【保存版】社長になるには?準備から立ち上げ方まで優しく解説!

【保存版】社長になるには?準備から立ち上げ方まで優しく解説!

高収入で社会的地位も高い仕事として、多くの人が真っ先に想像するのは「社長」でしょう。

「お金持ちになりたい」「尊敬される仕事をしたい」と考え、社長や会社経営者になることを志す人は多いかと思います。

しかし、その具体的ななり方や準備、社長になれる人の条件などは、把握できていない人が多いでしょう。

この記事では、そういった方に役立つ情報として、社長・経営者になる方法などを解説していきます。

社長・会社経営者になりたいと考えている人には、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 社長になれる人の特徴
  • 社長になるための準備
  • 社長になる方法
  • 社長になるメリット・デメリット

最初に結論を書いておくと、社長になるのはとても難しいことです。

なった後もほとんどの社長が資金繰りに失敗し、倒産・自己破産をしてしまいます。

そうならないためにも、起業する前から「安定した収益の柱」を持っておくのがいいでしょう。

そうした収益の柱として、当サイト・オススメしているのが副業研究所おすすめのスマホ副業というビジネスです。

特別なスキルや知識などが一切不要で、スマホ1台で効率的に稼げる仕組みになっています。

LINEから友だち登録をするだけで無料で始められるため、ぜひ下の公式サイトを確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

社長になることができる人の特徴

社長になることができる人の特徴

社長になれる人には共通する特徴があります。

ここでは、そうした特徴の主なものを3つ解説します。

人からの信頼が厚い

人から信頼されることは、当然ながら重要です。

時間や納期を守るという一見当たり前のことでも、完璧に実践するのは難しいものです。

おそらく、こうした基本をこれまで一度も外したことがないという社会人の方は、あまりいないでしょう。

逆に当たり前のことをすべてきっちりやるだけでも、社会ではかなり信頼されます。

「特別なアイディアは思いつかないけど、真面目に働くことはできる」という人は、そのように地道に信頼を獲得し続けることも、立派な起業の準備になると考えてください。

ポジティブである

ポジティブであることの大切さは、多くの逸話を知ることで実感できます。

たとえば、キューバ革命での有名なエピソードがあります。

キューバ革命のリーダーはフィデル・カストロでした。

そして、参謀は現代の日本でも人気のチェ・ゲバラです。

ある時、二人が率いる82名の革命軍の船が撃沈され、全滅寸前の状態になったことがあります。

海岸に17名だけが流れ着き、ほとんどが重傷を負っているという状態でした。

キューバという国を相手に17人で戦うだけでも無謀なのに、全員が怪我人で、物資なども何もないのです。

誰がどう見ても絶体絶命の状態で、ゲバラですら絶望していました。

しかし、17人が生きていることを確認したカストロは、自信満々に言い放ったそうです。

「俺達は生き残った。これでバティスタ(政府)の命運も尽きたな」

ゲバラの伝記『チェ・ゲバラの遥かな旅』によれば、このときばかりはゲバラも「この男は頭がおかしいのではないか」と、本気で思ったそうです。

革命児の象徴のように言われるゲバラですら、絶望していたわけですね。

しかし、カストロが諦めなかったため、彼ら革命軍はギリギリの状態で諦めずに前に進むことができました。

そして、時間をかけて反撃に転じたとき、誰もが「絶対に終わった」と思っていた分、大きなインパクトを与えられたのです。

キューバ市民は歓喜し、逆に政府軍は恐怖を覚えました。

「絶体絶命の状態でも生き残った」ということが無言の説得力になり、キューバ市民が強力にカストロ・ゲバラの味方をするようになったのです。

こうして後から振り返ると、カストロが「バティスタの命運は尽きたな」と言ってことは正しかったのです。

重傷を負った17人が海岸に打ち上げられた瞬間は、彼らが偉業を成し遂げるための「最大のチャンス」だったわけです。

そうなったのは、ひとえにカストロが諦めなかったことに尽きます。

「ポジティブである」ことの大切さは、こうした事例を多く知るほど、より深い部分で実感できるようになるでしょう。

メンタルが強い

メンタルの強さが重要なことは、上の段落で書いたカストロと逆の事例を紹介するとわかりやすいでしょう。

『社長失格』という90年代の有名なベストセラーの事例を紹介します。

この本の著者の板倉雄一郎さんは、ハイパーネットという会社を創業し、一躍有名になりました。

当時高額だったインターネットの通信費を無料にする方法を思いつき、世界的な注目を集めたのです。

ビル・ゲイツまでハイパーネット買収のために面会に来るほどでした。

しかし、このアイディアは他の大企業も形を変えて「パクれる」ものだったため、ハイパーネットはすぐに失速します。

そして倒産確実の状態になったのですが、救世主が現れました。

まだ若かった頃の、ソフトバンクの孫正義社長(当時)です。

孫社長はハイパーネットの買収を提案し、板倉さんと孫社長の話し合いは、ほぼまとまっていました。

そして、最後に孫社長が「社長はこのまま板倉くんにやってもらおうと思っていますが…」と言ったとき、事態が急転してしまったのです。

その頃、債権者などに追い立てられて、すっかり自信を喪失していた板倉さんが、下のように言ってしまったのです。

「いや…僕はだいぶ信用を失っているし、僕以外の人間にやっていただく方が…」

この瞬間、孫社長の顔色が変わったそうです。

板倉さんは「しまった」と思ったそうですが、後の祭りでした。

孫社長は「また会社で話し合って連絡します」という旨を告げて、その場では話を断りませんでしたが、後日丁重なお断りが来ました。

これがトドメとなり、ハイパーネットは倒産してしまったのです。

もしこのとき、板倉さんがカストロのように自信満々だったら、ハイパーネットは絶体絶命の状態から復活していた可能性が高いのです。

孫社長と組んで、世界のIT業界に影響を与えていた可能性すらあります。

カストロだったら、同じ場面で下のようにジョークの1つも交えて、自信満々に対応していたでしょう。

「任せてください。借金取りに鍛えられた今の私は最強ですから」

日本人は真面目すぎるため、メンタルが弱い部分があります。

社長になるには、カストロのようにメンタルの強いリーダーの生き方や考え方に多く触れるのがいいでしょう。

社長になるための準備

社長になるための準備

社長になりたい人は「なるためにどんな準備をすればいいか」という点も気になるでしょう。

この段落では、社長になるために準備すべきことを解説していきます。

起業の仕方を学ぶ

まずは起業の仕方について基礎的な部分を学びましょう。

個人事業主としての開業届の提出や、法人設立などのパターンがあります。

法人設立については、合同会社と株式会社という二つの選択肢があります。

事業内容によっては、NPO法人や一般社団法人という選択肢もあるでしょう。

それぞれの方法での登記のルールや、開業時のオフィスの準備などのノウハウを事前に学んでおきましょう。

ビジネスモデルを考える

ビジネスモデルを考えることは重要ですが、机上の空論では意味がありません。

実際に利益を出しながら、なぜその利益が発生するのかを考えながら、ビジネスモデルのアイディアの種をい得ることが重要です。

そのためには「稼げる仕事」で、さらに「世間がまだ気づいていない仕事」をする必要があります。

ビジネスモデルについて解説している記事もあるので合わせてご一読ください。

その一つとして、当サイト・副業研究所がおすすめしているのが下の副業研究所おすすめのスマホ副業です。

スマホ1台でできる簡単な作業で、隙間時間に効率的に稼げるということで、評判になっています。

社長になろうとする人であれば「一体どういう仕組みになっているのか」という点に興味が湧くでしょう。

ビジネスモデルの研究を兼ねて、自分も稼げると感じたらここで起業のための資金を貯めるという使い方が有効といえます。

マネーや副業の世界の研究を兼ねて、ぜひ下のリンク先から副業研究所おすすめのスマホ副業をチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

資本金について考える

日本の会社の資本金で一番多いのは300万円です。

これは中小企業庁の統計でわかるデータです。

二番目が1,000万円で、その後は500万円・800万円・900万円・100万円・200万円と続いていきます。

Webの世界では資本金100万円未満の起業は珍しくないものです。

しかし、実業の世界では少なくとも300万円から始まることが多いことが、統計でわかります。

実際、私たちもどこかの会社のアルバイトに応募するとき、そこの資本金が100万円だったら「やばそう」と思うでしょう。

このような理由から、実業で起業するのであれば資本金300万円は用意すべきといえます。

逆に節税のために作る会社や、個人事業の延長のような会社なら資本金はほとんどなくてもいいでしょう。

社長になる方法

社長になる方法

社長になりたいと思ったとき、特に知りたいのはその方法でしょう。

ここでは、社長・会社経営者になるための3つの方法を解説していきます。

副業から始めて起業

現時点でサラリーマンやOLとして働いているのであれば、まず副業から始めるのがベストです。

副業から「フリーで稼ぐ」ことを体験することで、スムーズに独立した事業に移っていけるでしょう。

具体的にどの副業がいいかですが、当サイトが一番おすすめしている副業研究所おすすめのスマホ副業は特に稼ぎやすいものです。

1日5分などのわずかなスキマ時間を利用して、副業でも月収10万円程度は簡単に達成できます。

実際に稼いでいる人の体験談や、始める方法などは下のリンク先からご覧いただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

会社員で経験を積む

会社員として経験を積んでから起業をするというのは、鉄板のコースです。

  • 資金が貯まる
  • 知識・スキルが蓄積される
  • 人脈が広がる
  • 会社のお金で資格も取得できる

このように、会社員をしながら起業の準備をすることには、多くのメリットがあるのです。

ただ、会社によっては長くいればいるほどマイナスになることもあるでしょう。

最終的には上に書いたメリットがある会社かどうかで、残る期間を判断します。

メリットが多い会社なら長く残って準備を整えるのがいいでしょう。

逆にメリットがない会社なら早く独立すべきといえます。

どちらにしても、このやり方の場合は、会社員時代と同じ業界での起業になります。

弟子入りする

尊敬する社長や経営者がいる場合、その人に弟子入りするという方法もあります。

信者ビジネスのようなことをしている人だったら、避けた方がいいでしょう。

そのような人は、自分を慕っている弟子すら容赦なく洗脳して、搾取の対象にするためです。

そのため、その人を信頼できる客観的な根拠を事前に整理することが大事です。

誰かの弟子になるという、起業や人生を大きく左右することを、安易に感覚で決めてはいけません。

詐欺的な経営者の場合、冷静に調べると「どこか変なところ」が出てくるものです。

徹底して調査をしても、そういった怪しい部分が出てこない人なら、安心して弟子入りしていいでしょう。

社長になるメリット

社長になるメリット

社長・経営者になることには、多くのメリットがあります。

ここでは、そのメリットの中でも主だったものを解説していきます。

収入が増える

社長といえばお金持ちの代名詞ですが、やはり収入が増えることが多いものです。

最初からいきなり増えるわけではなく、あくまで事業が軌道に乗った場合です。

また、軌道に乗ってもそれが長く続くわけではありません。

会社の10年生存率は大体60%程度とされています。

10年で6%程度しか残らないというデータもありますが、実感値としては「大体60%ほどは生き残る」というのが、多くの専門家の意見です。

ただ、それでも10年後に4割の会社は倒産し、社長は無職になっているということです。

また、そもそも倒産していないだけで、収入が大幅に減ってしまっている社長はかなりいるでしょう。

そう考えると、普通の事業で社長として収入を増やし続けるのはかなり厳しいといえます。

もし収入を増やすことを第一に考えたいのであれば、スマホビジネスのような稼ぎやすいビジネスに取り組むのがいいでしょう。

当サイトが推奨している副業研究所おすすめのスマホ副業なら、月収100万円以上を稼いでいる人も多くいます。

スマホ1台でできる仕事なので、コストもかからず利益率が非常に高くなっています。

収入を増やすために社長になりたいと考えている方は、ぜひ詳細を公式サイトでチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

好きなことでお金を稼げる

社長として事業を軌道に乗せれば、好きなことでお金を稼げるようになります。

町工場の社長さんなどが典型例ですが、自分の好きな技術を追求し、それが利益にもなるのは非常に嬉しいことです。

その段階に到達するまでにはかなりの努力が必要ですが、好きなことであれば苦にならない人も多いでしょう。

どれだけ稼ぎにくいといわれるジャンルでも、やり方次第では十分に稼げるビジネスにできるものです。

好きなことを仕事にして生きていきたいと考えている人は、思い切って起業して社長になるのもいいでしょう。

自分のやりたいことが見つからない人は、お金を稼ぐ方法の記事でたくさんまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

社長になるデメリット

社長になるデメリット

社長になることには、いくつかのデメリットもあります。

ここでは、社長・会社経営者になることの3つの短所を解説していきます。

リスクを背負わなくてはならない

社長になるなら、当然リスクを背負わなくてはいけません。

たとえば会社として融資を受けるときは、大抵社長が会社の連帯保証人になるものです。

これはある意味当然のことなんですね。

社長が保証人になれない=その会社を社長自身が信用していないということです。

銀行からすれば「そんな状態で誰が融資できるか」と感じるでしょう。

そのため、ほとんどのケースでは代表が連帯保証人になって、会社としての融資を受けるのです。

よって、倒産するときには個人としても莫大な借金を背負い、自己破産することになります。

このようなリスクがあるのが普通の起業ですが、当サイトがおすすめする副業研究所おすすめのスマホ副業のようなビジネスなら、こうしたリスクはありません。

まったく何もしない人は稼げないという程度の注意点があるのみで、最低限簡単な作業をしていれば、誰でも稼げます。

社長を目指すくらいのバイタリティのある人なら、月収100万円以上も軽く稼げるでしょう。

詳しい作業内容や始め方などは、下の公式サイトをチェックしていただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ストレスがたまる

社長になることは、基本的にストレスが溜まるものです。

一人でコストをかけずにやっている事業ならそれほどのストレスはかかりません。

しかし、大きな工場などを構え、従業員を雇うような仕事になると、かなりのストレスがかかります。

競合他社などの外部環境に振り回されることが多いのはもちろん、震災や台風などの自然災害にも神経を使わなければなりません。

雇われて働くよりも考えることが圧倒的に多いので、ストレス耐性が相当高い人でないと務まりません。

登記簿で住所がバレる

これは小さなデメリットですが、社長になると自分の住所が公開情報になります。

法人登記簿には代表住所も書かれているためです。

登記簿はネットで公開されているわけではありません。

しかし、ネットでクレジットカードを使って600円程度ですぐ取得できるので、簡単に得られる公開情報なんですね。

もちろん、法務局に行って同じように500円や600円程度を払って登記簿を取得することもできます。

どちらにしても多少の手間はかかるものの、代表の住所はこのように誰でも把握できてしまうのです。

そのため、特に女性が会社の代表になる場合などは、セキュリティーにも注意する必要があります。

【まとめ】社長になるには

【まとめ】社長になるには

社長になるには、実際にフリーで稼ぐ経験をするのが一番です。

いきなりフリーで稼ぐのはほとんどの人にとって難しいことでしょう。

しかし、当サイトがおすすめしている副業研究所おすすめのスマホ副業なら、それも簡単にできます。

月収5万円や10万円程度なら、多くの人が短期間で稼げるようになります。

まずはこのようなビジネスで「自分の実力一つで稼ぐ」という経験をしましょう。

そのような経験を積むためにも、まずは気軽に下のリンク先で、副業研究所おすすめのスマホ副業の公式ページをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*