【完全保存版】独立するには?方法とメリットデメリットを徹底解説!

【完全保存版】独立するには?方法とメリットデメリットを徹底解説!

この記事では、独立するメリットやデメリット、独立する具体的な方法について徹底解説していきます。

「独立するためには何をどうすればいいの?」
「独立するメリットやデメリットを知りたい!」

このように考えている方へ向けた記事です。

当記事を読むことで、独立するために今からやるべきことが分かります。

独立に少しでも興味のある人には役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • 独立とは?
  • 独立するメリット
  • 独立するデメリット
  • 独立する方法
  • 独立するなら副業がおすすめの理由
  • 独立するのにおすすめの副業【5選】

先に結論から言うと、独立すれば自分の好きなことで稼ぐことができますが、「失業するかもしれない」「収入が不安定になる」といったデメリットがあります。

なので、独立する際は上記のようなメリット・デメリットを踏まえたうえで行動に移した方が良いでしょう。

また、独立する方法として最も成功しやすいのは「副業から始めること」です。

副業に取り組むことによってスキルアップすることができ、短期間で独立に成功できる可能性があるからです。

では、どんな副業がおすすめなのか?というと、スマホ1つで取り組むことのできる「プチ起業」です。

「プチ起業」は副業として稼ぎながら、空いた時間に起業する方法を学ぶことができます。

後ほど詳しく紹介しますが、既に興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

独立とは?

独立とは?

まずは、独立とは何なのか?ということについて解説していきます。

独立とは、それまで勤めていた会社を退職し、組織からの束縛や支配を受けない状態になることです。

なので、厳密には独立=起業するという意味ではありません。

会社を立ち上げなくても、組織からの束縛や支配から解放されれば、それは独立したことを意味します。

しかし、実際は「独立する」と言うと「起業するために独立する」という意味で解釈されることが多いです。

この記事での「独立」も「起業するための独立」という前提で解説していきます。

今すぐにでも、独立をしてみたいあなたは「プチ起業」を始めてみましょう。

きっとあなたが独立する助けになってくれますよ。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

独立するメリット

独立するメリット

独立の特徴について一通り把握したところで、まずは独立することのメリットについて解説していきます。

脱サラして独立することで、以下のようなメリットを得られるでしょう。

独立するメリット

  • 自分の好きなことで稼げる
  • 出勤する必要がない

自分の好きなことで稼げる

1つ目のメリットは、自分の好きなことで稼げる点です。

独立して行う事業が「好きなこと」であれば、失敗しない限りその仕事を続けていくことができます。

好きなことをやりながらお金も稼いでいけるので、充実した毎日を送れるようになるでしょう。

出勤する必要がない

2つ目のメリットは、出勤する必要がない点です。

独立後に実店舗を構えないのであれば、自分の好きな場所で仕事を行うことができます。

職場に向かう時間を節約できる分、効率よく仕事を進めていくことができるでしょう。

お気に入りの場所で仕事ができる点も大きなメリットの1つです。

上記のようなメリットを手に入れたいあなたは、「プチ起業」を始めて見いましょう。

独立するデメリット

独立するデメリット

次に、独立するデメリットについて解説していきます。

以下のデメリットを許容できない場合は、独立に挑戦するべきではないでしょう。

独立するデメリット

  • 失業するかもしれない
  • 収入が不安定になる

失業するかもしれない

1つ目のデメリットは、事業に失敗して失業するリスクが常にある点です。

今は誰でも気軽に独立できる時代になりましたが、知識や計画なしではもちろん失敗してしまうでしょう。

あらかじめ緻密な事業計画を立てたうえで独立する必要があります。

また、独立に必要な資金額によっては、準備期間に苦労することも多々ありますね。

収入が不安定になる

2つ目のデメリットは、収入が不安定になる点です。

独立すると会社員とは違って、自分の力でお金を生み出さなくてはいけません。

仕事のクオリティや時期などによって、収入の額が大きく左右してしまうこともあります。

安定した収入を維持していきたい方には、独立は向いていないと言えるでしょう。

少しでリスクヘッジして独立したいあなたは、「プチ起業」のような副業アプリから始めて、お金に余裕ができ初めてから、独立を考えるようにしましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

【起業】独立するにはどうしたらいいの?

【起業】独立するにはどうしたらいいの?

次に、独立するための具体的な方法について解説していきます。

近いうちに独立したい考えている方は、以下のステップを実践するようにしましょう。

独立する方法

  • 副業を探す
  • 本業と副業を並行させる
  • 副業一本に絞る

起業するにはどうしたらいいの?」と思っているあなたはこちらの記事もご一読ください。

副業を探す

まずは、独立する前に副業を始めることです。

いきなり独立して事業を始めても、成功できる可能性は限りなく低いからです。

なので、今のうちに副業でビジネスの経験を積み、独立後に成功しやすくなるようなスキルを身に付けた方が良いでしょう。

あなたが独立したい分野で副業を探していきます。

本業と副業を並行させる

次に、副業と本業を並行させて取り組んでいきます。

本業では生活するための収入を稼ぎつつ、独立のために副収入も稼ぐといったイメージです。

副業でスキルを磨きながらも、「稼ぐ感覚」を習得できるようにしていきます。

副業一本に絞る

ある程度副業で稼げるようになったら、本業を辞めてその仕事だけに絞ります。

この時が独立のタイミングですね。

既に稼げるようなった状態で独立するため、副業をせずに脱サラした場合よりもスピーディーにビジネスを軌道に乗せることができます。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

独立するなら副業がおすすめ

独立するなら副業がおすすめ

ここまで独立する方法を解説してきましたが、やはり独立後の成功確率を高めるには副業がおすすめです。

独立を目指す人に副業をおすすめする理由としては以下の通り。

独立するなら副業がおすすめの理由

  1. ローリスクで始められるから
  2. 起業資金がを集められるから
  3. 自分で稼ぐ力が身に付くから

理由①ローリスクで始められる

1つ目の理由は、ローリスクで始めることができるからです。

副業は会社勤めしながら行うため、万が一失敗したとしてもすべての収入がゼロになることはありません。

リスクを最小限に抑えたうえで独立準備ができるので、失敗を恐れずにどんどん行動していくことができます。

理由②起業資金がを集められる

副業である程度稼げるようになれば、本格的に起業する際に必要となる資金を調達できます。

特にオフラインで起業する場合は初期費用がかかるため、副業で稼いだお金は役に立つはずです。

事前に起業資金を集めておくことで、銀行から融資を受けるよりも低リスクで起業することができます。

理由③自分で稼ぐ力が身に付く

副業をすることで「自分で稼ぐ力」を身につけることが可能です。

自分のビジネスで稼げるようになれば、人や会社に依存した生活から解放され、独立に一歩近づくことができます。

万が一の時でもゼロからお金を生み出せるようになるので、精神的にもタフになります。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

独立するのにおすすめの副業【5選】

独立するのにおすすめの副業【5選】

これまで「独立するのなら副業から始めるべき」と言いましたが、どんな副業を選べば良いのか分からないかもしれません。

そこで、ここからは、独立するのにおすすめの副業を5つに厳選して紹介していきます。

どれも無料、もしくは少ない資金で始められるものばかりなので、ぜひ参考にされてください。

独立するのにおすすめの副業【5選】

  • プチ起業
  • どこでもビジネス
  • 転売
  • 輸入ビジネス
  • アフィリエイト

プチ起業

プチ起業

「プチ起業」とは、自分の独占市場を作って稼いでいく為の講座です。

会社員やりながら、隙間時間を有効に使って起業していく方法を学ぶことができます。

なので、将来的に起業したいと思っている方にとってはマッチする副業と言えるでしょう。

また、「プチ起業」のLINEに無料登録してくれた方限定で、本編が語られる有料講座の案内をしているようです。

本気で事業に取り組む場合はこちらの有料講座も受けた方が良いでしょう。

ただ、まずはお試し感覚で登録してみるのもありかですね。

無料登録だけでも有益な内容を得られますので、気になる方は公式ページをチェックしてみてください。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

どこでもビジネス

どこでもビジネス

「どこでもビジネス」とは、文字通りどこでもビジネスができる副業アプリです。

作業に必要なものはスマホだけなので、場所や時間を選ばずに働くことができます。

本業が忙しい人であっても、ちょっとした空き時間を見つけて副業に取り組むことができるのです。

また、「どこでもビジネス」を辞めたくなった場合はいつでも辞めることができます。

つまり、最初は「お試し感覚」で始めることができるということです。

こちらも登録費もいっさいかかりませんので、興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトとは、商品を販売したい企業と消費者をマッチングさせるネットビジネスです。

こう言うと難しくイメージしがちですが、稼いでいく仕組みはいたってシンプルです。

自分のWEBサイトに企業の商品広告を掲載し、その広告経由で商品が売れると報酬を受け取れる仕組みになります。

アフィリエイトは初期費用もほとんどかからないため、多くの副業初心者が最初に取り組みますね。

ただ、アフィリエイトのデメリットは、最初に行うサイトの立ち上げ作業で面倒な点です。

初心者であれば面倒な作業に手間取ってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、「WordPlus」という代行サービスを利用することでスムーズに作業を完了させることができます。

今後、アフィリエイトに取り組むつもりの人は、「WordPlus」の公式ページを1度チェックしてみてください。

\簡単にサイトを作れる!/

WordPlusを
今すぐ確認する!

転売

転売

転売とは、Amazonやメルカリ、ヤフオクなどのプラットフォームを利用して商品を販売するビジネスです。

例えば、ヤフオクで200円で仕入れた古本をAmazonで1000円で売れば、800円の利益ですね。

このように、安く仕入れた商品を高く売ることで、利益を拡大させていきます。

転売は、売れ筋商品を出品し続ければさらに稼いでいくことも可能ですし、どれだけで生計を立てている人もいます。

ただ、商品を扱う以上在庫を抱えてしまうため、売れなければ赤字になってしまうのがデメリットです。

最初は知識収集しながら自分の不用品を出品し、徐々に作業に慣れていくのが良いでしょう。

輸入ビジネス

輸入ビジネス

輸入ビジネスとは、海外のネットショップで仕入れた商品を国内のネットショップで販売することで利益を得ていくビジネスです。

価格差を利用して稼いでいく仕組みは先ほどの転売と同じですね。

日本は先進国なので、海外と比較すると物価や賃金が大きく異なります。

なので、仕入れ先の国や商品によってはかなり安い価格で仕入れることが可能なのです。

海外から取り寄せた低価格の商品を日本で高値に設定して販売することで、その差額分だけ儲けることができるようになります。

【まとめ】独立するなら副業から始めるのがおすすめ

【まとめ】独立するなら副業から始めるのがおすすめ

この記事では、独立するメリットやデメリット、独立する具体的な方法について詳しく解説してきました。

独立すると自分の好きなことで稼ぐことができますが、「失業するかもしれない」「収入が不安定になる」といったデメリットがありましたね。

独立する際は上記のようなメリット・デメリットを踏まえたうえで行動に移す必要があります。

また、独立する方法として最も成功しやすいのは「副業から始めること」でした。

副業には様々な種類がありますが、特におすすめしたい副業が先ほども紹介した「プチ起業」です。

「プチ起業」は副業として稼ぎながら、隙間時間に起業する方法を学ぶことができます。

これから独立したいと思っている人にはぴったりの副業です。

将来的に起業も視野に入れている方は、この機会に「プチ起業」の公式ページをチェックしてみてください。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*