スキルクラウドの評判と口コミは?手数料が高くて稼げないって本当?

スキルクラウドの評判は?稼げるの?どこよりも詳しい情報をご紹介!

「スキルクラウドってどんなサービス?」「スキルクラウドは稼げる?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

スキルクラウドは、スキルやノウハウを売買できるサービスとして、注目を集めています。

今回は、そのスキルクラウドについて詳しく解説していきます。

これからスキルクラウドで副業を始めようと思っている方、スキルクラウド以外で稼げる副業を探している方は必見です!

結論から言うと

  • スキルクラウドはその登録者の少なさや単価の低さゆえに十分な稼ぎは得られない
  • もっと簡単に早く稼ぎたい人にはスマホdeマネーがおすすめ
  • スキルがなくてもできるが、スキルのある人には高単価案件が回ってきて大きく稼げる

スマホdeマネー

スマホdeマネーはこちら

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

スキルクラウドとは?

スキルクラウドとは

スキルクラウドは、JP-Pride株式会社が運営するクラウドソーシングサービスです。

他のクラウドソーシングサービスとの違いは、仕事の依頼というよりも購入といったような感じが強いのが特徴です。

つまり、個人が持っているスキルやノウハウを売買できるといった感じです。

例えば、ホームページを作成ができる方がいたとします。

スキルクラウドに登録し、「ホームページを作成します!」といった感じで出品しておきます。

すると、ホームページを作成したい方が、その出品者のサービスを購入して作成してもらう、といった流れです。

ホームページの作成依頼なんかは、仕事の依頼なので売買というとピンとこない方もいるかもしれません。

まぁ、言い方だけの問題であり、似たような意味合いなので、気にしなくてもいいです。

ただ、スキルクラウドでは仕事の依頼だけでなく、ノウハウといったものまで売買できます。

例えば、「副業のやり方教えます!」「パンの作り方を教えます!」といったといったマニュアル本を出品したり、購入できたりします。

自分で身につけたいスキルがある場合は、スキルクラウドでノウハウを購入してみても面白いかもしれません。

そのようなノウハウを購入者から直接購入すると、サポートも受けられることが多いです。

スクールに通って授業料を払うよりも、マニュアルを購入した方が結果的に安上がりになる可能性もあるので、利用してみるのも面白いサービスといえます。

このように、スキルクラウドでは、個人が持っているスキルやノウハウを売買できます。

提供したいスキルやノウハウがあるのであれば、スキルクラウドを活用すると思わぬ金額が稼げるかしれませんね。

【5ステップ】スキルクラウドの始め方

スキルクラウド 始め方

簡単ですが、スキルクラウドの始め方について解説してきます。

登録料などは一切かからないので、気になったらすぐに登録してみましょう!

①会員登録

まずは無料会員登録からです。

トップページ上部の「無料会員登録」をクリックして表示される入力欄にメールアドレスを入力して「送信」をクリックしましょう。

登録したメール内にあるURLをクリックすると、メール認証されて仮登録が完了します。

②プロフィールの設定

ログインできるようになるので、ログイン後のマイページからプロフィールを入力していきます。

ユーザー名などを順番に入力していき、本人確認の画像もアップロードします。

そして、アカウント設定をします。

こちらは主に氏名や住所といった内容です。

入力しないと売上金が受け取れないので、正確に入力しましょう。

いよいよサービスの出品です!

③商品の出品

トップページの「サービスを出品する」をクリックし、サービスタイプを選択します。

出品タイプ

・専用ルーム
・対面型
・教室型

3つのなかから選択してください。

続いて、「タイトルの入力」や「金額」などを順番に入力していき、画像がある場合はアップロードし、PRや納品日なども記入します。

最後に「公開する」をクリックすると出品されて、他の方があなたの出品ページを閲覧できるようになります。

後はお客さんが購入してくれるのを待ちましょう!

④契約・納品

無事に購入できたら、自動で決済が行われて専用ルームが開設されます。

そちらでメッセージを入力してお客さんとやり取りして、依頼をすすめていきます。

⑤取引終了

後はサービスをやり取りし、出品者から納品完了通知ボタンが押された時点で取引は終了です。

専用ルームも3日程度で閉鎖して連絡とれなくなります。

スキルクラウドを使うメリット

スキルクラウド メリット

スキルクラウドのメリットを詳しく解説していきます!

スキルがお金になる

単純に自分のスキルをお金に換えることができます。

先ほどの項目でも解説したように、ホームページが作成できるのであれば、「ホームページを作成したい!」という方のニーズにこたえることができます。

また、他のクラウドソーシングサービスである、「クラウドワークス」「ランサーズ」は案件に応募して受注する方法でしか、スキルを活用して報酬を得られません。

スキルクラウドは、仕事に応募するだけでなく、自分が出品者として仕事の依頼を募集することができます。

例えば、「ホームページ作成できます!○○円で可能!」みたいな感じで、作成したい人が来るのを待つこともできます。

それをみて、依頼してくれる方もいるので、スキルをたくさん持っている方であれば、たくさん稼ぐことが可能です。

このように、スキルクラウドは個人が持っているスキルを自由にお金に換えれます。

ノウハウも売買できる

スキルクラウドでは、ノウハウも売買できます。

例えば、「プログラミングを教えます!」といったものや「ロードバイクの組み方を教えます!」といったものまであります。

みているだけでも魅力的なものがたくさんあるので、面白いです。

このように、スキルクラウドはノウハウも販売できます。

これは他のクラウドソーシングサービスでは、できないことです。

もちろん、何かしらスキルを持っているからノウハウも作成できるのですが、本当にちょっとしたスキルでも売買できるのがスキルクラウドのメリットといえます。

「自分はこういうことができる!」というものがあれば、ノウハウにして出品してみてはいかがでしょうか。

オフラインでも提供できる

スキルクラウドは、オンライン(ネット上でのやりとり)取引が多く、メールのやり取りやファイルの受け渡しでのサービスが多いです。

しかし、スキルクラウドでは、オンライン以外でもサービスを提供できます。

スキルクラウドのサービス

・対面型サービス
・教室型サービス

この2つの方法を利用すると、オフライン(リアルで直接会う)でも提供可能です。

例えば、「パン教室を開きたい!」といったものであれば、オンラインでは不可能なので、場所を借りてサービスを提供します。

「この人に占ってもらいたい!」といったときでも、場所をきめて占いをしてもらうこともできるようになっています。

このように、スキルクラウドでは、オフラインでの取引も可能です。

ただし、スキルクラウドを通さない金銭的なやり取りは認められていないので、その点だけは注意して利用しましょう。

スキルクラウドを使うデメリット

スキルクラウド デメリット

メリットもあればデメリットもあります。

デメリットについても触れておきます。

ココナラより圧倒的に登録者数が少ない

同じスキルを売買できるサービスを提供している「ココナラ」と比較すると、登録者数が少ないです。

登録者数が少ないので、仕事の依頼などはココナラの方が多いといえます。

しかし、これは仕方がないことです。

ココナラは2012年から開始し、今では100万人ほどの登録者数がいますが、スキルクラウドは2018年にできたばかりです。

差があって当然ともいえます。

スキルクラウドの方が利用しやすいければ、どんどん登録者数が増えていき、いずれはココナラに迫るかもしれません。

今後に期待したいところです。

ココナラに関してはココナラ評判の記事をご参考ください。

手数料が高い

スキルクラウドでは、登録料金や初期費用、月額料金といったものはかかりません。

基本無料ですが、売買が成立するたびに25%もの販売手数料がかかります。

ちょっと高いですね。

他のクラウドソーシングサービスであるクラウドワークスやランサーズも20%かかるので、妥当といえば妥当かもしれません。

営業をしなくてもいいという点もあるので、一概にデメリットとはいえませんが、もう少し安ければ出品者の価格が安くなり利用しやすくなるのはないでしょうか。

いずれにしても、出品する側としては25%はデメリットといえます。

トラブルに遭うこともある

トラブルは滅多にないのですが、トラブルが起きた事例もあります。

例えば、仕事を引き受けてから購入者から連絡がつかなくなるということです。

購入者が仕事の依頼をして、出品者から仕事を納品してもらって作業完了となる仕組みになっています。

しかし、出品者が納品しようと思っても、いきなり購入者との連絡が途絶えてしまうケースが過去にありました。

そこで、運営に連絡して購入者の調査をしてもらうことになりますが、その期間が10日以上かかってようやくキャンセル扱いとして処理されるといった内容になったりします。

これは、誰かわからない方と取引しているので、いたしかたないことだとは思います。

しかし、このようなお客に当たってしまうと時間を無駄にしてしまうのが厄介なところです。

スマホdeマネーならそのようなトラブルにあう心配をせずともお金を稼ぐことができます。ぜひこの機会にご検討ください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

スキルクラウドで稼ぐコツ

ここではスキルクラウドで実際に稼ぐコツについて紹介していきます

プロフィールをしっかり記入する

当たり前ですが、Web上で見知らぬ人にお金を払うのはハードルが高いです。

発注者はきちんとしたクオリティが出せるのか、お金を払う価値があるのか不安を抱えています。

その不安を解消できるように、あなたの人となりがわかるようにプロフィールを充実させましょう。

発注してみる

上記のような発注者の気持ちを理解するためには、実際に発注してみるのが一番です。

どんなとこが疑問か、どのようにすれば信頼できるようになるのか、発注者としての経験は自分が発注してもらう側に回った時に活きてきます。

また、実際に発注を受けた時のコミュケーションの仕方なども盗むことができます。

スキルクラウドで稼げないって本当?

スキルクラウド 稼げない

スキルクラウドは稼げないっていう話も聞きます。

その点について考察してみました。

平均的な収入は?

スキルクラウドの収入は、登録者数が少ないことを考えてみても少ないといえます。

なぜなら、仕事の単価が低い傾向があるからです。

スキルクラウドやココナラのお客さんの傾向として、プロに依頼すると料金が高すぎるため、こちらのクラウドソーシングサービスを利用している人がほとんどといえます。

そのため、仕事の単価は低くなるうえ、25%の手数料がかかるので、稼げば稼ぐほど手数料が高くなってしまいます。

稼いでいる人もいるとは思いますが、そのような人は稀です。

同じサービスを提供していて、登録者数もスキルクラウドよりも多い「ココナラ」では平均で15000円ぐらいといわれています。

スキルクラウドは、ココナラより登録者数が少ないのでさらに売り上げは落ちると思います。

よって、平均収入は1万円前後といえるのではないでしょうか。

スキルクラウドよりもっと稼ぐには?

スキルクラウドで稼ぐには、積極的に仕事を受注する、やれることを増やす、といった感じで行うといいでしょう。

しかし、一人でできることは限られてきます。

なので、今あるスキル以外を身につけるより、稼げる副業を探したほうが早いかもしれません。

また、同じ副業でもスキルクラウドの低単価で消耗してしまうよりはスマホdeマネーでスキマ時間にサクッと稼いでしまったほうが楽です。

ぜひ一度公式サイトをご覧ください!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【厳選】スキルクラウドより稼げる副業アプリ5選

では、どのような副業がよいのでしょうか。

ここでは、スキルクラウドより稼げる可能性がある副業を5つばかり紹介します!

副業アプリの記事と合わせてご参考ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネーは、株式会社ディールクラッカーが提供するビジネスです。

内容はとっても簡単!スマートフォンにアプリをインストールし、作業をするだけです!

加資格もとくになく、20歳以上でスマートフォンを持っている方であれば誰でも参加できます。

スキルは基本的に不要ですが、スマートフォンにアプリをインストールできる知識や登録時に必要なLINEアプリを活用できる知識は必要になってきます。

スマホdeマネーは、スマートフォンがあれば、場所や時間問わずにできるので、副業にするなら非常におすすめです!

登録は、公式サイトにある「今すぐLINE登録をする」をクリックし、QRコードを読み取ることで参加できます。

登録は無料なので、興味がある方は早速登録してみましょう!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

セレクト

セレクト

株式会社CUBEが提供するセレクト(WORK RELEASE)もスマートフォンを活用できるビジネスなのでおすすめです!

セレクトの流れは、

セレクトの作業内容

  1. 登録
  2. スマホで作業
  3. 収益を得る

という仕組みで稼ぐことができます。

「毎日10秒のタップで収入を得る」という内容になっていますのが、さすがに10秒だけの作業は少ないので、もう少し作業をする必要はあります。

ただ、1点だけデメリットをあげるとすれば、9800円の初期費用がかかるという点です。

作業が難しくないビジネスですが、気軽に参戦しづらいですね。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

金活プロジェクト

金活プロジェクト

続いてのご紹介は、株式会社「ライブ」が提供するビジネス。

こちらもスマートフォンを活用したビジネスなので、場所や時間に制約されないのがメリットの副業です。

公式サイトの紹介している手順は、

金活プロジェクトの手順

  1. 特別コードをスマホで受け取る
  2. 特別コードを活用する
  3. 反響を確認する
  4. 反響された情報を確認

基本的な作業はこれだけです。

特別コードと記載してますが、特別なスキルは必要としないので、誰でも参加することができます。

参加方法は、公式サイトの「LINE情報をタダで受け取る」から、無料で参加できます。

\月300万円も目指せる!/

金活プロジェクトに
今すぐ登録する!

サグーワークス

サグーワークス

記事作成ができる副業サイトで、ライティングが得意な方にとってはおすすめです。

ランク別にわかれており、はじめは200円程度といった安い案件しか受けれませんが、ランクをあげていけば、高めの案件を受注できるようになります。

やればやるほど稼げるようになりますが、若干スキルが必要になってきます。

記事の審査などもあるので、結構大変だったりします。

ライティングに自信がある方は挑戦してみましょう!

\スキルに自信がなくても!/

サグーワークスに
今すぐ登録する!

タイミー

タイミー

面接なしですぐに働けるバイトアプリをとして話題の「Timee(タイミー)。」

アプリをダウンロードすると様々な求人情報がみれます。

そちらの案件に応募すると、面接しなくてもすぐに働くことができます。

バイトがすごく探しやすくすごく便利なアプリですね。

「暇だなぁ…」というときにアプリを開けば、すぐに仕事がみつかり稼ぐことができます!

ただし、デメリットとして仕事の数が少ないうえに、競争が激しいみたいです。

受注した以上はきっちり働かないといけない点は、副業としてはハードかもしれません。

やった分は確実にお金をうけとれるので、確実な報酬が欲しい方にはおすすめできる副業です。

タイミー評判の記事で詳しく解説しています。

【まとめ】スキルクラウドとは

スキルクラウド まとめ

いかがでしたでしょうか。

スキルクラウドは、個人のスキルやノウハウを売買できる面白いサービスです。

しかし、まだまだ登録者数が少ないので仕事の依頼が少ないので、たくさんお金を稼ぐのは難しいといえます。

やってみて、いまひとつ稼げなければ、こちらでおすすめしている副業をためしてみてはいかがでしょうか。

特におすすめの副業は、「スマホdeマネー」です。

スマートフォン1つあれば、通勤時間や休憩時間といったスキマ時間を活用してできるうえに、帰宅してからテレビをみながら、動画をみながら稼ぐことだってできるので非常に楽です。

稼いでいる方であれば5万円~20万円ほど稼いでいるので、スキルクラウドより稼げると思います。

気になった方は公式サイトで無料登録だけでもやっちゃいましょう!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*