職業訓練で落ちる原因とは!テストの内容と落ちない対処法を紹介!

職業訓練で落ちる原因とは!テストの内容と落ちない対処法を紹介!

職業につくための技術を学び、実践することができる職業試験があります。

今回、この職業試験の内容や落ちる原因、落ちてよかったなど以下の流れで紹介していきます。

また、この職業試験以外のお金の稼ぎ方についてもお話しします。

今回の流れ
・職業試験とは
・職業試験のテストの内容
・職業試験に落ちる原因
・職業訓練は落ちてよかった?
・職業試験に落ちた際の対処法

結論から紹介すると職業訓練に落ちたからといって、別に悲観する必要はありません。

働き方なんてたくさんありますし、もしかしたら就職した場所がブラックで心を壊すなんてこと考えられます。

それに比べ「トレントナビゲーション」のような副業は、スマホで手軽に参入することができますし、サポートも万全なので、楽しく稼ぐことができます。

気になるあなたは公式HPを確認してみましょう。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

職業試験とは

職業試験とは

そもそも職業試験とは、国が提供する制度で、知識や技術の取得を無料(テキスト代のみ実費)で学ぶことができる職業訓練校に入学するための試験です。

この訓練校の目的として、失業者に技術を付けてもらい再就職を目指すという日本の政策が根拠となっています。

そんな職業訓練校ですが、全員が入れるわけではなく、きちんと授業を受けてくれるかも含めて試験を課しているのです。

それが職業試験です。

この職業試験をパスすることで、晴れて職業訓練校に入ることができます。

ここでは、その職業訓練校で行う職業試験について様々な視点からお話しをしていき、職業試験とは具体的にどんなものを知っていただく記事です。

ちなみに職業訓練校はあくまで就職しやすくするための手伝いを行うだけであり、就職のための訓練であるということですから、ここから次の就職先まで行くということに注意が必要になります。

そういったことを含めて職業試験のテストについて紹介し、まとめました。

結論から紹介すると、職業訓練後の職場は、辛くやめていく人も多いため、今から就職先を探すのではなく、「トレンドナビゲーション」のようなスマホ副業で生計を立てましょう。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

職業試験のテストの内容

職業試験のテストの内容

職業試験のテスト内容ですが、基本的に筆記試験と面接の2つになります。

この2つの内容から合否を判断し、訓練校への入学を許可するという流れです。

ただ、この試験は各都道府県によってその内容が異なるという傾向があり、各都道府県ごとの試験対策を行う必要もあります。

しかし、就労する気があってきちんと面接や筆記試験を受けることができれば合格に近づくのです。

筆記試験について

筆記試験は2種類のものがあります。

1つは学校の試験、もう1つは適性検査です。

学校の試験は、数学や国語、簡単な理科と言った分野の問題で、高校程度の知識があれば確実にクリアできるレベルになっています。

そのため、大学受験のような必死の対策ではなくネットなどで簡単におさらいをしておく程度のことがほとんどです。

適性検査はSPI検査に似たものを出題されます。

ちなみにこのSPI検査は正式名称を「SPI総合検査(Synthetic Personality Inventory(総合適性検査))」と言い、日本初の総合適性検査として知られているものです。

いろいろな側面から見て総合的に判断するテストであり、人物中心主義を考慮したものとなっています。

企業や公務員試験に用いられている検査であり、職業試験では紙実施(マークシート)で行われることも多い適性検査です。

内容としては、文の並べ替えや熟語、推測と言った問題が出されます。

ただ、こういった試験を行ってはいますが、実際のところはそこまで重視されたテストではないということが多く、授業の内容がある程度理解できるかどうかという程度の判断材料です。

面接について

実は、試験においてもっともウェイトが高いのがこの面接になります。

端的に言えば、この面接で合否を決めていると言っても過言ではありません。

例えば、再就職の意欲の有無や訓練校の継続の意思があるかどうかをしっかり見極めているというのがこの試験です。

対策としては、どんなものがきかれるのか、どのくらい自分が困っているのかと言ったアピールをすることが挙げられます。

まず聞かれる内容としては、以下のものが多く聞かれる傾向です。

聞かれる内容
・志望動機(どうしてこのコースを選んだのか)、
・このコースで何を学ぶのか?(どういったことを学んで、就職に活かせるか)
・現時点での知識(知識や経験が少ないが、どうしてもこのコースにあった企業に就職したい)
・いままでの求職活動の努力(ハローワークで求人申込した人はそれに合わせて、求職サイトを利用し、どれくらい応募したか)
・就職においての希望職種や業種、規模、就職するまでの期間
・落ちたらどうするか
・自己PR
・質問

以上です。
これらのうち、どれも重要なのですが、個性を出すためには自己PRを必死で行うことや訓練校に対するカリキュラムや自分のしたいことがこれこれでこういったことは学べるかと言った深い内容の質問をするのが重要と言えます。

【定員割れでも落ちる】職業試験に落ちる原因

【定員割れでも落ちる】職業試験に落ちる原因

このように試験は筆記試験と面接だけなのですが、その内容によっては定員割れであっても試験に落ちる可能性があります。

その原因は以下のものが考えられるのです。

職業試験に落ちる原因
・訓練する必要がないほど能力が高い場合
・失業保険延長が目当ての場合
・資格取得の勉強が目的の場合
・倍率が高い場合

これらについて解説していきます。

訓練する必要がないほど能力が高い場合

最初に紹介したいのが訓練校に行く必要がない位能力が高い場合です。

いくつか要因があるのですが、経験年数、面接での知識の豊富さと言ったものを試験担当者がその受験生に感じた場合です。

経験年数は、工業に関する作業訓練のコースに10年以上の実務経験を持つ人物が受験してきたようなケースです。

この場合、講師よりも技術力を持っている場合も少なくないため、訓練校で教える必要がない人物として判断され、試験に落とされます。

あくまで、技術がない人に基本的な技術を教える場所が訓練校ですから、そういった目的にこの経験年数の長い受験生は合致しないというのがその理由になるのです。

そのため、自分が希望する職種で自分が未経験の分野を受験するのが合格のコツです。

同様に知識が豊富な場合も試験に落ちます。

試験は通常優秀なほど合格するというのが学校の試験ですが、訓練校の場合優秀過ぎても試験に落ちるという逆転現象が起こるのです。

面接中に面接を行う側が舌を巻くような豊富な知識を持っている場合、通常であれば学校であれ、企業であれそういった人物は合格の候補になりますが、前述した理由である基本的な技術あるいはこの場合、知識をつけるという目的に合わない人物と判断され、落とされます。

このように過ぎたるは猶及ばざるが如しというのが訓練校の職業試験なのです。

失業保険延長が目当ての場合

失業保険延長が目当ての場合も落とされます。

失業保険は仕事をしなくともいくらかのお金が支給される仕組みとなっており、その制度に味を占めてしまう人物も残念ながらいるのです。

そういった対策として様々な条件をクリアしないと支給延長がされないという制度になっています。

そして、その制度の一つが職業訓練校に入ることがあるのです。

つまり、失業保険延長を目当てに受験する人物がいるため、そういった不正受給を防ぐために試験を実施する側は目を光らせています。

もし試験中に発覚した場合、明らかな定員割れであっても試験に落とされるのです。

資格取得の勉強が目的の場合

職業訓練校に入る目的が不純なもの、例えば先ほどお話しした失業保険の延長のような目的に近いものとして挙げられるが、資格取得の勉強というケースです。

通常は専門の講座を有料で受けたり、教材を購入したりするのですが、訓練校でこういった目的を達成するために行うという場合があります。

こういった利用に対しても試験実施する側は目を光らせており、当然発覚して落とされてしまうのです。

倍率が高い場合

最後が最も多い落ちる理由になります。

それは倍率が高い場合です。

職業訓練校は全国的な傾向として各地で統廃合が進んでおり、都道府県内に数えるほどしかない場合も少なくなくなってきました。

そのため、倍率が高い場合も多く出てきてしまったのです。

こういった理由から、本来では合格するような人物であっても競争が激しく落とされてしまうことも少なくありません。

上記のような原因で職業訓練に落ちる人も多いので、そもそも落ちるようなことがない「トレンドナビゲーション」がやはりおすすめですね。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

職業訓練は落ちてよかった?

職業訓練は落ちてよかった?

結論を言うと職業訓練は落ちてよかったというケースが多くあります。

その理由は、訓練の実態と就職先に集約されるのです。

この2つの点について知れば職業訓練は落ちてよかったと思えます。

そのことについて紹介し、まとめて行きましょう。

職業訓練の実態

職業訓練所で学ぶことは、実用的でない基礎的な知識のみです。

端的に言えば仕事に役立ちません。

ちょっとした道具の使い方や図面の見方と言った全くの素人が多少わかるもの、下手をすればネットで簡単に知ることができるものなどです。

プログラミングの基礎も学べますが、実用的でなく、理論的なものを多少かじる程度の内容となっており、企業側も即戦力になる人材とは考えないレベルです。

ただ、強いて言えば、教育が無い企業が多い中で自力で学ぶきっかけを学ぶことができるということは確かと言えます。

そういった目的で学ぶため、直接就職活動を行った方が良いのです。

就職先がひどい

中小企業、自営業、仕事内容がきいていたものと違うというように就職先に問題があるケースも少なくありません。

正社員や契約社員として再就職したのはクラスの6割ぐらいで、職業試験をクリアして卒業したからと言って決して就職先が恵まれているとは言えないのです。

ただ、近年は人手不足となっていることから、徐々に就職率は上がっています。

その比率はある県の実績で以下の通りとなっています。

ある県の職業訓練校の進路
・平成26年度の訓練修了者等の就職率は、基礎コースは52.2%、実践コースは56.9%
・平成27年度の訓練修了者等の就職率は、基礎コースは56.4%、実践コースは60.9%
・平成28年度の訓練修了者等の就職率は、基礎コースは58.7%、実践コースは63.6%

ただ、そこまで高いものではなく、落ちて正解と考えても支障ないと言えるのです。

むしろ、「トレンドナビゲーション」のような稼ぎ方を手に入れることができれば、上記のような人たちより良い暮らしを手に入れる可能性は高いですよ。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

職業試験に落ちた際の対処法

職業試験に落ちた際の対処法

職業試験に落ちた際の対処法は2つです。

それは再受験すること、自力で副業を始めるということになります。

いずれも建設的な対処法ですが、落ちた後すぐに対応でき方法としては、自力で副業を始めるのがおすすめです。

再受験する

職業試験に落ちたら、再受験するという方法があります。

大学受験などで落ちたら浪人して再受験するという方法です。

この方法を用いれば、再受験した際にいくらか合格率が上がります。

ただ、この方法を取るほど職業訓練校にメリットはありません。

自力で副業を始める

自力で副業を始めるのがおすすめの方法と言えます。

職業試験を受ける間の空白期間を生かしても良いですし、こちらをメインに進めてしまっても問題が少ないからです。

この方法を使えば、落ちたその日から活動ができます。

そういった立ち直りの速さにおいてとてもメリットがあることから落ちた後の対策としてとても有効な方法と言えます。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

職業試験に落ちても稼げるお金を稼ぐ方法【3選】

職業試験に落ちても稼げる副業【3選】

職業試験に落ちても稼げる副業として紹介したいのが、以下の3つになります。

職業試験に落ちても稼げる副業3選
・トレンドナビゲーション
・家調(イエチョウ)
・プチ起業

これらについて、どんな副業なのかを解説していきます。

他にもお金を稼ぐ方法をたくさん紹介している記事もあるんで、合わせてご一読ください。

トレンドナビゲーション

トレンドナビゲーション

トレンドナビゲーションはトレナビとも言われているサービスになります。

参加型のコミュニケーションツールで、これによって収入を得ることができるサービスです。

給料にプラス10万円目指すことが出来る参加型のコミュニケーションツールとして公式サイトで説明されており、登録方法についても触れていきます。

公式LINE@に登録することからトレナビの利用がスタートです。

登録が完了すると、紹介された新着情報をチェックし、アプリを更新することで指定口座にお金が入ってくるというものになっています。

とても簡単なオンラインサロンで一般の人向けに作られてユーザーフレンドリーです。

最初にチェックしてみてよさそうであれば利用してみることをお勧めします。

ただ、サービス内容を自分でしっかり吟味してから登録することが重要です。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

家調

イエチョウ

家調(イエチョウ)は家の損傷で火災保険の保険料が下りるか調べてくれるサービスです。

火災保険は、内容にもよりますが基本的に家屋の損傷があれば、火事でなくとも保険金が下ります。

場合によっては、経年とも思えるようなものであっても、台風や水害、その他様々な天候による原因によっても降りる可能性があるのです。

そんな可能性を調査してくれます。

ちなみに下りた保険金は修繕費に回さなくとも利用は自由になるため、意外な副業になる可能性が高いのです。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

プチ起業

プチ起業

プチ起業もお勧めです。

モノを作って売ったり、転売するプロダクト系の副業や自分のスキルやサービスを提供するスキル系、自分の経験や知識をまとめて動画やセミナーで売るノウハウ系があります。

また、場所を提供するスペース系の副業もあるのです。

これらの分野を本格的に行い、副業レベルに持って行くのがプチ起業と言えます。

また、ブログアフィリエイト、電話占い、お悩みチャット相談、婚活コミュニティ運営と言ったものもこれに含まれるのです。

この他、意外なものでツイートの販売があります。

これはツイッターでつぶやくネタを100個書くというもので、これによって現金を手にするというユニークな副業を行っている方もいるのです。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

【まとめ】職業試験に落ちた際の対処法

まとめ試験に落ちたら
職業試験は落ちます。

しかし、受かってもそこまでメリットがあるものではなく、落ちてもそこまでダメージが大きいものではありません。

そんな職業試験に落ちた場合、再受験に向けて勉強することも大切ですが、今回紹介した「トレンドナビゲーション」副業などを行いながら勉強することもお金が入ってくる分おすすめの方法と言えるのです。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*