動画編集の副業は稼げない?初心者・未経験・スマホのみでできるのかを徹底解説!

ここ数年、副業の世界で注目されているジャンルの1つに「動画編集」があります。

「初心者でもできるのか」「どのくらい稼げるのか」「どこで仕事を見つけるのか」などの点を知りたい人は多いでしょう。

逆に、少し始めてみて稼げないと感じた人や、そのような評判が気になっているという人も多いかと思います。

この記事では、こうした動画編集の副業に関するさまざまな疑問に対して、まとめてお答えしていきます。

動画編集の副業を始めてみたいと思っている人には、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 動画編集の副業の内容
  • 動画編集の副業の収入
  • 動画編集の副業の募集・求人の探し方
  • 動画編集の副業は初心者・未経験者でもできるのか
  • 動画編集の副業はスマホだけでできるか
  • 動画編集の副業を始めるのは今からでは遅いのか
  • 動画編集の副業は職場にバレるか

動画編集の副業とは?

動画編集の副業とは?

動画編集の副業は、YouTuberの動画や企業のPR動画などを編集するお仕事です。

基本的にパソコンでFinal Cut Proなどの専用ソフトを使用します。

詳しくは後述しますが、中にはスマホのみでできる簡単な案件もあります。

報酬は1件20円という激安のものから、1本数十万円の超高単価のお仕事まである、というのが実情です。

動画編集の副業は稼げない?

動画編集の副業は稼げない?

動画編集の副業では「稼げない」という評判が多く見られます。

ここでは、動画編集は本当に稼げないのか、収入の目安はどの程度なのかを解説します。

稼げる収入の目安

動画編集の副業でいくら稼げるかは、仕事内容によって下のような相場が目安となります。

制作内容 1本あたり収入
YouTuberの動画編集代行 3,000円~5,000円
ウェディングムービー 10,000円程度~
企業のPR動画 数十万円程度~

あくまでおおよその目安であり、これより高くなることも安くなることもあります。

そもそも動画の長さやクオリティ、発注元の予算などによってこうした金額は大きく変わるため、あくまで目安と考えてください。

初心者向けのクラウドソーシング案件は数十円から

クラウドソーシングで初心者を募集している案件の場合、1件数十円からという、非常に安いものが多くあります。

ポイントサイトでアンケートなどに答えるよりは稼げるという理由で応募する人もいるのでしょうが、誰がどう考えても、まともな収入にはならないでしょう。

それでも受けている方がいるので、相場としては成り立っているのでしょうが、それでも稼げるか稼げないかといったら「明らかに稼げない」といえます。

専門学校卒業レベルの実力がなければ稼げない

結論からいうと、最低でも専門学校卒業レベルのスキルがなければ、動画編集の副業では稼げないといえます。

というのは、専門学校を卒業した人々でも、ブラックな制作会社でしか働けず、やむを得ず「普通の仕事」に転職していくパターンが多いためです。

当然ながら、映像の専門学校を卒業した人々は、未経験者・初心者より圧倒的にハイレベルです。

それでもまともに食べていくのが難しい世界ですから、最低限専門学校卒業レベルの実力がなければ、まともに稼ぐことは難しいといえます。

以上のとおり、動画編集の副業は一部の能力のある人以外は稼げないものです。

お金を稼ぐことが目的であれば、このような副業ではなく、初心者でも確実に稼げる副業を選ぶべきといえます。

そのような副業で代表的なものは、下のサイトで紹介しています。

1日5分などの隙間時間の作業で月収100万円も目指せるという副業なので、ぜひ詳しい内容をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

動画編集の副業の募集・求人はある?

動画編集の副業の募集・求人はある?

動画編集の副業について、募集や求人があるのかを知りたい人も多いでしょう。

ここでは、そうした募集や求人の探し方を解説していきます。

クラウドソーシングで多数見つかる

動画編集の副業の募集や求人は、クラウドソーシングで多数見つかります。

たとえばクラウドワークスの「映像編集・映像制作」のカテゴリでは、下のような求人が見られます。

クラウドワークス出典:https://crowdworks.jp/public/jobs/category/89

見てのとおり、10万円~30万円という一見高額な案件があります。

しかし、これは「1本1,000円」のため、

  • 100本こなして10万円
  • 300本こなして30万円

という報酬です。

これで月収30万円を受け取ろうとしたら、毎日10本編集するということです。

TikTokの動画編集ということで、YouTubeよりは楽といえます。

それでも、実際にやってみないとわかりませんが、おそらくボランティアに近い金額になるでしょう。

ただ、この案件はしっかりした株式会社からの求人であるため、かなりまともな条件だと推測できます。

他の「誰が発注しているのか不明」という案件の場合、もっと条件は悪くなります。

経験者なら制作会社の求人もある

経験者であれば下のように制作会社による求人が多数あります。

映像出典:https://eizoshigoto.com/lp/user/cr001

「制作経験者歓迎」と書かれており、文字で概要を書き出すと下のようになります。

契約社員 アシスタントディレクター 月給21万円~
派遣社員 アシスタントプロデューサー 月給24万円~
契約社員 プロダクションマネージャー 年収350~630万円

見てのとおり、契約社員か派遣社員の求人がメインですが、正社員の求人も少なくありません。

ただ、動画編集のような仕事は実力が命であり、学歴や経歴だけでは能力を判断できないことが多いため、まずは契約や派遣で実力を見て、それから正社員に採用するというパターンが多いといえます。

このように動画編集の求人や募集はあるものの、クラウドソーシングはよくいわれるとおり低単価であり、経験者向けの社員の業務もおそらくかなりブラックになると思われます。

このような「やりがい系」の仕事は、ブラックな条件でも喜んで働く人が多いため、労働条件が悪くなりがちだからです。

「それでもいい」という場合はいいのですが、やはりお金を稼ぐことが目的であれば、別の副業を選ぶべきといえます。

たとえば下のサイトの副業は、スマホ1台の作業で月収100万円も目指せるということで人気です。

なぜそのように簡単な仕事で稼げるのか、お金の流れを考えるためにもぜひ下のサイトで詳細をチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

動画編集の副業は初心者でもできる?

動画編集の副業は初心者でもできる?

「動画編集の副業は初心者でも始められるのか」という点を知りたい人は多いでしょう。

ここでは、その点を簡潔に説明します。

低単価案件なら初心者でもできる

クラウドソーシングで募集されているような低単価の案件であれば、初心者でも問題なくできます。

ただ、他の部分でも書いているとおり、動画のような作業量を判定しにくい仕事は特に低単価になりやすいので注意が必要です。

たとえばライティングであれば「1文字何円」という相場があり、人口も多いため「その報酬が妥当であるか」の判断がしやすくなっています。

このため、クラウドソーシングでも好条件のお仕事が多く見つかるものです。

しかし、動画編集で特にスマホ系となると明確な相場がないため、いわゆる買いたたきのような案件も多いのです。

だからこそ初心者でも受注しやすいのですが、それで稼げるかというと「稼げない」という結論になります。

スクールから学ぶ方法もあるが…

動画編集の副業は、先にスクールで学ぶという方法もあります。

たとえば下のような動画編集のスクールが多く存在します。

動画編集https://work-joy-skm.com/opt/ks2f0t/

おそらく、こちらのスクール様はハイレベルなカリキュラムを提供されており、実践につながることが多いでしょう。

しかし、動画編集で稼ぎたい人をターゲットにして情報商材のような感覚で稼ぐというスクールが多いのも事実です。

情報商材だとダーティなイメージが定着していますが「動画編集」というとクリーンなイメージがあり、人を集めやすいということです。

現在ではプログラミングやデザインも、同じように「情報弱者」を集めていると指摘されることがしばしばあります。

上で紹介したような良質なスクールであれば良いのですが、そうでないスクールも多くあります。

このため「まずスクールから」と考えている初心者の方は、くれぐれもスクール選びを間違えないようにしてください。

そして、初心者でも稼げる副業を探しているのであれば、下のサイトの副業が特におすすめです。

スマホとLINEだけを使った簡単な作業で誰でも稼げる内容なので、ぜひリンク先で詳細を確認してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

動画編集の副業はもう遅い?

動画編集の副業はもう遅い?

動画編集の副業を今から始めてももう遅いのか、と考えている人も多いでしょう。

ここでは、動画編集を今から始めることにい意味があるかを解説します。

まともに動画編集をできる人はいつの時代も少ない

そもそも、動画編集という仕事は最近始まったものではありません。

少なくともテレビの放送が始まった時代から、職業として定着していたものです。

むしろ、もっと前の映画の時代から(1900年代序盤から)限られた分野ではありますが、存在していたでしょう。

日本では1960年代には、もう完全に1つの職業になっていました。

いつの時代も、スキルさえあれば十分に仕事にできたのです。

「現代ならスキルがない人でもできる」は嘘

そして、現代ではスキルがない人もできる、ということはありますが「できても低単価なお仕事ばかり」です。

「動画編集は稼げる」と一時期話題になっていましたが、それは教えて稼ごうとする人がたちが喧伝していただけであり、実際にそれほど稼げる分野ではありません。

「やりがい系」の仕事は原則稼げない

上記のようにいえるのは、このようなクリエイティブな仕事は「皆やりたがる」ためです。

  • 映像クリエイター
  • デザイナー
  • イラストレーター
  • ミュージシャン
  • 小説家

上のような職業を当初は志していて、現実に生活するために他のお仕事に転向したという人は多数います。

そのような人たちが、今やっているお仕事と同等に上記のお仕事が稼げるとわかったら、すぐに転職するに決まっているのです。

そうすると、彼らが今やっているお仕事は空きができるわけです。

そうなると、その空きを受けるために、そちらのお仕事は高単価になります。

つまり、どれだけ時代が変わっても、

  • やりがい系のお仕事は報酬が安い
  • そうでないお仕事は報酬が高い

というバランスが崩れることは、原則としてないのです。

これはペイパル創業者のピーター・ティールも、著書の中で繰り返し述べていることです。

「成功したいなら、ハリウッド俳優のような誰もがなりたがる仕事を志してはいけない」という内容を、ティールは説いています。

(ティールも元々エリート街道を歩んでいて挫折した経験があります)

上記の原則が崩れるケースは、ロボットやAIでもできるような単純労働が不要になるというパターンです。

「ロボットやAIではできない仕事」という点では「やりがい系」は確かに今後稼げるようになる可能性があるものです。

ただ、上に書いたような理由でロボットやAIではできない仕事で、かつ「やりがい系ではないお仕事」が一番稼げるということは、理解しておくといいでしょう。

以上のとおり、動画編集の副業は遅い早いに関係なく「もともと稼げない」お仕事です。

このため、報酬を得ることが目的であれば、最初から「稼ぐ系」のビジネスを行うのがおすすめです。

そのような稼ぐ系のビジネスの中でも、特に稼げる副業が下のサイトで紹介しているものです。

スマホ1台を使ってスキマ時間に稼げる副業なので、ぜひ詳しい内容をリンク先で確認してみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

動画編集の副業はスマホでできる?

動画編集の副業はスマホでできる?

パソコンを持っていない、あるいはPCが苦手、スマホの方が得意という理由で「スマホでできる動画編集の副業」に興味がある人も多いでしょう。

ここでは、そのようなお仕事があるのかを実際の案件情報とともに説明していきます。

簡単な作業なら十分にできる

パソコン派の人には意外かもしれませんが、動画編集の副業はスマホでもできます。

  1. 前後のカット
  2. クロップ(拡大・縮小)
  3. 音楽の挿入
  4. 簡単な文字入れ
  5. 基本的なエフェクト

これらはスマホでもできる作業です。

有料アプリはもちろん、無料アプリでできるものもあります。

スマホでできる作業の案件も実際にある

クラウドワークス出典:https://crowdworks.jp/public/jobs/5074726

実際、クラウドワークスなどのクラウドソーシングを見ると、スマホでできる動画編集の仕事の案件もあります。

上の画像のようなもので、単価は1件20円と非常に安いものになっています。

つまり、まともに稼ぐことはできないのですが、一応案件自体はあります。

真面目に副業にするならパソコンが必須

動画編集の副業に真面目に取り組むのであれば、パソコンは必須です。

これは当然で映像クリエイターを名乗る人がパソコンを持っていないと言ったら、誰でも「怪しい」と思うでしょう。

もちろん「あえてスマホ1台での表現を追求している」というアーティストであれば話は別です。

しかし、このようなアーティストもパソコンでの編集は必ずできるものです。

単純にパソコンを使えない、あるいは持っていないという理由でスマホだけでの編集を行うことには限界があります。

このため、動画編集の副業は最終的に必ずパソコンが必要になると考えてください。

なお、スマホ1台でできる副業を探しているのであれば、スマホ副業が最もおすすめです。

そのスマホ副業の中でも、特に稼ぎやすく人気のビジネスは下のサイトで紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

動画編集の副業は未経験でも可能?

動画編集の副業は未経験でも可能?

「未経験だけど動画編集の副業をしてみたい」と思っている人も多いでしょう。

ここでは、動画編集の副業は未経験でもできるのかを解説していきます。

低単価の案件なら可能

動画編集の副業は未経験でもできます。

先ほど紹介したクラウドソーシングの案件のような低単価の仕事であれば、誰でも受注できます。

特にスマホでできる作業と書かれているものは、ハイレベルな編集をまったく期待されていません。

「誰でもできる作業」なので、未経験でも問題なく可能です。

ポイントサイトの延長と割り切るべき

未経験者でもできる動画編集の副業は「ポイントサイトの延長」と割り切るべきです。

ポイントサイトでは、アンケートに1件5円からという単価で回答し、それでお小遣いを稼ぐというのが一般的です。

未経験者OKの動画編集の副業も、このようなポイントサイトのお仕事と同じだと割り切りましょう。

作業時間を考えると、むしろアンケートの方がよほど稼げるということもしばしばあります。

完全に割り切ってお給料以外の方法でお金を稼ぐ体験をしたいというだけであれば、それなりにおすすめできます。

しかし、そのような収入では満足できない、まともな収入を得たいという人には、別の副業をおすすめします。

たとえば下のサイトの副業であればスマホ1台でできる簡単な作業で、月収100万円を稼ぐことも可能です。

なぜそのように稼げるのか、詳しい仕事内容は下の公式サイトでチェックしていただけたらと思います。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

動画編集の副業はばれる?

動画編集の副業はばれる?

副業禁止の会社で働いている場合「動画編集の副業はばれるのか」という点が気になるでしょう。

ここでは、どのようなケースでバレるのか、バレないようにするにはどうすればいいかを解説します。

住民税が「特別徴収」のままだとバレる

会社員は基本的に住民税を「特別徴収」で納税しています。

これは、会社がお給料天引きで、あなたの代わりに住民税を納めるというものです。

  • 会社が納税するということは、会社に金額がわかる
  • 税金の金額がわかれば、あなたの年収がわかる
  • 年収が会社のお給料より多ければ、副業をしているとわかる

ということです。

確定申告で「普通徴収」にすればバレない

一方「自分で納税する」のが普通徴収です。

これなら、会社にあなたの住民税の金額はわかりません。

つまり、あなたが副業をしているかどうか、会社にはわからないということです。

「特定商取引法に基づく表記」が必要だとバレる

自分でネットショップやホームページなどを開設して、動画編集のお仕事を請け負うこともあるでしょう。

この場合、内容によっては「特定商取引法に基づく表記」が必要になります。

この表記では、下のような情報を書く必要があります。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

これらの情報から会社の人があなたの名前や住所、電話番号を検索して見つけるという可能性もあります。

副業を疑って探すこともあれば、偶然見つけるということもあるでしょう。

どちらにしても、特商法表記が必要なケースでは、特に情報公開に注意する必要があります。

以上のとおり、動画編集の副業でも職場バレを防ぐ方法はあるものです。

しかし、やはり表にまったく出ないで稼げる副業の方が、バレにくいのは確かです。

そのような副業の代表といえるのは、下のサイトで紹介しているビジネスです。

スマホ1台を使ってLINEアンケートに答えるなどの簡単な作業で稼げるビジネスなので、ぜひ詳しい内容をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

【まとめ】動画編集の副業

【まとめ】動画編集の副業

動画編集の副業は初心者でもできますが、ほとんどは買い叩きのような案件ばかりで、おすすめはできません。

動画編集が好きであればいいのですが、そうでない場合に、収入を増やす目的で行うべき副業ではないといえます。

収入を増やしたいのであれば、スマホ1台でできるスマホ副業に取り組むのがおすすめです。

そのスマホ副業の中でも、下のサイトの副業は特に稼ぎやすいものなので、ぜひ詳細をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

公式HPに
登録する!

-18歳以上限定-

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*