「何かしたい」と思うあなたに!毎日を充実させる方法を紹介

何かしたい

「何かしたい」と漠然と思うことは、子供から大人まで誰にでもあるものです。

その時「こういう気持ちはどこから来るのか」「どうすればいいのか」ということを知りたい人も多いでしょう。

この記事では、上のような疑問に答えるため、「何かしたい」と思う原因や対処法を解説していきます。

読んでいただくことで、漠然とした「何かしたい」という気持ちを、スッキリ解消させられるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 「何かしたい」と思う原因
  • 「何かしたい」と感じた時の対処方法
  • 「何かしたい」と感じた際に自分を見つめ直す方法
  • 「何かしたい」と感じた時におすすめのこと

なお「何をしたいか」という答えが出ても、その答えを実現するにはお金が必要なことがしばしばあります。

また「何かしたい」と暇を感じるくらい時間が余っていることは、副業をするチャンスです。

そうした時間を使って、効率的に稼げる副業をすることで、人生を充実したものにしやすくなるでしょう。

下で紹介する副業研究所おすすめの副業サービスは、当サイト・副業研究所がおすすめする「最も稼ぎやすい副業」の一つです。

具体的な仕事内容や始め方などは、下のリンク先でチェックしていただけたらと思います。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

「何かしたい」と思う原因

「何かしたい」と思う原因

まず知るべきことは「何かしたい」と思う理由は何かということです。

ここでは、主だった4つの原因を説明していきます。

人生が充実していない

人生が充実しているときは「何かしたい」とは考えないものです。

理由は、今やっていることが、まさに「したいこと」だからです。

そのため、何かしたいと思うようになったら「自分の人生が今充実していないのだ」と自覚する必要があります。

忙しいと一見充実しているように見えるものですが、実は振り回されているだけということもあるということです。

何もすることがない

「何かしたい」ということは「何かする余裕がある」ということでもあります。

そのため、何もすることがない暇なときに考えやすいものです。

ただ、これはいいことでもあります。

というのは、新しいことをしたいと思えるだけの余裕があるということだからです。

忙しいとき、人は「とにかく寝たい」とか「何もしたくない」と思うようになります。

「何かしたい」というのはその逆の状態なので、たとえ暇であろうと「さほど悪くない状態」といえます。

人生にストレスを感じている

ストレスを感じているときは、何か気晴らしを求めます。

この場合、何かしたいの「何か」とは「楽しいこと」を指すでしょう。

海外旅行のこともあれば、ボウリングやカラオケということもあるかと思います。

何にしても、ストレスを解消できるようなことをしたがっているといえます。

毎日に変化がない

毎日に変化がなく退屈しているときには「何かしたい」と思いがちです。

これも生活が安定しているという点ではいいことです。

昔の日本経済が好調だった時代のサラリーマンなどは、そのような部分もあったかと思います。

今は、退屈するほどの安定をなかなか得られない時代でもあり、毎日変化がないことはむしろ良い部分もあります。

ただ「それでも退屈だから何かしたい」と思う場合、新しい副業などをするのがいいでしょう。

「何かしたい」と感じた時の対処法

「何かしたい」と感じた時の対処法

何かしたいと感じる状況を、改善したいと思っている人もいるでしょう。

ここでは「何かしたい」と思ったときに取るべき行動・対処方法を解説していきます。

充分なお金があるか

「何かしたい」と思ったとき、お金に余裕がある人ならどこかに出かけるでしょう。

それができないから悩むわけですが、できないのはお金がないためです。

「それにつけても金の欲しさよ」という有名な川柳(狂歌)が、江戸時代からありました。

(有名な俳句の下の句にこれをつけて、台無しにするという遊びです)

お金がすべてではありませんが、退屈な状態を打破するのに便利なツールであることは間違いありません。

そのお金を効率的に稼ぐには、やはり効率的に収入を得られる副業をするのが一番です。

稼ぎやすい副業として当サイト・副業研究所が特におすすめしているのが、下の副業研究所おすすめの副業サービスです。

副業研究所おすすめの副業サービスなら、スマホ1台で空き時間を有効利用して稼ぐことができます。

詳しい作業内容や実践した人の体験談などは、下記の公式ページをご覧ください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

「何がしたいのか」について考える

「何かしたい」という漠然とした気持ちは、大抵裏に「○○をしたい」という具体的な気持ちがあります。

運動をしたいのか、誰かと会いたいのかなど、具体的な希望を考えましょう。

すぐにわからない場合は、紙に書くなどして整理するといいでしょう。

やりたいことが明確になれば、漠然とした焦りも解消されやすくなります。

「何かしたい」と感じてしまう自分を内省する

内省とは反省ではなく「観察する」ということです。

まず、先に紹介した「何かしたい」と感じる原因をチェックしましょう。

あなたに当てはまる原因が何かを考え、さらにその原因を考えるわけです。

原因はAであるとわかったら「では、そのAはなぜ起きるのか」という原因をまた探ります。

Aの原因がBであるとわかったら、今度はBの原因も探すわけです。

そのうちに「何かしたい」と思う根本的な原因がわかります。

それは、おそらく人生全般で改善すべきことであるため、そこに手をつけるようにしましょう。

「何かしたい」と感じた際に自分を見つめ直す方法

「何かしたい」と感じた際に自分を見つめ直す方法

「何かしたい」と焦りのような気持ちを抱いたときは、自分を見つめ直すいい機会です。

ここでは、どのように自分を見つめ直すかという方法を解説していきます。

瞑想をする

自分を見つめ直すのに瞑想は有効です。

瞑想というと難しく感じるかもしれませんが、深く考える必要はありません。

極端な話「何もせずにじっとしている」のも立派な瞑想です。

「そんなので?」と思うかもしれませんが、これはそれなりに難しいことです。

試しに信号待ちのとき、目をつぶって何もせず、じっと立っていてください。

ある程度精神力のある人でないと、多分5秒ほどで動きたくなってしまうはずです。

街中で人を観察していてもわかりますが、長時間じっとしていられる人はなかなかいないのです。

一定の時間動かずにいると、普段自分がものすごくムダな動きをしていることがよくわかります。

物理的な動作でムダな動きが多いということは、人生単位でもあくせくと非効率な動きをしている可能性があります。

逆にいえば、日常の動きでムダがなく落ち着いている人は、人生全般でも落ち着いているものです。

たとえば剣豪やお茶の達人の日常生活を想像すれば、何となくわかるでしょう(実際に会ったことはなくともイメージで)。

「何かしたい」という気持ちがただの焦りであった場合、このように動かずに瞑想することで、その焦りが消えていきます。

そして「何かしたい」という焦りの気持ちも薄れていくということです。

本を読む

読書をすることで、自分の心理状態などを客観的に観察しやすくなります。

もちろん、自己観察や自己分析とはまったく関係のない本でもいいでしょう。

そもそも、小説やドキュメンタリーなどの読書をすること自体が「何かする」ことです。

その刺激で退屈がなくなり「何かしたい」という気持ちも解消されるでしょう。

また、小説の中の人物の行動は、自分を見つめ直すのにも参考になるものです。

実在の人物のインタビューなどよりも、小説というフィクションである分、嫉妬などの感情を交えずに読みやすいのです。

そのため「自分はこういう状態なんだな」とか「あの人はこういう心理状況なんだな」ということがわかりやすくなります。

小説はただの娯楽に留まらず、人間の心理分析にも役立つのです。

自然に身を浸してみる

もともと人間は動物であり、自然の中にいるときに最も落ち着く部分があります。

「何かしたい」という気持ちが不安から生じたものの場合、自然に身を浸して落ち着いてみるといいでしょう。

不安が解消されれば、自然と「何かしたい」という気持ちもなくなる可能性があります。

また、この気持ちの解消に関係なく、自然と触れ合うことは心身に良いものです。

これについては、都会の中に生きている人でも異存はないでしょう。

というのは、都会人が高いお金を払って行きたがるおしゃれな場所は、どこも観葉植物が綺麗に植えられているためです。

山の中のワイルドな生活までは求めていなくとも、やはり人間は自然が身近にあると落ち着くものなのです。

友人に話してみる

友達に「何かしたい」と気軽に話してみるのもいいでしょう。

友達が何か面白いことに誘ってくれる可能性もあります。

そこから新しい友人ができ、人間関係・交友関係が広がっていく可能性もあるでしょう。

また、人生に行き詰まって何かしたいと思っている場合も、やはり相談することは有効です。

傾聴というボランティアもあることでわかるとおり、話を聞いてもらうだけで人は落ち着くものです。

これは幼児がどんなことでも人に話したがるのを見ればわかるでしょう。

動物は自分の行動を他者に隠そうとはしません。

排泄する姿でも食事する姿でも、すべて丸出しにしているものです。

狩りをするときなどは、自分の姿が見られないようにします。

しかし、狩りは動物にとっても緊張する時間であり、自分の情報を隠すことはやはり動物として緊張することなのです。

少なくとも脳に一つの支持を出している以上、多少の負担がかかっているのは間違いありません。

人に話せないことが多くなると、その負担が過剰になるのです。

友人があなたの本音語りを受け入れてくれる人であれば、話すだけでも気持ちが楽になるでしょう。

そして「何かしたい」という気持ちも焦りによるものではなく、前向きなものに変わるはずです。

紙に書き出してみる

悩みや自分の葛藤を紙に書き出すことは、心理学的にも有効とされています。

心理学用語では書き出すことをジャーナリングといいます。

テキサス大学の心理学者、ペネベイカー教授などの実験によっても、書き出す効果が確認されています。

特に日常的な「普通のこと」だけを書いたグループより、感情的なことを書いたグループの方が、効果が大きかったようです。

つまり「何かしたい」という気持ちも含め「自分の気持ちを正直に書き出す」ことは有意義なのです。

紙とペンなど、家にある道具を使ってすぐにできることなので、一度試してみるといいでしょう。

「何かしたい」と感じた時におすすめのこと

「何かしたい」と感じた時におすすめのこと

「何かしたい」という気持ちが高じたときには、その気持ちをプラスに活用できる方法が多くあります。

ここでは、「何かしたい」と思ったときに行うべきオススメのことを解説していきます。

副業を始める

まず稼ぎやすい副業を始めることが特におすすめです。

特にスマホ1台で稼げる副業なら、やりたいと思ったときにすぐできるという点で、継続しやすいでしょう。

そのようなスマートフォン1台で取り組める副業の中でも、特におすすめのサービスは副業研究所おすすめの副業サービスです。

副業研究所おすすめの副業サービスは、当サイト・副業研究所が自信を持っておすすめする仕事です。

隙間時間を有効利用しやすいビジネスなので、詳しい内容をぜひ下記のリンク先で確認してみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

スポーツを始める

人間は動物であり、動物は文字通り「動くもの」です。

そもそも人間は本来、水を飲むだけでも川までわざわざ歩いていく生き物だったのです。

そして、食事についてはマンモスと格闘したり、森の中でドングリを拾ったりする生き物でした。

それを考えると現代人の普通の生活がいかに運動不足かを実感できるでしょう。

何かスポーツをして本来の原始人の生活に近づくだけでも、心身ともにいい影響があります。

資格を取得してみる

退屈するほどの余裕があるのは、資格の取得などの大きなチャンスともいえます。

特に収入に結びつくような資格をとると、今後の経済的な安定にもつながるでしょう。

もちろん、ただの趣味の資格を取るのもいいことです。

紅茶やコーヒーの資格など現代では何でもあります。

まずは自分の興味がある分野でどのような資格があるかをチェックしてみましょう。

美容院に行ってみる

特に女性であれば、美容院に行ってイメチェンをしてみるのもいいでしょう。

昔から女性は男性以上に着飾って気分転換を図っていたものです。

動物の場合、孔雀のオスなどがやはりオシャレに着飾りますが、人間ではその本能がメス(女性)の方にあるといえます。

特にしばらく髪を切っていなくて伸びているという場合は、エチケットとしてもカットした方がいいでしょう。

男性も、髪が伸びている場合はカットするだけで大分気分が変わる可能性があります。

博物館に行く

博物館というと敷居が高く感じるかもしれません。

また「見ても何が展示されてるのか、何がすごいのかよくわからない」という人もいるでしょう。

しかし、博物館に行くような高尚な生活は体験できます。

たとえば博物館にいる人を見て「あの人は人生に行き詰まっている」と感じる人はいないでしょう。

逆に家から一歩も出なければ「お隣さんは引きこもって、人生に行き詰まっているのでは」と思う人もいるでしょう。

人生が充実しているような行動をとっていると、本当に人生が充実してくるものです。

必ずしも博物館でなくとも美術館や動物園でもいいのですが、どこかに出かけてみることには意義があります。

何かをならってみる

資格の取得と似ていますが、何か習い事を始めるというのは、「何かしたい」という気持ちの解決につながります。

習い事の内容は何でもかまいません。

楽器の演奏でも外国語でも、ずっとやりたかったことをやるといいでしょう。

毎日・毎週の楽しみが生まれれば「何かしたい」という気持ちも自然に解消されるものです。

習字をする

書道は字が上手くなるだけでなく、精神が統一される効果があります。

これは、焦っているときの自分の字を想像するとわかりやすいでしょう。

心に余裕がないときには、落ち着いた文字は書けないものです。

逆に落ち着いた綺麗な文字を書いていると、心も落ち着くものなのです。

ペン字でも毛筆でも、習字を習うことにはそのようなメリットがあります。

他の生活のTIPSについては「14BLOG」をご参考ください。

【まとめ】「何かしたい」と感じた時の対処法

【まとめ】「何かしたい」と感じた時の対処法

以上、「何かしたい」と思ったときにどう対処すべきかをまとめてきました。

基本的には、何をするにしてもお金がかかるため、副業で効率的に稼ぐ必要があります。

そのための仕事として、当サイト副業研究所が一番おすすめするのが、下の副業研究所おすすめの副業サービス。

特別なスキルや知識、経験が一切なくても稼げるため、余った時間の有効活用に最適な副業です。

詳しい取り組み方や始め方などは、下記の公式ページからご覧いただけたらと思います。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*