【必見】副業の始め方・やり方を初心者にもわかりやすく解説!

副業の始め方 1から丁寧に解説

副業を始めると、本業以外から収入を確保することができ、生活に余裕が出てきます。

毎日のスキマ時間や休日の時間を使って手軽に始められる副業も多いので、特別なスキルを持っていない人も、安心して副業を始められます。 

ただ副業には興味があるけど、どこから始めたらいいのかわからず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 

そこで今回は、副業の始め方についてわかりやすく解説していきます。 

この記事を読んでわかること
  • 副業の始め方
  • 副業に関する基礎知識
  • 副業を始めるときの注意点

事前に副業の始め方を把握しておくと、スムーズに副業をこなしていくことができます。 

結論から言うと副業を始めたことのない人にはどの副業から始めればよいか迷うことも多くあると思います。

そこで初心者の人はまずスマホ一つで簡単に始めることのできる副業アプリのワークセレクトから始めてみてはいかがでしょうか。

\知識がなくても稼げる!/

ワークセレクトに
今すぐ登録する!

副業の始め方:①副業を選ぶ

副業の始め方:①副業を選ぶ

副業を始めたいなら、最初に自分がやりたい仕事を選ぶ必要があります。

一口に副業といっても、アルバイトやクラウドソーシング、フリマやオークションなどさまざまな種類があるので、どれを選ぶか決めなければなりません。 

副業選びに迷ったら、以下のポイントに注目してみましょう。 

自分のスキルで選ぶ

文章を書くのが得意な人ならライター、絵を描くのが得意ならイラストというように、自分のスキルにマッチした副業を選べば、効率よく稼いでいくことができます。 

自分の得意なことが活かせる仕事であれば、継続しやすいため、収入アップも望めます。 

得意なスキルがないのであれば、ワークセレクトやクラムスクールのように、特別なスキル不要でできる副業にチャレンジしてみましょう。

これらの仕事はスマホがあればどこでも仕事ができるため、初心者でも気軽に挑戦することができます。 

割ける時間で選ぶ

副業を始めるのであれば、本業に支障がない範囲で副業を行わなければなりません。

まずは、副業に割ける時間を算出してみましょう。

通勤・通学時間しかスキマ時間がないのであれば、毎日数分でできる副業を選ぶのがベストです。

週に何時間も副業に割ける時間があるなら、じっくり取り組める仕事を選びましょう。 

ワークセレクトやクラムスクールであれば、数分作業するだけでも収入が得られるため、本業が忙しい人におすすめです。

仕事の休憩時間などにも気軽に作業できるので、毎日コツコツ作業すれば、安定した収入を得られます。 

スキマ時間にできる簡単な副業の記事もご参考ください。

好きなことを選ぶ

趣味を副業にして稼ぐこともできます。

例えば、趣味でハンドメイドをしている人であれば、フリマアプリなどを使って、自分が作ったものを販売して稼ぐことができます。 

自分が好きな趣味なら、楽しく働くことができるので、ストレスもたまりません。

好きなことでうまく稼ぐことができたら、将来独立して、本業として稼ぐこともできます。 

スマホのアプリを使うのが好きな人なら、ワークセレクトを利用してみましょう。

ワークセレクトなら、自分が好きなジャンルのアプリをダウンロードして作業するだけでお金を稼げるので、楽しく働くことができますよ。

ゲームなどで遊びながら楽しく稼げるため、ストレス解消にも役立ちます。

難しい知識なども不要で、一日数分から作業できるため、忙しいサラリーマンやOLの副業として最適です。 

副業の始め方:②実際に登録してみよう

ワークセレクト

副業を始めるにあたり、まず最初は各サービスに登録する必要があります。

ここでは「ワークセレクト」の登録方法を紹介します。 

ワークセレクトは名前とメールアドレスだけ入力すれば、簡単に登録を済ませることができ、すぐに仕事を開始することができます。

余計な入力は必要ないので、初心者の人も数秒程度ですぐに登録できますよ! 

\知識がなくても稼げる!/

ワークセレクトに
今すぐ登録する!

副業の始め方:③実際に始めてみよう

副業の始め方:③実際に初めてみよう

登録を済ませら、さっそくビジネスを始めてみましょう。

「副業ができるかどうか不安」と思っている人でも、実際に始めてみれば不安がなくなることがあります。 

最初のうちは慣れずに手こずるかもしれませんが、慣れていくにつれて、スムーズに仕事がこなせるようになります。 

副業の始め方:④スキルをあげよう

副業の始め方:④スキルをあげよう

副業で大きく稼ぎたいなら、スキルアップが欠かせません。

本業と同じように、副業でもスキルを上げないと、収入を増やすことが難しくなります。 

知識を身につけたり技術を身につけたりすることで、仕事の単価が上がり、短時間で効率よく稼げるようになります。 

スキルの上げ方がわからない場合は、すでに副業で成功している人の話を参考にしてみましょう。 

スキルを身につければ、副業からの独立・起業も夢ではありません。

スキマ時間を使って勉強をしていけば、自分の将来の可能性が広がります。 

副業の始め方:⑤継続しよう

副業の始め方:⑤継続しよう

副業で安定した収入を得るには、継続することが大事です。

たまに仕事をするだけだと、スキルが上がらず、いつまで経っても収入アップを望むことができません。

どんな副業にチャレンジする場合でも、途中でやめてしまったらスキルも上がらず、いつまで経っても副業で稼ぐことができなくなってしまいます。

本業が忙しい人は毎日数分でもいいので、副業に関わることが大事です。 

副業で大きく稼げている人の多くは、稼げないときに辛抱して頑張り続けた人がほとんどです。

稼げないからといってすぐにやめるようでは、どんな副業を始めても稼ぐことができません。

少なくとも1年は継続しましょう。 

ワークセレクトならすぐに収入を得られるため、モチベーションを維持しやすく、継続することができますよ。

毎日の作業時間を増やせば、本業並みに稼ぐこともできます。 

副業を始める前の基礎知識

副業を始める前の基礎知識

実際に副業を始めるときは、いくつか知っておくべきことがあります。

事前に基礎知識を身につけおくことで、副業をスムーズに始めることができます。 

副業の定義とは?

副業は本業以外に収入を得ている仕事のことで、明確な定義があるわけではありません。

パートや在宅ワークなど、就労形態に関係なく、本業以外に収入を得ている仕事があるなら、それが副業となります。 

副業という言葉の定義も、法律上では定められていません。

実際のところ、何をもって副業とするかは、それぞれの解釈に委ねられています。 

「収入を増やしたい」「スキルを磨きたい」など、副業を始める目的は人それぞれです。

副業がうまくいかなければ、途中でやめることもできます。

副業をどこまで本気でやるか、どこまで継続するかは本人の自由ですが、最初に自分の中で副業の定義をはっきりさせておかないと、続けていくのが難しくなります。 

副業の定義の記事もご参考ください。

投資は副業なの?

投資は「資産運用」という位置づけになるため、副業には当たりません。

会社の規定で副業が禁止になっている場合でも、株式投資やFX投資、仮想通貨などの投資なら問題なく行うことができます。 

投資が副業に当たらないとはいえ、本業に支障が出るような行動をするのは禁物です。

株価や為替をスマホで頻繁にチェックしたり、本業に集中できなくなったりすると、会社から何らかのペナルティを課せられる場合があります。

株価や為替をチェックしたいなら、勤務時間外に行うようにしましょう。 

投資が副業ではないからといって、安易に手を出すのは避けたほうが無難です。

金融商品は景気に影響されやすく、あっという間に資金が手元からなくなってしまう可能性も潜んでいます。 

毎月安定した収入を稼ぎたいなら、コツコツ稼げる副業にチャレンジしたほうがいいでしょう。 

副業としての投資の記事もご一読ください。

何円以上稼いだら確定申告が必要なの?

副業で確定申告が必要になるのは、年間で20万円以上稼いだときです。

年間20万円以下であれば、確定申告をする必要はありません。 

確定申告とは、所得税を支払うための手続きのことです。

サラリーマンは源泉徴収によって、所得税や住民税があらかじめ給与から天引きされているため、毎年確定申告をする必要はありません。 

ただし、副業で給与所得以外の所得が年間20万円以上ある場合は、その所得にかかる税金を確定申告によって処理する必要があります。 

所得とは経費を差し引いた金額のことなので、その年の副業収入が30万円あっても、経費で10万円以上かかったなら、年間所得は20万円以下となり、確定申告をする必要がなくなります。 

何が経費に当たるかは、副業の種類によって異なります。

転売をやっているのであれば商品を仕入れたときの金額、ライターであれば通信費や交通費などが経費になります。

必要経費のレシートなどは、確定申告をするまで大切に保管しておきましょう。 

法律に違反するの?

日本国憲法では職業選択の自由を保障しており、公共の福祉に反しないものであれば、自由に仕事をすることができます。 

ただし、公務員は国家公務員法によって副業が禁止されています。 

公務員以外の一般の会社員の副業については、法律で禁止されていないので、本来であれば自由に副業ができるはずです。

にも関わらず副業ができない会社員がいるのは、会社の就業規則によって副業が禁止されているためです。 

会社が社員の副業を禁止することは法律違反にはあたりません。

かといって、就業規則に法的な効力があるわけでもないので、会社に副業がバレても法律的な罰則を受ける心配はありません。 

ただし、副業がバレるとその会社で働きにくくなる可能性が高いため、副業を始める前にまずは会社の就業規則を確認しておきましょう。

副業を認めている会社であっても、条件が定められている場合があるので、詳細を確認しておく必要があります。 

副業を始める時の注意点

副業を始める時の注意点

副業を周りにバレずに始めたいなら、いくつか注意すべき点があります。

よく考えもせずに副業を始めてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので気をつけましょう。 

副業のことは人に言わない

副業が会社にバレる最も多い原因は、自分から人に話すことです。

人に話してしまうと、その話が会社の人に伝わり、ペナルティを課せられる場合があります。 

副業を始めたら、友人や知人に言わないように気をつけましょう。

副業で稼いでいることを自慢すると、その自慢を気に入らない同僚から人事に告げ口されることも考えられます。 

誰かに通報されることがないように、ネットに顔を出したり、本名を載せたりすることも避けるべきです。

副業関連の写真をインスタやツイッター、Facebookなどにあげてしまうと、会社にバレる可能性が高くなります。 

副業の収入が多くなると、人に自慢したくなるかもしれませんが、派手な言動は慎みましょう。 

自分から人に言わないだけでも、副業が会社にバレるリスクを大幅に削減できます。 

怪しい副業に注意する

副業の中には、安心して稼げる副業がある一方で、詐欺も存在します。

副業についてよく知らない人は、副業詐欺に引っかかりやすいので注意が必要です。 

特に、ビジネスを始める前にお金を払わせるような副業には要注意です。

このような副業詐欺に手を出してしまうと、お金を騙し取られてしまった後に、連絡が一切取れなくなるケースが考えられます。

当然ながら、詐欺の副業でお金を稼ぐことはできません。

ビジネスモデルがはっきりしないような怪しい副業は、極力避けましょう。 

「月に100万円稼げます」というような大げさな広告を出している副業も避けたほうが無難です。

このような副業は詐欺である可能性が極めて高いので、安易に手を出すのはやめましょう。 

副業詐欺の手口はさまざまです。

「この副業怪しいな」と思ったら、ネット上で口コミをチェックしてみましょう。

詐欺ビジネスである場合、ネット上には悪い評判がたくさん載っています。 

裏技副業についての記事もご参考ください。

確定申告を自分でする

確定申告は誰かがやってくれるものではありません。

自分で税務署に出向いて確定申告をする必要があります。 

確定申告をする際に必要になるものは、申告書・内訳書や控除証明書などです。

帳簿や領収書まで持って行く必要はありません。 

税務署の窓口まで出向く時間がないときは、申告書類の郵送もしくはインターネット上で申告をすることも可能です。 

専門家を雇えば、確定申告の手間を省けますが、専門家を雇う費用が別途必要になります。 

確定申告をする時期は毎年2月16日~3月15日の期間と決まっており、この時期を過ぎてから確定申告をすると、ペナルティを受ける可能性があります。

無申告加算税が課せられるだけでなく、延滞税も課せられてしまうので、必ず期限内に確定申告をするようにしましょう。 

副業の始め方【まとめ】 

副業の始め方は簡単です。

自分のスキルや好きなことに合う副業を選べば、モチベーションを維持しやすくなり、収入アップを期待できます。 

ただし、実際に副業を始めるときは、法律と税金に関する知識が欠かせません。

必要な知識を身につけずに副業を始めてしまうと、あとでトラブルが発生することもあるので要注意です。 

副業を始めるときは、事前準備をしっかり行っておきましょう。 

副業の始め方まとめ
  • 自分の「スキル」「時間」「好きなこと」に合った副業を選ぶ
  • 副業で年間20万円以上稼ぐと確定申告が必要になる
  • 副業を始めるときは人に言わない

ワークセレクトならスマホ一台から手軽に副業を始められるので、初心者の方には特におすすめです。

スキマ時間を使ってお金を稼げるので、気軽にチャレンジしてみましょう。 

\知識がなくても稼げる!/

ワークセレクトに
今すぐ登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*