サラリーマンをクビになることはある?解雇された時の対処法を紹介!

サラリーマンくび

サラリーマンでも生涯安泰とはいえない時代になり、かなりの年数が経ちます。

特に2020年のコロナの問題で「いつクビになるかわからない」という不安が、サラリーマンの間でも現実味を帯びてきたといえるでしょう。

「どんなケースでサラリーマンがクビになるのか」「なった後はどうすればいいのか」などの点が気になるかと思います。

この記事では、上記のような疑問に答えてサラリーマンがクビになる原因や対策、なった時の対処法などをまとめていきます。

まだ免職されていない方にも、すでにされた後で再就職を考えている方にも、きっと役立てていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • サラリーマンはクビになることはあるのか
  • サラリーマンをクビにできない整理解雇の4要因
  • サラリーマンがクビになる例
  • サラリーマンがクビにならないためにとるべき行動
  • サラリーマンがクビを宣告された時にするべき行動

今クビになっていなくても、いつクビになってもいいように、収入源を増やしておくことは重要です。

また、すでにクビになっている場合「新しい収入源を早く見つける」ことが重要といえるでしょう。

そのような収入源として、当サイト・副業研究所では「副業研究所イチオシの副業」というビジネスをおすすめしています。

経験やスキル、資格などがなくてもすぐに始められ、最大で月収100万円以上も目指せるというビジネスです。

詳しい内容や稼いでいる人の体験談などは、下記の公式サイトからご覧いただけたらと思います。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

サラリーマンはクビになることはあるのか

サラリーマンはクビになることはあるのか

当然ながら、サラリーマンもクビになることはあります。

公務員は不祥事を起こさない限りクビにはなりませんが、会社員ならそうではないことは周知のとおりです。

ただ、ある程度法律によって守られている部分もあります。

整理解雇の4要因という条件を起業が満たしていなければ解雇できないのです。

こうしたルールはあるものの、やはり民間企業で働いている以上、いつクビになるかはわかりません。

特にAIに取って代わられるとされている仕事では、今後ますますクビになるリスクが高くなります。

(こうしたお仕事については「10年後になくなる仕事」の記事で詳しくまとめています)

いつクビになるかわからない状況の中、一番安心できるのは自分で稼ぐ力をつけることです。

そのため、当サイトがおすすめするビジネスとして「副業研究所イチオシの副業」が挙げられます。

スマホ1台でスキマ時間を使ってコツコツ稼げるビジネスとして評判になっています。

ぜひ詳しいやり方や始め方などを、下の公式サイトで確認していただけたらと思います。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

サラリーマンをクビにできない整理解雇の4要因

サラリーマンをクビにできない整理解雇の4要因

サラリーマンをクビにするためには、整理解雇の4要因を満たす必要があります。

この段落では、その整理解雇の4要因の内容を具体的に説明していきます。

人員削減の必要性

当然ながら、その人員削減が必要であると説明できなくてはなりません。

  • 経営がどの程度悪化しているのか
  • その改善のために、どれだけの人員削減が必要なのか

上記の2点を、経営に関するデータを元に示す必要があります。

具体的には売上・利益・資産・負債などの総合情報です。

これらのデータを元に一般的に考えて人員削減が必要な状態であると判断されたら、その整理解雇は妥当とされます。

解雇回避措置の相当性

解雇回避措置とは「できるだけ解雇を避けようとする行動」のことです。

避けるのは雇用者側で、具体的には下のような行動を指します。

  • 希望退職者の募集
  • 労働時間の短縮
  • 一時帰休
  • 配置転換

他にも多くの選択肢がありますが、要はリストラせずに済む方法として、考えられるだけのことをしたかということです。

それをしていない状態での解雇は「相当性がない=妥当ではない」ということで、無効になることがあります。

人選の合理性

リストラが必要というのが客観的に証明できるとき、次に考えることは「誰をリストラするか」です。

この人生が妥当なものでなければなりません。

具体的には、下の条件に合致する人ほど「リストラ対象として妥当」といえます。

  • 業務に対して非協力的である
  • 生産性が低く、成績が上がらない
  • 同僚の勤労意欲を阻害する
  • 職場の風紀や秩序を乱す
  • 遅刻・早退・欠勤が多い
  • 素行不良で会社のイメージを下げる

他にも、リストラに遭っても生活への影響が小さいなどが挙げられます。

たとえば夫婦共働きで、配偶者の方が給与が高く、しかも相当に裕福であるという場合などは、リストラのダメージも小さいでしょう。

逆に、その人しか働き手がいない家で、あまり裕福でないという場合には、安易にリストラすべきでないといえます。

サラリーマンのリストラの人選にも、ある程度こうした「思いやり」が、法律的に要求されるということです。

手続の相当性

ここまでの条件がすべて満たされていても、「必要な手続きを省いた」のであれば、認められません。

  • 経営再建が必要である
  • 他の方法もすべて検討した(そして、リストラしかない)
  • リストラ対象の人選も妥当である
  • しかし、よく話し合わずにいきなりリストラを告げた

この状態では、リストラを宣告された社員さんも納得できないでしょう。

手続きの相当性を確保するには、下のような手順を踏む必要があります。

  • 労働組合・労働者と話し合う
  • まず「リストラが必要なこと」を説明する
  • どのような回避措置があるかを説明する
  • 人選の基準を説明する
  • 対象となる本人と丁寧に話し合う

要は「すべての段階で丁寧に説明する」ということです。

ただ丁寧というだけでなく、誠意を持って協議・交渉することが法律では定められています。

サラリーマンがクビになる例

サラリーマンがクビになる例

サラリーマンがクビになるのは、具体的にどのような例なのかという点も気になるでしょう。

この段落では実際に起きた事例などを元に2つのパターンを解説します。

社会的な問題を起こした

社会的な問題・不祥事・事件などを起こしたら、当然サラリーマンもクビになります。

一般的にクビにならないとされる公務員でも、事件を起こせば懲戒免職としてクビになるものです。

例えば、2020年4月1日時点で、公務員が懲戒免職になったニュースを抜粋すると、下のようなものがあります。

  • 臨時教員が女子生徒とキスした
  • 町職員が更衣室を盗撮した
  • 小学校講師が自動にわいせつ行為をした
  • 陸自隊員が同僚の財布から1万円を盗んだ
  • 東京都職員が上司の男性を蹴り、負傷させた

単純に時系列で新しいものから並べていますが、性的な不祥事が多いという印象です。

こうした事件は、公務員でもクビになるほどですから、サラリーマンなら当然クビになります。

欠勤・遅刻・早退が多すぎる

当然ながら「サボり」が多い場合はクビになります。

明らかに欠勤や遅刻、早退などが多いという場合は、クビになっても文句をいえません。

これは先に紹介した4つの雇用整理の要件にも入っています。

人選の合理性という条件です。

具体的な事例や条件としては、エン・ジャパンの「人事のミカタ」に長期の無断欠席の例が示されています。

  • 長期の無断欠席で連絡がとれない
  • 30日~60日という日数
  • 就業規則でこのレベルでクビにすることが書かれている

これらの条件が揃うと、自己都合退職として会社は辞めさせられるということです。

少し驚くかもしれませんが、このレベルの無断欠席でも、会社の就業規則でルールが明記されていなければ勝手にクビにはできないのです。

だから、会社の就業規則はものすごく細かいところまで規定しているわけですね。

なお、上記の30日~60日というのはあくまで「一例」であり、もっと短い会社もあります。

何にしても、こうした理由でのクビは、真面目に勤務している人については心配ないといえるでしょう。

サラリーマンがクビにならないためにとるべき行動

サラリーマンがクビにならないためにとるべき行動

サラリーマンがクビにならないために取るべき行動は多くあります。

この段落では、その中でも特に重要な3つの行動を説明していきます。

高い結果を出す

サラリーマンに限らずビジネスで重要なのは「結果を出す」ことです。

後述する資格を取ることなども大事なのですが、一番重要なのは結果なのです。

極端な話、英検を何もとっていなくても、実際に海外の会社から受注できたら、その方が良いのです。

逆に英検1級などの資格を持っていても、海外がらみの利益を出せないなら意味がないといえます。

実は、資格を持っている人でこのパターン(利益につなげられない)ということは多くあります。

そうならないために、常に「会社が求めている結果を高いレベルで出す」ことが大事です。

会社から必要とされる資格を取る

上の段落で書いたように、資格よりは実際の結果が重要です。

しかし、中には資格を持っているだけで会社にとって有利になるという内容があります。

たとえば、特定の作業をするために有資格者の配置が必要となる仕事があります。

特に電気・水道・土木系で多いものですが、こうした資格は持っているだけでプラスになります。

すでに他の有資格者がいたとしても、会社が事業所を増やす際に便利だからです。

こうした資格は講習のみで取得できるものも多いため、該当する業界であれば、資格を多くとっておくのもいいでしょう。

起業して経営者視点を持つ

経営者の視点があるサラリーマンは、有能な人が多いとされます。

たとえば、経費の使い方にそれが現れます。

サラリーマンとしては、経費は「会社のお金でいろいろ買える」ので、できるだけ使いたいものです。

しかし、経営者視点に立てば「少ない経費で高い結果を出してくれる社員」が、当然有能です。

自分で経営をし、コスト感覚が磨かれるとこうした経営者の気持ちがわかるようになります。

そのため、自然と会社が求める人材に近づくことができ、クビになりにくくなります。

そのため、クビになる前から自分で起業しておくことは意味があるのです。

そのような起業に当サイトがおすすめするのは、スマホビジネスです。

スマホ1台でできる仕事全般のことですが、たとえば副業研究所イチオシの副業というビジネスは特に人気が上昇しています。

特別なスキルや資格などは一切必要ないため、誰でも気軽に始められます。

始め方は公式アカウントをLINEで友だち登録するだけなので、誰でもできます。

まずは気軽に、下記の公式ホームページを確認してみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

サラリーマンがクビを宣告された時にするべき行動

サラリーマンがクビを宣告された時にするべき行動

サラリーマンがクビになったときに取るべき行動は3つあります。

ここでは、その4つの行動について解説します。

失業保険を申請する

サラリーマンをクビになってしまったら、まず最初に失業保険の申請を行いましょう。

一般的な企業勤めのサラリーマンは基本的に雇用保険に加入しています。

雇用保険に入っているサラリーマンが会社都合でクビになった場合、失業保険として半年間給料のおよそ80%分のお金を受け取ることができます。

もらえる額や給付の条件などは時と場合によりますので、詳しくはハローワークのHPをご確認ください。

公共職業安定所に通う

次の仕事を探すために、公共職業安定所に通いましょう。

公共職業安定所とは、ハローワークの愛称で知られている施設です。

民間の職業紹介所と違い、手数料を取っていないため無料で利用できます。

特定の業種については、むしろ民間の紹介所より案件が多く便利ということもあります。

また、ハローワークで求職をしているという条件で受けられる職業訓練もあるため、ぜひ利用しておくといいでしょう。

就職につながる専門学校に通う

すぐに就職活動をする気が起きないときもあるでしょう。

また、コロナなどが原因でクビになった場合、同じ業界での転職は当分難しいというのが実情です。

その場合、無理に焦って就職するよりも、就職に有利な専門学校などに通うという方法もあります。

それで資格を取得することで、2つ以上の仕事を並行して手掛けるパラレルワークなどもしやすくなるでしょう。

(こうした「複業」については「パラレルワークとは?」の記事で詳しくまとめています)

また、専門学校でなく独学で資格の勉強をするという選択肢もあります。

独学の場合は通信教育もあれば、自分で参考書などを買うだけという方法もあります。

今はYouTubeでわかりやすい講義を発信する人も増えているので、そうした専門家の講義を参考にするのもいいかもしれません。

何にしても、再就職までの期間が空きすぎるとマイナスになるため、早めに資格を取得し、早めに転職するべきです。

新しいビジネスを始める

副業研究所イチオシの副業

クビになったからといって、落ち込む必要はありません。

そもそも起業して成功した人の多くは、クビなどのマイナスの出来事をきっかけに奮起したものです。

そのため、リストラされたことも、むしろ人生の転機と前向きに捉えるのがいいでしょう。

新しく始めるビジネスの種類も多くありますが、近年ではスマホ1台でできるスマホビジネスが特に稼ぎやすいものです。

当サイトでは、スマホビジネスの中でも特に上の画像の副業研究所イチオシの副業を一番におすすめしています。

1日5分などのスキマ時間を有効利用して稼げるビジネスモデルなので、他の仕事をしながらでも収入を増やせます。

多ければ月収100万円以上も稼げるというビジネスなので、ぜひ詳細を下の公式ページで確認していただけたらと思います。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】サラリーマンはクビになることはあるの?

【まとめ】サラリーマンはクビになることはあるの?

サラリーマンでもクビになることはあります。

極端な話どれだけ優秀な社員さんであっても、会社自体が倒産すればある意味クビになります。

そのため、あなたがどれだけ有能で会社に貢献していても油断はできません。

現時点でクビになっていてもいなくても、会社以外の収入源は常に確保しておきましょう。

当サイト・副業研究所では、そのような収入源として、記事中でも紹介してきた副業研究所イチオシの副業をおすすめしています。

スマホだけでなく、パソコンやタブレットでも取り組めるので、ぜひ詳細を下の公式サイトで確認してみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*