40代で会社をクビになると悲惨!3つの原因と6つの対処法を解説!

会社クビ

40代で会社をクビになるというケースが、現代では増えてきました。

「自分でも40代でのクビはあり得るのか」「あるとしたら原因になるのは何か」などの点が気になっている人も多いでしょう。

あるいは、すでにクビになってしまい、対処法を考えている方もいるかと思います。

ここでは、これらの方のニーズに役立てるよう40代で会社をクビになる原因や対処法を説明していきます。

40代でのクビを回避したい方、急いで生活を安定させたい方には、きっと役立てていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 40代で会社をクビになることはあるのか
  • 40代で会社をクビになるときつい理由
  • 40代で会社をクビになる原因
  • 40代で会社をクビになった時の対処法

なお、40代でクビになったら大抵の場合は「収入源の確保」が最重要となります。

そのために当サイト・副業研究所がおすすめするのは、副業研究所おすすめの副業サービスというスマホビジネスです。

スマホ1台で誰でもできる簡単な仕事でありながら、月収100万円以上も目指せるというビジネスとして、評判になっています。

スマホだけでなく、タブレットやパソコンなどあらゆる端末で自由に稼げるため、ぜひ下の公式サイトをチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

40代で会社をクビになることはあるの?

40代で会社をクビになることはあるの?

40代でも会社をクビになる(リストラされる)ことはあります。

昭和はもちろん、平成も前半までは終身雇用が維持されていたため、40代のリストラはこれまでは少数でした。

しかし、令和に入ってからは徐々に増加しています。

これはMONEY VOICEの「40代のリストラ加速」という記事でも報道されています。

要点をまとめると下のとおりです。

  • 東京商工リサーチがデータを発表した
  • 早期退職者募集を行う企業の状況
  • 2019年9月末時点で、27社
  • 退職者は1万342人

というデータですが、年間1万人を超えたのは6年ぶりです。

リーマン・ショック後の2020年よりもひどい状況ということで、国内のリストラが加速していることがわかります。

これはコロナの騒動前のものなので、コロナが蔓延している今では、リストラの度合いはさらに強まるでしょう。

記事によればバブル入社で過剰に採用されてしまった45歳以上の層が、特に人員削減の対象になっているようです。

「バブルはいい時代だった」かもしれませんが、その時に「楽をした」人は、今ツケが来てしまっているわけです。

(逆に楽をせずに努力していた人は、今でも安泰です)

何はともあれ、こうしたデータを見ても、40代で会社をクビになることは、今後ますます増えていくと考えられます。

40代で会社をクビになる原因

40代で会社をクビになる原因

40代で会社をリストラされる原因は千差万別です。

ここでは、原因の中でも特によく見られる3つのものを説明します。

会社の業績に貢献していなかった

年令に関係なく、会社の業績にプラスとなる人材はクビにはなりません。

クビになるのは、会社の事業に貢献していなかったというのが最大の理由の一つです。

努力していても、結果が出ていなければ意味はありません。

たとえば、あるアパレル系の会社は一度デザイナーに「納得が行くまでクオリティの高いサイトを作ってもらう」そうです。

そして、そうしたサイトはこれまでのサイトより、明らかに売上が落ちるそうです。

「心を込めていいデザインを実現しても、それを利用者が求めているとは限らない」ということですね。

もちろん「天才」が作った場合、それで成功することもあるでしょう。

それはそれで会社にとっては良いことなので、上記の試みは面白いものです。

何にしても、努力というのはサラリーマンとしては「会社の業績につながってなんぼ」なのです。

業績につながらない努力をしていたら、クビになっても仕方がないといえます。

整理解雇の4要件に該当していた

40代でも他の年代でも、社員やアルバイトをクビにするには、整理解雇の4要件を満たす必要があります。

これは下の4つの条件のことです。

  • 人員整理の必要性
  • 解雇回避努力義務の履行
  • 被解雇者選定の合理性
  • 手続の妥当性

要は、クビが必要であり、クビにしない方法をよく考え、クビにされてもおかしくない人を選んだということです(これが1~3つ目)。

そして、その内容を「よく当人に説明し、誠実に交渉する」というのが4つ目の「手続きの妥当性」です。

これらの条件を会社側が満たしていれば、40代でもその他の年代でもクビを切ることができます。

労働者の側からいえば「該当していたらクビにされてしまう」ということです。

なお、原因については「仕事をクビになる理由」の記事でも詳しく解説しています。

スキル・能力・有力な資格がなかった

会社から必要とされるようなスキルや能力、希少性の高い資格などを持っていないということも、クビの原因になります。

これは「業績」と似ていますが、ここでは「業績がなくても能力や資格があれば、とりあえず残してもらえる」という点が異なります。

若いうちなら新しいスキルも獲得できますが、40代になるとなかなか難しいでしょう。

そのような状態で仕事を失ってしまったとき、多くの人が知りたいのは「スキルなしでも稼げる仕事」でしょう。

そうした仕事の一つとして、当サイト・副業研究所では副業研究所おすすめの副業サービスというスマホビジネスをおすすめしています。

スマホ1台で空き時間に稼げるビジネスで、成功している人は月収100万円以上も達成しています。

始めるのも続けるのも無料で、LINEの公式アカウントを友だち追加するだけです。

試してみることにリスクやデメリットは一切ないので、ぜひ気軽に下の公式ページを確認してみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

40代で会社をクビになるときつい理由

40代で会社をクビになるときつい理由

40代でクビになるのはきついと言われますが、それには40代ならではの理由があります。

ここでは、その理由の中でも特に大きいものを3つ説明します。

再就職できる確率が低い

40代でクビになった場合、再就職できる確率は低いといえます。

理由は、自分から辞めたのではなくクビになった時点で、スキルが低いと判断されるためです。

もちろん、そうでない場合もあるでしょう。

自分が正しい主張をしていて、上司などが間違っていたという場合です。

その確執によって会社を追われたというケースもあるかもしれません。

しかし、こうしたケースは例外的であり、ほとんどは「能力が低い」と判断されてクビになるわけです。

となると、同じ「能力が低い」という状態でも、成長の可能性がある20代や30代と違い、40代が不利になることは自明といえます。

前職で培ったスキル・経験を使えないことが多い

どの年齢層でも、前職で培った技術や経験は、そのまま新しい職場で使えないことが多くなります。

理由は、仕事というのは下のような要素によって、会社ごとにまったく異なるためです。

  • 社内の人間関係
  • 取引先の人間関係
  • 顧客との人間関係
  • ファイル管理の方法
  • 視点・営業所の位置
  • 営業のかけ方

具体例をあげるときりがないほどですが、とにかくありとあらゆる個別の要素があるのです。

仕事というのは、共通した資格などで片付くものではなく、こういった「個別性に適応してなんぼ」なのです。

だからこそ「長く大学や大学院などにいないで、早く働き始めた方がいい」わけです。

松下幸之助などは9歳の頃からずっとフルタイムで働いていました。

このため「雨が降ったら傘をさす」という名言どおり個別の状況に適応してベストの結果を出す技術で、あらゆる経営者の群を抜いていたのです。

こうした仕事の個別性を、40代でクビになると「活かせない」のです。

絶対に活かせないわけではありませんが、活かせない割合が高くなります。

配偶者や子供がいるケースもある

結婚して配偶者(奥さんや旦那さん)がいることや、子供がいることは当人が望んだ状況でしょう。

そのため、本来は幸せなことといえます。

しかし、40代でクビになってしまうと、家族の存在がプレッシャーになることもあります。

ある程度の貯金があったり、しっかりした家や車などがあったらしばらくは問題ないかもしれません。

しかし、それまでの生活がカツカツだった場合には、家庭の不和が起こるリスクもあります。

そのようなときには、仕事のジャンルや職種にこだわらず、とにかく稼ぐということが重要になります。

お金がすべてではありませんが「お金がない状態」は脱しなければなりません。

そのためにも、当サイトがおすすめする副業研究所おすすめの副業サービスなどのビジネスを試していただくのがベストです。

副業研究所おすすめの副業サービスは、スマホ1台でスキマ時間を有効利用して稼げるビジネスです。

稼げる人は月収100万円以上も目指すことができ、公式サイトでも実際に成功している人の口コミや体験談が多く見られます。

40代でクビになってしまい、お金が必要な状況に置かれている方は、特にチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

40代で会社をクビになった時の対処法

40代で会社をクビになった時の対処法

40代でクビになったときの対処法は多くあります。

この段落では中でも特に重要な6つの対処法を解説していきます。

失業保険を申請する

会社をクビになる前に雇用保険に入っていた場合、失業保険としてお金を受け取ることができます。

例えば、自己都合ではなく会社都合でクビになってしまった場合は、勤めていた時の給料の80%を受け取ることができます。

年齢や、それまでもらっていた給与の額によってもらえる額が変わってくるので、詳しくは最寄りのハローワークか公式サイトをご参考にしてください。

就職できなければバイトでもいいので始める

就職が難しければ、とりあえずアルバイトでもいいので始めるべきです。

これは、ソフト・オン・デマンドの創業者として有名な、高橋がなりさんの事例でもわかります。

高橋さんは会社を潰したとき、すぐに時給1500円のアルバイトを見つけてきて働き続けました。

アルバイトでも時給1500円でフルタイムで働けば、新卒社員並みの賃金はもらえるためです。

元社長というプライドなど捨てて、とりあえず「すぐに働いた」わけですね。

そして、まだ結婚していなかった後の奥さんも、その高橋さんの姿を見て「とりあえず働く人だから、今後も大丈夫だろう」と考えたそうです。

高橋さんは「社長から倒産」という流れで失業しました。

クビではありませんが、一般的な感覚からすればクビよりも精神的ダメージが大きいはずです。

しかし、すぐに時給1500円のアルバイトを始めたのです。

このタフさから、40代でクビになった人が学ぶべきことは多いでしょう。

なお、バイトの種類については「レアなバイト」の記事などが参考になるかと思います。

取れば有利とわかっている資格があれば取る

資格の取得は、直接仕事に直結するわけではありません。

英検1級でもワーキングプアという方は意外に多くいるものです。

それは、資格を取るための詰め込み型の勉強と、実戦で結果を出すことはまったくの別物だからです。

そのため、資格を過剰に信仰するべきではありません。

しかし、自分のこれまでのスキルなら、この資格を取るのがあきらかに有利というものはあるでしょう。

たとえば、長年調理師として仕事をしてきて、まだきき酒師の資格を取っていないなら取るべきです。

きき酒師は、2日間集中プログラムというものを約14万円で受講すれば、それだけで取得できます。

板前さんの中には、この14万円が払えなくて(もったいなくて)取得していないという人も多くいます。

しかし、和食で採用されやすくすること、職場で働きやすくすることを考えたら、14万円程度は支払う価値のあるものです。

板前さんのきき酒師はあくまで一例ですが、このように「割と簡単にとれて、確実に仕事でプラスになる資格」というものはあります。

こうした資格は、40代でクビになった後も、再就職のために取るといいでしょう。

失業保険を確実に受け取る

会社で雇用保険に入っていれば、失業保険を3ヶ月受け取れます。

会社や雇用形態によっては自力での手続きが必要になることもあるので、手続きを忘れないようにしましょう。

また、ハローワークの職業訓練校に通うと、仕事保険を最大一年間受け取ることもできます。

職業訓練校で取得したい資格があれば、この方法を使うのもいいでしょう。

起業する

少々ハードルが高いかもしれませんが、独立志向の強い方は起業するのもいいでしょう。

成功者の中でも、リストラされたことをきっかけに起業して成り上がったという人もいます。

当サイトでも「プチ起業」というサービスを紹介していますが、スモールビジネスから始めるのはひとつの手です。

ある程度の起業資金や貯金がある人は、独自のビジネスを始めることを考えてもいいでしょう。

副業を始める

今後再就職するにしても、いざという時に備え、収入源は複数持っておくべきです。

その収入源の一つとしておすすめなのが、スマホ1台で誰でも稼げる副業研究所おすすめの副業サービスです。

経験や知識、スキルや資格などは一切必要ありません。

スキマ時間で簡単に取り組める内容なので、ぜひ下の公式ページで詳細をチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

40代で会社をクビになることに関するQ&A

40代で会社をクビになることに関するQ&A

40代で会社をクビになってしまった場合、多くの人が気になることはある程度共通します。

ここでは、そういった40代でクビになったときのよくある質問とその答えをまとめていきます。

再就職では年齢制限に引っかかりますか?

年齢制限は、一般的な求人では禁止されています。

しかし、長期キャリア形成のためなどの一定の理由があれば認められます。

そのため、40代で就職活動をする場合、年齢制限にひっかかることも多くなります。

そのため、年齢不問でできるスマホビジネスなどに取り組むのがおすすめです。

40代でも職業訓練校に通えますか?

ハローワークの職業訓練校は、40代でも問題なく通えます。

ビルメンテナンス関連やものづくりなどは、むしろ40代が主流というくらいです。

ただ、こうした場所で資格を取得しても、やはり賃金は安くなります。

40代になるとお金も多く必要になるため「まったく足りない」ということが多いでしょう。

そのため、ここまでも紹介してきた副業研究所おすすめの副業サービスのようなビジネスで収入源を増やすことは有効です。

副業研究所おすすめの副業サービスなら、誰でもできる簡単な作業で月収100万円以上を目指すことも可能です。

詳しい仕事内容や始め方などは、下の公式HPを参考にしていただけたらと思います。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】40代で会社をクビになる原因と対処法

【まとめ】40代で会社をクビになる原因と対処法

40代で会社をクビになったら、とにかく「稼ぎたい」「稼がなければまずい」という人が多いでしょう。

その場合、特に稼ぎやすいビジネスとして、文中でも紹介してきた副業研究所おすすめの副業サービスをおすすめします。

1日5分などのスキマ時間を有効活用して稼げるので、再就職をした後も副業として最適です。

LINEで副業研究所おすすめの副業サービスを友だち登録するだけで無料で始められるので、ぜひ気軽にチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*