自営業の始め方・やり方は?初心者が始める手順をわかりやすく解説!

自営業

「自営業ってどうやってなるの?」「自営業は儲かる?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

昨今では、働き方が多様化していることもあり、「自営業」「フリーランス」という言葉をよく耳にしますね。

自分も何か始めたい!と思って、この記事に行きついたのはないでしょうか。

そんなあなたのために、自営業の始め方について詳しく解説します。

これから自営業になりたい方は、必見です!

この記事を読んでわかること

  • 自営業の概要
  • 自営業のコツ
  • 自営業の始め方

結論から申しますと、自営業は収入が安定しません。

軌道にのるまでの期間は、生活が苦しくなります。

そうならないためにも、「スマホdeマネー」のような稼げる副業で生活の基盤を固めることをおすすめします。

生活を安定させると、事業に専念でき、成功しやすくなります。

まずは、スマホdeマネーで生活を安定させましょう。

興味を持った方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から登録してみてくださいね。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

自営業とは

自営業

自営業とは、自分で事業を経営していくことを「自営業」と指します。

例えば、商店街にある八百屋だったり、床屋なんかがイメージできるかと思います。

このようなお店は、誰に雇われているわけでもなく、全て自分の力で事業を経営していることから、自営業者と呼んでいます。

自分の力で経営しているのですから、「会社経営」を行っている人達も、自営業者に含みます。

また、フリーランスという職業を聞いたことはないでしょうか?

例えば、イラストレーターやライター、プログラマーといったことを、個人でされている方。

フリーランスは、自由業という定義をもっていますが、このような人達も自営業と呼んでも問題ありません。

自分の力で、スキルを提供しているわけですから。

他の呼び方として、個人事業主もありますが、全部ひっくるめて自営業者と呼んでもいいです。

ただ、1つだけ違う点もあります。

それは、税金です。

法人を設立している場合では、法人税として納めます。

それに対して、個人で事業を営んでいる方は、所得税として税金納めます。

まとめますと、自分の力で事業をしている方を「自営業」と呼びます。

フリーランスと呼んでもいいし、個人事業主と呼んでもさほど違いはありません。

自営業者は、なりたいと思ったら、いつでもなれます。

「お店を開きたい!」と思ったら、すぐにお店を開いて自営業者になれます。

しかし、開業費用や運転資金などを工面しなければならず、お店の売り上げを軌道にのるまでが大変です。

売り上げが満足に上がらないと、銀行からの借り入れの利息の支払いに追われて、苦しむことになります。

ですので、収入が安定するまでは、「スマホdeマネー」のような副業で生活費を補うのをおすすめします。

スマホdeマネーは、スマートフォンに送られてきた情報をもとに、作業をするだけで報酬がはいる仕組みになっています。

スマートフォンでできる作業ですので、基本楽です。

空いた時間をみつけて、ちょこちょこスマホdeマネーをこなしていけば、生活費を補うくらいの収入を得ることは可能です。

お店が軌道にのったら辞めてもよし、そのまま続けてさらに収入をアップさせてもいいでしょう。

好きな時間に作業できる「スマホdeマネー」をやりながら、自営業をやるのをおすすめします。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

自営業になるメリット

自営業 メリット

自営業者になったときに感じる、メリットについて解説します。

自分の好きなことで稼ぐことができる

自営業者は、好きなことをやって稼いでいけます。

例えば、髪が切るのが好き、得意な場合は、「床屋」を開業する。

ダイエット商品の開発に成功したから、「ダイエット商品を販売する会社」を設立する。

といったように、自分がやりたい!と思ったものや、自分が持っているスキルを活かして稼いでいけます。

「全部、好きなものだけやるのは不可能じゃない?」

これは一理あります。

例えば、会社経営をした場合は、電話対応などもやらなくてはいけません。

しかし、自営業者は、「人を雇う」ことが可能です。

つまり、得意でない仕事は、変わりの人にやってもらえばいいのです。

そして、自分は、好きな仕事に専念する、といったことができます。

例えば、プログラマーの方で営業が苦手な方がいます。

そのような方は、仕事はできますが、仕事をとってこれません。

仕事をとってこれないため、収入が入らなくなります。

そのような時に、営業ができる人を雇えば、仕事ができるようになり、収入をえることができます。

しかも、自分は苦手なことをやらなくてもいいので、仕事が楽です。

このように、自営業者は、自分の好きなように稼いでいくことができます。

自由に仕事ができる

在宅でできる仕事の場合であれば、自分の好きな時間に仕事ができます。

基本的に、納期を守れば仕事をやる時間帯を好きなように決めれます。

例えば、ライターの方で、1週間に7記事を納品する、といった感じだとしましょう。

この場合、1日2本づつやって早めに納品するのもいいですし、1日1本づつやっても問題ありません。

そして、仕事に取り掛かるのも朝にやってもいいし、夜にやってもいいのです。

勤務時間が決まっていない業種の場合は、自分の好きな時間帯で仕事ができます。

ただ、勤務先が決まっている自営業者の場合は、自由とはいえないかもしれませんね。

床屋は、9時から19時までと営業時間が決まっていますので、むやみに変更できないでしょう。

会社に出向して仕事をしないとならない場合は、自由に勤務はできません。

まとめますと、自営業者は、自分で仕事時間を決めれます。

ですが、業種によっては、さほど自由に仕事ができない場合もあります。

自営業になるデメリット

自営業 デメリット

なんだか気楽でいいなぁ~と思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、当然デメリットもあります。

確定申告をしなくてはならない

自営業者で面倒なのが、税金を納めるために、毎年確定申告をしないといけません。

会社員の方であれば、「源泉徴収」という仕組みがあるため、毎月税金を勝手に支払ってくれていますので、確定申告の必要がありません。

しかし、自営業者は、源泉徴収という仕組みがないため、所得税を自分で計算して支払わなくはならないのです。

つまり、毎月の売り上げと経費を計算し、納める税金を確定しなければなりません。

確定申告をしないと、どうなるか?

延滞税や重加算税といった、30%以上の税金の支払いを強いられることになります。

このように、自営業者は、税金を納めるために、自分で確定申告の書類を作成します。

普段から売り上げや経費の管理を怠っていると、計算できなくなってしまうので、注意しないといけません。

確定申告ならfreeeが便利です。自動で確定申告用の書類を作成できます。

\個人向け確定申告ソフト!/

freeeに
今すぐ登録する!

収入が安定しない

自営業者で多い悩みは、収入が安定しないという点でしょう。

売り上げが上がるかどうかは、ハッキリ言ってお客さんの気まぐれでもあります。

例えば、飲食店を経営した場合なんかは、季節によっても変わりますし、他の飲食店にお客を取られたりした場合は、売り上げが下がることもあるでしょう。

収入が安定しないと、銀行の利息の返済が滞ったりすることもあります。

あまりに売上を少ないと、別のところからも借り入れたり、生活資金を運転資金に回す羽目にもなってしまいます。

事業が軌道に乗るまでの期間は、生活を安定させるために「スマホdeマネー」のような副業と併用するのがベストです。

スマホdeマネーは、スマホでポチポチ作業をするだけで稼げる副業です。

本業の傍らに作業をしていけば、生活費を賄うことは十分できます。

自営業は、軌道にのるまで本当にシンドイです。

生活できなくなっては、元も子もないので、副業で生活費を稼ぐようにしましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

自営業を始める際のポイント

自営業 ポイント

自営業でも成功しやすいものとしにくいものがあります。

ここでは、これから自営業を始める方にヒントになるべきポイントを解説します。

在庫を持たないものにする

儲かりやすい業種の特徴として、「在庫を持たない」ものがあげらえます。

在庫を持つビジネスといえば、小売業などが挙げられますね。

小売業の場合は、

商品を仕入れる → 商品を販売する

といった流れで利益をだしていきます。

上手く仕入れた商品がすべて販売できたら、問題ありません。

しかし、商品が売れなかった場合は、全て在庫になってしまいます。

商品を仕入れたお金は回収できないということは、新しい商品を仕入れる資金もなくなるため、売り上げも下がる。

また、在庫を保管するための場所や人件費などのコストもかかるようになる。

といった悪い流れが起きてしまいます。

ですので、できれば在庫を持たないビジネスをおすすめします。

利益率が高いものにする

利益率が高い物であればあるほど、儲けが大きくなります。

例えば、

利益率が高い商売

コンサルタント
情報商材

などが挙げられます。

これらは、売れなくても在庫になることもなく、売れた分だけ利益になります。

利益率が悪いものは、飲食店などがあげられます。

商品自体の利益率はいいのですが、人件費などの経費がかかりますので、利益率は高いといえません。

できるだけ、利益率の高いビジネスがおすすめです。

始める際に資本があまり必要ではないものにする

初期投資を抑えたビジネスの方が敷居が低くなり、失敗したときのリスクを低くできます。

例えば、飲食店を経営するのであれば、初期投資に1000万円前後は必要でしょう。

上手く売り上げが上がれば問題ありませんが、お客が来ない場合は、初期投資を回収できなくなり、お店を占めることにつながります。

自己資金だけでやっていたなら、被害は少ないですが、借りた資金で経営していたとなると、借金だけが残ってしまうリスクもあります。

その点、初期投資が少ないビジネスをやれば、借金を抱えるリスクはありません。

たびたび紹介している「スマホdeマネー」は、スマートフォン1台あればできる副業です。

登録も無料ですので、ほとんどリスクはありません。

しかも、稼げる。

というメリットもあるのですから、やらない理由がありません。

稼げる条件すべてそろったビジネスモデルですので、おすすめです。

興味を持った方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から登録しましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

自営業を始める事前準備

自営業 準備

自営業を始めるためのポイントを解説します。

資本を用意する

まずは、資本です。

お店を開業したいのであれば、資本金は必要でしょう。

飲食店なら、最低でも1000万円は必要なはずです。

足りないのでれば、銀行から借りることも視野に入れましょう。

必要な資本を用意してください。

詳しくは開業に必要な資金の記事で解説しています。

ビジネスモデルを決める

スマホdeマネー

次に、ビジネスモデルを決めます。

お店をやる予定であれば、すでに資本金の準備はできているはずです。

事業計画を練り、お店を開業しましょう。

まだ、ビジネスモデルが決まっていないという方は、とりあえず「スマホdeマネー」から初めてみるのもありです。

スマホdeマネーを収入の柱として、スタートをしましょう。

意外と知られていないのですが、あとから業種を変更しても問題ありません。

確定申告の欄に、業種を追加すればOKです。

というわけで、ビジネスモデルに迷っている方は、スマホdeマネーからやってみましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

自営業の始め方

自営業 始め方

自営業を始めるときに、必要な手続きを解説します。

やり方は、非常に簡単です。

開業場所を決定する

まず、自営業を行う場所を決定しましょう。

オフィスを借りるのか、お店を建てるのか。

それとも、自宅でするのか。

開業する場所を明確にしておきます。

開業届を提出する

開業場所が決まったら、後は税務署に「個人事業の開廃業等届出書」を提出するだけです。

開業届は、税務署のホームページからダウンロードできます。

すべて入力して、税務署に持っていきましょう。

間違っていたら、税務署の方が教えてくれます。

起業するには?」の記事で詳しく解説しています。

その他届け出を提出する

次に、「青色申告承認申請書」の提出をおすすめします。

確定申告は、「白色申告」と「青色申告」の2種類あります。

白色申告は、10万円の税金控除ができ、青色は65万円控除できます。

納める税金を安くできますので、ぜひ提出しましょう。

他にも、「個人事業開始申告書」を市区町村の役場に提出します。

全て提出できたら、晴れて自営業者の仲間入りです。

【まとめ】自営業の始め方

まとめ 自営業

いかがでしたでしょうか。

自営業の始め方は、税務署に「開業届」を提出するだけです。

しかし、自営業を始めたうちは、収入が安定しづらいです。

できれば、「スマホdeマネー」のような副業と併用して生活の基盤を固めていくのをおすすめします。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*