初めての派遣の不安を解消!基本のマナーと気をつけるべきポイントを紹介!

初めての派遣の不安を解消!基本のマナーと気をつけるべきポイントを紹介!

初めて派遣スタッフとして派遣先に行く際に、どういった点に気を付ければいいのか悩む人も多いのではないでしょうか?

派遣スタッフの中にはアルバイト感覚で仕事場に向かう人もいますが、それは完全にNGです。

というのも派遣先では「よそ者」であり、最低限のマナーすらできていない場合は全く信頼されずにお役御免になってしまう可能性が高いからです。

ここからは派遣スタッフとして信頼を得るためのマナーと、初めての派遣先で気を付けるべきポイントについて解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • 初めて派遣先に行く時のマナー
  • 派遣先で気を付けるべきポイント
  • 派遣と正社員の違いとは?
  • 初めての派遣に関するQ&A

結論から紹介すると、派遣先のマナーを意識することは、仕事を円滑に進め行く上でも大切なポイントです。

しかし、覚えるべきマナーは無限にあり、覚えたからと行って、派遣から正社員になれるわけではありません。

現在、派遣に行き始めようと思っている人は、一度、自分の人生をよく考えてみましょう。

現代は、自宅でガッツリ稼ぐことができると話題の「スマホdeマネー」のようなスマホ副業も多く存在しています。

お金を稼ぎたいだけなら、スマホdeマネーのような仕事を初めてみるのもありなのではないでしょうか。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【不安】始めて派遣先に行く時のマナー

初めて派遣先に行く時のマナー

初めて派遣先に行く際は第一印象が肝心です。どれほど社会経験を積んだとしても、どれだけ仕事が出来たとしても、職場の人には全く伝わりません。

唯一きちんと伝わるのが「マナー」なので、この部分はしっかりと押さえておくことが重要です。

3つのマナー
  • しっかりと挨拶をする
  • 仕事内容はメモを取る
  • わからないところはすぐ聞く


それではそれぞれ見ていきましょう。

しっかりと挨拶をする

まず、最低限のマナーは忘れずに行うようにしましょう。それは何かというと「挨拶」です。

挨拶ができないと即社会人失格と思われてしまうくらい大事なことなので、この部分は忘れずに丁寧すぎるくらいの挨拶をしておくと印象が良いです。

最初は挨拶をしても返してくれない人がいるかもしれませんが、色々な人がいるのでそこは気にしないのが賢明です。

派遣先の人に対して最初にきちんと敬意を示すことで、その後の仕事がとてもやりやすくなります。

もっとも簡単に信頼を得られる手段でもあるので、初めての派遣先で緊張はしていても「挨拶だけはきちんとする」と決めておくと良いと思います。

仕事内容はメモを取る

初めて派遣先に行くと必ず業務の説明を受けることになります。

その際にきちんと言われたことをメモすることによって、業務をする際に分からなくなることを防ぐことができるだけでなく、「仕事に真剣に取り組もうとしている人」という印象を持ってもらえます。

基本的に同じ業務を教えてもらえる機会は一度きりと思っておいた方がよく、何度も何度も同じことを聞いたりすると、それだけで「仕事ができない人」という烙印を押されてしまいます。

もちろん、すぐに理解できるようなことはメモをする必要はないですが、後で分からなくなってしまいそうと感じたらなるべくメモを取るようにした方が良いでしょう。

わからないところはすぐ聞く

「わからないところを聞く」という行動はすぐにできそうでなかなかできません。

というのも「こんなことを聞いたら怒られるんじゃないか」であるとか「頭が悪いと思われるんじゃないか」等のことを考えてしまい、なかなか質問することができない人が多いからなんですね。

ただ、「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」という言葉もあるように、分からないことをそのままにしておくことで仕事で重大なミスをしてしまったら取り返しがつきません。

特に「重要そうな部分だったけれどもわからなかった」場合は、話の流れを遮ってでも聞いておくべきです。

事前に不安の種を無くしておくことで安定した気持ちで仕事に臨むことができます。

相手も後で問題が起こった場合、「なぜわからなかったならその時聞いてくれなかったんだ?」という気持ちになるので、この部分はしっかりと行っておきましょう。

上記のように、まずは基本的なところから、しっかりと覚えることが大切です。

ただ、マナーを覚えたからと行って給料が上がるわけではないので気をつけましょう。

お金を稼ぎたいのであれば「スマホdeマネー」のような副業を始めましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

初めての派遣先で気を付けるべきポイント

派遣先で気を付けるべきポイント

ここからは「派遣先で気を付けるべきポイント」について解説していきます。これらのポイントを押さえておくことによって相手に好印象を与え、気分良く仕事をすることが可能になります。

4つのポイント

  • 事前に服装のチェックをする
  • 身だしなみを整える
  • ハキハキと喋る
  • 相手を不快にさせないような態度を取る

それでは詳しく見ていきましょう。

事前に服装のチェックをする

まずは派遣先に行く前に、その派遣先では普段どんな格好で仕事をしているのか確認を取るようにしましょう。

たとえば、スーツを着なければいけないような職場の場合、見当違いの服装で行ってしまうと大恥をかいてしまうばかりか「常識がない人」というレッテルを貼られてしまいます。

事前に派遣先の職場に行ってみて服装を確認しておくのもいいですし、直接電話で担当者の人に聞くのでもいいので、服装のチェックは行うようにしましょう。

これは集合時間や集合場所と一緒で、細部にわたってチェックをしておくことによって不安感を和らげることができるので、精神衛生上にも重要なことと言えます。

身だしなみを整える

初めて派遣先に行く際は「身だしなみを整えておく」ということも重要です。

特に初対面だと、「寝癖がある」「フケが落ちている」「ヨレヨレの服を着ている」などの外見は非常に気になってしまいます。

別に仕事場でなくても身だしなみが整っていない人にはあまり近づきたくないですよね。

身だしなみが整っていない人は、コミュニケーションが出来ない人という印象を与えるだけでなく、仕事ができない人という印象も与えてしまうため特に気を付ける必要があります。

自分の誠実さとやる気を示すためにも、身だしなみをきちんと整えて職場に向かうようにしましょう。

ハキハキと喋る

初めての派遣先で気を付けるポイントとして「ハキハキと喋る」というのも挙げられます

「先方はたくさんの派遣に教育しているだろうし、黙って聞いておけば大丈夫だろう」という考え方は厳禁です。

というのも派遣の人は派遣先の企業のお客様でもなんでもなく、常に受け身の姿勢でいると悪い印象しか持ってもらえないからです。

相手も人間ですから、ハキハキと喋る人には好印象を持ち色々と教えてくれますが、やる気の見られない受け身の人にはそれなりの態度になるでしょう。

初対面の相手には特にハキハキと喋るように心がけていくことが必要です。

相手を不快にさせないような態度を取る

相手を不快にさせるような態度を取る人というのはどの職場でも存在します。

ただ、そのような人は多くの人に遠ざけられることが多いため、特に仕事内容が分からない最初のうちは大きなデメリットを負うようになります。

初めて派遣先に行く際は、まずは業務を教えてもらわないといけないので、誠実な態度で派遣先の人に向き合うようにしましょう。

少なくとも、上記のようなポイントはしっかりと守るようにしましょう。

何回も述べていますが、上記のようなことをしたからといって、給料が上がるわけでもないので、給料を少しでもあげたいあなたは、スマホdeマネーのような副業を始めましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

派遣と正社員の違いとは?

派遣と正社員の違いとは?

ここからは派遣と正社員の違いについて解説していきます。今は働き方も多様になっており、より自由な働き方ができる「派遣」を選ぶ人が増えています。ただ、自由であるがゆえに正社員に比べてデメリットも存在します。

3つの違い

  • 昇給や賞与がない
  • 雇用が不安定
  • 責任がある仕事が少ない

それではそれぞれを見ていきましょう。

昇給や賞与がない

まず、正社員と比べて派遣のデメリットとして挙げられるのが「昇給や賞与がない」という点です。

正社員は勤続年数によって給与が増え続けていきボーナスも給与の数か月分もらえるのに対して、派遣はずっと給与は同じでボーナスもありません。

ではどのくらい給与に開きがあるのかというと、人事院が調査した「27年度賃金統計調査」によると、20~24歳の正社員と派遣の給与の開きは50.4万円であるのに対し、50~54歳の正社員と派遣の給与の開きは321.3万円となっています。

全体平均を見ると、正社員と派遣の給与の開きは185.6万円。

派遣であまり収入のことを気にしていなかった人から見たら、大分ショックな数値なのではないでしょうか。

ただ、英語力が必要な外資系の派遣社員などの場合は給与が高い傾向にあるので、派遣でも専門性が必要な分野の場合はまた違ってくると考えられます。

派遣社員は、給料が足りなければ、スマホdeマネーのような隙間時間で稼ぐことができる副業を初めて、ボーナス分を稼ぎましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

雇用が不安定

「雇用が不安定」というのも派遣が正社員と比べて不利な点と言えるでしょう。

正社員の場合は福利厚生が充実している場合が多く、退職金制度が整えられていたり、積み立て制度がある企業もあります。

これらは「ずっと働くのが前提」の正社員だからこその制度とも言えます。

それに対して派遣は上記の制度が整備されていないだけでなく、原則として同じ部署で3年を超えて働くことができないというルールがあります。

もし同じ派遣先でずっと働きたいという場合は、派遣先で直接雇用してもらうか、違う部署に配置換えしてもらうという手があります

ただ派遣先でそのような対応をしてくれるという保証はなく、そういった面からみると派遣の雇用についてはかなり不安定と言えるでしょう。

もちろん、副業などをしながら、安定した収入を得るのが賢い選択です。

こちらの記事で派遣社員におすすめの副業についてまとめているので合わせてご一読ください。

責任がある仕事が少ない

「派遣は自由な働き方ができる」ということでこのような働き方を選んでいる人が多いですが、それは裏を返せば「責任のある仕事を任される可能性が低い」ということでもあります。

基本的には責任のある仕事は正社員が行って、そうではない仕事を派遣が行うという形の企業が多いでしょう。

ただ考えてみるとそれは当然のことで、「長く会社にいる見込みのある人に重要な仕事は任せたい」となると思います。

もちろん仕事で責任を取りたくない、という人にとっては派遣は最適な働き方かと思われますが、責任がある仕事をしたいという人にとってはなかなか難しい面があると言えます。

初めての派遣に関するQ&A

初めての派遣に関するQ&A

それでは初めて派遣先に行く場合によく出てくる疑問点について解説していきたいと思います。

派遣初日に一番大切なことな何ですか?

派遣初日に一番大切なことは何かというと、それは「挨拶」です。もちろん身だしなみ等も重要ですが、挨拶ができないだけで社会人失格とされてしまうので、ここは特に気を付けるべきと言えます。

もちろん「大きな声で挨拶をしなければならない」ということではなく、多少声が小さくても挨拶をしていることが伝われば大丈夫です。

派遣先の人と円滑な人間関係を作って気持ちよく働くためにも、挨拶はしっかりと行っていきましょう。

派遣から正社員になることは可能ですか?

派遣から正社員になることは可能です。ただかなり狭き門と考えられます。

というのも企業側は正社員の採用を別で行っており、派遣から正社員に登用するというルートは想定していない場合が多いからです。

また、正社員の募集に応募するにしても、これまでの経歴で非正規社員をしていたことに関しての質問は高い確率で来ると考えられ、そこで相手が納得できる答えを出せない場合は採用見送りになってしまう可能性が高いです。

ただ、派遣をしながら専門知識を身に付けて、それをもって正社員を目指すというのであればまた話は変わってきます。

その専門知識が企業で求められているものであれば、正社員へのステップアップも可能でしょう。

もちろん、狭き門であることは変わりないので、お金を稼いで安定を目指す派遣社員は「スマホdeマネー」のような副業で稼ぐことが主流でしょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】初めての派遣に行く時は礼儀正しくしよう

【まとめ】初めて派遣に行く時は礼儀正しく

ここまで、初めて派遣に行く際に気を付けるポイント、正社員と派遣の違い等について解説してきました。

色々とポイントを述べてきましたが、とにかく大事なのは「社会人としての自覚を持つ」ということです。

初めて派遣先に行く場合は当然緊張もするかと思いますが、派遣先の人たちも少なからず緊張しています。

今まで会ったこともない人に仕事を教えて、一緒に作業をしなければならないわけですから。

そのため、お互いが気分よく仕事を進めるためにも、できる限りの誠意を持って対応していくのが重要です。

もちろん、マネーやポイントを守ったからと言って。給料が上がるわけではなく、あまりコスパがいい行動とは思えません。

少しでも稼ぎたいあなたは「スマホdeマネー」のような副業を始めましょう。

今稼げると話題で、副業研究所一押しの副業なので、あなたもきっと気づいてくれるはず

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*