天職とは?3つの特徴と5つの見つけ方をわかりやすく解説

天職

「天職に就きたい」と思う人は、現代の日本で年々増えています。

「天職を見つけたいけど、見つけ方がわからない」という人は多いでしょう。

この記事ではその疑問を解決するために、天職とは何かを見つけ方と合わせて説明していきます。

特に「お金のためにする仕事は天職ではない」と思っている人に参考にしていただけたら幸いです。

この記事を読んで分かること

  • 天職とは何か
  • 天職の特徴
  • 天職を見つける方法
  • 天職につくメリット・デメリット

天職とは何かを知るには、いろいろな仕事や世界を見てみることも大事です。

「自分が今まで全く知らなかった世界」や「関わろうともしなかった世界」に飛び込むことは、確実に何かの発見をもたらしてくれるでしょう。

当サイトがそのようなきっかけの1つとしておすすめしたいのが、副業研究所おすすめの副業サービスというビジネスです。

スマホ1台の簡単な作業で、月収100万円以上も目指せるという内容になっています。

「なぜそんな簡単な仕事で稼げるのか」を考えることも、仕事とは何かというヒントになるでしょう。

そのようなヒントを得るためにも、ぜひ下のリンク先から、副業研究所おすすめの副業サービスの詳細をチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

天職とは

天職とは

天職には下の二つの意味があります。

  • 自分の生まれつきの性質に合った仕事
  • 神聖な仕事

一般的に現代で使われるのは1つ目の意味です。

自分に合った仕事が僧侶などの宗教家であれば「ダブルで満たす」こともできます。

何はともあれ、天職とは「向いている仕事」と考えるとわかりやすいでしょう。

天職の特徴とは

天職の特徴とは

天職にはいくつかの特徴があります。

ここでは、天職の主な特徴を3つ解説します。

生きるために「やるしかなかった」仕事である

天職を見つけて、社会に足跡を残した人は多くいます。

その人たちに多く見られる共通点の一つはその仕事をやるしかなかったということです。

たとえば、その一人が松下幸之助です。

松下幸之助は9歳から丁稚奉公に出され、労働者デビューしました。

その年齢で働き始めたのは、父親が投資で失敗して破産したためです。

16歳になると現在の関西電力に入社し、7年間働いています。

その後23歳で独立しますが、独立まで14年間は雇われ労働をしていたのです。

電気系は「好きで選んだ」のですが、その好きなことが見つかるまでは、9歳から16歳まで7年間、家庭の事情で労働していたわけです。

当然大変だったでしょうが、この吸収力の高い時期に仕事をずっとしていたことが、幸之助の人格や能力を飛躍的に伸ばしたといえます。

松下幸之助は電気で成功したというよりは「ビジネス自体で成功した」人です。

そして、その素養は「子供の頃から、生きるために働くしかなかった」ことで磨かれたといっていいでしょう。

その人が好きなことを「社会が求める形」で実践している

天職をまっとうして死んだ人の代表として、手塚治虫がいます。

手塚治虫も「絵を描く、シナリオを書く」という好きなことを「社会が求める形で」提供し続けた人です。

一時期、彼はアニメ制作にお金を使いすぎ、虫プロを含めた数社を倒産させてしまいました。

そして、彼個人も多額の借金を背負い、連日のように債権者が押し寄せてきたのです。

アニメを辞めて漫画一本に絞りましたが、それでも手塚漫画の人気も落ち始めていたため、マネージャーの男性は心配していました。

しかし、そのマネージャーに手塚治虫はこう言ったそうです。

「大丈夫ですよ。僕はすごく絵を描くのが早いから、いざとなったらイラストで食べていきますよ」

世界の漫画の歴史で最強ともいえる漫画家が、「売れなくなったらイラストをたくさん描いて食べていく」とまで言っていたのです。

この良い意味でのプライドのなさにマネージャーも驚いたそうです。

手塚治虫が、自分の好きなことを自由にやっていたわけではなく「社会が求めるものを提供していた」ことがわかるエピソードの一つといえるでしょう。

多くの人がやりたがる仕事ではない

意外かもしれませんが、天職になる職業は、多くの人がやりたがる仕事ではありません。

わかりやすくいうと「町工場のおじさんの仕事」に天職が見つかりやすいものです。

一部の町工場には最近スポットが当たっていますが、依然として、ハイレベルな町工場がほとんど知られないままです。

そもそも、日本人の大部分は東証1部の上場企業ですら、ほとんどの会社を知らないのです。

地味で誰もやりたがらない仕事は、それだけ人が不足するため、必要とされる度合いが強くなります。

  • 必要とされるから、仕事がどんどん来る
  • ハードではあるが、成長の機会がある
  • 報酬にもつながる
  • その報酬でいい仕事道具を揃えられる
  • さらにレベルの高い職人になれる

というように、地味だけど必要とされているという仕事は、物理的に天職にしやすい流れが用意されているのです。

一方、芸術やスポーツなど、多くの人がやりたがる仕事を志すと、一部の天才以外、それは天職になりません。

上に書いた流れの逆になるからです。

モーツァルトにしても啄木にしても、芸術の世界の天才は貧困の中で死んでいったケースが多いことを忘れてはなりません。

そこまでの覚悟があれば良いですが、普通はないでしょう。

討ち死にする覚悟がなければ、天職は「人がやりたがらない仕事」で見つけるべきです。

10年前の大ヒット曲「トイレの神様」も、同じことを歌っている歌といえるでしょう。

天職を見つける方法

天職を見つける方法

自分を見つめ直す

自分を見つめ直すときに重要なのは「データで見る」ということです。

ポエムは嘘をつきますが、データは嘘をつきません。

データは多くありますが、わかりやすいのは「報酬が発生しているか、いないか」です。

報酬が発生している仕事は、あなたに向いているのです。

たとえば、モーツァルトはフルートが大嫌いでした。

そのため、フルートのための曲を依頼されたとき、適当に作って依頼主の怒りを買い、報酬を半額にされたことがあります。

このときの曲が、フルート四重奏という「日本人が一番よく知っているフルートのクラシック」です。

(ホテルの朝のロビーやレストランで流れている曲です)

この曲に限らず、現代に残っているモーツァルトの曲のほとんどが「貴族に依頼されて作った小品」です。

小品だから子供でもピアノで弾くことができ、一般人でも口ずさむことができます。

モーツァルトはフルート四重奏を作ったとき、父親に手紙でこう書いていました。

「我慢できない楽器のために作曲を続けるのはうんざりです」

彼がうんざりしながらお金のために書いた曲は、おそらく人類の歴史が続く限り、ずっと演奏され続けていくでしょう。

モーツァルトに報酬を払っていた貴族たちは、モーツァルトよりも「彼の本当の才能」をわかっていた可能性があります(貴族にも自覚はなかったでしょうが)。

新しいことにチャレンジする

適度に新しいことにチャレンジすることも重要です。

「適度に」というのは、完全に新しいことなどどこにもないためです。

たとえばイチローの大リーグ挑戦は間違いなく「新しいこと」でした。

しかし、やること自体は野球なので、日本の頃と同じです。

変わるのは英語を使うことや、アメリカで生活することでした。

「野球」の部分は変わっていなかったのです。

まったく新しいことを始めるのは趣味の範囲にとどめましょう。

仕事では必ず「過去の実績と何らかの形でリンクするもの」にすべきです。

得意なことを伸ばす

天職は基本的に「得意なこと」にあります。

ここで重要なのは「好きなことと得意なことは違う」ということです。

たとえば『バカの壁』が戦後歴代4位のベストセラーになった、養老孟司さんが同書の中でそれを主張しています。

養老さんは解剖医で東大の名誉教授です。

明らかに「解剖の世界の大家」ですが、ご本人は好きで解剖を始めたわけでもないし、向いているかと言ったら向いていないと思うと常々言われています。

解剖を選んだのは「死んだ人を切る仕事なら、医療ミスで死なせてしまうリスクがないから」という、あまり志が高いとは言えない理由でした。

そして、養老さんの趣味は虫取りであり、「本当は虫取りを仕事にしたかった」と言っています。

実際、解剖の仕事では遺族の方に殴られたりしたこともあったそうで、決して誇張ではないでしょう。

(そもそも、好き好んで死体を触りたい人など、めったにいないはずです)

養老さんが『バカの壁』という大ベストセラーを出せたのは、「好きではないけど得意なこと」を続けてきたからです。

解剖だって最初から得意だったわけではないですが、長く続けているうちに得意になったといえます。

養老さんは同書も含めたあらゆる本で「自分に向いている仕事は、世間から求められている仕事だ」と言われています。

「得意なこと」は、世間が決めてくれると思うのがいいでしょう。

人に褒められた経験を思い出す

人が過去に褒めてくれた自分の特技などは、天職に通じる可能性があります。

もちろん、中には「褒められた記憶がない」という人もいるでしょう。

それはそれで別に悪いことではなく、才能がない人のやり方で勝負すればいいのです。

たとえば、木嶋佳苗という女性は結婚詐欺で多くの男性を騙し、有名な事件になりました。

木嶋さんが注目されたのは、いわゆる「顔が悪く、太っていて、30代後半」という、男性を色仕掛けで落とすには明らかに不利な条件が見事に揃っていたためです。

しかし、彼女はそれを逆手にとって「まさかこの女性が結婚詐欺など働きはしないだろう」と男性に思い込ませ、信頼されることに成功したのです。

彼女は若い頃から、容姿について褒められたことが少なかったはずです。

その彼女がある意味「成功した」ことは、犯罪だったとはいえ「褒められた経験のない人」にとって、一種のヒントになるでしょう。

仕事を始めて運気が上がった

「運」はバカにできないものです。

科学的にいえばピグマリオン効果というものがあります。

人間は他人に思われている通りになるというものです。

運がいいと、偶然上手くいくことが続き、周囲から「あの人と組むとなぜかうまく行く」と思われます。

それがピグマリオン効果になり「本当に上手くいく状態が継続する」こともありえるのです。

もちろん、実力でないのに驕り、努力を怠るような人では早晩落ちてしまいます。

しかし、その運をうまく使って努力する人であれば、その仕事を天職にできます。

実際、経営学の有名な理論でも、40%は不確実要素(ただの運)で決まるのです。

ゴルゴ13でもプロの条件として「4割は運」という有名な名言があります。

「副業研究所おすすめの副業」を見て自分にあった副業を探してみましょう!

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

天職につくメリット

天職につくメリット

天職につくメリットは多くあります。

ここでは、そのメリットの中でも主だったものを2つ説明します。

天職に至るまでの過程で鍛えられる

天職に就くまでには、基本的に当人の努力が必要です。

その事自体に価値があり、そこで積んだ経験はどこに行っても生きるものです。

有名人でも、本当の魅力がある人とそうでない人がいます。

運良く有名になっただけの人と違い、努力して有名になった人には本物の魅力があるものです。

同じレベルの知名度だったとしても、目指すべきものは後者でしょう。

仕事を天職に昇華させるまで努力することは、後者のような魅力を獲得できるというのが、一番のメリットといえます。

自然に生きていける

天職に就くことは、無理をして体を壊すことではありません。

そもそも、人間は体を壊すような努力をしてはいけないのです。

これは「職人が、壊れるような使い方で機械や道具を使うか」を考えてください。

自分の体は自分の道具であり、自分の脳と一体化したものではないのです。

脳と体はまったく別物であり、脳は上手く「体という機械」の使い方を考えなくてはなりません。

だから、機械が壊れるような使い方をするのは、職人として失格なのです。

もちろん、中には「無理をしても体が壊れない」という人もいます。

それは「たまたま、その人は強い機械を持っていた」だけです。

よその会社が強い機械を持っているからといって、自社でも限界を超えた機械の操作などしてはなりません。

工夫すれば「何かできる」かもしれませんが、あくまで「壊れないように注意しながらの工夫」であるべきです。

自分の仕事を天職に昇華させた人は、成功者と自分を比較したりしません。

無理なく安定したペースで自分の役割をまっとうできるので、動物のように自然に生きられるのです。

そういう人は自分をアピールすることが少ないので、人に気づかれるには時間がかかります。

しかし、確実にそういう人が世間にたくさんいるのだ、ということは知っておくといいでしょう。

天職につくデメリット

天職につくデメリット

天職につくことには、デメリットや注意点もあります。

ここでは、主なデメリットと注意点を2つ解説します。

没頭しすぎて体を壊すことがある

天職を見つける人の中には「アクセルが尋常でなく強い」という人がいます。

スティーブ・ジョブズはその典型だったといえるでしょう。

彼は本当に偉大な人でしたが、56歳という若すぎる年齢で亡くなってしまいました。

また、先に紹介した手塚治虫も60歳の若さでなくなっています。

モーツァルトは35歳、石川啄木にいたっては26歳です。

啄木については自業自得な部分もありますが(それが彼の魅力ですが)、天職を見つけるようなアグレッシブな人は、自分の健康を度外視してしまうことがしばしばあります。

それが彼らの魅力でもあるのですが、やはり良い人が死んでしまうことは社会の損失です。

あなたも、今取引先のキーマンや会社の社長などが倒れたら困るということが多いでしょう。

別に個人的な思い入れがなくても、その人がいたから回っていた仕事ができなくなって困るわけです。

健康を管理するのは、自分のためだけでなく人のためでもあるのです。

仕事を天職に昇華させるときも、このことは忘れないようにしましょう(一部の天才でなければ)。

天職だと気づくまでに時間がかかることが多い

これはデメリットというよりも注意点に近いものです。

天職は当人が気づくまでにかなりの時間を要するということがほとんどです。

たとえば、石川啄木はずっと小説家として成功したいと思っていました。

残っている文章でも「夏目漱石と島崎藤村以外の小説家は皆ダメ」とこき下ろしています。

「夏目・島崎以外の小説家よりは自分の方が上」と思っていたのです。

そんなわけがなく、実際啄木の小説はほとんど売れないどころか、完成すらしなかったものが多くありました。

その鬱憤をぶつけるために「悲しいおもちゃ」として作っていた歌が、彼の一連の有名な歌なんですね。

だから、歌集のタイトルも『悲しき玩具』なのです。

生前、啄木の短歌はまったく評価されませんでした。

しかし、死後に注目され、おそらく現代では「ほぼ歴代トップの有名な歌人」となっています。

啄木は、自分の天職が歌人であることに、気づかないまま死んだわけです。

モーツァルトも同じパターンでしたが、当人がやりたくもないのに、なぜか向いている仕事というのは多くあります。

今あなたが自分の嫌いな仕事でお金をもらえていたら「これは、もしかしたら天職なのかもしれない」と、啄木やモーツァルトのことを思い出しながら、考えてみるといいでしょう。

天職が見つからない人は新しいことに挑戦しよう

天職が見つからない人は新しいことに挑戦しよう

天職が見つからないと悩んでいる場合、新しいことに挑戦しましょう。

特に「実際に報酬が発生する仕事」は、ここまでも書いてきた通り、自身が本当に必要とされている仕事が何かを教えてくれます。

お金が発生するとき、そこには何か理由があるものです。

その理由の中に、あなたの天職を探すためのカギが見つかる可能性も高いでしょう。

そのように稼ぎやすい仕事の代表として、当サイト・副業研究所では「副業研究所おすすめの副業サービス」というビジネスをおすすめしています。

スマホ1台で誰でも簡単に稼げるお仕事なので、ぜひ下の公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】天職を見つけよう

【まとめ】天職を見つけよう

天職は、生きるために働いているうちにいつの間にか「育っている」ものです。

最初から用意されているものではなく、もうすでに自分の目の前にあって、自分の責任で栽培していくものと言ってもいいでしょう。

ただ、ブラック企業で自死されてしまう人の例を見ても「明らかにやるべきでない仕事」はあります。

レベルの差はあっても「今の仕事がまさにそれ」という人もいるでしょう。

そのような場合、特に賃金が安くて不満であれば、稼げるビジネスをするのがおすすめです。

文中でも紹介してきた副業研究所おすすめの副業サービスなら、誰でも月収100万円以上を目指すことが可能です。

LINEから公式アカウントを友だち追加するだけで始められるので、ぜひ気軽に公式ページを確認してみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*