儲かるビジネス大全集!4原則を抑えたおすすめビジネスを大公開!

儲かるビジネス5選!ビジネスの4原則を抑えたビジネスを大公開!

「どんなビジネスで起業すればいいの?」「儲かるビジネスってなんかある?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

起業をはじめようと思っても、なかなか始められないものです。

どのようなビジネスがいいのか、何が儲るのか、このような迷いがあると、なかなかスタートを切れないものですよね。

ここでは、起業をするために必要な条件と種類について、具体的に解説しています。

これから起業したい方、儲かるビジネスを探している方は必見です!

ここで記事を読んでわかること

  • 儲かるビジネスの条件
  • 儲かるビジネス
  • 儲かるビジネスの注意点

結論から紹介すると、儲かるビジネスがしたいのならば「副業ガイド」のようなスマホ副業がおすすめです。

理由は簡単で、スマホで手軽にできるのにも関わらず、ITなので利率が高いからです。

今、ビジネスマンを中心に流行っているビジネスでもあり、情報感度が高い人ほど、どんどん始めています。

まだ、初めていないあなたは、一度「副業ガイド」の公式HPをのぞいてみてはいかがでしょうか?

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

起業するなら儲かるビジネスをするべき

起業 ビジネス

みなさん、起業をするときは、自分の好きなことから始める方が多いのではないでしょうか?

しかし、順番が逆です。

まずは、儲かるビジネスから先にすべきです。

この章では、儲かるビジネスを優先すべき理由を解説していきます。

理由①起業は簡単なことではないから

起業は簡単なことではありません。

会社員の方であれば、今まで給料が支給されていたので、生活費には困らなかったはずです。

しかし、起業をするとなると、生活費をまずは稼げないといけません。

好きなビジネスから入ると、稼ぎが少ないため、続けていくのが困難になってきます。

資金繰りが苦しくなり、あげくのはてに倒産…

なんてことにもなりかねません。

まずは、生活費を稼ぐために、儲かるビジネスをして基盤を固める必要があるのです。

好きなことで稼いでいくのは、後からゆっくり行えばいいのです。

また、起業をするとなると、様々な業務を一人でこなすには限界があります。

そのため、人を雇って自分の仕事を手伝ってもらったり、新しいプロジェクトを立ち上げてもらう、といったことをします。

しかし、儲かっていない会社であれば、良い人材を確保しづらくなります。

優秀な人は、わざわざ経営が苦しい会社に来て、安い給料で働くようなことはしないからです。

というような、悪循環が起きてしまうので、はじめは儲かるビジネスから始めるのがいいでしょう。

繰り返しになりますが、起業は簡単ではありません。

好きなことで始めていくには、生活が安定してから行うべきです。

理由②儲からないビジネスはやる意味がないから

ぶっちゃけていうと、儲かっていないビジネスはやる意味がないです。

趣味でやっているのであれば、別です。

しかし、儲けるために今のビジネスを始めたのではないでしょうか。

売り上げがあがっても、利益がでなければ、生活費に回す余裕がなくなるので、生活が豊かになることだってありません。

はっきりいって、儲からないビジネスをやる意味は、ほぼありません。

今のビジネスが儲かっていないのであれば、別のビジネスを探しましょう。

儲かるビジネス探しには、「副業ガイド」がおすすめです。

副業ガイドは、あなたに合った副業を紹介してくれるサイトです。

「どんなビジネスをやったらいいかわからない…」「自分に向いている仕事ってなんだろう?」

このような方に、利用してほしいサイトです。

紹介してもらった仕事をこなして稼ぐのもよし、紹介してもらった副業から新たに起業のヒントを得るのもいいでしょう。

迷っている方には、「副業ガイド」をおすすめします。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

儲かるビジネスの4条件

儲かる 4条件

「儲かるビジネス?それがわかれば苦労しないよ!」って思うかもしれません。

しかし、儲かるビジネスには共通点があります。

ここでは、儲かるビジネスの条件を4つ紹介します。

小資本でできる

まず、1つ目の条件は「小資本でできるビジネス」が儲かります。

なぜなら、初期投資が大きすぎると、回収するのに時間がかかるからです。

極端な例をあげて簡単に説明します。

例えば、飲食店の開業に2000万円かかったとしましょう。

毎月20万円の利益が残ったとして、開業資金を回収するには、10年かかります。

それに対して、初期投資1万円ほどのビジネスからスタートしたとします。毎月の利益があげれば、初月から利益ができます。

実際には、変動費(材料など)や固定費(家賃、人件費)などがかかるので、こんな簡単な計算では算出できません。

しかし、小資本でやるビジネスのほうがいかに有利であるかが、お分かりになったかと思います。

資本がかかるビジネスは、主に飲食店のような、店舗を要するビジネスです。

小資本でできるビジネスは、パソコンやスマートフォンでできるビジネスが挙げられます。

できれば、小資本のビジネスから始めるのをおすすめします。

在庫を持たない

在庫が必要なビジネスを選択すると、管理に手間がかかり大変です。

管理をするための、人材や場所の確保が必要になってくるので、毎月の固定費がかさみやすくなり、利益があがりづらくなってきます。

また、商品を開発するときも大変です。

パッケージをつくったり、ラベルを貼ったりしなくてはなりません。

売れれば問題ありませんが、売れなかったときは在庫になり、大きく場所をとることになります。

ずーっと保管しておければいいのですが、在庫が増えてくれば、廃棄をしなくてはならなくなります。

廃棄をするといっても、分別の手間などがかかるため、かなりの時間がかかってしまうことになります。

できるだけ、在庫を持たないビジネスを選択しましょう。

その方が固定費がかからないため、利益をあげやすくなります。

利益率が高い

当然ですが、利益率が高いビジネスの方が圧倒的に儲けやすいです。

利益率が高ければ高いほど、手元にお金が残ります。

利益率が低い業種は、固定費がかかるビジネスである、飲食店や小売業などがあげられます。

飲食業は、粗利率は高いです。

しかし、単価が低く、固定費がかかるのがネックなため、利益率は低くなります。

また、小売業や卸売業なども在庫を抱えるビジネスモデルなので、固定費がかさむため、利益率は低いです。

では、どのような利益率が高いビジネスモデルはなにか?というと、

利益率が高いビジネス

  • IT関係
  • カウンセラー
  • コンサルティング
  • 行政書士などの「士業」

などが挙げられます。

いずれも、店舗がなくてもできるビジネスモデルですね。

「事務所はいるでしょ?」みたいな意見があると思いますが、今では自宅でも開業できます。

自宅でインターネットのみでやっている方の場合だと、固定費がほぼかからないので、利益率はとても高くなる傾向があります。

このように、儲かるビジネスは利益率が高いです。

利益率が高いビジネスは、小資本でできるものほど、あてはまる原則でもあります。

毎月の収入を確保できる

できれば、ビジネスは毎月の収入を確保できるようなものがいいです。

毎月の収入が確保できるものであれば、長期的に継続しやすく、生活も安定してきます。

例えば、保険なんかも毎月入るビジネスモデルですね。

大家として、家賃収入が入るビジネスモデルも毎月の収入が確保できるビジネスモデルといえます。

「ちょっとそんなビジネスはいきなり無理…」という方は、手軽につづけられる副業を毎月の収入にしてみてはいかがでしょうか。

「副業ガイド」を利用すれば、毎月の仕事選びに悩む必要がなくなり、継続的な収入を確保できます。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

【具体例】儲かるビジネスを紹介

具体例 儲かるビジネス

では、具体的に儲かるビジネスを紹介します。

興味があったら、あとは行動するだけです!

副業ガイド

副業ガイド

あなたに合った副業を紹介してくれる「副業ガイド」。

登録するだけ、稼げる副業を送ってきてくれるので、好きな副業を選択しましょう。

後は、選択した副業をこなしていけば、報酬が入る仕組みとなっています。

作業内容もスマートフォンでできるものばかりなので、隙間時間を利用して稼ぐこともできます。

他のビジネスをやりながら作業をしてもよし、テレビや動画見ながらダラダラ作業してもよし。

儲かるビジネスを探している方、手軽に稼げるビジネスを探している方に、特におすすめです。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

プチ起業

プチ起業

週末などに、スマートフォンなどを使って起業することを「プチ起業」といいます。

プチ起業なら、小資本でできるので、利益率も高くなりやすいので、儲かるビジネスといえます。

しかし、プチ起業といえども、ビジネスアイディアが必要です。

「ビジネスアイディアが思いつかない方」、「何からはじめていいかわからない方」には、「プチ起業支援WEB塾」を活用してみてはいかがでしょうか。

無料登録するだけで、独自のビジネスアイディアを提案してくれるサービスとなっています。

それをもとに起業して稼ぐのもいいし、アイディアを参考に別なビジネスを始めても構いません。

無料で登録できるので、とりあえず登録だけでもしてもアイディアを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ひょっとしたら、あなたの起業に役にたつアイディアをもらえる可能性があります。

もし、自分に合わないものであっても、あなたにリスクはないのですから、安心して登録だけでもしましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

不動産投資

毎月、一定の収入が入るという点でおすすめしたいビジネスです。

おもに、不動産を購入して家賃収入を得るビジネスモデルを提案します。

家賃収入は、毎月安定して入るので、生活の安定につながります。

長期的な収入も見込めるうえ、労力が必要ないので、資金がある方にはおすすめのビジネスモデルです。

しかし、デメリットは、「資本がかかる」ということですかねぇ…

最低でも500万円以上の自己資金が必要なので、資金に余裕がない方には厳しいかと思います。

他のビジネスで稼いでから、取り組むのがいいでしょう。

また、現在様々な不動産会社でセミナーが開催されています。セミナー自体は無料ですのでぜひ興味がある人はぜひ参加してみてください。

\無料セミナー開催中!/

無料セミナーに
今すぐ登録する!

FX

dmmfx

在庫がいらない、利益率が高い、という点でおすすめのビジネスモデルです。

FXは、通貨の売買をして稼ぐビジネスモデル。

ドル円を安く購入し、高くなったところで売却をして利ザヤを稼いでいきます。

例えば、

1ドル100円だったときに、1万通貨購入したとします。

その後、1ドル110円になりました。

10円の価格差がでていますよね。

この時点で1万通貨を売却すれば、10円(価格差の分)×1万通貨で10万円の利益を得ることができます。

相場が読める人であれば、思わぬ大金を得ることができるビジネスなので、一攫千金を狙いたい人におすすめです。

小資本でも充分できるのですが、儲けは少ないのがデメリット。

というわけで、大きく稼ぐなら大資本で取り組む必要があるということです。

資本が大きくなれば、稼げる金額が増えますが、損失も大きくなるので注意が必要です。

\FXを始めるなら!/

DMM FXに
今すぐ登録する!

YouTuber

youtube

動画投稿サイト「youtube」に動画投稿して稼ぐ人たちを「YouTuber」と呼びます。

投稿した動画が、再生されるごとに0.1円以上の収入が入ってきます。

また、広告収入も併せて入ってくるので、再生数しだいでは結構な収入を稼ぐことができる仕事です。

YouTuberは、iphoneがあればできるので、小資本で始めるにはピッタリのビジネスモデルといえます。

稼げる金額も大きく、月で100万円以上稼いでいる方もいるようです。

今では、お笑い芸人の方も参戦してきており、人気になってきています。

メリットばかりのようですが、デメリットもあげておきます。

それは、アクセスを集めるのが大変だということです。

ほとんどの方は、動画を投稿してもアクセスを集めることはできません。

なぜなら、知名度がないからです。

動画を投稿したことすら気づきませんので、地道に知名度をあげるような努力が必要になります。

かなりの金額が稼げるビジネスですが、一定以上稼ぐのはかなり大変です。

【簡単】儲かるビジネスの始め方

簡単 儲かる

儲かるビジネスの始め方を解説します。

ここでは、副業ガイドの登録の仕方を解説します。

副業ガイドに登録する

副業ガイド

用意するものは、スマートフォンのみです。

あとは、LINEアプリをインストールしておきましょう。

準備ができたら、副業ガイドの公式サイトにアクセス。

https://f-guide.info/

上記のURLにアクセスしたら、少し下にスクロールしたところにある「自分に合った副業を見つける」をクリック、またはタップ。

QRコードが表示されるので、それをLINEアプリで読み取り、「友達追加」をしましょう。

登録は完了です。

指示通りにスマホを操作する

登録すると、通知がきます。

後は、副業ガイドの指示通りに操作をするだけでOKです!

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

儲かるビジネスを始める際の注意点

儲かるビジネス 注意点

儲かるビジネスを始める際の注意点を解説します。

人を騙すビジネスをしない

儲かるためといっても、なんでもかんでもやってはいけません。

人を騙すようなビジネスは、もってのほかです。

ビジネスは、いわば社会に価値を提供することで、報酬が入るという仕組みなのです。

人を騙し、社会に迷惑をかけてやるようなビジネスで儲ける資格はありません。

気を付けましょう。

違法なことをしない

法を犯してまでやってはいけません。

儲かるビジネスが違法かどうかを確認してから、取り組むようにしたいところです。

例えば、チケット転売。

アーティストのライブチケットを事前に入手し、オークションなどで転売する行為を指します。

かなりの金額を稼げますが、チケット転売は、ダフ行為として違法にあたります。

このように、違法なビジネスとなっているものも結構あるので、調べてからやるようにしましょう。

【まとめ】儲かるビジネスで起業しよう

まとめ 儲かる

儲かるビジネスがどのようなものか、わかりましたでしょうか。

他にもお金を稼ぐ方法を知りたいあなたは、こちらの記事も合わせてご一読ください。

ここであげた儲かるビジネスの4条件は、ビジネスをやるときに非常に使える法則です。

ビジネスを模索している方は、それに当てはまる条件があるビジネスを考えてみましょう。

もし、見つからない場合は「副業ガイド」などを活用して、探してみるのをおすすめします。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*