劣等感とは?劣等感が強い人の特徴と原因を紹介!

劣等感とは

「自分は本当にダメな奴だ…」「何をやっても上手くいかない…」

このような悩みを抱えてはいませんか?

劣等感は、誰にでもありますが、強すぎる劣等感は、人生においてマイナスになる側面もあります。

ここでは、劣等感を解消する方法について解説します。

劣等感に悩んでいる方、劣等感を改善したいと考えている方は、必見です!

この記事を読んでわかること

  • 劣等感の原因
  • 劣等感の対象方法

劣等感に悩んでいる方は、成功体験を積み上げるのがおすすめです。

簡単にできる「副業研究所おすすめの副業」でお金を稼いで、成功体験を積み上げましょう。

稼いだお金で日頃からお世話になっている人におごったり、自分自身へのご褒美を与えてあげているうちに、しだいに劣等感はなくなっていきます。

まずは、登録だけしてみて、副業研究所おすすめの副業を体験してみましょう!

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

劣等感とは

劣等感とは

劣等感とは、他人より自分が劣っているなぁ…と感じる感情です。

例えば、運動会などで自分より早く走れる人がいた場合、どのような感情を抱きますか?

「自分も早く走れるようになりたい!」というポジティブに感じる人もいれば、「なんで自分は早く走れないんだろう…」というネガティブな感情が起きる人もいます。

劣等感は、後者の感情です。

人と自分を比べて、自分がいかに劣っているかを責めてしまうような感情を指します。

「早く走れる」ということを例に挙げましたが、他にもたくさんあるかと思います。

主な劣等感

  • 顔がいい
  • 勉強ができる
  • 稼いでいる
  • 身長が高い
  • 自分にできないことができる

などでしょうか。

自分と相手を比較したときに、劣等感を感じます。

劣等感は、どんな人でも感じることはあるでしょう。

しかし、劣等感が強すぎる人は、自分を責め続け、自分を卑下する傾向にあります。

人生に対して後ろ向きになってしまうだけでなく、行動を起こさなくなってしまうでしょう。

劣等感が強くなってしまった背景には、失敗経験が数多くあるかと思います。

勉強をやってもうまく点数がとれなかったり、運動をやってもできなかったり。

このような失敗体験を繰り返していると、徐々に劣等感が強くなっていきます。

ですので、劣等感を小さくしていくためには、「成功体験を積む」という方法をとるのが有効です。

成功体験を積み上げると、自分に自信がでてきて、他人と比較しても劣等感を感じなくなってきます。

どのような成功体験がいいかというと、「お金を稼ぐ」という行動をとるのが一番いい方法です。

お金を稼ぐということは、社会に貢献した、ということでもあります。

金額が増えた分 = 社会貢献の数(人の役にたった数)

ともいえますので、お金を稼ぐと充実感を得ることができます。

その充実感は、自信へとつながり、他人と接しても、「自分の方が劣っている」と感じる感情はなくなっていくでしょう。

では、どのような方法で稼げばいいのでしょうか?

副業研究所では、「副業研究所おすすめの副業」をおすすめします。

副業研究所おすすめの副業は、スマートフォンで作業をする稼げる仕事です。

メリットは3点です。

副業研究所おすすめの副業のメリット

  • 初期投資がかからない
  • 隙間時間にできる
  • 自由な働き方ができる

副業研究所おすすめの副業のいいところは、初期投資がかからないという点でしょう。

初期投資といえば、スマートフォンぐらいのものです。

店舗経営のように、土地や建物、人件費といった初期費用がかかりません。

借金を背負うリスクありませんので、安心してスタートを切れます。

また、隙間時間にできますので、副業でやっても相性抜群です。

通勤時間の電車の中で作業してもよし、休憩時間にやってもよし。

休日に家でテレビを見たり、動画を見ながら作業をしてもいいでしょう。

ちょっと暇に感じた時間を利用して、スマートフォンで作業をしているうちに、いつのまにかまとまった金額を稼ぐことができます。

まずは、副業研究所おすすめの副業のような簡単な副業でガッチリ稼いで、成功体験を得ましょう。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

劣等感の強い人の特徴

劣等感 特徴

劣等感が強くなりやすい特徴を解説します。

まずは、特徴をしっかり把握し、改善していきましょう。

自己肯定感が低い

自己肯定感は、自分を認めてあげるということです。

自己肯定感が低いということは、「自己否定する」と同じ意味でもあります。

例えば、仕事で、ほんのちょっとだけミスしたとしましょう。

そんな時に、「本当に自分はダメな奴だ…。」というように、自分を責めてしまうような感じです。

とにかく、自分を否定しまくります。

なにをやっても、「自分はダメだ…もっと頑張らないと…」っていうふうに考えてしまいますので、どんどん暗くなっていきます。

自己肯定感が低い人は、人と一緒に仕事をしていると、劣等感が強くなりやすいです。

他人を常に羨ましいと思っている

他人をみて、何か羨ましいと感じたことはありますか?

私自身は、結構ありますね。

例えば、他人が楽しそうに話しているのを見た時なんかは、特に思いますね。

「自分はあんなに楽しそうに話せない…うらやましいなぁ…」とような目で他人を見てしまいます。

自分ができそうもないことをみると、つい羨ましいと思っちゃうんです。

時々は、みんな思うかもしれません。

しかし、常にこのような目線で他人をみてしまう人は、劣等感が強くなってしまう可能性が高いです。

常に、自分と比較しているわけですから、自分という存在を否定することにも繋がります。

自分をかわいそうだと思っている

「自分をかわいそう」という風にとらえてしまう人も、劣等感が強い人の特徴といえます。

例えば、

「仕事で怒られた…なんて自分はかわいそうな奴なんだ…」

というように、自分に起きている現象をすべて不幸のせいにしてしまうような人。

このような人も、劣等感が強くなりやすいです。

仕事上の怒られたのであれば、自分が原因であることをまずは考えるべきです。

そして、改善していけば、怒られることもなくなりますよね?

しかし、「かわいそう」と感じる人は、「自分が不幸な存在だから怒られた」というとらえ方をします。

自己中心であったり、利己主義ともいえなくもない人。

このような人は、自分が悪くないと感じているため、次第に他人を攻撃するようになります。

他人を攻撃するのは、自分のダメなところを隠すための行動でもあります。

このような行動も「劣等感が強い人」に当てはまります。

劣等感が強くなってしまった原因

劣等感 原因

なぜ、劣等感が強くなってしまうんでしょうか?

劣等感が強くなってしまう背景には、過去の経験が関係しています。

その原因を探っていきましょう。

認められる機会がなかった

今まで、他人に褒められたり、賞賛されたことがない方は、劣等感が強くなりやすいです。

他人から褒められないと、自分の能力が凄いのかどうか、理解しづらくなります。

親でも友達でも、誰からも認められた経験がない方は、自分の能力に疑問をもつようになります。

そんなときに、他人が賞賛されているのをみたりすると、「自分がダメな奴だから認められないんだ…」という感情を抱くようになります。

このような感情を抱いて生活していると、何回も同じような場面に遭遇するため、劣等感が強くなってしまいます。

虐待・いじめられた経験がある

過去に虐待やいじめを受けた経験がある方も劣等感を抱く原因になります。

例えば、「顔が変」といった理由でいじめを受けた場合は、その後の人生もずっと「自分の容姿」に自信を持つことが難しくなります。

他人と自分の容姿を比較するようになり、自分よりかっこいい人をみかえるたびに、強い劣等感を感じるようになります。

失敗体験が多い

何をやっても上手くできない、人並みにできない、という失敗体験が増えれば増えるほど、劣等感を抱きやすくなります。

劣等感は、自分自身が能力不足と感じるときに、人と自分を比較した後に抱く感情です。

そのため、失敗をした経験が多い人ほど、劣等感を強める傾向にあります。

対処するには、成功体験を増やし、劣等感を弱くしていく以外にありません。

どんなものでもいいです。

ダイエットなんかでもいいでしょう。

ただ、もっともおすすめは「お金を稼ぐ」ということです。

お金を稼ぐということは、社会に貢献する意味でもあります。

社会貢献の意味でも、お金を稼ぎまくり、社会の役に立っていけば、劣等感をなくしていくことは十分可能です。

しかし、いきなり初期投資が大きい飲食店は辞めた方がいいでしょう。

借金をしてしまったら、それこそ劣等感が強くなってきます。

おすすめは、スマートフォンでできる「副業研究所おすすめの副業」です。

スマートフォンでポチポチ作業をしていくだけで、お金を稼ぐことができます。

ちょっとした隙間時間を有効活用して、副業研究所おすすめの副業で稼ぎまくりましょう。

そして、お金を稼いだら、自分自身へのご褒美をたくさん与えてください。

稼いだ自分を自分自身で認めてあげれば、劣等感はなくなります。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

劣等感があると損する例

劣等感 損する

劣等感がある人の、「ここが損しているなぁ」という点について解説します。

楽しくなくなる

劣等感が強い人は、とにかく他人を比べて、自分をひたすら卑下する毎日です。

楽しいことで感情を満たしている時がほとんどありません。

そのような感情で毎日を過ごしていると、生きていて楽しくないでしょう。

場合によっては、生きているのが辛くなり、命を落とす…

なんてことになりかねません。

人との交流が減る

劣等感が強いと他人とかかわるのが怖くなります。

つまり、他人と一緒にいると、劣等感を感じますので、意図的に避けるようになるのです。

人との交流が減りがちになりますので、出会いが生まれる機会もなくなってしまいます。

ただ、人によっては、人と合わない方が楽になることもありますので、デメリットになりえないことでもあります。

行動しなくなる

劣等感が強いと、「どうせ自分には無理。辞めよう。」という考えになり、行動しなくなります。

このような人は、チャンスを逃す傾向にあります。

稼げる話があったとしても、行動しないのですから、稼げません。

楽しい誘いがきても、断ってしまいますので、楽しい人生が送りづらくなります。

劣等感が強すぎると、行動を起こさなくなるため、あらゆるチャンスから遠ざかる危険があります。

劣等感を解消する方法

劣等感 解消

では、劣等感が強い人は、解決できないのでしょうか?

いいえ。

劣等感がある人も、しっかり対処していけば、改善することは可能です。

ここでは、劣等感を解消する方法をご紹介します!

小さな成功を積み重ねる

本文で何回も述べていますので、しつこいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、成功体験を得るのは、本当に効果的だということです。

ちょっとした目標をつくり、確実に成功を積み上げていきましょう。

できるだけ、無理な目標は辞めましょう。

例えば、いきなり「年収1億円を目指す」なんていうのは、NGです。

お金を稼ぐのであれば、「副業研究所おすすめの副業」のような簡単な副業から始めるのをおすすめします。

副業研究所おすすめの副業は、スマートフォン1台で簡単に稼げます。

作業内容も、スマートフォンを操作できる人であれば、苦になることはないでしょう。

副業研究所おすすめの副業で毎月目標の金額を稼いでいけば、自分に自信がついてきます。

劣等感をなくすには、成功体験を積みあげるのがもっとも効果的です。

興味がある方は、さっそく公式サイトから申し込んでみましょう。

無料で登録できますので、リスクはありません。

安心して登録してみてくださいね。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ポジティブになる

物事の捉え方を変えるようにしましょう。

例えば、テストの点数が悪くて「自分はダメな奴なんだ…」ではなく、「たくさん点数をとれるように頑張る!!」

といった感じに考え方を変えましょう。

劣等感が強い人は、基本ネガティブ思考です。

ポジティブな感情に変えて、努力できるものは改善できるようにしていくと、劣等感が薄れていくと思います。

本を読む

本を読んで、多くの考えに触れる、というのもありです。

世の中には、自分の同じような考えを持っている方がたくさんいます。

自分と同じように劣等感を抱えている人の本を読めば、人生のヒントになる可能性が高いです。

図書館には、たくさんの本がありますので、時間があるときは、足を運んでみましょう。

世界の広さを知る

世界の人と触れ合ってみるのもいいです。

今、あなた劣等感を感じているのは、「日本人だから」ということでもあります。

世界にでて、様々な人と会いましょう。

日本人より貧しい状況でも、幸せに生きている人は、たくさんいます。

そのような人と接していると、劣等感などなくなっていくでしょう。

自分を認める

もっとも大事なことは、「自分を認める」ということです。

原因の項目でも述べましたが、劣等感が強い人は「自己肯定感が低い」傾向があります。

とにかく、仕事が上手くいったら、自分をほめてあげるのがいいでしょう。

自分へのご褒美として、美味しい物を食べたり、好きな物を購入するのがいいです。

自分をほめて、自分自身を認めてあげましょう。

【まとめ】劣等感を解消しよう

まとめ 劣等感

いかがでしたでしょうか。

劣等感は、だれでも持っているものでもありますが、強弱は人それぞれです。

劣等感が強すぎる人は、少しでも緩和するように、適切に対処していきましょう。

おすすめの方法は、小さな成功体験を積み上げるということです。

手っ取り早いのは、「副業研究所おすすめの副業」でお金を稼げば、自分に自信がついてきますので、おすすめです。

興味を持った方は、下のボタンから登録してみましょう。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*