【2020】ビジネスモデル10選!ビジネスモデルの4要素も解説!

【2020】ビジネスモデル10選!ビジネスモデルの4要素も解説!

この記事では、おすすめのビジネスモデルやビジネスモデルの見つけ方について徹底解説していきます。

「今後も稼げるビジネスモデルって何?」
「ビジネスモデルってどうやって見るけるの?」

このように考えている方へ向けた記事です。

当記事を読むことで、今後も成功しやすいビジネスモデルを発見することができます。

起業に少しでも興味のある人には役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • ビジネスモデルとは
  • ビジネスモデルの見つけ方
  • ビジネスモデルの4要素
  • 有名なビジネスモデルの例10選!

先に結論から言うと、1番おすすめのビジネスモデルは副業アプリです。

副業アプリはスマホ1つで取り組めるので、他のビジネスに比べてお手軽と見えます。

副業アプリには様々な種類がありますが、特におすすめできるのは「スマホdeマネー」です。

「スマホdeマネー」は当メディアイチ押しの副業アプリであり、難易度が低いわりに収益化しやすいビジネスモデルです。

後ほど詳しく紹介しますが、既に興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ビジネスモデルとは

ビジネスモデルとは

まずは、ビジネスモデルとは何なのか?ということについて解説していきます。

ビジネスモデルとは、自分が利益を継続的に生み出す商品やサービス、もしくは収益の仕組みを定義した言葉です。

ビジネスの戦略として「何を、だれに、どうやって提供し、どこで稼ぐのか」を示したものと言えます。

ビジネスモデルは経営を行う個人、会社であれば必ず持っていますが、そのビジネスモデルが一生通用するとは限りません。

市場や業界の変化に応じて作り直す必要があります。

当メディアが1番とするビジネスモデルは副業アプリです。

冒頭でも触れましたが、副業アプリとはスマホ1台で行っていくビジネスモデルになります。

中でも「スマホdeマネー」は特におすすめです。

できるだけ難易度の低いビジネスモデルを探している人にはぴったりでしょう。

ビジネスモデルの詳細は、実際に無料登録してみることで理解できます。

以下より公式ページをご覧になれるので、気になる方はチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ビジネスモデルの見つけ方

ビジネスモデルの見つけ方

次に、ビジネスモデルの見つけ方について解説していきます。

本格的に自分のビジネスを構築していきたいという方は、以下のステップを実践するようにしましょう。

ビジネスモデルの見つけ方

  • 何かと何かを組み合わせる
  • トレンドをリサーチする
  • 自分の悩みにフォーカスする

何かと何かを組み合わせる

既に存在するビジネスモデルと「何か」を組みわせることで見つける方法です。

この「何か」には人やもの、場所などが当てはまります。

例えば、家庭教師というビジネスモデルは「出張ビジネス」と「教育」を組み合わせたことで誕生したものです。

このように、既に存在するビジネスモデルに何かを足すことで、革新的なアイデアが見つかります。

トレンドをリサーチする

現在のトレンドをリサーチするのも効果的な見つけ方です。

例えば、現在のトレンドには「高齢社会」や「増税」などがあります。

これらのトレンドに酔って生じる問題に目を向け、ビジネスモデルを考えていくのです。

では、高齢社会によって生じる問題は何があるでしょうか?

代表的なもので言えば「働き手の減少」ですね。

高齢化が進めば進むほど、企業側は働き手を見つけるのに苦労します。

では、この問題を解決するためにどんなサービスを提供できるでしょうか?

すでにあるもので言えば、フリーランスと企業を繋げる「エージェント」や気軽に働けることをモットーにしている「タイミー」などが挙げられます。

このような方法で見つけていくのが、トレンドリサーチです。

自分の悩みにフォーカスする

自分の悩みにフォーカスするのも1つの手です。

自分が普段から悩んでいることは、他の人も悩んでいる可能性が高いです。

まだ満たされていない欲求や解決されていない問題があるということは、供給が足りていないことを意味しています。

人々の問題解決、欲求解消ができる商品やサービスが存在しないということです。

その点に関して深く考えていくことで、思わぬビジネスモデルが見つかるときもあります。

【儲かる】ビジネスモデルの4要素

ビジネスモデルの4要素

続いて、ビジネスモデルに必要な4つの要素について解説していきます。

ビジネスモデルの理解を深めたい方は、以下の要素を忘れないようにしましょう。

儲かるビジネスについて知りたいあなたは、こちらの記事も合わせてご一読ください。

ビジネスモデルの4要素

  • 顧客
  • プロダクト
  • 提供方法
  • 利益の発生方法

顧客

顧客とは、あなたがターゲットにしたいお客さんのことです。

まずは、顧客を明確にしなければ価値提供の方針も定まりません。

先ほど少し触れた「何を、だれに、どうやって提供し、どこで稼ぐのか」の中の「誰に」を決めることです。

自分が価値を提供していくターゲットを設定していきます。

プロダクト

次に、自分が提供できる価値を明確にします。

「何を、だれに、どうやって提供し、どこで稼ぐのか」の「何を」に当たる部分です。

価値は商品のような有形のものから、サービスのような無形のものまで様々です。

自分が顧客に対して提供できる価値を決めていきます。

提供方法

お客さんに提供できる価値を決めたら、それをどんな方法で提供していくのかを考えます。

価値提供をするプロセスを明確にすると言うことですね。

どのから集客するのか?どのようにして教育するのか?どんな方法で価値を提供するのか?これらのプロセスをハッキリさせていきます。

利益の発生方法

最後にキャッシュポイントです。

価値を提供したとしてもキャッシュポイントがなければ収益化できません。

収益につなげられる機能を考えることは、今後ビジネスで利益を得ていく上で欠かせない要素です。

自分にとって収益性が高い、もしくは自分の強みを活かせる収益構造を考える必要があります。

【お金を稼げる】有名なビジネスモデルの例10選!

有名なビジネスモデルの例10選!

最後に、有名なビジネスモデルの例を10個に厳選して紹介していきます。

以下のビジネスモデルは自分で1から考える場合も役に立つので、参考にしてみてください。

お金を稼ぐ方法の記事と合わせてご一読ください。

有名なビジネスモデルの例10選!

  • サブスクリプション
  • 販売
  • コレクション
  • 小売
  • マッチング
  • 従量課金型
  • ライセンス
  • 広告
  • レンタル
  • フリーミアル

副業アプリ

副業アプリとは最近出てきたビジネスモデルで、代表的なもので言えば、スマホdeマネーなどが挙げられます。

主婦を中心に話題になっているビジネスで、スマホで手軽に始めることができると話題なんです。

誰でも簡単に始めることができるので、気になるあなたは、一度公式HPを確認してみましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

販売

販売とは、物を売ることで収益化するビジネスモデルです。

最もシンプルで身近なビジネスモデルですね。

販売ビジネスの代表は食材や自動車などです。

しかし、最近ではモノが売れにくい時代に突入しています。

ものを所有する時代から利用(共用)する時代にシフトしつつあるのです。

特に自動車がその最たる例です。

車は購入して所有するのではなく、使いたいときに利用するものへと変化しています。

自動車会社はサブスクリプションの導入などを検討し、ビジネスモデルの変化を図ろうとしています。

コレクション

コレクションとは、商品を部分的に販売するビジネスモデルです。

購入者にコンプリート(完成)を目指すよう仕向け、完成形の一部となる商品を購入してもらうことで収益化していきます。

「なんとしてでも完成させたい」という人間特有の心理を利用したビジネスモデルです。

小売

小売とは、仕入れた商品をお客さんに提供するビジネスモデルです。

自社が販売するわけではないので、開発コストなどがかかりません。

一方で、販売する商品が自社のものではないため、得られる利益が少ないといったデメリットがあります。

マッチング

マッチングとは、需要と供給が一致するもの同士をつなげることで手数料を得るビジネスモデルです。

恋愛の「マッチングアプリ」や「クラウドソーシングサイト」などがこのビジネスモデルに当たります。

従量課金型

従量課金型とは、サービスを利用した分だけ課金されるビジネスモデルです。

代表的な例でいえば、電気やガス、電話、タクシーの利用料金などです。

ライセンス

ライセンスとは、自社で製作したものを使用する権利のことです。

この権利を他社に提供することで、利益を得ていくビジネスモデルになります。

例えば、アニメや漫画のキャラクターがその最たる例でしょう。

収益を得ることはもちろんのこと、新たな市場を発見できたり自社の商品やサービスの認知度向上も見込めます。

広告

広告とは、無料でサービスを提供し、広告で収益を得るビジネスモデルです。

代表的なものがYouTubeやSNS、Webサイトなどです。

これらのサービスでは大抵広告が表示されます。広告主の商品やサービスをPRする対価として、利益を得ていくことが可能です。

レンタル

レンタルDVDが1番イメージしやすいでしょう。

レンタルとサブスクリプションとの違いは、借りるのか?利用するのか?という点です。

レンタルカーは特定の車をレンタルすることになりますが、サブスクリプションの場合は他の車に乗り換えることもできるといったイメージです。

フリーミアル

一定の範囲までは無料で提供し、より高品質なサービスでは課金が発生するビジネスモデルです。

スマホのアプリでよく見る「プレミアムプラン」はその最たる例ですね。

無料版のユーザーが主なターゲットとなり、有料プランに移行してもらうことで利益を得ていきます。

【まとめ】ビジネスモデルとは

【まとめ】ビジネスモデルとは

この記事では、おすすめのビジネスモデルやビジネスモデルの見つけ方について詳しく解説してきました。

ビジネスモデルの見つけ方は、「何かと何かを組み合わせる」「トレンドををリサーチする」「自分の悩みにフォーカスする」といった3つの方法がありましたね。

上記のような方法で自分が活躍できそうなビジネスモデルを探してみてください。

また、1番おすすめできるビジネスモデルは副業アプリでした。

副業アプリはスマホ1つで取り組めるので、他のビジネスに比べて非常にお手軽です。

副業アプリには様々な種類がありますが、特におすすめできるのは「スマホdeマネー」です。

「スマホdeマネー」はスマホを使って単純な作業をこなしていくだけなので、特別なスキルや知識はいっさい必要ありません。

登録する際の費用や利用料も完全無料です。

「スマホdeマネー」が気になる方は、この機会に公式ページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*