【最新】副業から始める起業|メリット・デメリット、起業アイデアを紹介!

起業して稼ぐ メリットとデメリットまでご紹介

副業なら失敗してもリスクが少ないので、本業のかたわら、挑戦してみたいと考えている人も多いと思います。

ただ、どうせ副業を始めるなら起業することを考えてみましょう。 

副業から起業することには、さまざまなメリットがあります。 

この記事を読むとわかること
  • 副業から起業するメリット 
  • 起業向きのオススメ副業 
  • 副業から起業するために必要なこと

副業から起業するなら「スマホdeマネー」がおすすめです。

スマホ1つで始められるので、気軽に挑戦できます。 

スマホdeマネーで稼ぎたいならまずはここから登録しましょう!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業から起業するメリット

副業から起業することには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは主なメリットを3つ紹介していきます。 

生活資金を確保できる

会社を辞めて起業するとなると、失敗したときに生活資金を確保できなくなります。

非常にリスクが高いため、本業を辞めてまで起業するのはあまりおすすめできません。 

その点、副業であれば本業の収入を確保したまま起業できるので、万が一失敗しても生活に支障が出る心配はほぼありません。

失敗したら次の副業を始めるなど、柔軟に対応できるため、仕事の幅も広がります。 

生活資金を確保できていることは、精神的な余裕にもつながります。

副業でうまく収入を得られなかったとしても、本業で最低限の収入を得ているので、過度に落ち込むこともありません。

副業から起業することは、最もリスクの少ない方法だといえます。 

リスクヘッジになる

今の時代、本業1本だけで生きていくことは、リスクが高いといえます。

どんな大企業であっても、自分が定年になるまで経営が安泰しているとは限りません。

定年を迎えるまでに会社が倒産したり、リストラされたりすることは十分考えられます。 

これからの時代は、自分のことを自分で守る必要があります。

「会社が助けてくれるだろう」という安易な考え方は禁物です。

若いうちは会社が倒産しても、転職など柔軟に対応することができますが、ある程度年齢を重ねてから会社が倒産するとなると、再就職先を見つけるのが難しくなります。

会社に頼りっきりの生活は、大きなリスクが伴うことを自覚しなければなりません。 

万が一、会社が倒産しても、自分で稼げるだけの力があれば、生活を維持することができます。

副業から起業することは、本業のリスクヘッジでもあるのです。 

ノウハウを学ぶことができる

「起業したい」と思って実際に起業しても、事業化するノウハウがなければすぐに失敗してしまいます。

今まで会社勤めだった人の場合、起業に必要なノウハウを持ち合わせていないため、失敗するリスクが非常に高くなります。 

かといって、起業のノウハウを身につけるために本業を辞めることには、大きなリスクがつきまといます。

リスクを減らしつつ、ノウハウを学ぶのであれば、副業からの起業が最適です。 

副業であれば、小さい規模でも経営していくうちに資金繰りなどの感覚を身につけることができ、事業を運営する基礎を身につけることができます。

ノウハウを身につけた上で起業できるため、失敗するリスクを限りなく減らすことができます。 

副業で身につけたノウハウは、本業にも活かせる場合があります。

本業をステップアップしてくれることもあるので、双方にメリットをもたらします。 

副業から起業できるおすすめビジネス

ここでは、副業から起業しやすいおすすめビジネスを紹介していきます。

特技を活かせるビジネスから初心者向きのビジネスまで、様々な種類があるので、自分に合ったものを選びましょう。

おすすめ副業の記事と合わせてご参考ください。

webメディア

webメディアは、自身が運営するwebメディアに人を集めて、アドセンス収入やアフィリエイト収入を得る方法です。

たくさんの人をwebメディアに集めることができれば、それだけ収入も大きくなります。 

webメディアの最大のメリットは、働いていないときも収入が発生する点にあります。

一旦メディアを作ってしまえば、あとは寝ているときや本業をしているときなどに勝手に稼いでくれるので、サラリーマンなどにピッタリな副業だといえます。 

ただし、webメディアを作成した当初は人が集まらないため、稼げるようになるまで、ある程度時間がかかります。

すぐに起業できるわけではないですが、長い目で見れば魅力的なビジネスだといえるでしょう。 

ネットショップ

将来お店を開業したいと考えているなら、手始めにネットショップを開業してみてはどうでしょうか。

ネットショップであれば、世界中の顧客に向けて商品を販売できるため、早い段階で利益を出すことができます。 

完全に独自でネットショップを作って運営することもできますが、楽天やヤフーショッピングなどの大手のショッピングモールでアカウントを作って販売することも可能です。

フリマアプリやオークションサイトなど、販売方法は多数用意されているので、それぞれのメリット・デメリットを比較した上で、最適な方法を選びましょう。 

webコンサル

webコンサルとは、webサイトの現状を分析して問題点を洗い出し、アドバイスを行う仕事です。

SEO対策やアクセス解析などが主な仕事となります。 

基本的にメールや電話によってアドバイスを行うことになるため、どこかに出向いたりする必要はありません。

副業として始めることは十分可能ですが、一歩踏み込んだ知識や技術が必要になります。 

今の時代、SEO対策やアクセス解析などは素人でも行うことができるので、webコンサルとして稼ぐには、さらに実用的かつ詳細なデータをまとめる必要があります。

すでに本業でSEO対策などに関わっている人であれば、早い段階で利益を上げることができるでしょう。 

サービスの開発・運営の受託

webサービスの開発や運営が得意な人であれば、その技術と知識を生かしてビジネスを行うことができます。

エンジニアとしての経験やスキルを持っている人に最適な副業だといえるでしょう。 

webサービスの開発を行う際は、集客や市場調査などの工程も必要になるため、エンジニア以外のスキルも身につけることができます。

総合的にスキルアップすることで、副業の収入がアップするだけでなく、本業にも役立てることができます。 

オリジナルのwebサービスを開発することができれば、独立・企業も可能です。

たとえ開発したサービスがヒットしなかったとしても、そこに至るまでの過程で様々なスキル・経験を得られるため、将来に活かすことができます。 

転売

転売ビジネスは特別なスキルがなくても始められるため、初心者に最適な副業だといえます。

商品をネットで仕入れてネットで販売することができるため、実店舗まで足を運ぶ必要はありません。

もちろん、実店舗に出向いたほうが稼げる商品もありますが、ネット上ですべての手続きを完結することは可能なので、自宅で行う副業として最適です。 

仕入先と販売先を確保し、自分なりの仕入れデータを作ることができれば、本業以上の収入を得ることも可能になります。 

noteなど商材の販売

人が知らないような情報・知識を持っている人なら、それを商材として販売することができます

情報をweb上で販売できる場所はたくさんありますが、その中の1つが「note」です。 

noteは自分の作った作品を自由に投稿できるサイトで、有料サービスとして自分の作品を販売することもできます。

販売する際の金額は自由に設定できるため、途中まで無料で公開し、「続きは購入してください」というように販売を促すこともできます。 

漫画、小説、コラム、写真、音楽など様々な商材を販売できるので、自分の特技を活かしたい人に最適です。 

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーは、好きなアプリを使用することで収入を得られるサービスです。

スマホを利用するだけで収入を得られるため、特別な技術や知識は必要ありません。

リスクなしでお金が稼げるため、ギャンブル要素なども一切なく、安定した収入を得ることができます。 

1日2時間ほど作業するだけで、月収20万円前後を稼げるため、かなり魅力的な副業だといえるでしょう。

作業する時間を増やせば、本業以上に稼ぐことも可能になります。

アプリを操作する以外に必要な作業はないので、自宅やカフェなど好きな場所で稼ぐことができます。 

時間をかければかけるほど稼げる仕組みになっているので、早めに取り組めば、起業できる日も近づきます。 

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業から起業に向けて始めるステップ

副業とはいえ、起業するのであれば、事前にしっかり準備をしておかなければなりません。 

ここでは、起業を成功させるために必要なステップを紹介していきます。 

市場規模を調べる

現在起業したらどれくらい儲かるのか、将来継続するとどれくらい稼げるのか、といったことを知るには、まず市場規模を調べる必要があります。

しっかり分析した上で、稼げる可能性のあるビジネスであれば、起業に向けて一歩踏み出してみましょう。 

各省庁や民間調査会社が発表しているデータを見れば、どの産業が発達しているのか、もしくは衰退しているのかということを調べることができます。

調査は無料で公開されている場合が多いので、個人でもお金をかけずに調べられます。 

市場が大きければ大きいほど稼げるチャンスがありますが、その代わりライバルも増えます。 

PMFを考える

PMFとはプロダクト・マーケット・フィットのことで、自社サービスがマーケットに適合している状態を表します。

スタートアップ時に多用される言葉で、起業する際はこのPMFの達成に集中することが求められます。 

PMFを達成するのにもっとも手っ取り早い方法は、ユーザーに聞き込みを行うことです。

何に困っているのか、どんな反応をするのか等、潜在的な欲求を発掘し、PMFへの達成に近づけていきます。 

PMFが未熟のまま起業してしまうと、セールスや人材の確保が間違った方向に進んでしまい、事業そのものが失敗してしまうこともあるので要注意です。 

マネタイズの方法を考える

マネタイズとは、簡単にいうと収益化のことです。

素晴らしい知識や技術を持っていても、収益が出なければ、事業を継続していくことができません。

自分が持っている知識や技術をどのように収益化していくかということは、起業する上で非常に重要です。 

例えば無料アプリを提供するのであれば、バナーなどの広告を出したり、アイテム販売をしたりするなどして、収益化を行う必要があります。

マネタイズの方法を間違えると、十分な収益を確保できず、事業を途中でやめる必要性も出てきます。 

古典的な方法だけでは収益を確保するのが難しいので、新しい方法を取り入れたり、ファン層を取り込んだりするなどの工夫が必要です。 

開発する

起業を成功させるには、企画、設計などの開発プロセスが必要です。

企画段階ではコンセプトを明確にしてリサーチを行い、資金繰りなどのビジネスモデルを考えた上で、見積もりなどの設計を行っていきます。 

開発のステップを整理することは難しくありませんが、開発を進めていく中で、新たに課題が見つかったり、プロジェクト自体が中断したりするケースが出てきます。

その場合にどう対応していくかが重要なポイントになります。 

最初からすべてがうまくいくと考えずに、少し余裕を持って時間やお金を設定するようにしましょう。 

副業から起業したらバレる?

起業したいと思っても、会社にバレるのが怖くて、最初の一歩を踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか。 

副業を始めると、会社からもらう給料以外に収入が発生するため、税金を自ら納める必要が出てきます。

税務署で確定申告をすると、その請求が会社にいき、バレる可能性があるので注意が必要です。 

会社にバレたくないからといって、確定申告をせずにいるのは問題です。

それは脱税行為であり、立派な犯罪なので、必ず確定申告を行わなければなりません。 

副業を会社にバレたくないなら、起業して法人を設立しましょう。

法人を設立して、役員報酬をもらわずに会社に利益を貯めておけば、個人の住民税や所得税が増えることはありません。

そのため、住民税や社会保険から副業や起業がバレる心配がなくなります。 

副業を会社にバレたくないという人にとって、起業は一つの選択肢となります。 

副業からの起業まとめ

今回は、副業から起業するメリットやおすすめビジネスについて紹介してきました。

副業からの起業であれば、本業の収入は確保できるので、失敗したときのリスクを最小限に減らせます。 

起業向きのビジネスもたくさんあるので、自分に合ったものを選んでみましょう。 

副業からの起業まとめ

  • 本業を辞めて起業するより、副業から起業したほうがリスクが少ない 
  • 法人を設立して会社に利益を貯めておけば、バレる心配はない 
  • 副業から起業するならスマホdeマネーがおすすめ

 自分の得意なことを活かして、副業ビジネスを始めてみましょう。

初心者でも取り組みやすい副業はたくさんあるため、将来起業することも夢ではありません。 

スマホdeマネーなら、初心者でも大きく稼ぐことができるので、早い段階で起業することができますよ。

興味のある人は、まずはここからスマホdeマネーに登録してみましょう。 

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*