脱サラに失敗したらどうなる?再就職できるの?【失敗談から学ぼう】

脱サラに失敗したらどうなる?再就職できるの?【失敗談から学ぼう】

脱サラしたいけれど失敗が不安…。

恐らく、社会人の5割以上はこのような考えを持っているかと思います。

そこで今回は脱サラに失敗したらどうなるかや、失敗しない方法についてご紹介していきます。

この記事を読むと分かること
・脱サラに失敗するとどうなるか
・脱サラに失敗しない方法
・脱サラの失敗リスクを軽減する方法
・脱サラの資金の貯め方

結論から言いますと、脱サラに失敗しない為には副業から始めるのが一番手堅いです。

副業であれば、会社員をしながらでもできるので、リスクもほとんどありません。

また、副業をすることで自分に商才があるかどうかが感覚的に分かりますので、脱サラ後のイメージも湧きやすいです。

今はスマホdeマネーのような誰でも簡単に副業を始められるサービスが台頭していますので、このようなサービスを駆使して副業を始めると良いでしょう。

特にスマホdeマネーは、素人でも月に30~50万を目指せる副業が多数存在しています。

それだけ稼げるようになれば、脱サラ後の資金も大きく貯めることができますね。

登録するだけですぐにでも始めることができますので、気になる方は公式で詳細を見てみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

脱サラの失敗談

脱サラの失敗談

まずは脱サラで失敗した体験談をいくつかお話ししていきましょう。

どれも事実に基づく話であり、割とあり得ることなので知っておいた方が身のためです。

転売ビジネスをして在庫を抱える

転売ビジネスは、ネットビジネスで検索したら必ずヒットするビジネスです。

それだけ知名度があるなら儲かるのでは?と思うかもしれませんが、全くの逆です。

大量の素人が参入して相場崩壊が起こっている上に、転売のプロがのさばっている為、今から参入しても儲かることはまずありません。

それを知らずに、胡散くさいサイトがよく書く転売ビジネス必勝法などを真に受けて、在庫を大量に抱えるケースが大半です。

転売は最初に商品を仕入れる必要がある上に、Amazonなどで販売しようとすると初期費用も徴収されます。

なので、売れる見込みのない商品を複数購入してしまい、赤字のまま撤退するパターンが非常に多いです。

また、在庫は赤字になるだけでなく、部屋のスペースもかなり圧迫しますので、商品が売れなければ廃棄処分をするしかありません。

その処分費用も高くついてしまうことがよくあるようです。

そもそも、初心者が在庫を持つようなビジネスを始めるのはおすすめしません。

始めやるなら「スマホdeマネー」のような、在庫を持たずに無料で稼げる副業から始めましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

自分の店を持つが客が来なくて閉店

脱サラと言えば、自分の店を持つことをイメージされる方も多いですよね。

ですが、今はネットショップの台頭によって、飲食店以外はかなり窮地に追いやられてきています。

脱サラで雑貨ショップ店を開店した元会社員のAさんも、最初のうちは生活できるくらいの収入がありましたが、近年はネットショップの影響で売上が激減。

最終的に閉店せざるを得ない経営状況になってしまいました。

唯一可能性があるのは飲食店ですが、稼ぐことができる一等地は既に押さえられている為、素人が今から参入するのは厳しいでしょう。

利益を出すことができず家を売却

銀行員として働いていたBさんは、会社員時代は給料が良かった為、若くして持ち家を買うことができました。

彼はいわゆるエリート街道を歩んできた出来る男で、独立しても充分稼いでいける自負がありました。

元銀行員なだけあって、銀行からの融資はすぐに通り、内装を凝りまくった念願の自分のバーを開店しました。

しかし、Bさんは人からの指示を的確にこなす事や、人をうまく動かすことに長けてはいたものの、店舗を経営することに関しては向いていませんでした。

その結果、経営は赤字になり、開店資金の1000万円を全く回収できないまま閉店。

ローンが残っている持ち家を売らざるを得ない状況になりました。

頭が良くて仕事ができる人間でも、経営の適正が無いと独立して生計を立てていくことは非常に厳しいのです。

上記の失敗談を見ても、どうしても脱サラをしたいと思っているあなたは、こちらで詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

脱サラに失敗したらその後どうなる?

脱サラに失敗したらその後どうなる

さて、体験談を紹介したので、脱サラの失敗について何となくは理解して頂けたかと思います。

なので、ここからは脱サラに失敗した人のその後を更に掘り下げていきましょう。

借金を背負う

脱サラに失敗すると高確率で借金を背負います。

起業する為には、基本的に資本金が必要になります。

特に店舗を構えたり、商品を仕入れるとなると数百万~1000万円程度は用意しなければいけないでしょう。

そこで、資金がない場合は、銀行から融資を受けなければなりません。

要は借金ですね。

脱サラに失敗してしまえば、丸々借金は残ってしまうので、元本+利息を毎月返さなければいけない地獄が待っていることでしょう。

しかも、借りた額が大きいほど利息も増えますので、早々に失敗してしまうと相当苦しい現実が襲い掛かってきます。

無職になる

脱サラに失敗してしまうと、はれて無職の肩書を得ることができます。

周知の通り、これはとても不名誉なことです。

特に彼女や配偶者がいる場合は、相手にも恥をかかせてしまいます。

脱サラする時に、俺起業するんだ!なんて周囲に言ってしまった暁には、穴があったら入りたい気持ちになること間違いありません。

なので、無職を受け入れられる人でないと脱サラにチャレンジするのは厳しいでしょう。

再就職をしなくてはならなくなる

脱サラに失敗すると、再就職をしなければなりません。

脱サラ失敗時に20代半ばくらいであれば、まだ若気の至りということでリカバリできるかもしれません。

しかし、30代や40代で脱サラ失敗ともなると、ある程度希望条件は下げないといけないでしょう。

また、脱サラ前の給料以下になることは間違いありません。

上記のようにならないように、始める前に「スマホdeマネー」のような副業で、肩慣らしをするようにしましょうね。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

脱サラに失敗したら再就職することはできる?

脱サラに失敗したら再就職することはできる

脱サラに失敗したら再就職はできないのでしょうか?

確かに、新卒や転職と比べると、ハードルは高いかもしれません。

しかし、再就職をすること自体は可能です。

脱サラ失敗というと聞こえは悪いですが、“起業にチャレンジした”“一度自分の力だけで挑戦してみたかった”という風に話すと印象は良くなります。

なので、再就職の面接の際は、脱サラの良いイメージ部分のみをプッシュして、面接官にアピールすることで採用される確率は高まるでしょう。

脱サラに失敗しない方法

脱サラに失敗しない方法

さて、ここまでは脱サラに失敗した場合の話をしていたので、皆さんの士気がかなり下がってしまったかもしれません。

なので、ここからは脱サラに失敗しない方法を伝授していきたいと思います。

脱サラで成功したいあなたは、こちらで成功するための秘訣を紹介しているので、合わせてご一読ください。

貯金をしっかりしてから始める

脱サラをする場合は、しっかりと貯金を貯めてから始めましょう。

貯金があれば、開店資金などを銀行から融資してもらう必要もないので、万が一失敗してしまっても借金を背負うことがありません。

また、借金を背負うリスクが無いと精神的にものすごく余裕ができます。

そのおかげで、経営についても冷静に考えることができ、失敗する確率自体も大きく下がります。

副業から始める

脱サラをする前に、まずは副業から始めてみるのがベストです。

副業であれば、会社員として働きながらでも稼ぐことができます。

そこで無理だと思えばそのまま会社員を続ければいいですし、いけると思ったら脱サラをすればいいのです。

今はスマホdeマネーのように、会社員でも手軽に副業が始められるサービスが台頭してきています。

そのようなサービスを賢く利用することで、脱サラまでの道のりが大きく開けることでしょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

脱サラに失敗しないためには副業から始めよう

脱サラに失敗しないためには副業から始めよう

脱サラに失敗しないためには副業から始めましょう。

その理由を今から細かくお教えしていきます。

理由①失敗するリスクを回避できる

一つ目の理由は失敗するリスクを回避できるからです。

副業であれば、会社員として働きながらでも始めることができるので、失敗のリスクがありません。

そして、脱サラしてしまうといきなり生活費を稼がなければなりませんが、副業であれば自分のペースで稼ぐことができます。

まずは月10万程度からなんてことも全然できるので、失敗することがないでしょう。

理由②起業資金を貯められる

二つ目の理由は起業資金を貯められるからです。

副業は脱サラの予習になる上に、脱サラ用の資金まで貯めることができます。

まさに一石二鳥ですよね。

脱サラしたい場合は、副業で〇〇万円稼いだら起業する!という目標を掲げておくとスムーズにできますよ。

理由③自分で稼ぐ力が身につく

3つ目の理由は、自分で稼ぐ力が身につくからです。

副業と言えど、ビジネスであることには違いありません。

なので、副業で稼ぐことができるようになれば、経験やノウハウがどんどん身についていきます。

その経験は、脱サラした後にも大きく活かせること間違いなしでしょう!

しかも、副業をある程度していると、自分が脱サラしてもやっていけるかどうかが感覚的に分かるようになってきます。

自分の力を把握することは、脱サラ後に失敗しない為にも重要なことなのです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

脱サラに失敗しないためにやるべきおすすめ副業【5選】

脱サラに失敗しないためにやるべきおすすめ副業【5選】

それでは脱サラに失敗しないおすすめ副業をいくつか紹介していきたいと思います。

どれも脱サラの勉強になるものばかりなので、是非参考にしてみてください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーは、あなたにマッチした副業を紹介してくれるサービスです。

“数万だけ稼ぎたい…”“ガッツリ100万近く稼ぎたい!”そんな要望に全て応えてくれます。

スマホdeマネーでは、スマホでできる副業のみを取り扱っているので、今スマホを持っているのであればすぐにでも始めることが可能です。

手軽に始められる度No.1なので、興味のある方は是非始めてみましょう!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトはサイトに広告を貼り付ける成果型報酬のビジネスです。

サイトに貼り付けた広告がクリックされれば、何もせずともあなたに収入が入ります。

今ワードプラスのように、サイトの開設から運営、そして管理まで委託できるサービスがあるので、初心者でも気軽に始めることができます。

サイトがうまくヒットすれば、あとは放置しているだけで不労所得が入ってきますので、脱サラ後の保険として今のうちに作っておきましょう。

サイト作成にはWordPlusというサービスがおすすめです。

是非一度公式サイトをご覧ください!

\簡単にサイトを作れる!/

WordPlusを
今すぐ確認する!

せどり

せどり

せどり安く買った商品を、他所で高く売る商売です。

商品の適正価格を知っていたり、目利きがある人であればそれなりに稼ぐことができるでしょう。

最近ではフリマサイトの普及によって、一般人でも気軽に参入できるようになってきています。

自分の中で、これはヒットするんじゃないか?と思い当たる品があるのであれば一度挑戦してみるといいかもしれません。

成功すれば脱サラ後に本格的に取り組むことだって出来ちゃいます。

YouTuber

YouTuber

Youtuberは、今人気急上昇中のネットビジネスです。

Youtube上に動画を上げるだけで広告収入を得ることができます。

とは言え、今は規制が厳しくなり、登録者数1000人を超えないと収益が発生しません。

なので、脱サラ前に始めておいて、事前に登録者数を確保することで、脱サラ後に安定した収入を得られるようにしておきましょう。

note販売

note販売

note販売あなたの考えを売るビジネスです。

ブログのように記事を書くのですが、アフィリエイトと違う点は、その記事を直接閲覧者に購入してもらえます。

もしあなたが、何かしらの分野でかなりの知識を保有しているのであれば、その知識をnoteにまとめることで販売することができるかもしれません。

noteは一度販売してしまえば、あとは売れる度に収入が入ってきますので、脱サラ前に大量に書いておくことで、不定期な収入を確保することができますよ。

【まとめ】脱サラに失敗しないためには何をしたらいいの?

【まとめ】脱サラに失敗しないためには何をしたらいいの?

今回は脱サラの失敗について記事をまとめてみました。

結論としては、脱サラに失敗しないためには副業を始めるのが一番良いでしょう。

その理由は、副業であれば失敗しても会社員としての収入があるので、また元の生活に戻ることができますし、脱サラ後の予習にもなります。

また、スマホでやるような副業であれば初期費用も基本的には不要なので、そもそも失敗するリスクがありません。

そして会社員の給料+副業の収入が入るので、脱サラ用の資金も大きく貯めることができます。

スマホdeマネーのようなサービスを利用すれば、今すぐにでも簡単な副業を始めることができますので、知識が無くても問題ありません。

脱サラの予習も兼ねて副業をしてみたいという方は、スマホdeマネーで副業を探してみるといいでしょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*