないといえます。

このローリスクが魅力です。

資格を元々持っていたら活かせる

行政書士の資格を元々持っていれば、その資格を生かしてすぐに連合会に登録し、副業を開始できるため大きなメリットです。

また、私生活では様々な行政の手続きや文章を書く機会があります。

例えば、乗用車の車庫証明など行政書士さんに頼んでいた仕事が自分でも簡単にできるため(行政書士の免許がなくとも自分の車は自分で車庫証明を行って良いが、自分ではなかなかできない)、本来行政書士さんに支払っていた報酬が必要なくるのです。

そのため、日常生活でも出費が減り、様々な手続きが自力で出来るようになるのは現金を手にすること並みにメリットがあります。

行政書士の副業をするデメリット

行政書士 副業 デメリット

行政書士の副業をするデメリットは二つあります。

それは資格を取得する必要があること、平日の業務があることです。

これらは副業で行政書士を行う上で大きなデメリットであり、業務を開始できるかどうかの根本的な問題になってきます。

資格を取得しなければならない

行政書士は副業であっても国家資格を取らなければいけません

そのために教材を買ったり、時間を使って勉強したり、あるいは試験日にしっかり本業を休みにして、地方の場合は東京などへ移動して受験する必要があります。

このため、資格を取るだけでも膨大な時間や投資を行う必要があり、資格を取るという段階だけで自己投資を含めてとにかく時間とお金がかかってしまうのです。

多くの副業が無免許で出来る中、この行政書士の副業は免許の取得が前提という点で他の副業と大きく異なり、それが大きなデメリットになています。

平日のみしか行えない業務が一部ある

行政書士を副業で行うデメリットは、時間的な制約を受けることです。

行政書士は冒頭でもお話しした通り行政に関する書類の作成が多く、相手も官公署と言った平日にしか開いていない公的機関になります。

そのため、提出を始めとした様々な業務が平日のみにしか行えず、平日に本業がある場合は、本来の行政書士の業務が一部行えないのです。

またこっそりと営業を行っている本業の就業時間内に提出などを行うと業務に支障が出るという判断によって就業規則違反と見なされ、本業の勤務先から処罰されます。

そういったデメリットがあるため、仮に本業の行政書士に仕事を委託しても満足に業務が行えない可能性も否定できません。

こういった時間的な制約も大きなデメリットです。

デメリットが気になる方はスキマ時間に稼ぐことができるスマホdeマネーを使うのがおすすめ。

ぜひ一度公式サイトを見てみてください!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

行政書士の副業で稼ぐことはできる?

行政書士の副業で稼げる

行政書士は副業で稼ぐことはできます

しかし、本来の行政書士としての業務が満足に行えない場合があるため、そこまで稼げる副業とは言い切れません

これ以外にも、資格取得の手間や受注の難しさがネックとなり、稼げない副業という見方も出来ます。

資格を取得するコストと時間がかかる

行政書士は免許が必要です。

そのため、取得のために先ほどお話ししたとおり、教材や講座の受講などと言ったコストや勉強のための時間が非常に要求されます。

資格を取得するまでの投資も多いため、最初はその投資をPayすることから始める、いわばマイナスからのスタートになるのです。

それによって副収入としてプラスになるまでに時間がかかり、稼ぐまでマイナスが続きます。

仕事の受注が難しい

行政書士は免許を取ればすぐに仕事が来るわけではありません。

顧客を作り、仕事の受注を行う必要があります。

しかし、副業で行っている場合信頼がないため、顧客が余程親切か、あるいは親族でない限りなかなか仕事が得られません。

むしろ別の仕事のアルバイトでコンスタントに稼いでいた方が儲かる可能性もあるのです。

このように収入源となる顧客の獲得すら困難というのが稼げない理由として挙げられます。

行政書士より稼げる副業5選

行政書士よりも稼げる副業

では、行政書士より稼げる副業はどのようなものなのかを紹介します。

それは以下の5つです。

稼げる副業5選
・スマホdeマネー
・転売
・Airbnb(エアビーアンドビー)
・アフィリエイト
・YOUTUBER

これらは無資格ですぐに収入に直結する副業であり、個性的な副業ばかりです。

この5つについて、項目ごとにまとめ、解説を行っていきます。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

このスマホdeマネーはアプリを使って収入を得る方法です。

このスマホアプリを使えば、様々なアプリを使うほど収入が得られるというアプリで、無料ゲームを遊んだ分だけ収入を得られます。

ギャンブル要素がないため、安全で誰にでも出来るという点が好評です。

このジャンルのアプリには様々なものがあり、ゲーム以外にも写真加工、音楽アプリ、そして面白系のアプリなどがあります。

スマホdeマネーはアプリの種類を増やしてアプリを触っている時間が増えるほど収入が得られてしまうというのがメリットです。

方法はスマホdeマネーの公式サイトへアクセスし、そこで登録を行ってアプリを入れます。

そして様々な種類のアプリを動かすことで収入が得られるというものです。

稼ぐコツとして複数のアプリを少しずつ利用するということ。

一つのアプリを長時間利用してもそこまで収入が得られませんから、例えば8時間という時間があれば8時間一つのアプリを利用するのではなく、8つのアプリを1時間ずつ利用するというのが最適な方法です。

メリットとしてはどこでもできること、デメリットはコツをつかむまでそこまで儲からないことが挙げられます。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトは自分のブログなどで広告を貼り付けて収入を得るというものです。

これは、広告のClickによる収入、広告先で商品やサービスの購入が成立した際の収入によって副業としての収益を得ます。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれる専門の代理店と契約することで効率よく収益が得られるメリットもあり、状況によっては本業を上回る収入を得ることも不可能ではありません。

ただし、検索エンジンの上位に来るようなSEO施策を行ったり、定期的にサイトの整備を行うといった工夫を行う必要もあり、完全な不労所得には直結しないという側面もありますが、副業として有力な手段の一つです。

専門的なスキルを持っている行政書士が発信する情報は希少性が高く、価値があります。情報の信憑性、権威生をGoogleは重要視しており、国家資格保持者のアフィリエイトサイトは他の競合に比べて優位に立てるでしょう。

\アフィリエイトを始めるなら!/

A8.netに
今すぐ登録する!

転売

メルカリ

転売は端的に言えば、安いところで購入したものをメルカリなどのフリマアプリやオークションサイトなどで高く売るという行為です。

また、プレミアな価値のあるものを並んで購入し、上乗せした金額で販売するという方法もあります。

これら以外にも中国などから大量に仕入れを行い、日本のサイトで高く売るという方法や欧米から仕入れてプレミアを付けて売るというのもテクニックです。

通販を利用した転売としては、ガジェット(スマホのアクセサリーなど)、アパレル、家電、パソコン、カメラ等が代表的で、知識があれば楽器などの音楽系の商品を扱うことで利益を上げることもできます。

ただし、トレンドや売れ筋の商品を選んだり、きちんとした金銭管理を行わないと思いもよらない赤字になることもあります。

Airbnb

airbnb

Airbnb(エアビーアンドビー)は、同名の宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトを利用した副業です。

世界中から宿泊客を集めることができ、家賃の倍近い金額で貸し出して収益を得るモデルになります。

うまく行えば本業以上の収入が得られますが支出も多く、家賃以外にも清掃費用、サイトへの3%の手数料、アメニティの支払い、ネットの整備費用などを支払う必要があるのです。

退室後の清掃料に関しては別途請求できるので、深刻な汚損は対処できますが、こまごまとした出費が出ます。

きちんとしたノウハウを確立すればひたすら稼げる副業です。

詳しくはAirbnbでの副業の記事をご参考ください。

YouTuber

何かと話題になるのがYouTuberです。

有名芸能人が発信を行う等注目のメディアでもありますが、副業としても有効な手段として数えられます。

そんなYouTuberの始め方は、Googleアドセンスのアカウントを所得しYouTubeとアドセンスのアカウントを紐付けすることです。

これを行い、YouTubeでも広告を掲載することで収益を得ます。

広告収入以外にも、本業に関する情報発信を行うことで、その動画を起点に本業に送客して稼ぐことも可能です。

実際に弁護士YouTuber・税理士YouTuber としてそのようなビジネスモデルを確立しているひも存在します。

また、徐々に本業貸してしまう可能性もありますが、YouTuberが所属する事務所に入り、そこから活動を行うという方法もあり、こういった方法でも収入が得られます。

【まとめ】行政書士は副業できるの?

行政書士を副業として行うことは可能です。

しかし、平日の業務が多いことから満足に収入が得られない可能性も否定できません。

そんな行政書士を副業とするのも良いですが、スマホdeマネー、転売、Airbnb(エアビーアンドビー)、アフィリエイト、YOUTUBERと言ったものを副業にした場合の方が収益を上げやすいことも多いです。

中でも簡単でおすすめなのがスマホdeマネー。

手軽に始めることができるので、まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*