大学教授って副業禁止?知っておくべき条件と注意点を解説!

大学教授の副業はOK?NG?詳細とおすすめの副業手段をご紹介!

大学教授の仕事と年収に関して、皆様どれぐらいご存知でしょうか?

これから大学院に行き、大学教授を目指す方向けに、大学教授の年収に関して解説いたします。

また、その上でご自身の収益を最大化させる方法として、どういった『副業』が向いているのかをお伝えいたします。

この記事を読むとわかること
・大学教授の年収
・どういった環境で働くのか
・大学教授が副業をやるべき理由
・大学教授向けの副業

結論から言うと大学教授の副業には厳しいものがあります。

それは規則だけの問題でなく時間の余裕がないと言う点からも言えます。

そこで、当サイト副業研究所が大学教授におすすめする副業は「スマホ副業」です。

スキマ時間にスマホで作業をするだけでお小遣い稼ぎができるという副業で、会員限定コミュニティもあり稼げる情報を教えてもらえるので最短でお金を稼ぐことができます。

実際、登録しているほとんどの人が稼げていると噂なので、ぜひ参考公式HPからコミュニティをチェックしてみましょう。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

大学教授は副業することはできる?

大学教授は副業することはできる?

正直にお伝えすると、大学職員も学校法人に雇われていますので、大半は『No』と言えます。

管轄している学校法人の規則にもよるかもしれませんが、その温度差は『私立大学』と『国立大学』では大きく異なります。

私立大学の場合

私立大学に関しては民間企業のように独立された組織であるため、建前上は副業禁止とされていても黙認していたり、申請すればすぐにでも可能とされる法人も多くあります。

手軽にできる副業をさがしているあなたは、当サイト「副業研究所」おすすめのスマホ副業がおすすめです。

少しでも興味があるあなたは、こちらのサイトで詳しく紹介しているので合わせてご一読ください。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

国立大学の場合

国立大学は税金で運営されている以上、副業は厳しく扱われます。

2004年に『国立大学法人』という形で運営がスタートし、働く人たちは『公務員』と思われがちですが原則的には『団体職員』として扱われることになります。

しかし、公務員法が扱われないといって、副業は可能ではありません。

運営方法が公務員として扱われなくなっても(公務員法は不適用であっても)公共性の高い立場であることから、副業を始める手続きには厳しいルールがあります。

大学教授の平均年収は?

大学教授の平均年収は?

私立大学の場合

教授で給与・賞与の合計:1087万円

この数値には短大なども含まれており、有名な私立大学に絞った場合は、これより1~3割程度は高い水準になるであろうと推測されます。

※私立大学の教授に関しては、厚生労働省が行っている『賃金構造基本統計調査』より、平均の年間賃金を計算。

国立大学の場合(東京大学)

教授の平均年齢:56.2歳

年間給与:1172万円

今回は東京大学をモデルケースとさせていただきましたが突出して高いということはなく、他の国立大学法人も同じような年収水準となっております。

民間企業で言えば、平均的な上場企業の部長と同水準、といったレイヤーであると言えるでしょう。

『教授』という立場の人がもらえる給与は私立大学、国立大学でほぼ同じ水準であったと言えます。

大学法人の場合は、所属学部や諸手当の違いという要素はありますが、ベースになる給与額は年齢とに比例して上がっていく仕組みを取り入れていることが多いです。

実態として各人の業績や実力の違いはありますが、他人に評価されることを極端に嫌う人たちの集団のため、若くして年収が800万円を超えているという事は、考えられる要因としては若くして教授に登りつめた期待の星、というエリートである可能性が高いと言えるでしょう。

例えば、大学の講義で『何十年も同じ講義を繰り返しているだろうな…… 』という化石のような教授の授業を受けた経験があるのではないでしょうか。

このような教授が実は高給取りであるため、というなんとも表現しづらい組織だと言えます……。

大学教授の一般的な副業

大学教授の一般的な副業

それではここから大学教授が一般的に行っている内容をご紹介いたします。

講演会・執筆活動

『講演会や書籍執筆・専門雑誌投稿』については、昔からの定番分野です。

著述は本業・副業に関わらず、出版社などメディアから原稿の執筆依頼を受け、文章を納めて『原稿料』を受け取るのが一般的です。

また、その文章が掲載された書籍を出版することになれば、その書籍の著作権者として、出版社から著作権使用料である『印税』が支払われます。『印税』は書籍の発行部数や、販売数によって変動し、出版社の方針によって異なります。

契約を交わす際に、契約書などで確認ができます。

出版前に得られる収入が『原稿料』ですので、こちらは出版物が売れても売れなくても確実に得られる収入です。

一方で、『印税』は発行部数や販売部数によって変動するものですので、初版分以外の印税収入については、出版物の売れ行き次第と言えます。

しかし、イベント・講演をしても、多少の謝礼金がでる程度だと言えます。

書籍に関してもベストセラーにならない限りは、労力ほどの対価は得ることができません。

企業で顧問などを行う

上場企業に対して社外取締役設置が義務化される流れの中、拡大してきているのが『企業の社外役員(取締役、監査役)への就任』です。社外役員にはならなくても、その分野に関して有名であれば、企業から顧問として招聘されるケースも少なくはないと考えられます。

また上場企業の社外取締役を任された場合であれば、平均的な年間での報酬で数百万円程度、有名な大企業であれば年間での報酬が1000万円を超えることもあります。

もちろんその分、責任は重くなりますが、大きな副収入になると言えます。

しかし上場企業から社外取締役候補に選ばれるには、多くの場合『有名大学で一定の実績を挙げている』ことが条件になる可能性が非常に高いので、『どこの大学の教授か。 』というのは重要な要素です。

大学内で起業を行う

この『起業』ですが、大学発のベンチャー起業が上場するまで育った場合、巨額の富を手に入れるというビジョンも見えてくるかもしれません。

東大発のバイオベンチャー企業であるペプチドリーム株式会社は、2013年に東証一部上場を果たしております。

そして、株式時価総額は3000億円にまで評価されており、創業者の1人である『菅裕明教授』は、現在も同社の社外取締役として経営に携わっています。

上記はごく稀な成功例と言えますが、帝国データバンクが発表した『大学発ベンチャー企業の実態調査(2014年)』によると、『業歴5年未満では赤字企業が目立つものの、全体の6割が黒字確保』となっています。

また、調査対象である企業600社のうち、約10%の58社が東京大学発となっており、『さすが東大…… 』と言えます。

駆け出しの大学教授は副業をするのがおすすめ

駆け出しの大学教授は副業をするのがおすすめ

まだ大学教授としての副業はしにくい

大学教授であれば、『週5日、9時から18時まで勤務』といった仕事ではないため、時間的に考えると副業が可能と言えます。

国立大学でも、本業である研究や講義などに支障がない範囲であれば副業が認められます。

ただ、100%ではないため、念のため就業規則のチェックはしましょう。

収入があまり多くない

<初任給>

約400万円

※国立、私立を問わず上記ぐらいの金額です。

<助教授>

国公立:約550万円

私立(関東):600~650万円

上記が、初年度の平均的な額面年収です。

この数字のぱっと見に印象は高く感じるか可能性はありますが、大学を卒業した後、修士2年間、博士3年間のあとの給料と考えると、必ずしも高いとは言い切れないです。

残業150時間は当たり前の業界のため、労働時間も比較的長い方だと言えます。

大学教授におすすめな副業の条件

大学教授におすすめな副業の条件

隙間時間でできる

大学教授は毎日の出勤が義務付けされているわけでは無いため、出勤する日数も人によって異なります。

また、自分の行っている研究が佳境にある場合ですと深夜まで研究室に籠もって作業することもありますので、労働時間も人や状況により異なると言えるでしょう。

大学教授の労働時間に関する調査した結果、1ヶ月の労働時間の平均は161時間となっており、1ヶ月の平均平日である22日で割り戻すと、約7.3時間ということになります。

この勤務時間は一般企業に務めるサラリーマンの勤務時間とさほど差がないと言えるでしょう。

しかし、大学教授の中には週に3日程度、授業のある日だけ出勤するという人もいますので、この数値が平均値として考えた場合、ハードな人は毎日大学に出勤し、7時間以上も大学で何かしらの作業を行っているという大学教授もいる言えます。

とくにまとまった休みの時は、研究に集中できるため、大学が休みであっても休暇とはせずに研究をしている教授が多いようです。

隙間時間でできる副業についてまとめた記事もあるので合わせてご一読ください。

家で行うことができる

比較的家で作業できることの方がいいと言えます。

例えば昨今だとWeb関連の副業も増えているため、家でリラックスした状態で副業をすることも可能となっております。

大学教授におすすめな副業【3選】

大学教授におすすめな副業【3選】

では、大学教授におすすめの副業について紹介していきます。

おすすめ副業の記事とあわせてご参考ください。

ライバーエージェンシー

副業アプリ

ライバーエージェンシーとは、無料のアプリを利用することにより収入を得る副業となっています。

様々なアプリを利用することにより、収入は大きくなってきます。

仮想通貨のようなギャンブル要素は一切無く、誰にでもできるのでかんたんスマホ副業はかなり人気となっています。

現在は、会員限定コミュニティ内で稼げる情報を教えてもらえ、さらにコミュニティ内のメンバーから稼ぎ方を手取り足取り教えてもらえます。

getrich_line

実際に、会員のほとんどが稼げていると噂なので、少しでも興味があるあなたは、ぜひ会員登録してみてはいかがでしょうか?

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

YouTuber

YoutuberとはYoutube上に動画を掲載し、その閲覧数に応じた広告料によって利益を得ている人たちと定義されます。

Youtuberは動画構成・撮影・編集と一定の行為によって利益を得ているため、広い意味で業務と言えます。

最近は有名なYoutuberがテレビや雑誌などのメディアにも登場する機会が増えており、有名になればなるほど、Youtubeに関する業務に対して、費やす時間は増えていくと考えられます。

動画を不定期に単発的に掲載し若干の広告費を得るような場合であれば、禁止されるような副業にはあたらないと考えられます。

しかし、継続的に掲載しその撮影にも相当程度の時間をかけているような場合には、本業に支障が生じる副業として禁止される可能性が非常に高いのでご注意下さい。

炎上騒ぎを起こした場合、会社から懲戒処分を受ける可能性も有ります。

禁止されるかどうかという点においては、Youtubeに拘束される時間の長短以外にYoutube特有の問題も考えられます。

アフィリエイト

自分で作ったサイトやブログに、そのブログ内容にふさわしい商品の広告を掲載して、サイト訪問者がその広告をクリックしたり、そこを経由して商品を購入した場合に、サイト主に報酬が支払われるという仕組みです。

フィリエイトの魅力はベースのシステムさえ構築することができれば、基本的に労働をしなくても小さな運用コストで報酬が自動的に入るという点だと言えます。

このアフィリエイトでの報酬は、他の副業のような労働所得とは違う『不労所得的な副業』といえます。

また、専門的な知識は需要に対して供給が足りてない事が多いので、うまくハマると、大きな利益を上げることができます。

\アフィリエイトを始めるなら!/

A8.netに
今すぐ登録する!

大学教授が副業選びに迷ったら副業ガイドがおすすめ

色々ご説明させていただきましたが、副業と言っても数多くの仕事の種類がございます。

そこで、ここでは、副業ガイド』についてご紹介させていただきます。

こちらは完全無料です。

副業ガイド

<手順>

1、LINEに登録

2、自分に合った副業を探す

3、報酬を受け取る

といった複雑な作業は必要とされず、シンプルな構造となっております。

紹介している副業は『@副業ガイド』が厳選したもののみを紹介しております。
また、もう少しご紹介させていただくと、『スキル不要』、『知識・経験不問』、『初心者でもOK』、『在宅でもOK』となっております。
対象は、20歳以上です。

こちらのホームページ上では、ユーザーレビューも記載がありますので、ぜひご参考にしてください。

ただ、アドバイスとしては時間、場所の拘束が少ないからといってやみくもに案件に応募するのではなく、将来的なことや、自分現在の仕事のリソースと相談して、案件をお選び下さい。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドのLINE@に
無料で登録する!

【まとめ】大学教授は副業をすることができる?

【まとめ】大学教授は副業をすることができる?

大学法人では、個人的な収益活動をすべて禁止できるわけではないことから、副業の抜け道も存在しています。

給与としては年功による安定収入を確保した上で、起業や社外役員就任で副収入をプラスするといっらそんなスタイルが今後、大学教授のスタンダードになるかもしれません。

大学教授の副業については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

もちろん、空いた時間を有効に活用して、上記で紹介した副業で利益を得ることも可能です。

特に専門性に特化している仕事と言えるので、伝え方を工夫すれば一気に露出度が増え、収益を最大化出来る可能性もあります。

人気スター講師を揃えた東進ハイスクールが予備校業界を席巻したように、民間や国内外の教育機関からドリーム教授陣を集めた大学が出てくることを期待します。

一昔前ならこの給料でもほかの仕事と比べると良かったのかもしれませんが、今の時代、給料だけ見ると、大学教員はオススメできない仕事です。他の仕事や副業のほうがよっぽど簡単に儲かります。

副業でおすすめなのはセレクトです。前述の通り、スキマ時間であっても稼げるというのが大きな魅力です。

ぜひ一度公式サイトをご覧ください!

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*