指示待ち人間の特徴7つ&脱却する方法3つを解説!

指示まち人間

指示待ち人間は昔から批判されることが多いタイプの人でした。

そして、AI時代に自分で考える人材が必要とされるようになったことで、その度合いがさらに強くなっています。

こうした流れの中「自分は指示待ち人間ではないか?」「もしそうならどう脱却すればいいか?」ということを考え、悩んでいる人もいるでしょう。

この記事では上記のような方々に向けて、指示待ち人間の特徴や脱却する方法を解説していきます。

「指示待ち人間になりたくない・脱却したい」と考えている方には、きっと役立てていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 指示待ち人間が批判される理由
  • 指示待ち人間の特徴
  • 指示待ち人間を脱する方法
  • どうしても指示待ち人間になってしまう人は

なお、指示待ち人間を完全に脱するには、フリーの立場で働くのが一番です。

フリーで働けば指示を出してくれる人が基本的にいないか、いても会社組織ほど強い指示は出ないためです。

フリーで働くといっても、いきなり独立してフリーランスになるのは厳しいという人がほとんどでしょう。

そうした人には、当サイト・副業研究所が特におすすめしているビジネスであるスマホdeマネーをおすすめします。

スマホdeマネーはスマホ1台で1日5分から取り組める簡単なビジネスです。

スキルや知識が一切不要で、誰でも気軽にフリーで働くことができます。

指示待ち人間を脱却するための第一歩として、ぜひ下の公式サイトで詳しい内容をチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

指示待ち人間が批判される理由

指示待ち人間が批判される理由

自分が指示待ち人間として批判されている、あるいはそう感じている人もいるでしょう。

その状態を脱するためには指示待ち人間はなぜ批判されるのかを知っておく必要があります。

ここでは、指示待ち人間が批判される二つの理由を解説します。

仕事ができず人をイラつかせる

指示待ち人間は「指示がくるまで仕事をしない」ので、作業のスピードが遅いものです。

そのため、指示待ち人間に振った仕事はなかなか完了せず、周囲がイライラするということが多くなります。

自分の頭で考えて動いている人は、多少仕事の能力が低くてもその熱意が伝わります。

そのため、指示待ち人間と違い、仕事ぶりが多少つたなくても評価されるのです。

一方、指示待ち人間では仕事に対する情熱ややる気が伝わりません。

その点でも、職場全体のモチベーションを下げてしまうため、批判されるのです。

職場の人に迷惑をかける

指示待ち人間は、職場の同僚や上司、あるいは部下に迷惑をかけるケースがしばしばあります。

自分で考えてすばやく動かないといけない場面で動かないためです。

失敗せず、責任を自分で背負わないためには、常に指示を待つのがベストでしょう。

しかし、お客様や取引先のことを考えたら「指示を待たずに動くべき」という場面が多々あります。

そのような時に決断できない人は、決断して失敗する人以上に、職場に迷惑をかけることが多いのです。

ここまで書いてきたような理由で、指示待ち人間は批判されやすくなります。

批判される側としては、やはり自分が批判される状態は早めに脱却したいものでしょう。

脱却する方法はいろいろありますが、当サイト・副業研究所がオススメしているスマホdeマネーを始めることは有効な対策の一つです。

スマホdeマネーは誰でも簡単に稼げるシンプルな仕事内容なので、指示を受けて動く必要がありません。

自分で判断して次々に仕事を進められるため、自然と指示待ち人間を脱却できます。

詳しい作業内容や始める方法などは、下のリンク先を確認していただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

指示待ち人間の特徴

指示待ち人間の特徴

「自分が指示待ち人間かどうかわからなくて気になる」という人もいるでしょう。

ここでは、指示待ち人間の7つの特徴を解説していきます。

状況把握能力が低い人

状況を自分で把握できなければ、自分が何をすべきかがわかりません。

そのため、状況を把握する能力が低い人は指示待ち人間になりがちです。

状況を的確に把握するには、経験も大事ですがコミュニケーションも重要です。

新聞で報道される事件でその詳細を見聞きすると、しばしば「情報の共有がされていなかった」ということが問題になります。

これは組織自体の原因もありますが、内部の人たちのコミュニケーション不足も大きな原因です。

状況把握能力という言葉だと漠然としています。

しかし、こうしたコミュニケーションや問題解決の経験値など、把握能力を構成する要素はいくつかに分解できます。

分解した上で「この要素を、こういうやり方で伸ばしていく」ということを考えるようにしましょう。

責任感がない人

責任感がなければ、自然と指示待ち人間になってしまいます。

理由は、責任感がある人なら問題を解決するために自然と自分で動くためです。

責任感がないことの原因は、脳が弱いことといえます。

脳が物理的に弱く、ストレスに対処する大脳新皮質などが活性化していないと、ストレスに耐えられないのです。

そのため、責任から逃げるようになり、責任感がない人となります。

脳を強くするには栄養と睡眠、適度な運動が必要となります。

責任感という一見精神的な要素も、実は物理的な生活改善で鍛えられるということを意識して下さい。

向上心のない人

成長しようという気がない人も、やはり指示待ち人間になります。

向上心があり成長することを望んでいる人は、自分でやるべきことを探して来るものです。

では、向上心をどう獲得するかですが、これはやはり「自分が人生で望んでいるものを考える」ことでしょう。

全く何も望んでいないという人はいないはずです。

異性にモテることなど、何かしらの望みは必ずあるでしょう。

それを成し遂げるために何が必要かを分析していき、細かい目標の集合にします。

スモールステップをたくさん設定し、その一つずつをクリアして目標を達成する地図を描くのです。

そうすることで、自然と向上心も高まっていくでしょう。

他人から強制されたゴールではなく、そのステップの先にあるのは、自分が本当にやりたいことだからです。

思考力が低い人

考えるのが苦手な人も、指示待ち人間になりがちです。

自分がどんな仕事をすべきかを考えるのが苦手だからです。

先に説明した向上心を高める目標設定にしても、やはり考えることが苦手な人はできないことが多いでしょう。

なぜ考えるのが苦手かといったら単純に苦手意識を持っているだけともいえます。

IQが高い方が有利ですが、IQが低くても生きる力の強い人はたくさんいます。

そのような人に共通しているのは「自分の人生を生きている」ということです。

思考力が低い人は頭が悪いというよりも人生を他人事のように捉えている部分が強いといえます。

「自分の人生は自分のものである」「自分で考え動かなければ始まらない」ということを、あらためて意識しましょう。

判断力がない人

判断力がない人というのは「状況把握能力が低い人」と似ていると感じるかもしれません。

重なる部分もありますが、判断力では状況を把握した後に決断する力も含まれます。

決断をしたら、その失敗の責任を自分が背負わなければいけません。

つまり、判断力や決断力のなさは、責任感のなさとも一致するといえます。

逆に責任感が強い人は判断力も決断力も高いといえるでしょう。

判断力を高めるには、やはり場数を多く踏んで経験値を高めるのが一番です。

また、書籍などでいろいろな事例を見聞きし、シミュレーションをくり返すのもいいでしょう。

日頃からこうした努力をしていて心の準備ができている人は、いざというときの判断や決断もスピーディーにできるようになります。

他人に関心のない人

他人に関心を持たない人は指示待ち人間になりがちです。

これは接客業やサービス業で考えるとわかりやすいでしょう。

たとえば目の前でお客さんが困っていたとします。

その時、他人や人間に関心がある人は「何とかしてあげたい」と思うはずです。

そして、指示がなくても自然と自力で動き出すでしょう。

しかし、他人に関心がなければこのような行動を起こす気にならないのです。

では他人に関心を持つにはどうしたらいいか、という点も気になるでしょう。

これはやはり自分が本当に望むものを明確にし、そこに向かっていくべきです。

その過程で、どうしても取引先やお客様に貢献するなど「人のことを考えなければならない」という場面が出て来るでしょう。

そうした場面で人のことを考えて行動しているうちに、一定の範囲の人に対しては関心を持てるようになるはずです。

当事者意識が薄い人

その仕事やプロジェクトに対する当事者意識が薄い人は、指示待ち人間になりやすいものです。

理由はその仕事が成功しても失敗しても関係ないと思っていることにあります。

実際、それで報酬が上がったり下がったりするのでなければ関係ないかもしれません。

公務員の中には真面目に働いている人が多数いますが、ごく一部指示待ち人間の人もいます。

それはやはり「努力してもしなくても変わらない」という現実があるでしょう。

結果が必ず自分に返ってきて、しかもそれが生活に関わるという場合は、人間は嫌でも真面目になるものです。

当事者意識を強めるには、フリーランスなど独立して動く立場に近づくのも、一つの選択肢といえるでしょう。

指示待ち人間を脱する方法

指示待ち人間を脱する方法

指示待ち人間の特徴を理解した後は「どうすればその状態を脱出できるか」という点も知りたいでしょう。

ここでは、指示待ち人間を脱却するための3つの方法を解説します。

仕事のできる人を見習う

指示待ち人間の対極にいるのが、いわゆる仕事のできる人です。

有名なビジネスマンを参考にするのもいいですが、まずは身の回りから探すことをおすすめします。

理由は、同じ会社や職場にいる時点で、スペックがある程度あなたに近いためです。

つまり、遠くの有名人よりもあなたにとって再現性が高いということです。

また、スペックが違ったとしてもやっている業務は同じです。

そのため「A社との仕事をこう進めるのか」など、直接具体的に取り入れられるヒントが多いでしょう。

身近で仕事のできる人を見習いつつ、そこでの学びを補強する材料として、ビジネス書なども読むことをおすすめします。

身近なできる人が「具象」だとしたら、ビジネス本の内容は「抽象」です。

「リアルで個別的な内容」と合わせて「全体的な内容」を学ぶことで、双方から得るヒントがより有意義なものになるでしょう。

関連記事:仕事ができない人の特徴を紹介!できる人になる方法を詳しく解説!

自責の念を持つ

指示待ち人間は指示を待っているだけでなく、仕事のやりがいなども誰かが運んできてくれると「待って」います。

このような癖を卒業しどんなものでも自分から獲得しにいくという習慣をつけなければなりません。

世界の自己啓発本のさきがけとなった古典的名著で『自助論』という本があります。

サミュエル・スマイルズという人物が1859年に出版した書籍です。

江戸時代の終わりに日本でも出版され、明治終わりまでに100万部以上を売り上げたという、世界的ベストセラーの先駆けともいえる本です。

この本でもタイトルの「自助」という言葉どおり「自分を助ける人間は自分しかない」ということを訴えています。

「天は、自ら助くものを助く」という有名な英語のことわざ通りの内容です。

この有名なことわざは、まさに「自責の念を持つ」ことを訴えています。

やるべき業務も仕事のやりがいも、自分で探し出すことを強く意識しましょう。

仕事内容をしっかり理解する

自分の仕事内容を深く理解していれば、やるべきことが明確になります。

そのため、自ずと指示がなくても動けるようになるのです。

仕事内容を深く理解するには、仕事に打ち込むことに加え、業界紙などを読んで勉強することが重要になります。

勉強会や講演会などに出席するのもいいでしょう。

また、こうした努力に加え自らビジネスを始めることも、指示待ち人間を脱却するために有効です。

自分のビジネスで指示待ち人間を卒業することで、本業の会社での仕事にもプラスの影響があるでしょう。

当サイトがおすすめしているスマホdeマネーなら、誰でも簡単に無料で始めることができます。

スマホとLINEを使えれば取り組めるビジネスなので、ぜひ気軽に下のリンク先の内容をチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

どうしても指示待ち人間になってしまう人は

どうしても指示待ち人間になってしまう人は

ここまで書いた内容を読んでも「どうしても指示待ち人間なってしまう…」と悩む人もいるでしょう。

その場合は、いわゆるプチ起業をしてみることをおすすめします。

スマホdeマネーならスマホ1台で、誰でも簡単にフリーの仕事を始められます。

1日5分から取り組めるので、今の仕事を辞める必要もありません。

副業のアルバイト感覚で起業し、指示待ち人間を脱する行動力を獲得できます。

指示待ち人間を卒業して、自力で動ける人間になりたい人は、ぜひ下のスマホdeマネー公式ページをご参照ください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】指示待ち人間を脱する方法

【まとめ】指示待ち人間を脱する方法

指示待ち人間を脱するには、自分が本当にやりたいことを明確にすることも重要です。

高級車を買うことでも異性にモテることでも何でもいいので、まずは自分が本当に望んでいることを明確にしましょう。

そして、そこに向かうための道筋をリアルに考え、具体的な細かい行動内容でロードマップを作るべきです。

その自分で立てた行動計画を達成する人生なら、他人の指示がなくても自分で動くようになるでしょう。

そのように「自分が欲しいものを明確」にしたとき、実現するためにはお金が必要ということも多いかと思います。

その場合は、稼ぎやすいビジネスを収入の柱として一つ持っておくことがおすすめです。

それにより、他の稼ぎにくい仕事をメインにする場合も、お金のことを気にせずにそちらの仕事に集中できるでしょう。

稼ぎやすい仕事として、当サイト・副業研究所があらゆるお仕事の中でもトップで勧めているスマホdeマネーは有効な選択肢です。

スマホをタップするだけの簡単な作業で月収100万円以上も目指せる稼ぎやすいビジネスとなっています。

独立して働くことになるので、自ずと自分で考えて動く能力も高まるでしょう。

指示待ち人間を脱却するためにも、経済力を獲得するためにも、ぜひ下のスマホdeマネーの公式サイトを確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*