【すごい】正社員でもできる副業|バレずにできるおすすめ副業とは?

仕事をしていても、もう少し収入が増えればいいのになあ、と思うこともあるでしょう。

しかし急に給与が上がるということもそうそうありませんし、給料の良い職に転職するというのもすぐにはなかなかむずかしいものです。

そのような場合には副収入が得られる副業を考えるのも自然なことです。

しかし正社員で働いている場合、副業をしても大丈夫なのかと不安になることもあるかもしれません。

アルバイトやパートならまだしも、正式にその会社で働いているという場合には、他に職を持つことに関して抵抗を持つこともあります。

ということで今回は、正社員でも副業ができるのかどうかということや、おすすめの副業について紹介していきます。

この記事を読むことでわかること

  • 正社員が副業をするためには
  • 副業の選び方
  • おすすめの副業

正社員の方が副業をするならスマホdeマネーというサービスを使うのがおすすめ。

今のうちに登録しておきましょう!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

正社員でも副業はできるのか

正社員でも副業できるのか

副業の定義とは?

そもそも副業とはどのようなものなのでしょうか。

副業は法律上で定義されているものではありませんが、メインとして収入を得ているものとは別に行っている仕事のことを指します。

メインの仕事よりも収入は下ですが収入を得ているものがある場合には、副業と言われているのです。

似ているものに兼業という言葉がありますが、これは複数の同じような重要性を持つ仕事を掛け持ちしているものであるものです。

一方の副業というのは、基本的に本業の隙間時間で行う補助的な仕事のことを指します。

例えば本業が終わって家に帰ってきてから行う業務や、仕事が休みの日に趣味のような感覚で行うものを副業というのです。

詳細は副業とは?の記事をご一読ください。

会社の就業規則によって異なる

副業をこっそりとやっている人もいるかもしれませんが、バレてしまうと大変な事態になる可能性があります。

原則として副業は禁止している企業が多いですが、中には容認している会社もあります。

これは会社の方針によるものではありますが、会社にも会社なりに禁止をする理由というものがあるのです。

しかし近年では、副業をOKにする企業も増えてきています。

副業を容認することは会社としてはリスクを伴うことでもありますが、副業をすることで別のジャンルの知識を社員が獲得することができると考えているところが多いです。

副業で得た知識や技術を本業でも生かしてくれるようになれば、会社の業績アップにつながることもあります。

こうした期待を込めて副業を許可している会社もありますが、まだまだ多くの会社は副業禁止が原則です。

副業禁止の会社で正社員が副業をしたらバレるの?

まずは禁止されている理由を知る

多くの会社は、副業として仕事をするのを禁止しているところが多いものです。

これには企業によって様々な理由がありますが、大きな理由としてあげられるのは以下のようなものでしょう。

  • 複数の仕事を持つことによる社員のモチベーション低下
  • 会社の機密情報漏洩の懸念
  • 社員の健康に害が及ぶ可能性がある

複数の仕事を持つことで、社員の本業に向けるエネルギーが分散されてしまうので、士気の低下につながるのではないかという懸念を持つ企業も多いです。

また、会社の機密情報をうっかり外部で漏らしてしまいかねないという心配をする会社もあります。

これはもし実際に起こった場合に重大なトラブルになる可能性があるので、企業としては極力避けたいものです。

複数の仕事を持つことで社員の睡眠時間などが減少すると、仕事の能率も悪くなって本業に悪影響が出てしまうこともあります。

こうした懸念点があるため、社員に副業を禁止している企業は非常に多いのです。

バレずに副業をするためには?

副業が会社で禁止されているからといって、簡単に諦められないという人も多いでしょう。

本業の収入だけではどうしても生活が厳しいという場合には、他の収入源を得るためにやむを得ず副業をしなければならないということもあるはずです。

しかし、会社で副業が禁止されている場合、堂々と副業をするわけにはいきません。

会社にバレずに副業をするためには、本業とのバランスを考えて、心身ともに負担にならないものを選ぶことが大切です。

また、副業で得た収入も一定額を超えると納税の義務が発生します。

きちんと確定申告をして税金を支払わないと、会社側に副業をしていることがバレる可能性があるので、気をつけましょう。

正社員の副業の選び方

選び方

本業とのシナジーで選ぶ

せっかく副業をするのであれば、本業にも役立てる知識や経験が得られるものを選ぶと良いでしょう。

既述のように、そのような理由で副業を容認している会社もあります。

例えば接客業などを副業として行えば、購入していく商品とその客層などのデータを体感で得ることができます。

企業で商品開発をしている場合には、そのようなデータを商品の作成に生かすことができるでしょう。

このように、本業にとってプラスになりうる要素を持つ仕事をすることは、副業をする上で非常に重要です。

貴重なデータを得ることができれば本業の業績もアップし、昇進につながる可能性も高まります。

相乗効果を意識して副業を選ぶことも重要なポイントと言えるでしょう。

稼ぎたい金額で選ぶ

副業は趣味の延長として行うことも大切ではありませんが、生活に困って副業を始める場合には、副業でもある程度稼げなければ効果的な働き方とは言えません。

副業をする場合には、きちんと稼ぎたい額を得ることができるかということを検討して選ぶことも大切です。

そのためにはまず、月々いくらくらい稼ぎたいのかという目標を決めて、その額を無理なく稼げるような副業を探しましょう。

副業をすることによって本業に悪影響が出てしまうのも良くないので、仕事を決める際には本業と一緒に行っても支障が出ないようなものを選びましょう。

そのためには手間や拘束時間などを考慮して、きちんと睡眠時間などを確保できるかどうかも念頭に置くことが大切です。

可処分時間で選ぶ

可処分時間というのは、自分で自由に使うことができる時間のことです。

会社に勤めている場合には、仕事が終わって自宅に戻り、食事をとったりテレビを見たりして、自由に過ごすための時間のことを指します。

副業をするためには、この可処分時間をしっかりと考慮することが大切です。

本業の合間に副業をするという場合には、この可処分時間を副業に充てるということになります。

しかし可処分時間のほとんどを副業に当ててしまうと、自分の自由にできる時間がほぼゼロになるので、食事や睡眠などを除いて楽しめる時間がなくなってしまいます。

そのような生活では張り合いがありませんし、本業に対するモチベーションも低下してしまうでしょう。

そのため仕事を選ぶ際には、副業をしてもきちんと可処分時間を確保できるかということを考えることが大切なのです。

好きなことで選ぶ

本業は生活をするために止むを得ず好きではない仕事をしているという人も多いでしょう。

好きな仕事を本業にできる人は一握りであり、多くの人は自分のやりたいこととは違う仕事をしているものなのです。

その上で副業も自分のやりたいことではないものを選んでしまうと、日々の生活の楽しみが減ってしまいます。

ただでさえ副業をすることで可処分時間が減ってしまうので、副業をするなら自分が楽しんでできるものを選ぶようにしましょう。

好きなことを仕事にすることで日々の生活も楽しくなりますし、ストレス発散にも役立つので、本業へのモチベーションを高めることができます。

趣味・経験を生かせるものを選ぶ

副業をする場合には楽しんでできるものを選ぶことが大切だと前項で述べました。

そのためには、自分の知識や経験、趣味などを生かせるものを選ぶと良いでしょう。

好きなことを楽しみながらお金がもらえるとなれば、仕事をしているという感覚にもなりませんし、日々の生活をもっと楽しむことができるようになります。

例えばショッピングが大好きな人なら転売などを副業に選ぶのが良いでしょうし、得意なことを生かせる仕事なら自分の知識などを役立てることができます。

そうすることで収益にもつながり、効率的に稼げるようになるでしょう。

好きこそ物の上手なれ」を実践することが、副業を行う上で重要なことと言えます。

期間で選ぶ

本業もやっている上で行う副業は、お金を貯める目的で行う人がほとんどでしょう。

その場合にはあらかじめ目標を決めて、いくらくらい稼ぎたいのかということを明確にしておくと良いでしょう。

ずっと続けなければならないと思うと最初のハードルはぐっと上がってしまい、なかなか重い腰が上がらなくなってしまいます。

そのため、まずは3か月などというように期間を決めて副業を始めるようにしましょう。

そうすることでモチベーションも高まりますし、副業の収益にも繋がりやすくなります。

最初に決めた期間続けることができたら、その時にまだ継続するかやめるかということを決めることもできます。

【5選】正社員におすすめの副業

では、上記で説明したような条件を満たす、正社員の方におすすめの副業を紹介していきます。

おすすめの副業記事と合わせてご一読ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーは近年注目されている副業で、誰でも手間なしに稼げると話題になっています。

やり方は実にシンプルで、好きなアプリを利用したり、ゲームアプリで遊んだりするだけでOKなのです。

自分の好きなアプリを利用することができますし、時間の拘束も少ないのが大きなメリットです。

会社勤めをしている人は決められた時間で副業をしなければならないので、大変に感じてしまうこともあるでしょう。

しかしこのスマホdeマネーは、隙間時間を利用して行うことができるので、会社に勤めていても気軽に利用することができます。

コツコツ隙間時間に続けていればすぐにお金も貯まるので、稼ぎやすいサービスと言えます。

楽に収益を手にすることができると聞くと怪しいイメージを持ってしまう人もいるかもしれませんが、このアプリの場合は心配いりません。

ギャンブルのような要素などもなく、ただアプリを利用するだけで手軽に収益につながるので、リスクも少ないのです。

特に知識や経験も必要なく、誰でも気軽に利用することができるのが大きな魅力でもあります。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

クラウドソーシング

ランサーズ

クラウドソーシングというのは、ネット上で依頼者が仕事をしてくれる人を探し、それを仕事を探している人が見つけて応募することで、契約が成立します。

不特定多数の人から仕事をしてくれる人を探すことができるので、依頼する側にしてもメリットは大きいですし、仕事をして収益につながるので応募する側も稼ぐことができます。

納期などが定められているものもありますが、基本的に期日に間に合えば応募者は自分の好きな時間に仕事をすることができます。

そのため、会社のように時間を拘束されることもなく、パソコンなどがあればどこでも仕事をすることができるのです。

本業の合間に少し時間ができたのでカフェでクラウドソーシングの仕事をする、というスタイルも可能な、便利なサービスと言えます。

クラウドソーシングサイトとしては「ランサーズ」や「クラウドワークス」というサイトが大手なので、まずはこちらを覗いてみると良いでしょう。

仕事のジャンルとしてはウェブライターやデザイン関連の仕事の依頼が多いです。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

クラムスクール

クラムスクール

クラムスクールというのは、自分が働かなくても、パソコンなどを利用することで何もしていない間に収益が手に入る仕事のことです。

具体的なクラムスクールの種類としては、以下のようなものがあります。

  • 株式投資
  • FX
  • 仮想通貨取引

これらは始めたてのころはチャートの見方などの知識を叩き込まなければならないので大変に感じることもあるでしょうが、慣れてくればずいぶん楽になります。

売却のタイミングさえしっかりとしていれば、あとは自分が何もしなくてもチャートが動いて利益を生み出してくれるのです。

本業をしている間にも収益が発生することも多いので、夢のような仕事とも言えます。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

単発バイト

副業バイト

すぐにお金が欲しいという場合には、単発のバイトに応募するのでも良いでしょう。

単発バイトは基本的に日払いのところが多いので、働いたその日にお金をもらえる場合が多いのです。

どうしてもお金に余裕がなく、すぐにでもお金を得たいという場合には、単発バイトがおすすめです。

単発バイトは工場や交通整理などのシンプルな仕事である反面、体力を必要とする仕事が多いので、本業とのバランスをとって疲れすぎないものを選ぶことが大切です。

セレクト

セレクト

セレクトというのは、毎日10分ほど作業をするだけでお金を稼ぐことができる画期的なサービスです。

基本的にはサイトに登録をしてスマホを開き、タップ作業をするだけという手軽な利用方法なので、副業に手間をかけたくないという人にぴったりです。

毎日数分の作業でいいので、本業に支障が出ることもありませんし、自分の時間もしっかりと確保することができます。

申し込みにはLINEのアカウントが必要になるので、利用する場合にはあらかじめ登録しておくようにしましょう。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

正社員が副業をするときの税金・確定申告はどうなる?

確定申告

正社員で会社に勤めている場合は、会社が税金の管理をしてくれるので、基本的に確定申告の必要はありません。

しかし副業となると話は別です。

基本的に副業の所得が20万円を超えると課税の対象となるので、確定申告をして税金を納めなければなりません。

ただ、副業の種類によって確定申告が必要かどうかも変わってくるので、まずはそちらをチェックしてみましょう。

例えば働いているのがアルバイトやパートなどの場合には、1年間の「収入」が20万円以下であれば確定申告の必要はありません。

クラウドソーシングや投資などの場合にも所得が20万円以下の場合には確定申告は必要ありません。

しかしアルバイトやパート以外の場合は、課税の対象となるのが「所得」なので注意しなければなりません。

所得は売り上げから経費を引いたものです。

100万円の売り上げがあったとしても、そのうち90万円を経費で計上していれば、実質の所得は10万円となるので、課税の対象にはなりません。

副業でアルバイトとそれ以外の仕事を掛け持ちしている場合には、アルバイトの収入とそれ以外の仕事の所得の金額を合わせて20万円以下かどうかで課税の対象となるかどうかが決まります。

正社員におすすめの副業まとめ

まとめ

今回は、正社員が副業をする際のおすすめの仕事や、副業をする際に気をつけなければならないことについて紹介してきました。

会社によっては副業を禁止しているところも少なくはないので、まずは会社の規則を確認した上で、副業を始めるようにしましょう。

家で手軽にできる副業もあるので、それらをうまく利用して、本業に負担をかけないように副業をしていきましょう!

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*