年代別に見る貯金の必要額を紹介!老後のためにいくら必要なの?

年代別に見る貯金の必要額を紹介!老後のためにいくら必要なの?

「どれぐらい貯金しなければならないの?」「貯金できそうもないんだけど?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

ここでは、貯金に必要な金額を年代別に解説しています。

これから貯金をしようと考えている方、貯金できなくて困っている方は必見です!

この記事を読んで分かること

  • 貯金の必要額
  • 世代別の貯金目安
  • 貯金できない場合の対処法

結論から紹介すると、世代別の貯金額を下記にまとめていますが、ほとんどの人がそ必要貯金額まで貯めることはできないでしょう。

老後2000万円問題など、貯金額には大きな問題もあり、実は年代別でも格差は大きく存在します。

今ほとんど貯金をしていない人は「クラムスクール」のようなスマホ副業を初めてみてはいかがでしょうか?

本業の他に、副業の収入があるだけで、大きく貯金額は変わってきますし、自分が思っている以上に稼ぐことができますよ。

少しでも「クラムスクール」のことが気になるあなたは、公式HPをチェックしてみましょう。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

貯金の必要額はどのくらい?

貯金 どのくらい

必要な貯金額は、どれくらいなのでしょうか?

ここでは、必要な貯金額について解説していきます。

世代別平均収入

まずは、世代別の平均収入をみていきましょう。

平均収入によって、必要な貯金額が変わるからです。

年齢 平均年収 平均年収(男性) 平均年収(女性)
20〜24歳 262 万円 279 万円 243 万円
25〜29歳 361万円 393万円 318万円
30〜34歳 407万円 461万円 315万円
35〜39歳 442万円 517万円 315万円
40〜44歳 468万円 569万円 308万円
45〜49歳 496万円 630万円 310万円

世代の前半、後半によって年収に違いがでてきます。

また、男性の方は、女性の方よりも若干年収が高い傾向にあります。

若い時は、それほど差がありませんが、年齢を重ねてくると女性は結婚のために、退職される方が多いです。

そのため、年齢が高い人ほど、平均年収が低くなっています。

必要額の算出方法

貯金の目安は、年収の15%~20%ぐらいといわれています。

若い方は、将来に備えるべく月に20%ぐらいの貯金はしておいた方がいいでしょう。

例えば、年収250万円のかたであれば、手取りで200万円くらいになるはずです。

月に16万円くらいが手取り収入になるので、約3万円ほどを貯金に回す、といった感じです。

もちろん、個人の年収や生活によって使えるお金が変わるので、きっちり20%貯金に回さなくてもいいです。

月の貯金の目安を10%にしてもいいし、30%にしても構いません。

貯金は将来に備えてするものです。

今後、自分がどのような事にお金を使いたいのか、このことを見極めて貯金していきましょう。

貯金の必要額の目安

貯金 目安

では、もう少し具体的に貯金の必要額をみてみましょう。

まずは、20代からです。

20代の場合

20代は、仕事を始めたばかりなので貯金がない方が多いです。

貯金がないと、急な病気などのアクシデントに対応できません。

まずは、月収の3か月分を確保するようにしましょう。

手取りで15万円ほどなら、45万円くらいでしょうか。

これぐらいあれば、十分でしょう。

ある程度貯金できたら、将来に備えて貯金をしていきます。

20代の平均貯蓄額は、

となっています。

これぐらいの金額では、将来の大きな買い物に対応できませんね。

余裕があれば、自分の年収分ぐらいの金額を貯めるようにしてみましょう。

月の収入の20%を貯金に回せば、手取り15万円の人でも年間36万円貯まります。

10年続ければ、年収と同じくらいの金額を貯金できます。

しかし、生活費がかかり、貯金が満足できない人もいると思います。

20%がキツい人は10%でも貯金するように頑張りましょう。

30代の場合

30代の平均貯蓄額は、

くらいです。

30代になってくると、年収があがってくるため、貯金しやすくなってきます。

ただし、結婚や出産といったイベントが増えてくるので、出費がかさんでしまい貯めづらくなる時でもあります。

できれば、子供ができた人は今後の将来に備えて、できるだけ多く貯金に回すようにしたいところです。

必要であれば、ボーナスも貯金に回しておくようにしましょう。

貯金の目安は、年収の2倍を目標にするといいです。

平均年収でみると、約400万円ほど。

手取りでも30万円ぐらいは残るはずです。

20%を貯金に回すとして、約6万円~7万円が月の貯金額の目安となります。

7万円貯めれれば、年間84万円貯金でき、10年で840万円貯金できます。

ただ、20代のうちに貯金を頑張っていれば、30代でこれほどの貯金をする必要はありません。

20代で300万円ほど貯金できていたら、月に4万円ほど貯めれば、20代の貯金と合わせて約800万円くらいには貯まります。

ただし、使う目的がないのであれば、貯金をしておくのをおすすめします。

今では、終身雇用が崩壊しているうえ、大企業でもリストラをする非常に不安定な時代になっているからです。

突然リストラされてしまったら、今度は生活費に回さなくてはいけなくなります。

そのような急な自体にも対処できるように、多めに貯金しておくといいでしょう。

40代の場合

40代の平均貯蓄額は、

くらいです。

住宅ローンやお子さんの教育費などがかさみ、思うように貯金できなくなってくる時期でもあります。

できる方は、年収の3倍以上の貯金を目指しましょう。

だいたい年収は500万円前後になるので、1500万円が目安です。

30代で800万円以上貯めれた方は、月に7万円を貯金に回すと貯金1500万円を達成できます。

しかし、思うように貯金できなかった方は、少し頑張らなければなりません。

月の収入の25%を貯金に回していくことも考慮しましょう。

40代のうちに1500万円まで貯金できれば、今後の生活がぐっと楽になります。

老後に豊かな暮らしもできるようになるので、今のうちに頑張って貯金しましょう。

夫婦の場合

共働きであれば、単身世帯と同じように月収の20%を目安に貯金していきましょう。

共働きでないのであれば、少し変わってきます。

働いていない方の分まで、貯金する必要があるので、20%以上は貯金しなければ今後厳しくなってくるでしょう。

年収が高い方であれば、問題ないでしょう。

しかし、平均よりも年収が低い世帯の方は、副業などをして月に貯金できる金額をあげなければなりません。

夫婦で今後どのような生活にしたいか、という点について話し合ってみてください。

資金計画を綿密にたて、目標の貯金額を各自設定してみてください。

必要額を手堅く貯金するコツ

貯金 手堅く

いかがでしたでしょうか。

まだ、貯金の必要額に達していない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、少しでも貯金しやすくする方法を解説していきます。

貯金のコツについて詳しく解説している記事もあるので合わせてご一読ください。

副業を始める

クラムスクール

貯金は、収入が多いほど楽にできます。

収入が低い方は、生活費に回さなくてはいけないので、貯金する余裕がないと思います。

その場合は、副業を始めて収入をあげましょう。

20代の時期に20%貯金をするとなると、3万円もの貯金をしていかなければなりません。

その3万円、20代なら遊びに使いたいのではないでしょうか。

副業で貯金する分を稼いでしまえば、遊びながら将来に備えて貯金もできるので、副業を始めるのがおすすめです。

ただし、キツい副業はNGです。

20代は仕事を覚える大事な時期でもあるので、副業をがっつりやって本業に支障をきたしてはいけません。

スマートフォンで簡単にできる「クラムスクール」みたいな副業を始めるのがいいです。

クラムスクールなら、空いた時間にスマホでポチポチ作業をするだけで、稼げます。

いきなり10万円は稼ぐのは難しいですが、月に1万円~3万円なら十分稼げる副業です。

副業をしながら、週末にきっちり遊ぶ。

ストレスなく貯金できるので、長期的に続きやすくなるので、簡単な副業を始めるのは非常におすすめします。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

節約に励む

貯金できる金額をあげるには、節約をしましょう。

月の無駄な出費をなくすことで、貯金に回せるお金が増えるからです。

節約方法は、たくさんあります。

普段自分がどのような生活をしているかにも節約方法が変わってきます。

例えば、まったく自炊をせずに外食中心の生活の場合。

外食は1食700円~800円くらいかかりますよね。

朝、昼、夕、の3食を外食で済ませた場合、2100円~2400円くらい1日かかります。

月に換算すると約60000円の食費がかかります。

それに対して、自炊は、やり方しだいで1食200円程度に抑えることも可能です。

1日でも約600円~800円くらいでできるでしょう。

月で約24000円くらいで食費を抑えることができます。

外食中心でいた方は、自炊中心に抑えるだけで月に3万円ほど浮きます。

この分を貯金に回すことだってできますよね?

このように、無駄な出費を見直してみましょう。

毎月の使用額を決める

節約にも通じる概念ですが、毎月の支出をきっちり決める方法です。

なんとなく、お金を財布に入れて使っていると、毎月どれぐらい使ったかわからなくなりませんか?

そのようなお金の使い方をしていると、食費を普段よりも多く使ってしまったり、無駄な買いものをしてしまうので、お金が残らなくなります。

そうならないように、毎月の使用額を決めておくのです。

「食費は今月3万円まで」みたいな感じで決めておけば、それ以上無駄な出費をしなくなります。

無駄遣いも減り、手元お金が残ります。

その分を貯金すればいいのです。

注意点として、使用額を決めるためには、家計簿などを事前につけて、支出を把握しておく必要があります。

本当は、食費3万円で十分なのに、適当に「食費5万円でいいや」みたいな感じで決めてしまうと意味がありません。

まずは、自分に最適な支出を把握しておきましょう。

キャッシュレスにする

支払いをキャッシュレス決済中心にすると、ポイント還元などでお得な買い物ができます。

ポイントは、約1.5%程度ぐらいで還元されますが、チリも積もれば結構なポイントがたまってくるものです。

例えば、普段楽天で買い物をしている人は、楽天ポイントがたまっていきます。

たまった楽天ポイントをスマホ代の決済にあてれば、毎月のスマホ使用料を実質無料で使えます。

このように、キャッシュレス決済でお得に買い物ができる方法を模索すれば、お金を残しやすくなります。

必要額を貯金できない場合の対処法

貯金 対処法

必要額を貯金できていない場合の対処法を解説します。

いま、貯金がない人はこちらの記事も合わせてご一読ください。

資産運用をする

少しでも資産を増やすためにも、貯金以外の資産運用を考えましょう。

40代の時点で、1500万円資産として確保するために、貯金以外の選択肢をとってもいいのです。

ただし、資産運用は貯金以外だと元本を減らすリスクがある点には注意して運用しましょう。

主な資産運用の方法は、株式投資や投資信託になります。

株式投資は、リスクが高いですが、上手くいけばかなりの資産の上昇を期待できる資産運用です。

運用先によっては、20%ぐらいの資産上昇が起きる場合もあります。

ただし、株式を購入した時期によっては逆に損失になってしまうケースもあるので、投資先を決めるの初心者には難しいです。

慣れていない方には、投資信託がいいかもしれません。

投資信託は、投資資金を集めて、プロのファンドマネージャーが運用してくれる資産運用です。

株価をチェックしなくてもいいので、運用は楽になります。

しかし、投資信託の商品には、ダメな商品もたくさんあるので、初心者の方はインデックス投資をおすすめします。

これらの資産運用を活用して、必要な貯金額まで増やしていく方法です。

副業を始める

クラムスクール

一番堅実な対処法は、副業を始めることです。

資産運用は、元本を減らすリスクがあります。

下手に運用をすると、必要な貯金額から逆に遠ざかってしまう危険性があります。

そのため、堅実に仕事した分を貯金に回す方法である、副業を始めるのが確実です。

ただし、本業に支障をきたさない副業を選択しましょう。

おすすめしたいのは、スマートフォン1台あればできる「クラムスクール」です。

スマートフォンに送られてくるお得な貯蓄情報をもとに、作業をすると報酬が入る仕組みになっています。

毎月コツコツとこなしていけば、安定した収入が入り、貯金に回していけます。

また、スマートフォンの副業をおすすめする理由として、隙間時間でこなせる、という点です。

わざわざ家に帰ってから、がっちり副業をやるとなると、深夜の1時くらいになってしまうのではないでしょうか。

そのような副業だと確実に本業に支障をきたします。

しかし、クラムスクールは、通勤時間や休憩時間、ちょっとした待ち合わせ時間にスマホで作業をするだけで稼げます。

収入を増やしたいなら、休みの日にテレビを見ながらポチポチ作業をするだけで稼げてしまうので、他のアルバイトや副業と比較すると楽に稼ぐことができます。

登録は完全無料です。

今なら海外展開記念で、「不労所得をGETできる情報」をプレゼントしています。

限定公開なので、登録だけでも今のうちにしておきましょう!

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

【まとめ】貯金の必要額はどのくらい?

まとめ 貯金

いかがでしたでしょうか。

年代別にわけで貯金の必要額を解説してきました。

40代までの目安として約1500万円となっています。

必要な貯金額に足りない方は、貯金額を増やすか、クラムスクールのようなスマホ副業を始めるといった対処方をとりましょう。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*