パートや主婦の職業欄の書き方は?正しい職業別の書き方を解説!

職業欄書き方

仕事をしている場合には、各書類の職業欄に何かしらの仕事内容を書かなければなりません。

しかしそうではない場合には、どのように書いたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

正社員などの場合にはその仕事の内容を書けばいいのですが、例えばアルバイトやパートタイマーなどで仕事をしている場合には、何と書いたらいいのかわからずに迷ってしまうこともあるでしょう。

今回は、仕事をする際に職業欄にどんなことを書けばいいのかということについて紹介していきます。

雇用体系別の職業欄の書き方などについても触れているので、チェックしてみてください。

この記事を読むと分かること

  • 専業主婦・パート主婦の職業欄の書き方
  • 職業別の職業欄の書き方
  • 雇用体系別の職業欄の書き方

面接の際に必要になる履歴書には、職歴などを書かなければならないものもあります。

これが意外と面倒に感じるものなので、もし書類を書くのが面倒だと感じたら、面接のいらない副業研究所おすすめの副業などの副業をするのがおすすめです。

会員限定のコミュニティに入ることができ、コミュニティ内のほとんどの人が稼げていると噂なので、ぜひ登録して真相を確かめてみましょう。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

職業欄とは?

職業欄とは?

職業欄というのは、公的な書類を作成する際に記載が求められるものです。

契約社員や正社員として会社に勤務している場合には、どのような仕事をしているのかということを書けばいいのですが、そうでない場合にはどうしたらいいのでしょうか。

職業欄の存在意義

公的なカードなどを作る場合に職業欄に何かを書く場合には、どうしてこんなものが必要なんだろうかと感じることもあるでしょう。

職業欄がある理由としては、どのような仕事で生計を立てているのかということを機関が把握するためです。

信用が命である銀行やクレジットカードの書類などでは、やはりどんな仕事をして稼いでいるのか、またお金を稼ぐ保証はあるのかどうかということが大切なポイントとなるので、このような欄が設けられています。

職業欄の書き方

職業欄に自分の職業を書くことで書類を提出することができるわけですが、実際に書く際にはどんな風に書いたらいいのかわからず悩んでしまうこともあるでしょう。

職業欄には基本的に、その業務内容というよりは、業務形態を書くのが一般的です。

例えば正社員や契約社員、アルバイトやパートなどどいう書き方になります。

ちなみに主婦の場合はそのまま「専業主婦」「主婦」などと書けばOKなので、特に迷う必要はありません。

自分の職業をしっかりと記載することで、書類の信用度が上がります。

専業主婦・パート主婦の職業欄の書き方

職業欄の書き方

専業主婦やパートの場合には、職業欄にどのような書き方をすればいいのでしょうか。

主婦の場合

まず主婦の場合には、既述のように「主婦」と書けば基本的にはOKです。

自分で記載をするタイプの書類の場合には「主婦」また「専業主婦」という風に書けばいいのですが、そうでない場合にはどうしたらいいのでしょうか。

選択式で「正社員」「契約社員」などの項目がある場合もあるので、その場合には該当する箇所に丸を付けることになります。

「主婦」という項目があればそこに丸をつければOKなのですが、ない場合には「無職」という項目に丸をつけておきましょう。

パートの場合

パートタイマーの場合には、どのように記載すればいいのでしょうか。

専業主婦ではなくパートなどに出ている場合にも、基本的には「主婦」と記載すれば問題ありません。

しかし詳細を求められる書類の場合は、パートタイマーとそのまま記載するのでも良いでしょう。

ただ、パートやアルバイトの場合には特筆すべきものではないので、面接などの書類でなければ書く必要はありません。

扶養から外れている場合

主婦かつ扶養から外れてしまっている場合には、また少し書き方が変わってきます。

主婦で扶養に入っている場合には基本的に主婦と記載すればいいのですが、そうではない場合には、仕事をしていることになるので、きちんと行っている仕事の内容について記載をしておきましょう。

ただ、職業欄にいちいち仕事内容や雇用形態を書かなければならないのが面倒に感じるのであれば、仕事を選ぶことが一つのポイントです。

面接の書類などには職業を書く必要がありますから、面倒な場合には副業研究所おすすめの副業などの面接などが不要な仕事を選ぶと良いでしょう。

副業研究所おすすめの副業であれば誰でも手軽に登録をすることができるので、書類を書く必要も手間もなく、初心者でも簡単に始めることができるのが大きな魅力です。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

職業別の職業欄の書き方

職業別の職業欄の書き方

職業欄には、自分がどんな仕事をしているのかによって、その書き方が変わってきます。

ここからは、どの仕事がどのような書き方をすればいいのかということについて紹介していくので、チェックしてみてください。

学生

学生の場合には、基本的に学生と書けばOKです。

ただ、職業の欄に「学生」と書いていいのは厳密には「大学生」のみなので、こちらは注意が必要です。

中高生の場合には「生徒」、小学生の場合には「児童」と書くのが一般的なので、間違えて書かないようにしましょう。

企業側も特に気にしていないことも多いのですが、一応ルールとして定められているので、守って書くことが大切です。

こちらは意外と間違えやすい部分ではあるので、あらかじめ頭に入れておいて、間違えて書いてしまわないように注意しましょう。

教師

教師は職業欄にそのまま記載してもいいような気がしますが、厳密には教師と書くのは誤りです。

教師という仕事をしている場合には、「公務員」と書くのが正解なのです。

ただ、詳しい職業を記載する欄がある場合には、職業欄に「公務員」と記載して、職種の欄に「教師」と記載すればOKです。

意外と間違えてしまいやすいポイントではありますが、公務員の一つの職種が教師ということなので、そちらを間違えずに記載するようにしましょう。

会社員

会社に勤めて仕事をしている場合には、基本的にそのまま「会社員」と書けばOKです。

アルバイトなどの場合はアルバイトなどと記載する必要がありますが、フルタイムで勤務しているような正社員の場合には、「会社員」でOKです。

もしも職種を記載する欄があるようなら、その仕事内容をざっくりと記載すればいいので、さほど面倒には感じないでしょう。

しかしそうはいっても、いちいち職種や業種を書くのがややこしくてわからないということもあるかもしれません。

そのような場合には、副業研究所おすすめの副業などの面接を必要としない仕事をするのがおすすめです。

雇用体系別の職業欄の書き方

雇用体系別の職業欄の書き方

ここからは、実際に自分の雇用体系がどうなのかということによって書き分けが必要な職業欄の書き方について紹介していきます。

自分の仕事はどのように書いたらいいのか迷ってしまうという人は、参考にしてみてください。

フリーター

フリーターの場合には、職業欄に何と書けばいいのか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

フリーターは厳密に言うと、「職業」ではありません。

アルバイトなどをしながら生活をしている人と俗にフリーターと呼んでいるだけなので、職業欄にフリーターと書くのは誤りです。

フリーターという項目があればそれを選んでもいいのですが、そうでない場合にはアルバイトやパートタイマーという風に記載をするのが一般的です。

そうはいっても、いちいち掻き分けるのが面倒だという場合には、副業研究所おすすめの副業など記載が必要ない仕事を選んでみるのも良いでしょう。

派遣

派遣で仕事をしているという人も中にはいるでしょうが、正社員ではないために職業欄の書き方に迷ってしまうこともあるでしょう。

基本的に職業欄に「会社員」と記載していいのは、フルタイムで働いている「正社員のみ」です。

そのため派遣社員は「会社員」とは書けないので、そのまま「派遣社員」と記載するのが正解です。

契約社員

派遣社員と同様に職業欄への記載を悩んでしまうのが、契約社員でしょう。

一定の期間その会社と契約をして勤務をする契約社員もまた、正式にフルタイムで働いている「正社員」というわけではないので、注意しましょう。

契約社員の場合にも基本的には、そのまま「契約社員」という風に記載すればOKです。

こちらを間違えて「会社員」と記載してしまうと、クレジットカードや銀行が本人確認をしようと電話をかけた際に、虚偽の申請だと受け取ってしまうので、カードなどが作れなくなってしまう可能性があります。

故意で書いたわけではなくても、そう受け取られてしまうこともあるので、十分に注意してください。

バイト

バイトの場合には、どのように記載をしたらいいのでしょうか。

基本的にアルバイトで働いている場合にも、その雇用形態をそのまま書けばOKです。

つまり、アルバイトとして会社やお店に勤めているという場合には、「アルバイト」と記載すればいいのです。

フルタイムではなく一定の時間だけ働いているということがわかればOKなので、こちらは正直に書くようにしましょう。

きちんと記載をすることで信用度もアップするので、細かいことではありますが重要なポイントです。

正社員

正社員として会社に勤務している人というのは、基本的にフルタイムで働いている人のことです。

正式にその会社の社員として認められているこの場合にのみ、書類の職業欄に「会社員」と記載することができます。

会社員として働いている場合には、会社に問い合わせが行ったとしてもきちんと認めてもらうことができるので、信用機関としても確認を取ることができます。

正社員と働いている場合だけこの「会社員」と記載することができるのは、多くの人が勘違いしやすい点でもあります。

誤って記載してしまわないように気をつけましょう。

【まとめ】主婦やパートタイマーの職業欄の書き方

まとめ

今回は、主婦やパートタイマーの人は基本的にどのように職業欄に記載をすればいいのかということについて紹介してきました。

主婦やパートタイマーの場合には基本的にそのままの内容を職業欄に記載すればOKです。

主婦の場合には専業主婦として働いている場合には主婦や専業主婦と記載すれば良いですし、扶養が外れている場合にはパートタイマーなどのようにしている仕事の雇用形態を記載しておきましょう。

ややこしくて面倒だという場合には、そもそも面接をする必要がない副業研究所おすすめの副業などの作業をするのがおすすめです。

正しい書き方を認識して、正しい書類を作成できるようにしておきましょう。

副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*