自由業(フリーランス)とは?意味・職種と自営業との違いを解説!

自由業

この記事では、自由業(フリーランス)のメリットやデメリット、おすすめの自由業の職種について徹底解説していきます。

「自由業にはどんな職種があるの?」
「自由業のいいところと悪いところが知りたい!」

このように考えている方へ向けた記事です。

当記事を読むことで、今後自由業として活動していくのかどうかをハッキリさせることができます。

自由業(フリーランス)に少しでも興味のある人には役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • 自由業(フリーランス)の概要
  • 自由業のメリット
  • 自由業のデメリット
  • おすすめの自由業の職種11選

先に結論から言うと、自由業(フリーランス)は非常に魅力的な職業ですが、収入が安定しないというデメリットがあります。

なので、できるだけ収入を安定させたいでのであれば、継続的に稼げる自由業を選んだ方が良いでしょう。

今は様々な自由業がありますので、選ぶ仕事によっては安定的に稼いでいくことも難しくはありません。

では、どんな自由業がおすすめなのか?というと、継続的に稼ぐことが可能な「スマホdeマネー」です。

「スマホdeマネー」はスマホ1台で簡単な作業をこなすだけなので、途中で挫折してしまう心配もいりません。

「スマホdeマネー」については後ほど詳しく紹介しますが、既に興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

自由業(フリーランス)の概要

自由業(フリーランス)の概要

まずは、自由業(フリーランス)とは何なのか?ということについて解説していきます。

自由業やフリーランスといった言葉は最近になってよく聞くようになりましたが、その意味を理解していない人も少なくないはずです。

自由業の概要を把握して、自分に適しているのかどうかを判断してみてください。

自由業とは

自由業とは、その名の通り自由なスタイルで仕事を行う職業のことです。

例えば、農家や弁護士、投資家、芸能人、アーティストなどがこの自由業に該当します。

彼らは毎日同じ時間に起床して同じ時間に出勤し、指示された仕事をこなす必要がないのです。

その代わり、アウトソーシングしない限りは仕事に関するすべてのことを自分1人で行わなければいけません。

会社員にとっては魅力的に見える自由業ですが、どんな仕事にも楽な面や辛い面があるように、自由業にもメリット・デメリットがあるのです。

また、自由業とフリーランスは同義と考えて問題ありません。

フリーランスと名乗る人も、自由なスタイルで仕事を行っている人ということになります。

自営業と自由業は違う?

では、自由業と自営業では何が違うのでしょうか?

答えから言えば、自由業と自営業の明確な違いは存在しません。

自由業とは、時間や場所に束縛されずに仕事を行うことですが、自営業もそれに該当します。

自営業とは、個人経営で事業を行うことを指しますが、自由業もこれに該当するのです。

どちらも同じ意味で使用している人も多数存在するため、明確に切り分けて使用する必要はありません。

関連記事;起業するにはどうすればいいの?やり方と向いている人を紹介!

自由業のメリット

自由業のメリット

自由業の概要を一通り把握したところで、まずはこの働き方のメリットについて解説していきます。

自由業を仕事にすることで、以下のようなメリットを得られるでしょう。

自由業のメリット

  • 自分で好きなように仕事ができる
  • 通勤や同僚とのストレスがない

自分で好きなように仕事ができる

自由業の最大のメリットは、自分で好きなように仕事ができる点です。

仕事を行う時間や場所、付き合う人間などもすべて自分で決めることができます。

スケジュール変更も自分で行えるため、気が乗らない時はタスクを先延ばしにしてとりあえず気分転換するといったことも可能です。

また、取り組む仕事のジャンルも自分で選ぶことができます。

自由業には様々なジャンルがありますが、自分の不得意なことで勝負する必要はありません。

自分が得意とする分野で勝負することで結果を出しやすいといったメリットもあるのです。

営業が苦手なのであれば、セールスが必要とされる職種を避けることができますし、プログラミングが得意なのであれば、アプリ開発やシステム開発の仕事をメインとして行っていくことができます。

自分の得意なこと、苦手なことを理解したうえで自由に職種を選べるのは自由業ならではの魅力です。

通勤や同僚とのストレスがない

2つ目のメリットは、通勤や同僚とのストレスがない点です。

会社員であれば、毎日同じ時間に通勤し、決まったメンバーと仕事を行わなければいけません。

満員電車で通勤することにストレスを感じることもあるでしょうし、車であれば渋滞にイライラすることもあるでしょう。

気が合わない人と一緒に仕事をするのも苦痛で仕方がないことです。

しかし、自由業ではそのようなストレスはいっさいありません。

仕事の場所も付き合うメンバーもすべて自分が決めることができるからです。

会社員とは大きく違い、自由気ままに仕事を進めていくことができます。

フリーランス初心者の方は簡単に始められるスマホdeマネーなどのサービスを使うのがおすすめです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

自由業のデメリット

自由業のデメリット

次に、自由業のデメリットについて解説していきます。

以下のデメリットを許容できない場合は、自由業を仕事にするべきではないでしょう。

自由業のデメリット

  • 収入が安定しない
  • 自分で全て行わなくてはならない

収入が安定しない

自由業の最大のデメリットは、収入が安定しない点です。

自由業の場合は会社員とは違い、仕事に関する大半のすべてのことを自分で行わないといけません。

当然、仕事を受注するためのセールスも自分で行う必要がありますし、お客さんとのコミュニケーションも必要です。

クライアントからの仕事がなくなったり、お客さんが離れていけば収入は激減してしまうのです。

また、自分のスキルやビジネスモデルを磨いていく必要があります。

時代に流れによって今実践しているビジネスモデルが通用しなくなれば、売上が減少してしまいます。

スキルアップしていかなければ、他の人に仕事が流れていく可能性もあるのです。

このように自由業の場合は、常に自分のビジネスと向き合っていないと収入を安定させることはできません。

どうしても継続的に稼ぎたいという場合は、冒頭でも紹介した「スマホdeマネー」がおすすめです。

「スマホdeマネー」は努力次第で収入を安定させることが可能なので、お金のことで心配する必要はありません。

登録費や利用料はいっさいかかりませんので、気になる方は公式ページをチェックしてみてください。

自分で全て行わなくてはならない

2つ目のデメリットは、自分で全て行わなくてはならない点です。

先で述べた通り、自由業では仕事に関するすべての作業を自分で行う必要があります。

仕事ととるためのセールスから作業、納品、売上管理、スキルのブラッシュアップまで行わないといけません。

一部の作業をアウトソーシングすることもできますが、その場合だと費用管理や関係性維持のための作業が発生します。

どちらにしても基本的に会社員より忙しくなります。

作業以外はやりたくないという方は、自由業に向いていないと言えるでしょう。

おすすめの自由業の職種11選

おすすめの自由業の職種11選

最後に、おすすめの自由業を11個に厳選して紹介していきます。

今後自由に働いていきたい方は、以下の職種を参考にしてみてください。

おすすめの自由業の職種11選

  • 農家
  • 弁護士
  • 投資家
  • 芸能人
  • アーティスト
  • 作家
  • コンサルタント
  • デザイナー
  • YouTuber
  • 写真家
  • フリーター

農家

農家とは、農業を行って作物を育て、それを販売することで利益を得ていく職業ですね。

農家には、「儲かる人もいれば儲からない人もいます。

農家と一口に言っても、収入面ではかなり格差があるということです。

少し古いデータになりますが、2016年に実施された農林水産省の経営形態別経営統計によると、全国の農家の年間総所得の平均は約521万円のようです。

サラリーマンの平均年収が約450万円前後なので、農家はサラリーマンより少しだけ儲かりやすいということですね。

自由なうえに収入も上がるのであれば、会社員よりもメリットは大きいですね。

弁護士

自由業の2つ目は、弁護士です。

弁護士の平均年収は約700万円と言われています。

男性サラリーマンの平均年収約480万円に比べてもその額は大きいため、収益性の高い仕事と言えるでしょう。

ただ、弁護士になるのは簡単なことではありませんので、勉強と根気強さは必要です。

投資家

投資家とは、投資で生計を立てている人のことです。

投資は、上手に運用することで大きなリターンを得られるメリットがありますが、その分リスクが伴います。

株式投資、FX、不動産投資、投資信託、どれを取っても同様のことが言えるのです。

ただ、自由であることは間違いないので、メリットとデメリットを比較して考えてみると良いでしょう。

芸能人

芸能人とは、芸能を職業とする人のことです。

イメージしやすいジャンルで言えば、お笑い芸人などですね。

業界のルールなどはあるものの、基本的には自由に仕事を行っていくことができます。

アーティスト

アーティストとは、アートを生み出す美術家や芸術家を指す職種です。

音楽の場合は、作詞から作曲、歌までを全てを自分1人で行うこともあります。逆に作詞だけを担当している人もいます。

画家の場合だと、好きな絵を描いて売るケースもあれば、依頼を受けて仕事を受注する場合もあります。

どちらにしても、自分の時間や仕事を自由に決めて作品制作を行うことが可能です。

作家

作家も自由業の1つです。

作品の納期だけは決まっているものの、納期を守っている限り自分の好きなタイミングで仕事を行うことができます。

小説家や漫画家以外にも、作曲家や作詞家なども作家という職業の中に含まれます。

コンサルタント

コンサルタントとは、自分のスキルを活かして企業や個人に助言をする職業のことです。

例えば、個人の場合だとネットビジネスのコンサルティングだったり、恋愛のコンサルなどがあります。

企業の場合は、ネット集客のコンサルやパソコン導入のコンサルなどがあります。

どちらにしても細かいところまで自分で設定することができるため、コンサルタントも自由業と言えるでしょう。

デザイナー

主にオンライン上で活躍する職業です。

HTMLやCSSなどを記述して、クライアントのWebサイトを構築していきます。

個人のデザイナーに依頼すれば比較的安価で済むため、WEBサイトを構築した企業からの人気があります。

YouTuber

YouTuberとは、YouTube動画の再生回数によって収入を得ていくビジネスです。

スマホで簡単に動画を撮影できるようになった今、YouTubeの参入障壁は限りなく下がりました。

誰でも簡単に始めることができるため、お手軽な自由業と言えるでしょう。

しかし、投降した動画の再生回数が伸びるかどうかは別の話です。

動画を投稿しても思ったより再生されないという話はよく耳にします。

YouTuberを目指す場合は、その点をしっかり踏まえたうえで取り組んでいった方が良いでしょう。

写真家

写真家とは、写真撮影を仕事とする職種です。

自分が対象としたいものや人を撮影することで収入も得られるため、自由度はかなり高い仕事と言えます。

写真の腕に自信があるのなら、目指してみると良いでしょう。

フリーター

フリーターとは、アルバイトで生計を立てている人のことです。

今は様々なアルバイトがありますが、収益性はさほどよくありません。

フリーターとして稼ぎたいのなら、先ほども紹介した「スマホdeマネー」がおすすめです。

「スマホdeマネー」はスマホ1台で作業できるため、アルバイトのようにストレスを抱える必要はありません。

自由な毎日を送っていきたい方は、「スマホdeマネー」を1度チェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】自由業とは

【まとめ】自由業とは

この記事では、自由業(フリーランス)のメリットやデメリット、おすすめの自由業の職種について詳しく解説してきました。

自由業(フリーランス)は自分好きなように仕事ができるメリットがありますが、「収入が安定しない」「自分で全て行わなくてはならない」といったデメリットがありましたね。

なので、できるだけ収入を安定させたいでのであれば、長期的に継続して稼げる自由業を選ぶべきだと解説しました。

今は様々な種類の自由業がありますので、選ぶ仕事をによっては安定的に稼いでいくことができるでしょう。

そこで、継続的に稼ぎやすい副業として、先ほどから紹介している「スマホdeマネー」をもう1度おすすめしたいです。

「スマホdeマネー」はスマホを使って簡単な作業をこなしていくだけなので、途中で挫折してしまい収入がなくなるといった心配はありません。

登録費や利用料も完全無料となっています。

「スマホdeマネー」に興味を持った方は、この機会に公式ページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*