【最新】翻訳副業の仕事内容・必要なレベル・おすすめサイトについて徹底解説!

翻訳を副業とする 誰でも稼げるおすすめ分野を紹介

翻訳の副業といえば高収入をイメージしますよね。

しかしそれは本当なんでしょうか?

この記事では翻訳の副業が具体的にどんな作業でどれくらい稼げるのかを解説しています。

この記事でわかること
  • 日本で翻訳需要がなぜ多いのか?
  • 翻訳の副業で稼げる年種の相場
  • 翻訳よりさらに稼げる副業情報

この記事を読めば、あなたに合った理想の副業が見つかり、あなたは簡単に本業以上の収入を得ることができてしまうでしょう。

あなたの人生を変えるかもしれない重要な情報を掲載しているので、しっかり実践してまずは「お金に全く困らない生活」を実現させましょう。

結論から言うと翻訳の副業には高い語学スキルが要求され、また拘束時間も非常に長いです。

そこで当ページではスマホを操作するだけの簡単な副業であるスマホdeマネーをおすすめします。

スマホdeマネーはまだあまり知られていない副業なので、初心者でも十分稼ぐことができます。

興味を持った方はまずは無料で会員登録だけでもしてみることをおすすめします。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

翻訳の仕事は副業に向いているの?

翻訳の仕事は副業にできる?

日本人は基本的に外国語が苦手です。

その原因として考えられるものは

日本人が外国語を苦手とする理由
  • 島国で単一言語・単一民族
  • 日本語は起源不明の独立言語であり、主要各国の言語とは系統が違いすぎて習得が困難
  • 日本語自体が漢字を含めあまりに細かく奥深い言語であるため、言語脳のキャパシティ面で他言語まで理解できる余裕がない

この3点が問題だと言われています。

1つ1つ詳細に触れていきます。

島国で単一言語・単一民族

日本という国は島国であり“基本的に”単一言語・単一民族の国(厳密にはアイヌ民族と琉球民族も存在します)なので、多言語国家のように各種言語を理解することが環境面で苦手とする土壌があります。

ヨーロッパのように陸続きで様々な民族・言語が行き交う環境とは大きく異なり、立地でも極めて不利な立場です。

日本語は起源不明の独立言語

さらに日本語は英語・スペイン語・ドイツ語・フランス語のように世界の多くで話されている「インド・ヨーロッパ祖語」と系統が違う上に、その起源すらわかっていない独立した言語系統であり、文法も表現方法も言語構造も全く違うことが日本人の外国語習得を困難にしています。

語源が同じ言語同士なら類似性が多く、短い学習時間で習得も早いものです。

ヨーロッパ人が3,4か国語を当たり前のように習得できているのもそのような背景があるからです。

スペイン人とポルトガル人とイタリア人が普通に会話できるのも、スペイン語とポルトガル語とイタリア語は類似性が極めて多い背景があります。

日本語は漢字文化圏ですが、中国語とも系統的関連性は認められず完全に「独立言語」であるため、多言語を習得する際は「ゼロ」からのスタートになるために圧倒的不利なのです。

さらに日本語自体が敬語や漢語表現を含めて極めて細かく複雑な言語であることから、言語脳のキャパシティに空きがなくなってしまっていることも無関係ではありません。

漢字だけ考えてみても、全ての漢字を読み書きできる日本人などほとんどないことでもわかりますが、日本語は奥が深すぎて完璧に習得しようと思えば永遠に勉強し続けなければならないほどで、多くの日本人は日本語だけで「いっぱいいっぱい」なんです。

社会人であれば、上司や取引先との会話や文書のやり取りで使用する敬語表現の細かさ・複雑さに辟易した経験があるでしょう。

日本語ほど敬語表現が細かく複雑に体系化している言語は世界中探してもほとんどありません。

米国国務省データで日本語は「世界で最も習得が難しい言語」だと近年に認定されてしまったほどです。

日本人でさえ漢字や細かい敬語表現が苦手という人がたくさんいるほどですから、外国人が日本語を習得することがどれだけ困難であるか想像に難くありません。

「世界で最も難しい言語」を母国語に持つ日本人は、その母国語と向き合うだけでも大変なんです。

翻訳できる日本人は価値が高い

これだけ外国語習得に不向きな言語事情を抱えていながら、日本は世界で指折りの経済大国でありIT技術の普及率も高いことから外国の情報が常に大量に流れてきています。

必然的に翻訳の需要は高く、外国語を理解できる日本人は希少価値があり重宝されてきた歴史がこの国にはあります。外国語が苦手にも関わらず、世界中の情報が次々入ってくる日本ほど「翻訳需要」の多い国はなかなかありません。

あなたに外国語を問題なく読み書きできる語学力があれば、それだけで大半の日本人にはない「特殊スキル」があると考えても良いでしょう。

翻訳を副業にすれば本業以上に稼げる可能性もあります。

しかし、ただ外国語を読み書きできるという程度では翻訳を副業にして稼げるほど甘くはありません。

次は具体的な翻訳の仕事内容について解説します。

副業でできる翻訳の仕事内容

副業でできる翻訳の仕事内容

翻訳の副業と言ってもただ簡単な日常会話を翻訳すれば良いというほど簡単ではありません。
基本的に求められるのは各種の専門分野記事の翻訳です。

専門分野翻訳の例
  • 医薬系翻訳
  • IT系翻訳
  • 技術・工学系翻訳
  • 法律系翻訳
  • 特許系翻訳
  • 金融系翻訳
  • 公文書翻訳
  • 学術論文翻訳

他にも様々ありますがこれらのような専門分野文献の翻訳が求められるわけです。

それぞれ特殊用語や独特の表現形式があり、ただ「英字新聞が読める」とか「TOIECで900点取った」とか、それだけでできる仕事ではないということです。

その専門分野にアレルギーなくしっかりと分かりやすい日本語で翻訳できる能力も必要なのです。

もちろん、調べながら作業をするということも可能でしょうが、医療知識が全くない人が医療翻訳に挑戦するのは相当な負担です。

次々とわからない医学用語が出てきますから、それを1つ1つ調べる労力もかなりのものになります。

そして、当然のことながら外国語力と同じだけ求められるのは高度な「日本語力」です。

帰国子女の人に多いですが外国語の語学力があっても、肝心の日本語の文法や漢字の知識が低かったり、酷い時は日本語の識字力さえ怪しい人がいます。

外国語の方ばかり強くても、最終的にそれを表現するのは「日本語」だということを忘れてはいけません。

まずは高い日本語力があって、その上で高い外国語と各種専門分野の知識が必要である高度な作業だということを認識しましょう。

また、出版翻訳の需要も多いですが、これには「センス」も問われます。

外国語の原文をそのまま日本語にしても日本語的に不自然な表現になります。

これを「自然で読みやすい日本語」に“意訳”できるセンスが一流の翻訳者かどうかの判断基準になります。

機械製品のマニュアル翻訳も需要が高いですが、こちらも同様にセンスが問われます。

日本語と外国語共に高い語学力が問われ、専門分野の知識や素養も問われ、さらにわかりやすい表現に変換するセンスまで問われるハードルの高い仕事です。

逆に言えばそのような翻訳ができる人なら需要は高いので大きく稼ぐことができるでしょう。

厳しい現実ですが、後述するように近年は日本人でも語学力が高くなってきていて翻訳業界も競合が激しくなっている実情があります。

副業に関しては翻訳だけでなく、今はスマホアプリでゲームをしながら月100万円稼げてしまうものまで誕生しているので後にそのあたりも触れていきます。

翻訳の副業の始め方

翻訳の副業の始め方

それでは、翻訳の副業を始めようと思った時、どのような流れになるかわかりにくいですよね?

具体的にはには以下↓の流れになります。

翻訳の副業の探し方
  • 募集サイトを探す
  • サイトに登録し案件に応募する
  • 実際に業務をする

それぞれ解説します。

募集サイトを探す

昔は翻訳会社の求人を探すか、自ら売り込むしかありませんでしたが、今はクラウドソーシングサイトが豊富にあります。

有名な「クラウドワークス」や「ランサーズ」だけではなく翻訳専門のクラウドソーシングサイトとして以下↓のようなものがあります。

翻訳専門のクラウドソーシングサイト
  • Gengo
  • Conyac
  • YAQS
  • Workshift
  • Amelia

しかしクラウドソーシングは手軽に仕事を探せる分、競合が激しく仕事は取り合いになりがちな側面もあります

依頼側も足元を見て報酬を安くしてくる流れになってきています。

それでも実力があればそれなりの報酬で仕事もできますが、寧ろ「レッドオーシャン」になりつつあるクラウドソーシングから目を背けるのも良いかもしれません。

かといって求人サイトでの募集もやはり競合・倍率が激しいことに変わりはありません。

一番おすすめなのは様々な翻訳会社のサイトを1つ1つ見て回ることです。

大抵の翻訳会社のサイトは翻訳者を募集しています。

その中で条件の良さそうな会社に応募するのが一番良いかもしれません。

翻訳者募集をしていなくてもお問い合わせフォームから売り込めばトライアルを受けさせてもらえることもあります。

これからの翻訳副業は条件の良い仕事は自分で勝ち取る「営業力」も問われてきます。

それはクラウドソーシング内で仕事を探す場合でも同じです。

条件の良い仕事を得るためにクライアントに売り込んだり、報酬UP交渉をするなどの「営業活動」もライバルに差をつける為には必要でしょう。

営業活動が苦手という翻訳者が多いからこそ、営業力で差をつけるのです。

サイトに登録し案件に応募する

クラウドソーシングや翻訳サイトなどに登録したら案件に応募します。

翻訳サイトの場合は向こうからトライアル的に案件を振ってくることもありますが、

クラウドソーシングサイトであれば、仕事は自分で探して自分から売り込まなければなりません。

自分自身の翻訳力がどの程度か、自分を使うことでどんな良い結果が得られるかを具体的にイメージできるようなPRをしましょう。

大切なのはクライアントに対して、自分に依頼することで得られる「ベネフィット(≠メリット)」をイメージさせるようなPRが良いでしょう。

相手に「ベネフィット(benefit)」を理解させることは営業戦略面では極めて重要なことです。

伝えるのは「メリット(merit)」ではなく「ベネフィット(benefit)」であることが大事です。

英語翻訳者なら両者の違いはわかりますよね?

「自分は~分野の翻訳ができます」というだけの面白みのない「長所提案型」のPRしか大抵の翻訳者はできません。

しかしあなたは「自分を起用してくだされば、〇日以内に納品し、読み手が楽しめるようなオリジナル翻訳で貴社の顧客満足度UPに貢献できます」のように、「ベネフィット型PR」で攻めてみましょう。

これだけでライバル翻訳者に差をつけられますよ。

実際に業務をする

実際に業務をするに際して求められるのは「スピード」です。

どの程度の納期で納品してもらえるかをクライアントは気にしています。

基本的に翻訳依頼というものは急ぎの依頼が多いのです。

かといって早ければ良いというものではなく品質も問われます。

「速く・高品質」な訳文を納品することを心掛けてください。

翻訳の副業の年収はどのくらい?稼げるの?

翻訳の副業の年収はどのくらい?

では、翻訳の副業はどの程度の年収を稼げるかという話ですが、翻訳者としての年収を左右する要素は4つあります。

副業翻訳の年収を決める要素
  • 翻訳者としての実績と実力
  • どんな案件を受けるか
  • どの言語を対応するか
  • どのくらいの作業時間を確保できるか

この4点について解説していきます。

翻訳者としての実績と実力

これは翻訳者としての経験年数や実績は、依頼する側から見れば大きな指標です。

そして実際に納品された記事の品質で依頼側を「ファン化」させてしまえば高単価の依頼が継続的に入るようになります。

つまり「お得意様」を抱えたことになるのです。

しかし副業翻訳を始めたばかりだとアピールできる実績がありません。

まずは実績を積むことから始めなければならず、安い報酬で買い叩かれるのを耐えて実績を積むしかありません。

どんな案件を受けるか

海外Webや動画翻訳のような簡単な案件と、医学系学術論文の翻訳では後者の方が圧倒的に報酬が高いのは当然です。

何も難しいことはないエンタメ分野の翻訳と、専門知識が求められる専門分野翻訳のどちらを受けるかで年収は2~3倍は違ってくるでしょう。

稼ぎたければ専門分野翻訳は避けては通れません

自分の“得意分野”を作っておく必要もありますね。

どの言語を対応するか

昔は専門分野翻訳でもない簡単な翻訳であってもそれなりに稼げる時代が長く続いていました。

副業なのに本業以上の収入を得ている人も少なくなかったのです。

しかし、近年は変化が起きています。

特に英語に関しては翻訳対応ができる人がかなり増えています。

これは語学学習プログラムの進化と大学進学率の上昇が関係しています。

そのため英語翻訳に関しては日英翻訳・英日翻訳共に値崩れが激しいです。

市場が飽和すれば値崩れを起こすのは商売やビジネスの世界でも翻訳の世界でも同じことです。

よほどの実力がないと満足のいく報酬は得られにくくなっています。

英語翻訳は完全に「戦国時代」に突入した感があります。

英語以外の言語であればまだそこまで競合が激しくもありません。

言語によっては低い翻訳スキルでも稼げてしまうこともあります。

どの言語を選ぶかで稼げる金額もかなり違ってくるでしょう。

どのくらいの作業時間を確保できるか

副業でやる以上作業時間は限られます。

限られた時間でどれだけの作業ができるかも年収に大きく関わってきます。

そもそも翻訳記事は大抵スピードを求められます

短い時間で仕上げる実力もクライアントの信頼を勝ち取り、高い報酬を得る為には必要な要素です。

本業の無駄な残業や仕事後の付き合いなど極力排して時間を作った上で、記事自体も「早く・高品質な」ものを作成してください。

年収は副業であれば大体100万円~300万円が相場です。

より良い副業は?

昔は簡単な英語翻訳でも稼げましたが、今は英語翻訳者の飽和状態のために英語翻訳はかなり買い叩かれ、割に合わない報酬で作業することになりがちです。

そうでなくても専門分野翻訳となるとリサーチなども相当な時間と労力が求められますし、細かい日本語力や意訳センスまで問われ、形の上では肉体労働ではなくても立派な「重労働」です。

よほどの実績がなければ翻訳の副業は条件が良い仕事とは言えない時代になっています。

根本的にどうしても「翻訳で副業をしたいのか?」どうかも考えてみてください。

今は翻訳でなくても稼げる副業情報を知っていればラクに翻訳副業より圧倒的に稼げてしまうものもあります。

今年に誕生したばかりの副業ですがスマホアプリでゲームをするだけで月100万円稼げてしまうような副業も実はあります。

クローズドな副業ですが、この記事を見ているあなたには特別に紹介します。

とにかく翻訳副業をやるのがバカらしくなるほど簡単に稼げてしまうので驚くと思いますよ。

【厳選】翻訳より稼げるおすすめな副業5選

翻訳より稼げる副業5選

高単価副業の象徴とも思えた翻訳ですが、実際は簡単に稼げないこともご理解いただけたと思います。

しかしあまり知られていない簡単に稼げる副業も現実にあります。

おすすめ副業の記事と合わせて参考にしてみてください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

稼げる金額 ★★★★★
作業量 スキマ時間に作業するだけ
飽和性 クローズドアプリなので今すぐ参入すれば月100万円稼げる可能性もある

スマホアプリを使った副業はいろいろありますが、もっとも稼げるのはこのスマホdeマネーです。

スマホアプリをインストールしてゲーム等で楽しむだけでお金になります。

スキマ時間にちょっと作業するだけでどんどんお金が増えていきます。

数をこなせば月100万円稼いでいる人もいます。

ただこれはまだ飽和する前だからそれだけ稼げるのです。

英語翻訳のように飽和してしまったら稼ぎにくくなる可能性はあります。

まだあまり知られてないからこんなに大きな金額を稼げる状況になっています。

今ならまだアプリを使った副業は競合も少なく大きく稼げるチャンスですから無料登録で試してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ワークセレクト

翻訳より稼げる副業

稼げる金額 ★★★★★
作業量 10分程度の簡単作業をするだけ
飽和性 全くなし

ワークセレクトもスマホを使った副業の1つです。

こちらはLINEで友達登録をするだけです。

登録後は自分に合った仕事を厳選して紹介されます。

作業時間は10分程度ととにかく短いです。

そんな短時間労働でもしっかり続けていけば月に50万円も稼げてしまいます

ワークセレクトもまだあまり知られていない「穴場」の副業なので、誰でも簡単に大きく稼ぐことができます。

まだ十分に稼げる今に会員登録をしてみることをおすすめします。

\知識がなくても稼げる!/

ワークセレクトに
今すぐ登録する!

FX

翻訳より稼げる副業

稼げる金額 ★★★★☆
作業量 本格的に稼ごうと思ったらかなりのリサーチや勉強が必要
飽和性 参入者は増える一方で、ゼロサムゲーム的性質もあることからどんどん稼ぎにくくなっている

FXも人気の副業ですよね。

レバレッジをかけることで上手くいけば億を超えるお金を稼げてしまいますが、その分多額の負債を抱えてしまうリスクまでありギャンブル性は極めて高いです。

本気で稼ぐ為にはかなりの作業量と勉強も必要なので決して楽ではありません。

まずはデモトレードから慣れるのが良いですが、基本的に運用資金がないと大きく稼ぐことはほぼ不可能です。

まず上で紹介したスマホdeマネーワークセレクト簡単に軍資金は稼げますから、その軍資金で勝負してみるのはおすすめです。

\FXを始めるなら!/

DMM FXに
今すぐ登録する!

アフィリエイト

翻訳より稼げる副業

稼げる金額 ★★★☆☆
作業量 毎日記事を更新し続ける必要があり負担はかなり大きい
飽和性 参加者がどんどん増えていて飽和性は極めて高い

元手はほぼなしで手軽に始められるのが魅力のアフィリエイトです。

しかし稼ぐまでの時間がかなりかかるのが最大の難点です。

毎日記事を更新し続けても3ヶ月は稼げないことが大半ですし、やり方が間違っていたら1年続けても稼げません。

正しいやり方で毎日続ける必要があるので、しっかりした情報収集も必要です。

しかし無料の情報で稼ぐのはほぼ不可能なので優良の情報商材やコンサルや塾のどれかに投資して、正しい情報を得られれば成功できる可能性は一気に高くなります

情報を買うのもここで紹介しているスマホdeマネーワークセレクトや次に紹介する副業ガイドなどスマホアプリの副業なら簡単に稼げるので、その3つのどこかでお金だけ作ってしまってから挑戦することをおすすめします。

\アフィリエイトを始めるなら!/

A8.netに
今すぐ登録する!

副業ガイド

翻訳より稼げる副業

稼げる金額 ★★★★★
作業量 時間のかかる作業はほとんどなく、配信される簡単作業をこなすのみ
飽和性 なし

この副業ガイドもスマホを使った副業ですが、LINE登録をしてそこで自分に合った簡単作業を見つけたら、それをこなすだけで簡単に稼げてしまう手軽さで人気です。

しかもこの副業の嬉しい点は特別な知識やスキルも不問で、お年寄りでもできてしまう手軽さです。

スマホアプリの副業はどれもまだ新しいことで飽和していないことも稼げる理由の1つです。

作業を続けて経験値が高まればさらに報酬の高い仕事にも挑戦できるようになります。

そのような流れで月に50万以上稼ぐことも可能です。

時間もほとんど奪われないので非常にありがたい副業です。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドのLINE@に
無料で登録する!

翻訳の副業まとめ

翻訳の副業

翻訳の副業で稼ぐことはしっかりした語学力や専門分野の知識、そして翻訳センスなどあらゆるものが必要になります。

本業も抱えているのに負担の大きい翻訳作業をしても、安い報酬しかもらえない現状を考えると、スマホアプリで稼ぐ副業の方がおすすめと言えますね。

その中でも特におすすめなのはスマホdeマネーです。

スマホdeマネーはまだあまり知られていない副業なのでだれでも月収100万円稼ぐことができます。

今後は会員登録者が飽和状態になってしまうかもしれないので、稼げる今にまずは無料で会員登録をしてみることをおすすめします。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*