派遣社員の平均年収はどれくらい?正社員との違いと年収アップ方法!

派遣社員の平均年収はどれくらい?正社員との違いと年収アップ方法!

派遣に登録して仕事をしている場合、大体同じような職種の仕事紹介を受ける場合が多いので、自分がもらっている年収が派遣社員の平均的な年収と思ってしまいがちです。そして派遣社員でも正社員と同じような仕事をしている人も多いので、いくら派遣社員といってもそこまで貰っている給料の差は大きくないだろうと考えている人もいると思います。

そこでこの記事では派遣社員の平均年収と収入をアップさせるための方法について解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • 派遣社員の平均年収はどのくらい?
  • 派遣社員と正社員の差
  • 派遣の平均年収をアップさせるには?
  • 平均年収が上がる副業【5選】

結論から紹介すると、派遣社員の平均収入は330万円ほどで、正直ほとんど稼ぐことができていません。

これも平均値なので、もっと平均年収が低い人が沢山います。

派遣社員が、平均年収を上げたいと思ったら、副業を始めることをおすすめします。

「プチ起業」のような副業であれば、スマホでできるだけではなく、仕事の合間や自宅にいる少しの合間時間に簡単に稼ぐことができます。

少しでも気になるあなたは、「プチ起業」の公式HPを確認してみましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

派遣社員の平均年収はどのくらい?

派遣社員の平均年収はどのくらい?

まずは派遣社員の平均年収はどのくらいなのかということについて解説していきます。派遣社員全体では約328万円で、月収に換算すると約27万円となります。

そして、一般派遣と特定派遣を分けて算出する場合、一般派遣の年収は約279万円、特定派遣の年収は約367万円になります。(出典:平成29年度労働者派遣事業報告書)

なぜ一般派遣よりも特定派遣の方が収入が高いのかということについてですが、その理由について説明していきます。

一般派遣の場合

一般派遣とはどのようなものかというと、「最初に派遣会社に登録して、派遣先が決まったら派遣契約を結ぶ雇用方法」になります。いわゆる世間が認識している「派遣社員」のイメージはこちらですね。

一般派遣の派遣期間は3年に制限されているので同じ職場で働き続けることはできません。このように常時雇用ではないため、不安定な状態で働かざるを得ません。

ただ一般派遣の場合、たくさんの職種を経験できるというメリットもあるので、まずは自分の適性を知りたいという人たちもこの雇用形態を選んでいます。

特定派遣の場合

特定派遣とはどのようなものかというと、「派遣会社の正社員として雇用された後に、別の会社に派遣社員として働きにいく雇用方法」になります。

この雇用方法は「常用型派遣」とも呼ばれていて、一般派遣の場合と違って同じ職場で無期限に働くことができるという点が特徴です。また、特定派遣の業種は専門性の高い業種に限られているため、一般派遣に比べると年収が高いという特徴があります。

ただ、特定派遣は平成27年の労働者派遣法の改正で廃止されており、どの業種の派遣であっても期間が3年に制限されることになりました。

理由としては、特定派遣は安定性も高くメリットが大きいように見えて、実際は突然契約を切られたり賃金をカットされるなど不安定な状態が続いていたからです。

そのため、労働者を守るための措置として、今後はすべての業種が一般派遣として扱われるようになったわけです。

上記のように、危険な仕事や大変な仕事は確かに年収が高くなる傾向にありますが、ほとんど稼ぐことができません。

本気でたくさん稼ぎたいのであれば、「プチ起業」のようなスマホ副業を始めるべきです。

平均年収を底上げしたいのであれば、今すぐにでも「プチ起業」を始めましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

派遣社員と正社員の平均年収の差

派遣社員と正社員の差

それではここからは、派遣社員と正社員の差について考えていきましょう。派遣社員は自由度も高く、このような働き方を選んでいる人が増えてきていますが、実は正社員と比べると不利な点が少なくありません。

3つの差

  • 平均年収
  • 保険
  • 年金

それでは一つずつ見ていきましょう。

平均収入

まず、派遣社員の平均年収は先ほども述べたように約328万円となります。それに対して、新卒の正社員の平均年収は約330万円です。実はこの段階では年収に大きな差はありません。

ただ、正社員の場合は勤務年数が増えるほど年収の額も上がっていきます。30歳の段階では平均年収は約477万円となっており、40~50代になれば派遣社員の2倍以上の年収になる場合もあります。(参考:平成30年賃金構造基本統計調査)

それに対して派遣社員の平均年収はずっと同じなため、年齢を重ねれば重ねるほど、派遣社員と正社員の収入の差は大きくなってしまいます。

保険

正社員の場合は原則として社会保険加入の義務があります。それに対して派遣社員の場合は、雇用契約の契約期間が2か月を超える場合は社会保険の加入が必要になります。

逆に言うと、派遣社員で2か月以内の仕事を繰り返している場合は社会保険に入ることができないので注意が必要です。

年金

年金には「国民年金・厚生年金」があります。そして派遣社員が加入できるのは国民年金厚生年金になります。ただ厚生年金の場合は加入条件があり、「労働時間が正社員の4分の3以上」「雇用期間が2か月以上」というものが定められています。

正社員が加入できるのも同じく国民年金と厚生年金ですが、加入条件などはありません。保険にしろ年金にしろ、正社員の方が優遇されていると言えるでしょう。

上記のように、福利厚生の部分で、不利な部分が多いのが派遣社員です。

それなになのに、平均年収も少ないなんて悲しいですね。

少しでも良い暮らしをするために、「プチ起業」のような副業を始めてみましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

派遣社員が平均年収をアップさせるには?

派遣の平均年収をアップさせるには?

それではここからは派遣の平均年収をアップさせるための方法について考えていきましょう。勤務期間が長くなるほど収入が上がる正社員と比べて派遣社員はずっと同じ収入なので、自分で収入を上げるための行動をしていくことが重要です。

収入を増やす3つの方法

  • 副業を始める
  • 転職する
  • 仕事を複数掛け持ちする

それでは一つずつ見ていきましょう。

副業を始める

まず年収を上げる方法として考えられるのが「副業」です。特にインターネットビジネスの場合は1人で行うことができ、スキマ時間を使って収入を得ていくことができるのでおすすめです。

また、アフィリエイト等のビジネスをすることによって権利収入を作れるので、収入源を複数構築することが可能になります。派遣社員の収入に副業収入が加わると、大分安定した年収を得ることもできるでしょう。

最初、収入を得るまでが大変ですが、やればやるほど楽になってくるのが権利収入を構築することの大きなメリットとなります。

「でもどうやってインターネットビジネスをやったらいいのか分からない」という人もいるかと思いますが、今は多くの人たちが無料でインターネットビジネスのノウハウを公開しているので、ブログやyoutubeで学んでから挑戦することができます。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

転職する

転職して正社員を目指すというのも年収を上げる有効な手段です。デメリットとしては、派遣社員の採用に比べて採用基準がより厳しくなっているため転職するまでに根気が必要になってくる点です。

これまでの自分のキャリアについても面接で問われるので、詳細な自己分析もする必要があります。ただ、好条件の会社で正社員として働くことができれば、収入に対する不安の多くは解消することができます。

実際に正社員になるための転職活動をしている人は多いですが、苦戦して結局諦めてしまう人も多いです。

しかし、求人をしている企業は無数にあるので、「どこか一つくらいは自分を採用してくれる企業がある」と信じて愚直に活動をしていくことが重要となってきます。

仕事を複数掛け持ちする

いくつもの仕事を掛け持ちするというのも年収を上げる手段になります。

たとえば、日中はある企業で事務の仕事をして、夜間は警備の仕事をして、というような働き方ですね。

このような働き方をすることによって収入を大きく上げることができますが、心配な点として「働きすぎて体を壊してしまっては元も子もない」ということが挙げられます。

そのため、自分の体力と精神力の限界をよく考えて、ダブルワークをする職種を考えていく必要があります。

派遣社員の平均年収が上がる副業【5選】

平均年収が上がる副業【5選】

ここからは実際に平均年収を上げるための副業について解説していきます。

他にも派遣社員におすすめの副業をまとめた記事もあるので、合わせてご一読ください。

5つの副業

  • プチ起業
  • どこでもビジネス
  • FX
  • 不動産投資
  • 転売

それでは詳しく見てみましょう。

プチ起業

プチ起業

プチ起業とは会社の給料をもらいながら、新たなビジネスを立ち上げることです。そうすることによって会社を辞めてビジネスを立ち上げるよりリスクを少なくすることが可能になります。

会社の仕事と並行してビジネスを進めながら、軌道に乗ったら独立することもできるため、様々な選択肢が広がっていく方法と言えるでしょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

どこでもビジネス

どこでもビジネスでは在宅型スマホワークで収入を得ることができます。どういった流れかというと、まずlineに登録して、後は送られてくるオファーで気に入ったものに取り組むだけとなっています。大きなメリットとしてはスマホで作業をして収入を得ることができるので、時間と場所を選ばずに行うことができるという点です。

自宅でくつろいでいる時や、通勤列車の中、職場の昼休み等、ありとあらゆる状況で案件に取り組むことができるので非常に使い勝手がいいですね。なかなか副業の時間をしっかり取れないという人は是非取り組んで頂けたらと思います。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

FX

FX

FXとはどういったものかというと、他の国の通過を売ったり買ったりして、その差益を狙っていくことです。例えば、1ドル100円の時に購入して、1ドル130円の時に売った場合、30円の利益が出ることになります。この仕組みを利用して利益を出していくわけですね。

FXをする上で必要なことは、証券会社に取引用の口座を開設するだけになります。メリットとしては、レバレッジを使うことで少ない資金でも取引を開始することができる点が挙げられます。デメリットは、取引する上で専門知識が必要になってくることと、投資資金を失うリスクがある点が挙げられます。ハイリスクハイリターンな副業と言えます。

\FXを始めるなら!/

DMM FXに
今すぐ登録する!

不動産投資

不動産

不動産投資とはどういったものかというと、アパートやマンションなどを購入して貸し出し、家賃収入を得ることを言います。

メリットとしては「権利収入」になるという点が挙げられます。毎月家賃収入が入ってくるため収入は大分安定しますね。また、建物の価値が上がった場合は売却して利益を得るということも可能になります。

デメリットとしては「初期費用が大きい」という点が挙げられます。不動産を購入にするには数千万円単位のお金が必要になってくるため、片手間で参入するわけにはいきません。また、借り手がいない場合に投資資金が回収できなくなる可能性があるというデメリットもあります。

不動産投資はやはり権利収入という面で魅力があり、多くの会社員が取り組んでいる副業と言えるでしょう。

\不動産で不労収入を!/

無料セミナーに
今すぐ登録する!

転売

転売

転売は「商品を安く仕入れて高く売り、その差額が収入になる」というシンプルなビジネスです。たとえばリサイクルショップで叩き売り価格で売られている商品を見つけて、それをインターネットで適正価格で販売することで利益を得ることができます。

シンプルなビジネスなため副業としても取り組みやすく、「まずは転売からやってみる」という人も多いです。

転売に取り組む流れとしては、まずは自宅にある不用品を販売します。この作業をすることによって10万円ほどの儲けになる人が多いです。そしてその儲け額を仕入れ資金として使い、後は「仕入れ、販売」を繰り返していくという形です。

メリットとしては「誰でもすぐに取り組みやすい」「収入がすぐに得られる」という点が挙げられます。そしてデメリットとしては「競合が増え稼ぎにくくなっている」という点が挙げられるでしょう。

ただ、経験を積んで商品相場をつかむことによって利益の出る商品を仕入れることが楽になってくるので、副業として十分な収入を得ることが可能なビジネスと言えます。

【まとめ】派遣社員の平均年収はどのくらい?

【まとめ】派遣社員の平均年収はどのくらい?

ここまで、派遣社員と正社員の平均年収の違いや、派遣社員の平均年収を上げるための方法を解説してきました。今は様々なビジネスを行って「複業」で稼いでいくのが当たり前の時代になっています。

ただ、選択肢がたくさんある分、自分に合った働き方をしっかりと選んでいくことが重要になります。

ここまで様々な「プチ起業」のようなスマホ副業を紹介してきたので、是非検討して自分に合ったビジネスに取り組んでみて頂けたらと思います。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*