今話題の副業社員とは!話題の理由とメリットデメリットを紹介!

今話題の副業社員とは!話題の理由とメリットデメリットを紹介!

かつて正社員になれば、そのままこの仕事を専念し、定年になるまで勤め上げるというのが人生の基本でもありました。

しかし、グローバル化が進み、日本企業も人件費を削減する昨今、本業以外にも副業として社員をする副業社員という言葉がきかれるようになってきたのです。

今回、以下の流れでこの副業社員がどういったものなのかを紹介していきます。

今回の流れ
・副業社員とは?
・2018年、副業容認が正式に行われた
・副業社員を採用するメリット
・副業社員を採用するデメリット

これらについて説明するとともに、スマホ副業としておすすめできる、スマホ一つで簡単に稼げるサービスのスマホdeマネーにも触れていき、ムゲンアップとの比較も行いまとめました。

先に結論を言うと副業として考えた場合、暇な時間にスマホを使って稼ぐことができるスマホ副業の方が簡単です。

そんなスマホ副業で15万人以上が副収入に成功した「スマホdeマネー」に参加すれば、こういった非常に労力を要求されるクラウドソーシングサービスを利用するよりも簡単に稼ぐことができます。

後ほど詳しく紹介しますが、既に興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業社員とは?

副業社員とは

副業社員とは、文字通り本業を持っていながら副業でも働いている人材のことです。

社員とつくと、その仕事を本業で行っている印象ですが、副業社員は副業という形で他の会社の仕事を社員のように行っています。

そんな人材として知られるようになった副業社員は第4の人材として、正社員、契約社員、派遣社員に次ぐ存在です。

この副業社員は、案件の重要度が高いものの緊急性を要さないものに従事し、一部専門性の高いスキルを持った人材は企業や組織の重要な部分もサポートしてもらうことができる貴重な戦力とも言えます。

そんな副業社員が今増えてきているのが現在のトレンドです。

現在一一番流行っている副業は「スマホdeマネー」のようなスマホ副業で、スマホさえあれば手軽に始めることができると評判なんです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

2018年、副業容認が正式に行われた

容認された

2018年、厚生労働省がモデル就業規則を「副業容認」の形に改定したことで、副業容認が正式に行われました。

このモデル就業規則とは、就業規則のガイドラインとなるものです。

就業規則は、常時10人以上の従業員を使用する使用者は、労働基準法(昭和22年法律第49号)第89条の規定により、就業規則を作成し、所轄の労働基準監督 署長に届け出なければならないという決まりがあります。

つまり、ほどんどの企業がこの就業規則を作らなければいけないのですが、その見本として厚生労働省が見せているものをモデル就業規則というのです。

この就業規則の作成例として定期的にモデル就業規則を提示しているため、多くの企業はこれを元に就業規則を作成しています。

そして、ここで副業容認と言うモデルが示されたことから正式に副業容認がされるようになりました。

この容認によって副業を認める方向に舵を切る企業がさらに増えていくこととなり、副業社員も多くなるということが想定されているのです。

ちなみに従来の企業の就労規則には副業禁止規定があります。

これは、他社で勤務をする、自らが事業主として事業を行うと言った「労務提供型」の就労規則を禁止するものです。

例外として、株式投資やFX、不動産投資のような「不労所得型」や労務提供型で報酬が発生しないもの(ボランティアなど)は、副業には該当しないのですが、これは副業を行うにあたって大きな障害でした。

しかし、この労務提供型の副業が容認されたことで、あらゆる働き方が可能となったのです。

つまり、働き方の変化の波がやってきていると言えます。

副業社員を採用するメリット

採用メリット

副業社員を採用する場合、採用側にはいくつかのメリットがあります。

そのメリットは、大小さまざまなものがありますが、主なものとして今回以下の3つを挙げます。

副業社員を採用するメリット
・本業で培ったプロフェッショナルなスキルや経験
・契約解除しやすい
・遠方の人材も利用できる

これらについて紹介していきます。

本業で培ったプロフェッショナルなスキルや経験

副業社員の方は一言で言うと、その分野のプロです。

つまり、得意な分野において仕事を任せれば、既存の自社戦力だけでは対応することが難しかったプロジェクトや経営課題を前進させる大きな力を秘めている人材とも言えます。

ハイスキル人材の雇用が難しい企業であっても一時的にハイスキルな人材を助っ人に呼び入れることが可能となり、従来出来ないようなことを期待できるというのがメリットです。

このようにスポーツで言う所の助っ人外国人のような戦力が、以前よりも手にしやすくなりました。

契約解除しやすい

ミスマッチリスクの軽減もメリットです。

助っ人としてハイスキル人材を副業社員の枠で入れたのに、実際に仕事をさせてみたらとんでもなくレベルの低い社員だったということもトラブルとして考えられます。

そんな人材を正規雇用してしまうと企業や組織としても大変なダメージです。

こういった人材のミスマッチも契約解除という形で簡単に放出させることができます。

そのため、戦力にならない人材に対して貴重な経営資源(お金のこと)を消費することを最小限に抑えられるというメリットもあるのです。

また、相手も本業があるため契約解除を行っても致命的な損失を被ることはまれですから、副業社員の側も採用側もダメージは少ないというのもメリットと言えます。

遠方の人材も利用できる

副業社員のメリットはテレワークなどで本格的な業務を委託できるということです。

そのため、田舎の企業であっても都市部でバリバリ働いている副業社員のパワーを借りられます。

これによって本来では、まず一緒に仕事ができないような人材の助けを借りることができ、相手の良い仕事のスタイルや技術をこちらにも導入することができるのです。

田舎というビジネスを行う上でも不利なエリアにおいても都市部の有能な人材を気軽に戦力として迎え入れることが可能となります。

副業社員を採用するデメリット

採用でメリット

副業社員を採用することは基本的には魅力的です。

しかし、良いことばかりではありません。

実はデメリットも多くあります。

以下に紹介していきますが、これらはデメリットとして特に大きなものです。

副業社員を採用するデメリット
・平日は稼働できない
・働く時間が少ない
・セキュリティの問題

平日は稼働できない

副業社員は、基本的に平日の日中は本業を行っています。

そのため、こちらが戦力として利用したいと思っている時間帯に、戦力として活躍してもらえないケースがほとんどです。

これによって休日や平日深夜などに対応してもらうことになるのですが、こちら側もその時間帯に受け入れる体制を構築しなければいけない場合があります。

そうなると、自分や社員に大きな負担を強いられることになりかねません。

しかし、休日にある程度の目安の作業をしてもらって、月曜日にこちらで確認し、平日の夜に連絡を入れるというような工夫を行ったり、担当者を作って変則的な勤務にしてもらうという体制を作ったりすることで対応が可能です。

また、仕事の内容に関しても短時間でできるものを中心に用意して、お願いするということも工夫と言えます。

いずれにしても、副業社員は変則的な勤務になるため対応もしっかり行う必要があることや、まだノウハウが構築されていないということもデメリットです。

働く時間が少ない

副業社員はハイスキル人材が多くいます。

しかし、本業があるため働く時間はとても短いというのが現実です。

多くの場合2~3時間、月に10時間程度の勤務が限度な場合も少なくありません。

そういった中で、どんな仕事が任せられるかということをきちんと吟味して依頼するということが採用側に求められます。

そのため、正社員などの常勤スタッフと全く同じ仕事をそのまま任せることができないということを把握したうえで依頼するということが重要です。

こういった仕事内容のカスタマイズも意外な手間と労力を必要とするため、この負担をするくらいなら自前の戦力で行った方が早いケースすらあります。

こういったデメリットがあるということもきちんと把握したうえで採用しましょう。

セキュリティの問題

一番のデメリットは、このセキュリティです。

プロフェッショナルでこちらに必要な技術を求めると、場合によっては同業他社の人材を採用してしまうことも少なくありません。

そうなると、いくら契約できちんとしておいても何かしらのきっかけで、こちらの情報が流出してしまう恐れがあるのです。

こういったリスクがあるだけでなく、セキュリティをきちんとしたうえで依頼することが要求されるため、とても手間がかかりデメリットになりかねません。

いずれにしても、技術流出や情報流出の対策を十分に行ったうえで副業社員を採用しないと、社員が産業スパイやトラブル源になるという最悪の人材になってしまうのです。

優秀で使える人材というのは、採用の仕方を間違えると危険なリスクに化けることも十分に承知しておく必要があります。

副業社員に今話題のおすすめの副業5選

今話題の仕事

採用側は副業社員に対して警戒しており、通常の業務が回されることはほとんどありません。

また受け入れ側も試行錯誤の段階であることから、副業社員も決して理想的な形で使ってもらうということは期待できないのです。

そんな状況に対して、おススメできる副業を5つ紹介していきます。

副業社員に今話題の副業5選

・スマホdeマネー
・副業ガイド
・セレクト
・Everyday
・副業BLOG

これらは、相手から警戒されずにしかも高いスキルを要求されるようなことがほとんどない副業ばかりです。

そのため、副業社員が副業として検討するのに魅力的なものと言えます。

そんなオススメの副業である副業ガイド、セレクト、スマホdeマネー、Everyday、副業BLOGの5つについて紹介し、まとめてみました。

おすすめの副業の記事と合わせてご一読ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーもスマホ一つで副業ができる便利な副業で、度々紹介しました。

それだけ分かりやすいのが魅力的な副業ですから、一度候補として検討し、自分に合っていると感じたら気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

とても簡単なので驚く位便利な副業案内のサービスです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業ガイド

副業ガイド

副業ガイドは、オファー案件をメルマガやLINEなどで情報配信するサービスです。

数多くある情報商材を紹介してくれるため、自分に合った副業を見つけることが簡単にできるというのが魅力と言えます。

相手の企業も分からないですし、こちらの身元も確認されないので気軽に案件を受けられるのが特徴です。

それをLINEという身近なツールに送ってくれるので、週末はどんな副業をしようか選ぶ楽しみもあります。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

セレクト

セレクト

先着という制限がありますが、実際はそこまで厳しくありません。

紹介する副業にノルマ、ペナルティ等一切ない案件しかないため気軽に副業できます。

スマートフォンを使って、提供してもらう副業をこなしいくことで収入を得るというのもとても敷居が低くオススメの副業です。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

Everyday

Everyday

1秒でカンタンにお金が得られる副業です。

毎日届く2択アンケートで稼げる副業ポイントアプリなので、短時間でポイントを稼ぐことが出来ます。

貯まったポイントは、ギフト券に交換することが可能なので便利な副業と言えます。

またギフト券も換金できるものが多いですから、間接的にではありますが副収入にもなるサービスです。

\即日稼げる!/

Everydayを
今すぐ確認する!

副業BLOG

副業BLOG

副業BLOGは、副業をレクチャーしてもらいながら実践できるのが魅力的なサービスです。

先着人数が限られているため、その点がややデメリットですが、LINEに追加してアドバイス通りに動くだけで副収入が期待できます。

副業でコツコツ稼いで数十万円の収入を得た前例もありますから、比較的確実な副業と言えます。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】社員の副業について

副業社員まとめ

副業社員は、社会的にも公認された存在として認知され始めています。

そのため、企業も副業を容認し始めているのです。

そんな中社員の副業は採用側もメリットがありますが、受け入れ態勢を作るのに大変な手間がかかることから、実際は受け入れ先が敬遠している傾向にあります。

このような状態の少ない枠を争うには、とてもエネルギーが要求されるのが現実です。

そういったエネルギーを今回紹介した「スマホdeマネー」のような稼げる副業を考えた方がおすすめと言えるのではないでしょうか。

ただ、副業社員も魅力的なので、興味があれば検討してみることもおすすめします。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*