NFTの副業とは?3つの稼ぎ方と稼げる金額・法律的に副業になるのかを解説!

近年、マネーやアートの世界で急速に注目度が高まっているNFT。

稼げるらしいが、これで副業はできるのだろうかと気になっている人が多いでしょう。

あるいは「単純にNFTに興味があるけど、副業として認定されてしまうのか」などの点が気になる人も多いかと思います。

この記事では、そのような「NFTの副業」に関する知識をまとめます。

実際にNFTのアカウントを開設した際の画像も合わせて、わかりやすく説明しています。

NFTで副業をしたい人も「そもそもNFTとは何か」を知りたい人にも、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事でわかること

  • NFTとは何か
  • NFTの副業とは何か
  • NFTの副業はどう始めるか
  • NFTの副業の3つの稼ぎ方
  • NFTの副業はどのくらい稼げるのか
  • NFTは副業として認定されてしまうのか
  • NFTは副業禁止の会社でもできるのか

NFTとは?

NFTとは?

NFTとは「Non-Fungible Token」の略です。

日本語では「非代替性トークン」といいます。

簡単にいうと、換えの効かない、世界でひとつのデジタル資産ということです。

たとえば「ワンピースのイラスト」や「世界で最初のツイート」などがデジタル資産として売買されています。

昔からあった絵画の売買を、デジタルコンテンツで行っていると考えてください。

NFTは、その「コンテンツの価値を保証するシステム=技術」です。

より詳しい説明は「NFTの詳しい仕組みをわかりやすく説明」の段落で行っています。

以上がNFTの概要ですが、結論からいうと今はバブル的な状況のため、メインの副業として取り組むのにはおすすめできません。

副業を行うのであれば、安定してスマホ1台で稼げるスマホ副業に取り組むのがおすすめです。

そのスマホ副業の中でも一番稼げるビジネスは下のサイトで紹介しているので、ぜひこちらをチェックしていただけたらと思います。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

NFTの副業とは?

NFTの副業とは?

NFTの概要は理解できたものの「それを使った副業とは何か?」が気になる人も多いでしょう。

ここでは、NFTの副業の3つの稼ぎ方のパターンを説明します。

【販売】コンテンツを作って稼ぐ

まず、NFTの基本となる稼ぎ方です。

イラストやデジタルアートなどのコンテンツを作り、それを出品して稼ぎます。

たとえば、小学3年生が夏休みの自由研究として作成したドット絵(ピクセルアート)に、380万円の価値が付いているという事例もあります。

BUSINESS INSIDER JAPAN出典:BUSINESS INSIDER JAPAN

これは日本の男の子の事例で、2021年9月のものです。

(8月の夏休みの自由研究で、9月に値が付いたわけですね)

このケースはまだかわいい方で、世界では12歳の少年の作品に約4,000万円の価値がついています。

技術的には当然子供である分、大人のアーティストよりは甘いものです。

しかし「子供がNFTにチャレンジしている」ということの珍しさによって価値を感じる人が多く、特にクリエイターが共感するわけです。

日本人の小学生のケースでも、海外の有名DJが落札し、Twitterのアイコンにしたことで火がつきました。

このように、自分で作品を出品して、それを購入してもらうことで稼ぐというのが、NFTの副業のやり方の1つ目です。

【投資】購入したNFTの価値上昇で稼ぐ

2つ目の方法は「投資」です。

最初に紹介したとおり、NFTの価値の半分(もしくはもっと)は投資にあります。

所有しても改変したりグッズを作っての販売をしたりができないという以上、所有はあくまで「精神的な満足」のためにあるわけです。

それでもこれだけNFTが盛り上がっているのは「投資になる」ためです。

かなりの割合の人はその作品を欲しいから買っているのではなく、値上がりすることを期待して買っているといえます。

NFT市場は、今より数ヶ月・数年後の方が確実に盛り上がるため、今のうちに大量に投資しておこうという考え方です。

実際、仮想通貨バブルに乗り遅れた人にとっては「今が第二のチャンス」ともいえるかもしれません。

【プレー】NFTゲームで稼ぐ

NFTゲームとは「NFTと連携しているゲーム」のことです。

まず、ゲームには昔から「課金」がありました。

貴重なアイテムやキャラクターなどを「お金を出しても欲しい」という人は多いわけです。

ということは、その貴重なアイテムをゲーム内で売ることで「稼げる」わけです。

そして、そのアイテムを「ゲームの実力によってゲットできる」のであれば、それが仕事になります。

たとえば「格闘センスによってラスボスを倒して初めて手に入るアイテム」なら、そのラスボスを倒してアイテムを売り、数十万円をゲットするなどもあり得るわけです。

以上がNFTの副業の稼ぎ方ですが、やはり実態が乏しいビジネスであるため、おすすめはできません。

稼ぐのであれば、実態と実績があって安心して稼げる下のサイトの「LINE副業」に取り組んでいただくのがいいでしょう。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

NFTの副業の始め方

NFTの副業の始め方

NFTの副業の仕組みを理解できたら「実際に始めてみたい」という人も多いでしょう。

ここでは、始めるのに必要な2つのサイト・ウォレットのアカウントの作成方法を説明します。

売買サイト『OpenSea』のアカウントを作成

NFTは主に『OpenSea』というサイトで売買します。

これはヤフオクやメルカリとまったく同じようなものであり、ごく普通のサイトと考えてください。

(全部英語な点のみ新時代を感じますが)

NFTの始め方

アカウントを作るには、まず「OpenSea」にアクセスします。

上の画面で「Create」という白いボタンを押してください。

NFTの始め方

上のようなアカウント作成のページになります。

下の青い部分に「メールアドレス」を入れる欄があるので、入力して「Sign Up」を押します。

NFTの始め方

「メールマガジンを受け取ってください」という画面になります。

「Subscribe=許可」を押します。

NFTの始め方

「ありがとう!」というページが出ます。

これでメールが届いています。

NFTの始め方

メールはこのようなものです。

「アドレスを有効化してください」と書かれています。

「VERIFY MY EMAIL」のボタンを押します。

NFTの始め方

これでアカウント作成が完了です。

青いボタンを押して、OpenSeaを早速見てみましょう。

NFTの始め方

このようなページになります。

ここから出品や購入をできます。

ウォレット『METAMASK』のアカウントを作成

実際にお金をやり取りするには、イーサリアムをやり取りするものが必要です。

それがウォレットというもので「METAMASK」が一般的です。

MetaMaskのアカウントを作るには、まず公式サイトにアクセスします。

NFTの始め方

GoogleChromeの場合、拡張機能でそのまま追加できます。

(他のブラウザでも対応していれば追加できます)

NFTの始め方

このように「追加しますか?」と出ます。

NFTの始め方

追加すると「ようこそ」の画面になります。

「開始」を押します。

NFTの始め方

「MetaMaskが初めての場合」という画面になります。

右側の「さあセットアップしましょう!」をクリックします。

(左側の人は、この記事の説明は不要のはずです)

NFTの始め方

上のようなページになります。同意します。

NFTの始め方

パスワードを決めます。

お金に関わるものなので、使いまわしを避けて考えた方がいいでしょう。

NFTの始め方

上の画面になります。

動画の説明は不要なので「次へ」を押します。

NFTの始め方

ここが重要です。

鍵の部分に「あなた専用の暗号フレーズ」があります。

たとえば、下のような英語が書かれています。

Dance little baby dance up high Never mind baby Mother is by

これはマザーグースの歌詞を貼り付けたものですが、これが「長い認証コード」のようになります。

NFTの始め方

先ほどのフレーズを入力します。

「Dance」「Little」「Baby」などの単語がボタンになっているので、順番にクリックしていきます。

NFTの始め方

全部クリックした画面です。

「確認」を押します。

NFTの始め方

これでアカウントを開設できました。

「すべて完了」を押します。

NFTの始め方

これでMetaMaskのマイページにアクセスできます。

見てのとおり「0ETH」と書かれており、イーサリアムをここに貯められることがわかります。

(送金や受け取りももちろんできます)

実際にイーサリアムを入金するには、別途仮想通貨取引所(coincheckやビットフライヤーなど)の口座開設が必要です。

「取引所⇒MetaMask⇒OpenSea」と連結するイメージです。

「MetaMask、いらなくね?」と思う人も多いでしょう。

実際、coincheckなどがすでにβ版で、NFTのサービスを始めています。

(今後、MetaMaskは不要になるかもしれません)

不要になっても、イーサリアム自体の価値は変わらないため、今はMetaMaskを利用しておきましょう。

以上が、NFTの始め方ですが、特に仮想通貨の口座開設が難しいと感じる人は多いでしょう。

その点、下のサイトの副業は「誰でもスマホ1台ですぐ始められる」ため、非常に簡単です。

スキマ時間で月収100万円も稼げる副業であるため、ぜひ詳細をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

NFTは副業になる?

NFTは副業になる?

NFTは副業になるのか―。

この問いには下の2つの意味があるでしょう。

  • 副業になるほど稼げるのか
  • 法律的に副業と認定されるか

ここでは、それぞれについて説明していきます。

副業になるほど稼げるのか

これについてはまだ未知数です。

一例をあげると、たとえば下の「Crypto Ninja #001」は、現時点で約300万円の値が付いています(2万8,000ドル)。

忍者出典:Crypto Ninja #001

イラストは確かに非常に可愛らしくクオリティの高いものですが、絵を描く人であれば「この1枚で300万円の価値が付くの?」と驚くでしょう。

いきなり300万円ではなく、数回の売買(1回はEXILEのメンディー関口氏)を経て、300万円になっています。

クリエイターが全額を受け取れるのは初回のみなので、初回の金額はもっと安くなります。

(といっても、初回からほぼこれに近い金額だったので、クリエイター=販売者であるイケダハヤトさんは、250万円程度を手にされたのではないかと思います)

イラストレーターさんが受け取った金額がいくらかはわからないものの、これをイラストレーターさんが自分で販売していたら、上記の金額が手に入った可能性があるわけです。

250万円なら「イラストレーターの年収」と言っても過言ではありません。

(イラストで月20万円以上稼げる人はほとんどいません。イラストレーターの大部分は副業です)

こうして見ると、イラストなどのコンテンツを制作できる人にとっては、副業としては十分な金額を得られる可能性があります。

また、イケダハヤトさんのように「イラストレーターさんに外注してNFTを販売する」側に回ることでも、やはり十分な副業になるでしょう。

以上のとおり、NFTは稼げる可能性もあります。

ただ、安定性を考えると従来からある副業の方がいいものです。

そのような従来型の副業で、特に稼ぎやすいものは下のサイトで紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

法律的に副業と認定されるか

副業と認定されるのは、

  1. NFTでイーサリアムを稼ぎ、
  2. それを日本円などの現金に換金した

場合です。つまり、

  1. 稼げなかった(年間20万円以下)
  2. 稼げているけど換金していない

という場合は、副業にはなりません。

驚くかもしれませんが、NFTで大成功してイーサリアムを数十億円分貯めていたとしても、日本円やドルに換金しない限りは、非課税なのです。

もちろん、日本円がなければ食べ物などを買えないため、何らかの形で日本円(もしくは食べ物などの現物)は調達する必要があります。

ただ、その調達さえできれば「一切課税されることなく、副業と認定されることもなく」NFTで大金を稼ぐことも可能です。

現実的には、そうした調達も「そもそもNFTで稼ぐことも難しい」ので、下のサイトの副業のように安定して日本円を稼げる副業をおすすめ

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

NFTは副業禁止の会社でもできる?

上に書いたとおり、NFTではイーサリアムを換金しない限り、確定申告の必要がありません。

そのため、確定申告によって副業をしてることがバレる、というリスクもありません。

換金しない限り、少なくとも「税金関連」からは、会社はあなたの副業を探ることが一切できません。

換金しても「普通徴収」ならわからない

換金して年間の利益が20万円を超えて、確定申告が必要になっても、それでバレるわけではありません。

住民税の納税方法を「普通徴収」にすればいいのです。

住民税には下の2通りの納税方法があります。

普通徴収 自分で納税
特別徴収 会社が給与天引きで納税

会社員の場合、通常は「特別徴収」になっています。

このため、何も考えずに確定申告をすると、あなたがNFTで稼いだ分まで会社が住民税を納税することになります。

(あなたの給与から引くので、会社としては税金が増えても別に問題ないわけです)

ただ、税金の額が増えたことで「こいつは副業をしているな」とわかります。

逆に普通徴収にすれば、会社はあなたの住民税を把握できません。

そのため、副業をしていることはわからないわけです(税金の流れからは)。

普通徴収に切り替えるやり方は、確定申告の際に「住民税の納税方法」の欄で「普通徴収」に○をつけるだけです。

なお、仮想通貨投資の副業を会社にバレないようにする方法は「「仮想通貨・ビットコイン投資の副業」のページで詳しく解説しています。

NFTの「売買記録」からバレることも

NFTは、下のように売買の記録がすべて残り、公開されています。

メンディー出典:CryptoNinja #014

上の記録は「CryptoNinja #014」のものです。

見てのとおり「MandySekiguchi」というアカウントが売買したことがわかります。

これが、EXILEのメンディー関口さんです。

あなたが同じように「YamadaTaro」などと名前がわかるアカウントで売買をしていると、それで副業がばれてしまうということもあり得ます。

「普通に個人として使っていた」という言い逃れは、稼いでいた場合はできません。

というのは、NFTではいくらで買っていくらで売ったのかがすべてわかるためです。

つまり、会社の人があなたのアカウントの履歴を見て、

  • この絵をいくらで買って、
  • いくらで売った

という計算をしていけば、利益が出ているかどうかわかってしまうためです。

その利益がマイナスか、あるいは少額であれば会社も何も言わないでしょう。

しかし「明らかに副業といえるレベルで稼いでいる」という場合は、副業禁止の規定に触れる恐れがあります。

また、稼いでいなくても、明らかに時間を費やしているといえるほど、大量の売買をしていたら、やはり副業と認定されるでしょう。

なお、下のサイトで紹介している副業なら、会社にバレるリスクは一切ありません。

もちろん、会社員の方だけでなく他のすべての方々にもおすすめできる副業なので、ぜひ詳細をリンク先で確認してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

NFTの仕組みをわかりやすく説明

NFTの詳しい仕組みをわかりやすく説明

「そもそも、NFTとは何なのかイマイチわからない」という人も多いでしょう。

ここでは、仕組みをわかりやすく説明します。

仕組みがわからないまま取り組むのは危険なので、始めた後でもいいので、仕組みはぜひ根本的に理解しておいてください。

(触りながらの方がわかりやすいということもあるので、実践と並行して理解するのはもちろん有意義です)

仮想通貨との違い

仮想通貨は「非代替性」ではなく「代替性」です。

つまり「換えがきく」ものです。

たとえば、あなたが「1ビットコイン」をもっているとします。

それは、AさんやBさんがもっている「1ビットコイン」と変わりがないものです。

NFTは「コンテンツ」である

一方、NFTはたとえば「Twitterの最初の投稿」などのコンテンツです。

Twitterの最初の投稿は、創業者のジャック・ドーシーが行ったものです。

これが、NFT(デジタル資産)として売買されており、2021年3月に3億円で落札されました。

Twitter出典:CNN

ある意味、この「最初の投稿」は「巨大な1枚のビットコイン」です。

  • ビットコインのように自由に売買できる
  • しかし、他に同じものはない
  • 「Twitterの最初の投稿」は、世界に1つしかない「デジタル資産」である

ということです。

昔からあった「アート作品」の売買と同じ

たとえば、絵画は昔から高額で売買されていました。

ある意味これも「巨大な金貨」のようなものでした。

  • 自由に売買できる
  • しかし、紙幣と違って「世界で1つ」のものである

ということです。

NFTはこれが「デジタル」になったものです。

そう考えると「昔からあった仕組み」だとわかるでしょう。

NFTを買った人は何をできるのか?

実は、これがまだ曖昧なのです。

基本的には所有するだけで、自由に改変したり放送したりはできないといえます。

国によって法律は違いますが、日本の法律では「著作権と所有権は違う」ためです。

著作権 クリエイターがもっている
所有権 NFTを落札した人が持っている

という状態です。

たとえば、先ほどの「ツイート」の例だと、NFTで3億円で落札した人も、勝手にそのツイートを書き換えることはできないということです。

Twitterに書き換え機能はありませんが、ブログなら書き換えができます。

たとえば、あるバンドが「武道館で初ライブをした日のブログ記事」をNFTで売ったとしましょう。

そして、あなたがそれを購入しても、そのブログ記事の書き換えはできないのです。

たとえば、そのバンドがOfficial髭男dismだったら「髭男の初武道館のブログ記事は、俺が持ってるんだぜ~」と自慢するために購入するわけですね。

基本的には「自慢する」ために買う

法律の整備はこれからですが、おそらく当面はNFTを買った人が「そのコンテンツで何かをする」ということはできません。

上に書いたとおり「自慢する」「満足する」ために購入するものです。

あるいは、クリエイターを応援するという使い道もあるでしょう。

何にしても「精神的な満足」のために買うことが多いものです。

また、今後の価値の上昇を見越して「投資として買う」ということも、並んで大きな目的となります。

「投資はともかく、精神的な満足に意味があるのか?」と思う人もいるでしょう。

しかし、アート作品はもともとすべてそうしたものです。

美術館に行けば「誰が買うねん、これ」と思うような作品が多数ありますが、それらが数億円・数十億円で売買されているわけです。

もともと生活に根ざした需要ではないため、戦争やコロナなどの非常事態では、アートの世界は苦しくなるということが多いものです。

ただ、平和な時代や景気のいい時代であれば精神的な満足を求める人は多く、そこにNFTもつながっていくわけです。

以上がNFTの仕組みですが、現状では法整備などがどうなるかわからないため、あまりおすすめはできません。

稼ぎたいのであれば、安定して稼げることが実績でわかっている、下のサイトの副業をおすすめします。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

【まとめ】NFTの副業とは?

【まとめ】NFTの副業とは?

まとめると、NFTの副業でどれだけ稼げるかは未知数です。

NFT自体まだ価値が確立しておらず、稼いだお金が無になるという可能性もゼロではありません。

その点、すでに価値が確立している日本円で稼げる副業は、非常に安定性が高いものです。

そのような副業でも、特に稼げるものは下のサイトで紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*