大学生のうちにやるべきこと12選!【やらないと後悔します】

大学生がやるべきこと

あなたが今大学生なら「学生のうちにやっておくべきことは何か」ということが気になるでしょう。

かつてのように学歴だけで一生安泰という社会ではなくなったため、大学で何をやるかは非常に重要なことです。

この記事では、多くの大学生が大学生活を有意義に過ごせるよう「大学生がやるべきこと」を解説します。

読んでいただくことで、より有意義で実りの多い4年間を過ごせるようになるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 大学生が挑戦をするべき理由
  • お金を稼ぎ・勉強で大学生がやるべきこと
  • 理系・文系の大学生が在学中にやるべきこと

大学を出た後の問題で、特に大きいのは奨学金の返済です。

かつてと違い、会社に勤務してもお給料が上がらなくなった現代では、奨学金の返済はそう簡単にはできません。

また、奨学金を借りていなくても、やはり社会人になって一人暮らしをするのはハードです。

一般的な初任給では、都市部でギリギリ生活する程度のお金しかもらえません。

そのように苦しい生活にならないためにも、大学時代からお金をたっぷり貯めておくのがいいでしょう。

そのために当サイト・副業研究所がおすすめしているのが、下の副業研究所おすすめの副業サービスというビジネスです。

スキルや知識がなくてもスマホ1台で簡単に稼げる内容なので、ぜひ詳細を下の公式サイトでチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

大学生が挑戦をするべき理由

大学生が挑戦をするべき理由

大学生がさまざまなことに挑戦すべき理由は多くあります。

ここでは、その理由の中でも主だったものを3つ解説していきます。

時間が沢山ある

大学生には時間がたくさんあります。

平均の休日は200日というほどです。

大学時代を振り返って「そんなにあったっけ?」と思うかもしれません。

しかし、実際に大学のデータを見るとそうなっているのです。

有名大学の年間休日数を見ていきましょう。

東京大学 202日
大阪大学 201日
早稲田大学 164日
慶應義塾大学 170日

少々意外かもしれませんが、国公立大学の方が、私立大学より休日が多いわけですね。

国公立・私立それぞれの休日数はほぼ統一されているといえます。

何はともあれ、これだけの休日があるのです。

この休日をいかにうまく活用するかで、その後の人生がある程度決まるといってもいいでしょう。

学生と言う社会的地位がある

学生というのは一種の社会的地位です。

たとえば、社会人が起業しても誰も何も思いません。

しかし、大学生の起業であれば、他の社長なども興味を持ってくれます。

特に女子大生の場合はメディア受けもいいため、メディア露出をしやすい点でも有利です。

極端な話、まだほとんど事業を展開できていない段階でも「がんばる学生」のような形で取材が来るほどです。

後は、その取材を受けた実績を元に「○○様から取材を受けました」と信頼性をサイトでアピールします。

そして、その信頼性を元に仕事を獲得し、本物の起業家としての実績をつけていけばいいのです。

ずる賢いと思うかもしれませんが、そう思うなら他の学生もやればいいのです。

やらないということは、起業は相当に大変ということを、皆わかっているためです。

それでもこのようなアドバンテージがあるため、起業でも何でも大学生は挑戦すべきといえます。

失敗できる

大学生は下の2つの理由で「失敗を気にしなくていい」といえます。

  • 取り返すための時間がたっぷりある
  • 学生の失敗なので大目に見てもらえる

失敗をリカバリするには当然時間が必要です。

30代まではともかく、40代や50代になるとその時間をなかなか確保できません。

20代でも社会人になってしまうと、自分の生活費を稼ぐ必要があるため難しいでしょう。

しかし、大学生なら何かで失敗してもまだ就職の余地はいくらでもあります。

もちろん、就職だけでなく起業するチャンスもいくらでもあります。

周囲も学生の失敗ならむしろ「チャレンジング」「アグレッシブ」として評価してくれます。

そのため、大学生は失敗を恐れずにどんどん挑戦をすべきなのです。

ただし、同じ失敗でもTwitterで人を誹謗中傷して炎上するような失敗は違います。

悪意からの失敗と、挑戦からの失敗は違うということをよく理解しておきましょう。

【お金稼ぎ編】大学生のうちにやるべきこと

【お金稼ぎ編】大学生のうちにやるべきこと

お金を稼ぐというのは、大学生にとっても重要なことです。

ここでは、収入を得ることに関して大学生がやるべきことを解説していきます。

副業を始める

まずは副業を始めることです。

大学生は会社員ではありませんが、学業が本業なので副業といえます。

あらゆる副業の中でも、スマホ1台で稼げるスマホビジネスは、特に大学生に向いています。

40代などの大人よりも、大学生の方がスマートフォンの操作に習熟しているためです。

スマホビジネスの中でも、当サイト・副業研究所がもっともおすすめしているのが、副業研究所おすすめの副業サービスです。

1日5分などのスキマ時間を有効利用して稼げるビジネスとして話題になっています。

詳しい仕事内容や始め方、実践している人々の体験談などは下のリンク先から公式ページを見てみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

プログラミング

プログラミングは、今特に需要がある分野です。

理由は、AIが人間の業務を代行するにしても、そのAIをプログラミングする人が必要だからです。

AIエンジニアでは、年収1000万円を超える人も多くいます。

これは当たり前のことで、人間3人分の仕事をできるAIをプログラムすれば、3人分の給与をもらえるのです。

日本人の平均年収が400万円として、その3人分なので1200万円になるわけですね。

もちろん、レベルの高いAIを作成すれば、3人どころのレベルではないでしょう。

多くの会社に提供できるようなAIを開発したら、年収で億単位を狙うこともできます。

それどころか、内容やレベルによっては会社を上場させることもできるでしょう。

そのくらい、プログラミングには価値があります。

理系の学生であれば、ぜひプログラミングをマスターしておきましょう。

様々な種類のアルバイト

あらゆる種類のアルバイトをすることも、大学生にとって有意義です。

お金をもらえるだけでなく、さまざまな業界の現場を知ることができるためです。

この経験は就職活動でも、就職した後でも生きてくるでしょう。

たとえば自社のサービスを他業界の会社に売り込むときに、その業界でのバイト経験があると有利です。

売り込みだけでなく、他業界向けのサービスや商品を開発する段階でも、やはり他業界でのアルバイト経験が生きるでしょう。

多くのバイトをすることはこのように実利があるだけでなく、好奇心を満たせて楽しいというメリットもあります。

【勉強編】大学生のうちにやるべきこと

【勉強編】大学生のうちにやるべきこと

大学生の本分は研究であり勉強です。

ここでは、勉強に関して大学生が在学中にやるべきことを解説していきます。

沢山本を読む

たくさん本を読むのは、学生時代にできるぜいたくの一つです。

大人になると読書をする時間もなかなか確保できません。

大学生は「ビジネスマンの方が読書をしているイメージがある」と思うでしょう。

その通りですが、それはわずかな時間を見つけて忙しい中で読んでいるのです。

熱心に読書をするビジネスマンの多くが「学生時代にもっと本を読んでおけばよかった」と考えています。

大学生は図書館まで出かけなくても、大学の図書館を毎日簡単に使うことができます。

また、教授の部屋には図書館にもないようなマニアックな書籍が多くあります。

本気で勉強をしたい人にとっては、理想的な環境なのです。

大学時代は他に楽しいことが多くあるように感じるかもしれません。

もちろんいろいろな楽しみがあっていいのですが、本を読むことも非常に楽しいことだと知っておくといいでしょう。

自分の専攻をしっかり学ぶ

大学生の専攻分野というのは、非常にハイレベルな研究をするチャンスにあふれています。

教えてくれる大学教授は、その分野では誰でもそれなりの実績や人脈を持っているものです。

そのため、一度専攻を決めたら基本的にその分野を極める方がいいのです。

さまざまな学部からその学部を選んだ時点で、それなりに興味はあるということでしょう。

また、受かった以上は他人から見た適性もあるということです。

ならば、あれこれ脇目をふるよりも目の前の専攻に邁進した方がいいのです。

それによって、就活の面接でも下のような質問に答えやすくなり、有利になるでしょう。

  • なぜ今の学部を選んだのか
  • その学部で何を学んだか
  • 学んだことを弊社でどう活かすか

もちろん質問にうまく答えられるというのは「中身がある」ということです。

質問の受け答えのためではなく「確かな中身があって、それが自然に伝わる」状態になります。

そうした理想的な状態を作るためにも、自分の専攻をしっかり極めることが有意義なのです。

取れる資格はとっておく

大学生のうちに取れる資格はできるだけ取っておきましょう。

特に特定の単位を取得すれば取れる資格は、大学生ならではの有利な分野といえます。

代表的なものはやはり教職免許でしょう。

社会人になってからでも教職の単位までは取れます。

しかし、たとえば30代以上になってから教育実習に混ざるというのは、かなり強い人でないと厳しいでしょう。

教職免許は教師にならなくても「しっかりした人である」というアピールに使えます。

そのため、さほど忙しくないのであれば教職も取っておきましょう。

その他、専攻ごとに「この単位を追加でとれば、この資格を取れる」あるいは「受験資格ができる」というものがあります。

このようなものも、条件をクリアできる人が少ない分大学生は有利なので、資格や受験資格を取っておきましょう。

【理系編】大学生のうちにやるべきこと

【理系編】大学生のうちにやるべきこと

あなたが理系の大学生の場合「理系なら何をすべきか」ということが気になるでしょう。

この段落では、理系の大学生が在学中にやっておくべきことを解説します。

研究に打ち込む

理系の研究は、しばしば社会を変えるような発明を生み出します。

たとえばミドリムシのユーグレナは、東京大学の研究室から生まれたものです。

他にも、iPS細胞の山中教授の研究室は京都大学にあります。

このような社会を変える最先端の研究に触れられるのが大学という環境です。

そのため、特に理系の大学生は研究に打ち込む意義が大きいでしょう。

海外留学に行く

テクノロジーは言語や国境を超えやすいものです。

そのため、特に理系の学生は海外に留学すべきといえます。

Webで画像を表示する拡張子のJPEGも、JPとつく通り日本人が開発したものです。

海外留学で見聞を広げることで、このように世界的な発明をできる可能性もあるでしょう。

良い成績をとる

単純に良い成績を取ることも、大学院への進学で有利になるなどメリットがあります。

また、良い成績を取るということは、それだけしっかりした勉強をしたということです。

その学びから発展させて、さまざまなことを考えられるようになるでしょう。

私立大学なら、翌年の学費が免除されるなどの経済的なメリットもあります。

【文系編】大学生のうちにやるべきこと

【文系編】大学生のうちにやるべきこと

文系の大学生がやるべきことも多くあります。

ここでは、その中でも、特にわかりやすいものを3つ説明していきます。

サークルで楽しむ

自分の趣味のサークルに没頭することも有意義です。

たかがサークルと侮ってはいけません。

たとえば、2000年代初頭のアカペラブームは大学サークルで起こったものです。

埼玉大学のサークルから始まったラグフェアーは、紅白にも出場しました。

特に一定以上の年齢であれば「ボイパのおっくん」こと奥村さんをよく覚えているでしょう。

また、同じくアカペラブームを牽引したゴスペラーズも早稲田大学のサークルでした。

音楽業界に大きなジャンルを打ち立てた2つのバンドが、共に大学サークルだったのです。

このため、文系の学生がサークルの活動に打ち込むことにも大きな意義があるといえます。

大学で人脈を作る

大学での人脈は、社会に出た後で生きてくるものです。

特に大学教授との人脈は大事にすべきでしょう。

社会に出ると、例えば商品の信頼性や権威性を高めるために、大学教授の言葉を借りたいという時があります。

このとき、分野が違っていても、大学内の他の先生を紹介してもらえるということがあるのです。

もちろん、いきなり頼みに行っても先生も乗ってくれないことが多いでしょう。

だからこそ、大学時代からしっかり先生とのパイプを築いておき、卒業後も良好な関係を保つ必要があります。

旅行に行く

旅行に行って見聞を広げるのは非常にいいことです。

特に海外旅行はあらゆる日本の常識とは違う各国の文化を見られるため有意義といえます。

普通の海外旅行でもいいですが、バックパッカーとして放浪するのもいいでしょう。

ゲストハウスのドミトリーなどに泊まって、各国の旅人と交流するのは貴重な経験です。

大人になってからでは、なかなかこのような輪に混じることができません。

しかし、大学生なら言語の壁が多少あっても簡単に混ざることができます。

外国人の友達から海外のリアルな事情を教えてもらうことが、ビジネスのヒントになることもあるでしょう。

人間的にもビジネス的にも大きな意義があるため、海外旅行には積極的に出かけるべきだといえます。

【まとめ】大学生のうちにやるべきこと

【まとめ】大学生のうちにやるべきこと

大学生のうちにやっておくべきことは多くあります。

その中でも、実際に稼ぐ力を身につけておくということは最重要といえるでしょう。

文中でも紹介してきた副業研究所おすすめの副業サービスであれば、大学生でも月収100万円以上を目指すことが可能です。

経済力を身につけて、より自由な社会人になりたいと思っている大学生は、ぜひ副業研究所おすすめの副業サービスの公式サイトを確認してみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*