手取りの何割貯金すべき?一般的な割合と貯金額の増やし方を紹介!

手取りの何割貯金すべき?一般的な割合と貯金額の増やし方を紹介!

周りのみんなは手取りの何割くらいを貯金に回しているんだろう?

たまにそんなことが気になったりしますよね。

もし周りと比べて、自分の貯金の割合が低ければ、将来悲惨な目に遭うことは間違いありません。

なので、今回は一般的にどのくらい貯金されているのかや、貯金を増やす方法について紹介していきます。

この記事を読むと分かること

・貯金は手取りの何割をするべきか

・一般的な貯金の割合

・お金を節約する方法

・貯金を大きく増やす方法

結論から先に書きますと、手取りの1~3割貯金するのが一般的です。

しかし、今は老後に2000万以上は必要と言われている時代なので、手取り額が低い人であれば1~3割では老後の蓄えはできないでしょう。

とは言え、今よりも貯金を増やすのも限界があるかと思います。

なので、副業を始めて収入を増やすようにしましょう。

今はクラムスクールのような誰でもすぐに始められる副業紹介サービスが存在しています。

クラムスクールを利用することで、あなたも月20~50万以上の収入を得ることができるでしょう。

早ければ今日にでも始めることができるので、気になる方は是非公式にアクセスしてみてください。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

貯金は手取りの何割をするべき?

貯金は手取りの何割をするべき

手取りの何割くらいを貯金すべきか気になりますよね。

貯金のペースは人それぞれなので、明確な答えと言うのはありませんが、一般的には1割以上は貯金するべきだと言われています。

もちろん、1割と言うのは最低限貯金するべき金額なので、理想で言えば3割程度は貯金しておくべきでしょう。

ただ、独身か既婚かでも変わってきますし、自分がいくら稼いでいるかでも状況は変わってきます。

なお、あくまで割合はおおよその目安としてお考えください。

ちなみに実家暮らしであれば、収入のほとんどを自由に使えるかと思いますので5割を目標に貯金しておきましょう。

もちろん、収入をほとんど使いたいあなたは、「クラムスクール」のような副業を初めて、お金を稼ぐことをおすすめします。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

【手取り額別】貯金すべき金額

貯金すべき金額

先ほどは割合でどれくらい貯金すべきかを伝えましたが、ここからは手取り額別で貯金すべき金額を解説していきます。

一人暮らしの場合、どうしても最低限の生活費として10万近くは飛んで行ってしまうので、手取りによって貯金できる額は大きく変わるのです。

そして、自分の手取りに見合った金額以上に貯金をしてしまうと、生活水準が極度に下がって人間的な生活をできなくなる原因にもなります。

なので、自分の手取りによってどれくらい貯金をすればいいのか、自分自身でしっかりと理解しておく必要があるのです。

10万円の場合

手取りが10万円の場合は、貯金をするのは相当厳しいです。

都内であればそもそも生活すらままならない金額ですね。

郊外に住んでいても、生活を切り詰めることで1割貯金できれば良い方でしょう。

実家の仕送りなどを期待できない場合は、貯金の前にまずは収入を上げる方法を考えた方が良いかもしれません。

ですが、手取り10万円でも実家暮らしであれば話は大きく変わってきます。

実家暮らしであれば、手取りが10万円でも3~5割は貯金をすることができるでしょう。

この収入ですと、もし一人暮らしを始めた場合、一気に生活が苦しくなること間違いなしなので、実家にいるうちにできる限りお金を貯めておくのが得策です。

月に貯金を10万円したいあなたは、こちらの記事で詳しく解説してるので合わせてご一読ください。

15万円の場合

手取りが15万円の場合は、最低限の生活をすることはできますが、まだまだ余裕があるとは言い難い状況です。

あまり切り詰めても生活が苦しくなるだけなので、2~3万円程度を目標に貯金しましょう。

なお、安い家賃で家を借りることができれば、5万円の貯金も射程圏内に入ってきます。

また、こちらも手取り10万と同様に、郊外で生活することを前提にお話ししています。

もし都内に住む予定であるのであれば、ほとんど貯金できないと考えておいた方が良いでしょう。

どのみち手取り15万円で貯金をするには、生活費の工面でうまいことやりくりする必要がありますので、後ほど記述する節約などを参考にしてみてください。

25万円の場合

手取りが25万円ある場合は、かなり余裕をもって貯金をすることができます。

住んでいる地域や生活水準にもよりますが、月に10万円程度は貯金をすることができるでしょう。

月に10万円も貯めるくらいなら使った方がいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、将来を考えると月10万円でも少ないのです。

将来的に家を購入したい場合は、最低でも2000万近くは貯金を貯めておかなければなりません。

もちろん、ローンを組めばもっと少ない資金でも買えますが、この不景気にローンを組むのはかなり勇気がいるでしょう。

また、老後の資金としても2000万円は必要と言われている時代なので、貯金の目標額として2000万円は非常に現実的なラインなのです。

しかし、月に10万円貯めていても、2000万円貯まるのは約17年後になってしまいます。

そう考えると、月に10万円貯めることは、そこまで大したことではないことが分かります。

手取り額の具体的な貯金を増やす方法

手取り額の具体的な貯金方法

大体どれくらい貯金をすればいいか分かったかと思いますが、今の生活じゃそんなに貯められないよ!と思っている方もいるでしょう。

なのでここからは、具体的な貯金方法やうまく貯金を増やすスキルについて説明していきたいと思います。

今からお教えする方法を実践すれば、今より確実に貯金が増えること間違いなしなので、是非参考にしてみてください。

貯金を増やす方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

節約を始める

貯金をする方法として一番ベターなのはやはり節約ですね。

みなさんが思い浮かべる節約と言えば、電気代やガス代などの光熱費の節約だと思います。

確かに光熱費は比較的節約しやすいですが、頑張ったとしても3千円分くらいしか節約することができないでしょう。

なので、光熱費だけではなく、他の部分で節約をする必要があります。

私が一番効率的に節約できる部分だと思うのは通信費です。

もし、キャリアの携帯を使っている場合は、格安SIMに切り替えるだけでも6000円前後節約することができます。

手取りが20万以下の人であれば、毎月6000円貯めれるだけでも大きく状況が変わるはずです。

契約自体も、最初がやや面倒なだけで、一度契約してしまえばあとは手間はいりません。

たった半日費やすだけで、半永久的に月6000円多く使えると思えば、やらざるを得ませんね。

また、パソコンを使っている人は、安いプランがある通信会社に変えましょう。

うまいことプランやキャンペーンを利用すれば、最初の2~3年はほぼ無料でネットを使うことができます。

スマホと合計すると1万円近い節約が可能なので、みなさん是非試してみてください。

資産運用を始める

長期的な目線で見るのであれば、資産運用はすごく手堅くお金を増やすことができます。

資産運用って投資だし、儲かるかは運なんじゃないの?と思う方が多いですが、意外とそうでもないのです。

確かに、タイミング悪く株などを購入してしまうと、一時的にマイナスになる可能性はあります。

しかし、年利3~5%で運用できれば、余程の大暴落を食らわない限り、数年~十数年後にはほぼほぼプラスになっています。

例えば、初期投資額が100万円として、利回り5%で運用したとしましょう。

すると、価格の変動がなければ20年後には270万円、40年後には730万円にまで膨れ上がるのです。

これだけ増えるのであれば、リーマンショック級の暴落が来ても損をする可能性は少ないのは分かりますよね。

「時間を掛けることでリスクを減らす」

これが資産運用のメリットなのです。

今は老後の貯金が必須になってきている時代なので、長期目線で資産運用するのはすごく理にかなっていると思います。

なので、皆さんもただ貯金をするのではなく、資産運用で増やす選択肢も持っておきましょう。

副業を始める

貯金を増やす為に一番有効なのは副業を始めることです。

副業と聞くと、やや難易度が高いイメージがあるかもしれません。

しかし、今はクラムスクールのような副業を紹介してくれるサービスがあります。

そのようなサービスを利用することで、初心者でもすぐに副業を始めることができるでしょう。

副業であれば月に10万円以上は稼ぐことができるので、今よりも圧倒的に貯金額を増やすことができます。

資産運用では40年で600万以上お金を貯めれると言いましたが、もし副業で月10万稼ぎ続けることができれば、40年で4800万円も貯まります。

これだけあれば、老後の心配なんて一切することなく、悠々自適な生活を送ることができますね。

ちなみにクラムスクールで紹介される副業では、月10万とは言わず20~50万以上稼ぐことも可能です。

もし50万稼げるようになれば、40年後には2億4千万も貯まっていることになります…恐ろしいですね。

昔と違って、素人でも副業が出来る時代になっているので、みなさんも挑戦するところから始めてみましょう。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

手取り額が低すぎて貯金ができない人の対処法

貯金ができない人の対処法

そもそも手取り額が低すぎて貯金ができない人もいるかと思います。

手取り額が低いと、質素な生活をしていても尚、全く貯金ができない状況になるのは当たり前です。

ですが、しっかりと対処することによって、今の状況を打開することはできます。

なので、今からその対処方法を紹介していきましょう。

転職をする

手取り額が低いのであれば、転職をすればいいのです。

今は、どこの企業も人材不足なので、社会経験があるというだけで有無をいわずに雇ってくれるところが沢山あります。

多少緩い条件であっても、月給25万程度の企業に入ることはできるので、今の手取りでとても貯金ができる状況ではないのであれば転職を考えましょう。

また、今の職場で培ったスキルが活かせる職場であれば、月給30万円以上を目指すことだってできます。

自分の市場価値が分かってないせいで、低い手取り額で働かされてる可能性もあるので、一度転職サイトやIndeedなどで自分の職種を検索してみましょう。

意外と自分が思っている以上に、待遇の良い職場があるかもしれません。

副業を始める

手取りが少ないのであれば副業を始めればいいのです。

仮に手取りが10万円しかなくても、副業で20万以上稼ぐことができれば全く問題がありません。

今はスマホの普及によって誰でも副業ができる時代です。

私では副業なんてできないだろうと思って始めないから稼げないのであって、少しでもチャレンジをすれば素人でも稼げます。

例えば、今はクラムスクールのような副業を紹介してくれるサービスも登場しています。

このようなサービスを利用すれば、素人のあなたでも副業を始めることができるでしょう。

初心者の目安としては月20万前後が一般的ですが、慣れてきたら月に50万以上を目指すことだってできます。

やらないよりかはやる方が圧倒的にお得なのは間違いありませんので、少しでもやる気があるのであれば是非挑戦してみましょう。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

副業ならクラムスクールがおすすめ

クラムスクール

副業をするのであれば、やはりクラムスクールで紹介してもらうのがオススメです。

ネット上で見つかる副業は、もはや広まりすぎていて稼げる見込みはありません。

定番なものと言えば転売やアフィリエイトなどがありますが、こういった副業は既にプロが市場を独占していて素人では入る余地がないのです。

ですが、クラムスクールで紹介される副業は、世間には広まっていない穴場の副業ばかりです。

なので、市場にライバルが存在していません。

これはつまり、素人でも他人に邪魔されることなく稼げることを意味しますので、すごく楽に稼ぐことができるのです。

基本的に商売はライバルとの競い合いで勝つか負けるかの世界なので、ライバルが少ないことは圧倒的に稼げる環境でもあるのです。

今ならばまだまだライバルは少なくて市場を独占できるので、他人を出し抜いて稼ぎたい方は是非クラムスクールを始めてみましょう。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

【まとめ】貯金は手取りの何割をするべき?

【まとめ】貯金は手取りの何割をするべき

さて、今回は貯金は手取りの何割するべきかを紹介させて頂きました。

一般的には1割以上を目安に貯金をすればいいと言われていますが、老後に2000万円必要な現状では月に5~10万円は貯めておきたいところです。

しかし、手取りが少ない人にとって、月5万以上の貯金は不可能に近いでしょう。

そこでオススメしたいのが副業です。

副業であれば、今の手取りに加えて+10万~30万以上の収入を期待できます。

特にクラムスクールで紹介してもらえるような副業であれば、最大50万近い収入を得られるでしょう。

今より少しでも貯金をしたい人は、是非クラムスクールを始めてみましょう。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*