接客業を辞めたい理由は?向いてない・ストレス・コロナ…500人以上の声とおすすめの仕事を紹介!

「接客業を辞めたい…」「向いてないので転職したい…」

上記のように悩んでいる人は多くいます。

この記事では、そのように悩んでいる人々の実際の声やアンケート調査の結果などを紹介します。

こうした声を見ると、まず「自分一人でない」という点で安心できるでしょう。

また、もし辞めるとしたらどのように収入を得るべきかについても、条件の良いお仕事を紹介しています。

「接客業を辞めたい」と悩んでいる方は、是非参考にしていただけたらと思います。

この記事を読んで分かること

  • 人々が接客業を辞めたいと思う理由(500人への調査結果)
  • コロナの影響で「接客業を辞めたい」人が増えた事情
  • 知恵袋での「接客業を辞めたい」という声
  • 接客業を「ストレスが原因で」辞めたいというケース
  • 接客業に「向いていない」ので辞めたいという事例
  • 接客業を辞めたいときにおすすめの副業

「接客業を辞めたい」という人は多い

「接客業を辞めたい」という人は多い

「接客業を辞めたい」という人は非常に多くいます。

始めたばかりの人やベテランの人、アルバイトから正社員まで、経験も雇用形態もさまざまです。

理由についても、待遇が原因のこともあれば「向いていない」という適性が原因のこともあります。

何にしても、まず「辞めたがっているのは自分だけではない」と知ると安心できるでしょう。

接客業を辞めたい理由は?

接客業を辞めたい理由は?

「接客業を辞めたい」という理由はさまざまです。

ここでは、統計も含めて特に多い理由を紹介していきます。

特に多い6つの理由

接客業を辞めたい理由として、特に多く見られるのは下の5つです。

  • 勤務時間が長い
  • スキルが磨かれない
  • 人間関係が狭い
  • クレームが多い
  • ノルマが理不尽
  • 将来性を感じない

さらに、500人への調査結果を次の段落でまとめます。

500人へのアンケート調査の結果

「接客業を辞めたい理由」については、500人の方々へのアンケート調査の結果があります。

株式会社ビズヒッツが2021年7月9日にまとめたデータで、理由のランキングと回答人数は下のようになりました。

転職理由 人数
1位 接客へのストレス 125人
2位 勤務日時への不満 98人
3位 他職種に挑戦したい 77人
4位 体力的につらい 52人
5位 収入をアップさせたい 46人
6位 長く続けられない 38人
7位 接客に向いていない 23人
8位 キャリアアップのため 22人
9位 人間関係の悩み 21人
10位 将来への不安 12人

見てのとおり接客のストレス、労働時間、他の仕事をしたいなどの理由が上位に入っています。

その他も「体力的に辛い」「収入を増やしたい」など、一般的に想像される「接客業を辞めたい理由」とほぼ重なるといえるでしょう。

そして、全回答の約3分の1を「接客へのストレス」が占めているという点でも、いかに接客業のストレスが大きいかがわかります。

このストレスも他のことではなく「接客」に対してのストレスであるため、対面での人間関係の難しさがあらためて実感できます。

調査の概要

上で紹介した調査の概要は下のとおりです。

調査対象 接客業から異職種に転職した人
調査日 2021年6月8日~21日
調査方法 インターネットによる任意回答
調査人数 500人(女性352人/男性148人)

こうした調査を見ても「辞めたいと思っているのは自分だけではない」ことを実感できるでしょう。

【参考】【接客業から異職種に転職した理由ランキング】経験者500人アンケート調査|PR TIMES

このように接客業を辞めたい理由はさまざまですが、短時間で高収入を得られる副業をしていれば、多くの悩みが解決されるものです。

そのような副業は下のサイトで紹介しているため、ぜひこちらを参考にしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

「接客業に向いてないので辞めたい」場合

「接客業に向いてないので辞めたい」場合

「接客業に向いていないのでやめたい」という声も多く見られます。

ここでは、そのように感じている人々の声や、そこから学べることをまとめます。

接客業に向いていない人の条件

まず、一般的に接客業に向いていないとされる人の条件は下のとおりです。

  • 口下手
  • 融通がきかない
  • 気が弱い
  • 緊張しやすい
  • 気が短い
  • 人見知り
  • ストレスに弱い
  • プライドが高い
  • 気配りができない

これに当てはまっていないのであれば「十分に向いている」ということです。

「適性がないので辞めたい」という声

知恵袋出典:接客業が向いてないと気付いた。|Yahoo! JAPANしごとカタログ

上の投稿者さんのように「適性がないので辞めたい」と感じている方は多くいます。

しかし、ベストアンサーでも書かれているように、投稿者さんのように大学生でまだ若い場合、誰でも接客がうまくできなくて当たり前といえます。

誰でもできないことで失敗して「向いてない」と落ち込むのは早計ということです。

もちろん、大学生でなくても最初の数年はうまくいかなくて当然という部分もあるでしょう。

このように、過剰に「向いてない」と悩む必要はありません。

しかし「本当に向いていない」ということも当然あるでしょう。

その場合、転職するにしてもしないにしても、収入の柱は増やしておくべきといえます。

そのような収入を得る手段として、下のサイトの副業は特におすすめです。

スマホ1台でできる簡単な作業で月収100万円も目指せるので、ぜひリンク先で詳しい内容をチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

「接客業のストレスで辞めたい」場合

「接客業のストレスで辞めたい」場合

接客業はストレスが多い仕事ですが、そのストレスによって辞めたいという声も多く見られます。

ここでは、そのストレスの実情や対処法を解説します。

変態から電話が来ることも

接客業でクレームが多いことはここまでも紹介してきました。

変わったパターンとしては、女性の接客業スタッフに対しては「変態からの電話」もくるというケースがあります。

(変わったというのは「一般に知られていない」という意味で、件数としては非常に多くあります)

「コンビニで働いてると変態な男から電話きがち」「開店と同時に無言電話が来て、反応がないので切ろうとしたら『ガードル履いてますか?』って聞かれた」
引用:exciteニュース

このようなセクハラに加えて「カスタマーハラスメント」と呼ばれる、過剰なクレームなどのストレスによって辞めたいという人は多くい0ます。

接客のストレスから身を守る方法

元JALのトップCA(キャビン・アテンダント)である桜井妙さんが書かれた書籍 『元JALのトップCAが明かす ベストパフォーマンスを発揮する人の「接客力」』(大和出版)では、下記のように、接客のストレスから身を守る方法がまとめられています。

  • 将来のために勉強に没頭する
  • 体を鍛える
  • どんな言葉もプラスに変換する

最後の意味は、たとえば「優柔不断」といわれたら「思いやりがある・やさしい・思慮深い」などとプラスに表現をかえるなどです。

【参考】「お客様は神様」「おもてなし」が元凶?接客ストレスから心を守る方法|ビジネスジャーナル

このような意識で対応できることもありますが、やはり「限界がある」と感じることもあるでしょう。

その場合は、転職するにしてもしないにしても、収入を増やす方法は別途知っておいて損がないはずです。

そのような収入を増やす方法として、下のサイトの副業は特におすすめなので、ぜひ詳細をリンク先で確認してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

コロナで増えた「接客業辞めたい」の声

コロナで増えた「接客業辞めたい」の声

「接客業を辞めたい」という声は、特にコロナ禍によって増えました。

ここでは、その具体的な状況をデータを交えて解説します。

コロナ禍で接客業の倒産が増えた

多くの人が知っているとおり、コロナ禍では飲食業やホテル業、アパレル業などの接客業関連の会社での倒産が大きく増えました。

アパレルではレナウンの倒産が特に有名で、倒産ではないものの、セシルマクビーの全店閉鎖、エディー・バウアーの日本撤退などの大きなニュースもありました。

実際にデータで見ても、たとえば居酒屋では新型コロナ関連の倒産が6割を占めた(2020年~2021年)と報告されています。
倒産出典:「飲食業の倒産動向」調査 (2021年1-5月)|東京商工リサーチ

コロナ関連が6割ということは、単純計算で「コロナがなければ倒産が6割少なかった」=「半分以下だったはず」ということです。

つまり、居酒屋などの接客業はコロナで倒産が倍増したともいえます。

(倍増などの数字はもちろん概算です)

仕事の安定性・将来性に不安を感じた

上の段落のとおり、コロナでは接客業関連の倒産が増え、多くの接客業の方々がお仕事を失いました。

  • 会社や店舗自体が倒産・閉店した
  • 倒産・閉店はないが出勤が減った
  • 出勤はさほど減っていないが売上は激減した

以上のようにさまざまなパターンがあります。

いずれにしても、接客業という仕事の安定性や将来性に疑問を感じたという人は多くいます。

このような理由から「接客業を辞めたい」と感じる人々も増えているのが実情です。

コロナで失職したサービス業従事者の転職は難しい

上はニューヨークタイムズの報道でアメリカの事例を紹介していますが、アメリカでも日本でも、コロナでサービス業の人が仕事を失ったとき転職するのは難しいということが説明されています。

これは過去16年のアメリカのデータを元にした分析で、下記の職業が他の職業に転身できた例が少ないというものです。

  • タクシー運転手
  • ダンサー
  • ホテルのフロントスタッフ

特にアメリカの場合、レストランなどのサービス業従事者は「高校より先の高等教育を受けていない=高卒」ということで、他の職業への転身が難しい、ということが書かれています。

逆にいえば、日本人で大卒の接客業従事者なら、ある程度転職しやすいともいえます。

【参考】コロナ失職「サービス業従事者」転職が難しい訳|東洋経済オンライン

以上のように、コロナの影響で「接客業を辞めたい」と思った場合も、転職するのは楽ではありません。

転職するまでの間に収入を得る方法としても、あるいはその前後の副業としても、下のサイトで紹介しているようなスマホ副業に取り組んでいただくと、少なくとも収入面では大きな安心を得られるでしょう。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

「接客業辞めたい」知恵袋での投稿

「接客業辞めたい」知恵袋での投稿

「接客業を辞めたい」という声は、Yahoo!知恵袋でも多く見られます。

ここでは、知恵袋での投稿のなかでも特に参考になるものを紹介させていただきます。

疲れてマイナス思考になってきた

知恵袋

こちらの質問者さんは「疲れて全体的にマイナス思考になってきた」ということを書かれています。

  • いつもクレームが来るのではないかと不安
  • 予約したものはきちんと準備できているか気になる
  • 自分のした行動すべてに自信がない
  • 休みの日にも何かミスしていないか気になってしまう

という状況とのことです。

もともとは事務職で、転職によって接客業につき、2年半になるということです。

ベストアンサーの回答は質問者さんによって選ばれたものであるため、質問者さんが納得された答えといえます。

その答えをまとめると、下のとおりです。

  • 自分も8年くらい接客業
  • 同じようなことをよく思うが割り切ることが大切
  • 2年半も続けているということは接客が好きということ
  • 少し考え方の方向を変えてみるといい

確かに、本当に接客業が向いていない・嫌いという人であれば、2年半も持つことはないでしょう。

(長くて半年で終わるはずです)

質問者さんは「3年は続けるつもりだったのに2年半で疲れてしまった」ということをマイナスに捕らえられていますが、むしろ2年半続いたということは接客が向いているということと、考えるべきだという回答です。

「自分は接客に向いていない」と感じる方々にとって、特にヒントになるかもしれません。

【参考】仕事を辞めたいです。接客業をしています。|知恵袋

事務職に転職してよかった?

知恵袋

接客業で疲れて事務職に転職して半年目という、24歳の女性による質問です。

女性はすでに転職されたのですが「これで良かったのか」と悩むことが今もあるということです。

相談の要点をまとめさせていただくと、下のようになります。

  • 前職では店長だった
  • 接客は好きだった
  • 仲間や上司との関係は良かった
  • 時間や仕事にはいつも追われていた

つまり、忙しかったけど仕事や仲間自体は好きだったということです。

一方、今の事務職のお仕事については、下のように書かれています。

  • 部署内の人間関係は希薄
  • 時間や仕事に追われることはない
  • 自分が一人辞めても誰も困らない
  • 定時になるのを待つ毎日

これを読んでうらやましい!と思う人もいるかもしれません。

2010年の投稿ということで11年前のものですが、

  • 毎日定時に上がれる
  • 時間や仕事に追われない

という点で「むしろ天国では?」と感じる人もいるでしょう。

ただ、忙しい方が充実感や達成感を感じるという人も多いのは事実で、投稿者さんはそうしたタイプの方だと思われます。

転職されたということは、やはり前職は相当ハードで「辞めたかった」のでしょう。

そうして辞めても、やはりこのように「これで良かったのか」と思うことはあるということです。

【参考】接客業→事務職に転職した方、転職してよかったですか?|知恵袋

辞めたいけど新卒で唯一内定をもらった場所

知恵袋

接客業なのに性格が暗くて、毎日つらいので辞めたいという投稿です。

しかし、新卒で唯一内定をもらった会社ということで、できればうまく仕事をこなしたかったと悩まれています。

ベストアンサーの回答者さんの答えを要約させていただくと、下のとおりです。

  • 接客業が向いていないとわかったら早いうちに転職すべき
  • 新卒ならまだ若さで許される
  • 就活は大変だけど、今転職しないと後々もっと大変
  • 「入る会社を間違えた」と開き直って活動すべき

こちらはベストアンサーといっても質問者さんが選ばれたのではなく投票によって選ばれたということで、質問者さんが良い回答と思ったかどうかはわかりません。

ただ「新卒で入る会社を間違える」ということはしばしばあるので、その場合は開き直ってすぐに転職すべきという考えも、1つの選択肢であることは間違いないでしょう。

【参考】接客業なのに暗いです。毎日つらいです。|知恵袋

以上のように、知恵袋でも「接客業辞めたい」という声は多く見られます。

いずれも、もう少し頑張ってみるという結論や、転職してみたけど少し後悔しているといったものです。

接客業を続けるにしても別のお仕事に転職するにしても「楽ではない」実情が読み取れます。

どのような道を選ぶにしても、収入が今より簡単に増えるのであれば、プラスにこそなれ、マイナスになることは何もないでしょう。

そのように収入を簡単に増やせる副業として、下のサイトで紹介しているLINE副業があります。

LINEアンケートなどの簡単な作業のみで月収100万円も目指せるという内容なので、ぜひ詳細をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

接客業を辞めたい時におすすめの副業3選

接客業を辞めたい時におすすめの副業3選

接客業を辞めたい理由にはさまざまなものがありますが、十分な収入があればいつでも辞められるものです。

そのような十分な収入を簡単に稼げる副業を、ここでは紹介していきます。

スマホdeマネー

スマホdeマネー  

スマホdeマネーは、スマホ1台でできる簡単な作業で、月収100万円も目指せるということで人気の副業です。

  • 高度なスキル
  • 高難度の資格
  • ハイレベルな知識
  • 豊富な経験

このようなものは一切必要ありません。

スマホやパソコン、タブレットなどの端末がどれか1つあれば誰でもできるという簡単なビジネスです。

ノウハウは完全無料で学べるため、初期費用についてもランニングコストについても、デメリットやリスクは全くありません。

下のサイトからLINEで公式アカウントを友だち追加するだけでスタートできるので、接客業を辞めたいと悩んだときも、ぜひお気軽に試してみてください。

\期間限定!/

10万円分プレゼントを
無料でもらう!

アクシズ

アクシズ公式サイトのキャプチャ画像  

アクシズはコピペのみで稼げるコピペビジネスとして人気です。

アプリで定型文を送信するのが主な作業で、1回の作業で5,000円を稼げます。

この作業を1日7回行うことで、日給3万5,000円を稼ぐことも可能です。

作業は無料アプリのみででき、毎日報酬が発生するため初心者の方でも安心です。

スマホを操作した後、最短15分で銀行口座のお金が増えているというスピード感で、本当に稼げるということも短時間で確認しやすくなっています。

20名限定などの条件でノウハウを無料レクチャーが提供されていますが、こうしたキャンペーンは期間限定のものであるため、応募していたらひとまず無料で申し込みをするのがいいでしょう。

\コピペだけで日給3.5万円も可能!/

アクシズに
今すぐ登録する!

ALIVE

ALIVE公式サイトのキャプチャ画像  

ALIVEは月収10万円や20万円をすぐに稼げる自宅でのスマホ作業による副業です。

作業にかかる時間は1回当たり1~2分と、極めて短いスキマ時間で行えます。

作業をしたらすぐに報酬を出金できるというスピード感も魅力。

ノウハウは無料レクチャーによって学べるため、金銭的なデメリットやリスクも全くありません。

「無期限に使える専用ツール」をセットし、たった4つの項目を設定するだけで作業が完了します。

このため、1~2分という短時間で作業が終了するのです。

作業によって得た報酬は、登録した銀行口座に当日中に全額振込みされます。

知識やスキルが完全に不要で、接客業からの転職を考えている際にもおすすめの副業なので、ぜひ下の公式サイトで詳細をチェックしていただけたらと思います。

\すぐに月収10万・20万円を稼げる!/

ALIVEに
今すぐ登録する!

【まとめ】接客業を辞めたい時

【まとめ】接客業を辞めたい時

現時点で接客業をしている人々の多くが「接客業を辞めたい」と感じているものです。

そして、辞めるにしても辞めないにしても、収入が増えて困ることはないといえます。

もちろん、収入を増やすのに苦労するのであれば、負担が今より過重になり、意味がありません。

しかし、1日5分などのスキマ時間だけで大幅に収入が増えるとしたら、取り組むメリットは大きいでしょう。

そのように楽に収入を増やせる副業として、下のサイトで紹介している「スマホ副業」があります。

特別なスキルなどは一切不要で、誰でも簡単に稼げるので、ぜひ詳しい内容をリンク先で確認してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*