在宅コールセンターは稼げる?仕事内容とメリットデメリットを紹介!

在宅コールセンターは稼げる?仕事内容とメリットデメリットを紹介!

コールセンターの仕事は、お客さんとの絡みはありますが接客業などではないので比較的気軽に仕事をすることができます。

コールセンターといえば派遣の仕事などが多く、実際に現場に行って仕事をすることになりますが、いちいち出勤するのが面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし近年では、在宅でコールセンターの仕事をすることもできるので、フリーランスはもちろん、本業を抱えている人の副業としても注目を集めています。

しかしそうはいっても、在宅コールセンターとはどのようなものなのかわからずに、やりたいけれどやり方がわからないということもあるでしょう。

ということで今回は、在宅でコールセンターをする際のシステムは仕組みについて紹介していきます。

この記事を読むとわかること

  • 在宅コールセンターの仕組み
  • 在宅コールセンターのメリット・デメリット
  • 在宅コールセンターに向いている人

結論から紹介すると、在宅コールセンターは仕事の割にほとんど稼ぐことができません。

自宅でできるからとやる人が多いですが、ほとんど稼ぐことができないので、やめた方が良いでしょう。

在宅でガッツリ稼ぐことができないのなら、「スマホdeマネー」のようなスマホ副業をおすすめします。

スマホをいつも触っている人なら、ほとんどの人が簡単に案件をこなすことができるでしょう。

少しでも気になるあなたは、公式HPを確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

在宅コールセンターとは・仕組み

在宅コールセンターとは

在宅コールセンターとは、どのような仕事なのでしょうか。

在宅のコールセンターの仕事としては、受信業務と発信業務があり、どちらも手軽に行うことができます。

基本的にスマホや携帯電話があれば行うことができますから、いつでも作業をすることができるのが大きな魅力です。

受信の仕事では問い合わせの対応を行い、発信業務ではリストを見ながらお客さんに商品の案内などを行います。

ただ、コールセンターの仕事はある程度集中して行わなければなりませんし、電話をかける時間も拘束されます。

それよりもいつでもできる副業を探しているという場合には、スマホdeマネーなどがおすすめです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

在宅コールセンターでの仕事内容

在宅コールセンターでの仕事内容

在宅コールセンターでの仕事に興味があるという人もいるでしょう。

在宅のコールセンターには、どのような仕事内容があるのでしょうか。

アンケート業務

在宅でコールセンターをするためには、アンケートを利用者に行う仕事があります。

個人や法人を問わずに、リストを見ながら簡単なアンケート調査を行うだけなので、初心者でも不安なく行うことができます。

リストはすでにできているので、自分で作成する必要もありませんし、最初は緊張することもあるでしょうが、同じ流れで行うのでしばらく続けていけば慣れてきます。

アンケート業務は1件に月500〜1000円ほどの報酬が見込めるので、時間がある場合には継続して行うことでまとまった額を手にすることができます。

スマホからでも利用することができるので手軽です。

電話受付

電話受付業務は、アンケートの案内などに慣れてきたら行うと良いでしょう。

お客さんからかかってくる電話に応対して、質問や問い合わせに答えていく業務なので、ある程度業務に対する知識をつけておかなければなりません。

いつお客さんから電話がかかってくるかわからないので、対応できる時間は決めておかなければなりません。

そのため、いつでもどこでもできる仕事というわけではありませんが、まとまった時間が確保できるという場合には実践してみるといいでしょう。

こちらは1件あたり75〜150円ほどのところが多いようですが、こちらはコールセンター業務を行っている業者によります。

ヘルプデスク業務

ヘルプデスクというのは、厳密に言うとコールセンターとはやや違う業務のことを指します。

ヘルプデスクというのはお客さんが困っていることを聞いて、解決してあげるための案を提案する仕事です。

コールセンターでは基本的に誰にでも対応できる仕事が回されますが、コールセンターの人間でも解決できないような場合には、専門的な知識を持つヘルプデスクに電話が回されます。

どちらにしよ電話に対応するだけの応対力は必要にはなりますが、ヘルプデスクの方がさらに専門的な知識が必要になるのでレベルは高いです。

ヘルプデスクの方が報酬が高くなることもあるので、コールセンターの仕事に慣れてきたら実践してみるといいでしょう。

在宅コールセンターで稼ぐのメリット

在宅コールセンターのメリット

コールセンターを在宅で行うメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここからは、在宅コールセンターの利点について紹介していきます。

交通費がかからない

まず在宅での仕事になりますから、基本的にいつでもどこでも仕事を行うことができます。

通常の在宅コールセンターの場合は現場に向かうための交通費が必要になりますから、支給がない場合には自腹となり、給与から差し引かれてしまいます。

近場にコールセンターの現場があればさほど気にしなくてもいい店ではありますが、そのようなところは少ないので、結果的に交通費をかけて仕事場に通わなければなりません。

しかし在宅でコールセンターの仕事を行う場合には、家から出る必要もないので、交通費をかけずにお得に仕事をすることができるのです。

家計を握っている主婦の人は特に、交通費もかけたくないと感じることが多いでしょう。

そのような場合にも、在宅のコールセンターはおすすめです。

家事・育児と両立できる

コールセンターでの仕事を考えている人の中には、家事や育児と両立できる仕事を探しているという主婦の人も多いでしょう。

子供が大きくなればさほど関係はないのですが、子供が小さい場合には家を長時間空けるわけにもいきませんし、それによって仕事選びが制限されてしまうこともあるのです。

コールセンターの仕事も在宅であれば、家事や育児と両立させることができます。

基本的には自分の都合のつく時間に業務に当たることができるので、家事や育児の方を優先させて仕事をすることができます。

ある程度仕事の時間が拘束されることもありますが、家庭の方をずっと見ておくこともできるので、外で働くよりは安心できるでしょう。

給与が高め

コールセンターの仕事は、実際に現場に行って働くよりも自宅で働いた方が、給与が高い傾向にあります。

自宅から出ずに働くことができれば交通費もかかりませんし、給与のアップも期待できるので、不安なく働くことができるのが大きな魅力です。

自宅で働きたいという主婦の人は、家計のやりくりについて考えてできる限り支出を減らし、報酬を減らしたいと考えることも多いでしょう。

その場合、給与が高く仕事をすることができればモチベーションアップにもつながりますし、生活費の足しにすることができます。

より育児や家事もしやすくなりますし、生活も潤うので精神的にも良い影響を与えてくれなければなりません。

在宅コールセンターで稼ぐデメリット

在宅コールセンターのデメリット

在宅コールセンターにはメリットもありますが、同じようにデメリットもあるので注意しなければなりません。

以下に在宅コールセンターのデメリットを紹介していくので、チェックしてみてください。

自己管理を徹底しないといけない

在宅ワークの場合は基本的に家で仕事をすることになるので、仕事とプライベートとの境目が曖昧になってしまいます。

そのため、自己管理能力が非常に大切になるので、その点は徹底できるようにしておかなければなりません。

まず、自己管理ができていないと仕事に取り掛かるモードに切り替えることができず、だらだらと仕事をしてしまうことになります。

そうなるとお客さんからの質問などにも答えられなくなったりして、簡単な業務にも支障が出ることもあるでしょう。

決まった時間に仕事に取り掛かることができないとその分報酬も下がってしまいますし、結果的にマイナスになってしまうのです。

緊張感が薄くなる

自宅で仕事をすることができるのは、非常に魅力的なものです。

外に働きに出ることがなければ職場の人とのコミュニケーションも必要ありませんから、その分気楽に仕事をすることができます。

ただ、気楽に仕事をすることができる分、緊張感が薄くなってしまうものです。

仕事をするにも緊張感や責任感が薄れてしまうことによって、的確な対応ができなくなったり、雑な対応になったりして顧客から不満を持たれてしまう可能性があります。

そうなると仕事の受注量にも影響が出てきてしまうので、結果的に報酬が減ってしまうということもあります。

サポート体制によってはやりづらいことも

コールセンターは、実際に現場に勤めてやっている場合には、わからないことがあったときにすぐに他のスタッフに確認を取ることができます。

しかし在宅でリモート作業をしている場合には、わからないことを問い合わせてもすぐに返事を返してもらえないこともあります。

リアルタイムできちんとトラブルや問題を解決することができなければ、やりづらさを感じてしまうこともあるでしょう。

そのような場合には他の副業を実践した方が、ストレスなくスムーズに稼ぐことができます。

自宅で万全のサポートを受けながら仕事ができる「スマホdeマネー」のようなネット副業を検討してみるのもいいでしょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

在宅コールセンターはお金を稼げるの?

稼ぐことはできる?

ここまで、在宅コールセンターについて紹介してきました。

実際にこの仕事をしている人も多くはありますが、稼げるのかどうかというと、正直微妙であると言わざるをえません。

メリットももちろんありますが、それ以上に大きいデメリットもあるので、効率的にストレスなく稼いでいきたいという場合には不向きです。

効率的に稼いでいきたいという場合には、スマホ1つでいつでもどこでも作業をすることができるスマホdeマネーがおすすめです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

在宅コールセンターで稼ぐのが向いている人

向いている人

在宅コールセンターで働くことができるのは、基本的に誰でもOKです。

しかし向き不向きもあるので、これから始めようと考えている人は、自分にあっているのかどうかということを考えてからにしましょう。

在宅コールセンターで作業をするのに向いている人は、基本的に真面目でスケジューリングがしっかりとできる人です。

出社する必要がなくても毎日決まった時間に作業ができる自己管理ができる人でなければ、継続していくのは難しいでしょう。

在宅でスケージュール気にせず、仕事をしたいあなたは「スマホdeマネー」のような副業をおすすめします。

今スマホを持っているのなら、すぐにでも始めることができますよ。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】在宅コールセンターはお金を稼げるの?

まとめ

今回は、在宅コールセンターが稼げるのかどうかということについて紹介してきました。

他にもお金を稼ぐ方法を知りたいあなたはこちらの記事も合わせてご一読ください。

実際に現場に勤めるよりも高単価のこともありますが、自己管理ができていないと継続していくのは難しいです。

それよりも、自宅で気軽に好きな時間に好きなだけ作業をすることができるスマホdeマネーなどの副業のほうがおすすめです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*