パートを辞めたい!と思った時にすぐ辞めるための理由・辞め方を解説

パートを辞めたい

パートをしていて「もう辞めたい…」と思うことは多くの人にあるもの。

そのとき、「辞めてどうすればいいのか」「すぐに辞めてもいいのか」などの点が、特に気になるかと思います。

また、辞めることはすでに決めていて「どう辞めればいいか」を考えている人もいるでしょう。

この記事では、上記のような疑問について答えをまとめていきます。

読んでいただくことで、パートを辞めたいと感じるときに生まれる悩みを解消できるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • パートを辞めたくなる原因
  • パートを辞めたいときの対処法
  • パートをすぐ辞めてもいいのか
  • 上手にパートを辞める方法

パートを辞めるとき、多くの人が悩むのは「収入源をどうするか」ということでしょう。

その点で、新しい収入源として当サイトがおすすめするのは、副業研究所おすすめの副業サービスというスマホ1台で取り組めるビジネスです。

特別なスキルなどは一切不要で、スマホをタップするだけの単純作業で、月収100万円以上も目指すことができます。

詳しいやり方や始める方法などは、下記の公式サイトをご参照ください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

「パート辞めたい!」と思うことはよくある

「パート辞めたい!」と思うことはよくある

パートを辞めたいと思うことは、誰にでもあるものです。

ある求人情報サイトのアンケートによれば、1カ月で退職した経験のある人が50%以上に上るほどです。

実際に1カ月でやめた人だけでこの人数です。

辞めたいと「思ったことがある」だけの人もいれれば、相当な割合になると言えるでしょう。

そのようにパートを辞めたいと思ったとき、気になるのは「収入源をどうするか」という点でしょう。

この点で、当サイトがおすすめするのは、副業研究所おすすめの副業サービスというスマホ1台でできるビジネスです。

年齢や経験、資格やスキルなどは一切不問で取り組めるため、パートしか仕事の経験がないという人でも安心です。

1日5分などのわずかな隙間時間でも有効利用して稼ぐことができます。

そのため、子育て中のママさんでも取り組みやすいお仕事です。

詳しい仕事内容や始め方などは、下の公式ページから確認していただけたらと思います。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

パートを辞めたくなってしまう原因

パートを辞めたくなってしまう原因

多くの人がパートを辞めたくなる理由や原因は共通しています。

ここではその原因の中でも、特に多く見られる3つのものを説明します。

人間関係が悪い

圧倒的に多い原因は、やはり人間関係でしょう。

有名なアドラー心理学でも「すべての悩みは対人関係の悩みである」と言っています。

アドラー心理学を知らない人でも『嫌われる勇気』という大ベストセラーは知っているでしょう。

「お給料が安い」などの原因もありますが、これは応募するときに「大体わかっていたこと」です。

また仕事内容のきつさなども、パートをする年齢層になると大体想像がつくものです。

そのため、大抵のことは人間関係さえ良ければ耐えられるのです。

逆に、他の条件が良かったとしても人間関係が悪いと耐えられないといえます。

仕事内容がきつい

上の段落で書いた通り、仕事内容は事前に多少の予想はつくものです。

しかし、徐々に内容が厳しくなっていくなどのこともあるでしょう。

徐々に厳しくなる原因は下のようなものがあります。

  • スタッフが減った
  • 経営のやり方が変わった
  • 勤続年数が長くなり、責任が重くなった

特にこの10年ほどで大幅に増えているのが、正社員並みの仕事をするパートのスタッフさんの存在です。

企業としては、このようなパートのスタッフさんは、以下の点でありがたいためです。

  • 賃金を安く抑えられる
  • いつでもクビを切れる
  • 社会保険・雇用保険などのルールも緩い

中には本当は社会保険・雇用保険に加入させないといけないのに、していないという悪質な事業所もあります。

(悪質というのは労働者側に肩入れをしているわけではなく、純粋に違法であり、軽い犯罪なのです)

このように人材を「ただの労働力」としてとらえる企業では、特にパートのスタッフさんが重責を負うことがあります。

このような職場で辞めたくなるのは当然といえるでしょう。

お給料が安い(割りに合わない)

ほとんどの人は、お給料のためにパートを始めます。

そのため、そのお給料があまりに安いと感じられたら、当然辞めたくなるでしょう。

先にも書いた通り、お給料の金額は応募前からわかっています。

しかし、仕事内容が求人情報に書かれていたものと違い「明らかにハード」であれば、割りに合わないと感じるでしょう。

「仕事内容がきつい」の段落でも書いた通り、最初は普通でも徐々に変化していくこともあります。

そのような職場で我慢して働き続けることは、ブラックな経営者を助長することにもなってしまいます。

そのため、辞めるのは正しいとも言えるのです。

なお、割りに合わないパートとは逆に「美味しいバイト」もあります。

それが、当サイトがおすすめしているスマホビジネスの「副業研究所おすすめの副業サービス」です。

副業研究所おすすめの副業サービスは、スマホをタップするだけの簡単な作業で、最大月収100万円以上も狙えるビジネスです。

詳しい内容や、実際に取り組んでいる方の体験談は、下の公式HPでご覧いただけたらと思います。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

パートを辞めたい時の対処法

パートを辞めたい時の対処法

パートを辞めたいと思ったときの対処法はいくつかあります。

ここでは、その中でも特に重要なものを3つ説明していきます。

仕事と割り切って耐える

辞めたい理由によっては「自分が悪い」ということもあるかもしれません。

そのため「仕事と割り切って耐える」ことが必要なケースもあります。

少々難しいところで、自分が悪くない人ほど「自分が悪い」と思ってしまうということもあります。

ブラック企業で自死されてしまう社員さんに多く見られるパターンですが、パートのスタッフさんでもしばしば見られます。

正社員並みかそれ以上の重労働をパートでやらされているという状況でも、それが当然だと思って我慢してしまうような方です。

こうした方にまで「仕事と割り切って耐える」ということはおすすめしません。

逆に「自分に一切非がない」と思っている人の場合は、耐えることも重要かと思います。

現時点でもっといい仕事を見つけられないというのは、ある意味「自分が悪い」ともいえるのです(少々厳しい見方になるかもしれませんが)。

今のパートのお仕事に不満があるなら、抜け出すために全力を尽くさなければいけません。

転職先を探してみる

今のパートを辞めたいことが「自分の問題でなく職場の問題である」というときには、転職先を探すべきといえます。

より良い職場で働けば、ストレスも減り新しいスキルも体得できる可能性があるでしょう。

パートの転職先の探し方は多くありますが、今ならネットで探すのが一番便利といえます。

求人広告で探すのも悪くありませんが、ネットの方がより多くの情報に簡単にアクセスできます。

ネットは苦手という方でも、お子さんなどネットの利用に慣れている人に手伝ってもらって、ネットで仕事を探すといいでしょう。

辞めて副業を始める

辞めたいのなら、思い切って辞めてしまうのがいいでしょう。

そのとき心配なのはお金の問題でしょうが、パートしか仕事の経験がない人でも稼げるビジネスは多くあります。

ここ数年ではスマホビジネスがその代表です。

スマホ1台でできる仕事ですが、その中でも当サイト・副業研究所は特に「副業研究所おすすめの副業サービス」というビジネスをおすすめしています。

知識やスキル、資格や経験などは一切不問で稼げる仕事で、内容も簡単です。

スマホをタップするだけの単純作業なので、老若男女誰でも手軽に取り組むことが可能です。

詳しい作業内容や始め方などは、下で示す公式サイトをチェックしていただけたらと思います。

また、副業研究所おすすめの副業サービス以外の仕事については「主婦におすすめの副業」の記事をご参照ください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

パートをすぐに辞めても良いの?

パートをすぐに辞めても良いの?

採用されるときに「最低勤務期間」の契約があるなら、それを守るのが原則です。

ただ、やむを得ない事情があれば、期間内ですぐに辞めてもいいという法律になっています。

これは、民法628条で規定されています。

「やむを得ない事情があるときは、ただちに契約を解除できる」という内容です。

これはパートの側だけでなく「雇用主の側」にも適用されます。

つまり、どちらも「やむを得ない事情」があったら、すぐに契約を解除していいのです。

これは「突然クビを切られる」リスクもあるわけですが、逆に「すぐ辞めるのもあり」となります。

そして、やむを得ない事情とは主に下のようなものです。

  • 健康状態が悪化した
  • 家族の介護・看病が必要になった
  • 職場に問題がある(環境が劣悪など)

こうしたルールになっているため、期間の約束があったとしても、すぐに辞めることはできます。

しかし、できるだけ円満に辞められるよう、コミュニケーションを工夫するようにしましょう。

上手にパートを辞める方法

上手にパートを辞める方法

上手なパートの辞め方には、いくつかのポイントがあります。

ここでは、その中でも特に重要な辞め方のポイントを3つ解説していきます。

早めに伝える(1~2カ月前)

どんなことでも早めに伝えるのは基本です。

パートを辞めることについては、状況ごとに下のようなタイミングが目安となります。

自分が辞めたとき、代わりの人を雇う必要がある 1~2カ月前
自分の後任はいるが、仕事を教える必要がある1カ月前
後任がいて仕事もマスターしている2週間前でも可

あくまで目安ではありますが、上記のようなタイミングで伝えます。

たとえば仕事を教える必要がある場合、教える内容によっては1カ月週5程度で出社することが必要になるかもしれません。

もちろん、パートでそこまでする義務はないため、あくまで「お願いされることがある」というだけです。

職場の雰囲気やあなたの性格によっては、それを断りにくいかもしれません。

そのような場合は、1カ月前というタイミングだけでなく「その1カ月は多めに出社する」というスケジュール調整もする必要があります。

一番角が立たない辞職理由を伝える

「嘘も方便」といいますが、正直な理由を伝えると角が立つ場合は、正直な理由を言うべきではありません。

その状況に応じて最も角が立たない理由にすべきです。

たとえば、民法でも「契約期間に関わらず短期で辞職していい」とされている「やむを得ない事情」があります。

体調不良・家族の介護などですが、こうした事情であれば職場の人も反対できません。

基本的に「いつ辞められてもいいようにパートという形態にしている」わけですから、辞めるのはパートの自由です。

一応角が立たない理由を伝えつつも「辞めることに文句は言わせない」「余計な詮索はさせない」という態度を毅然ととりましょう。

辞める前ほど良い仕事をする

辞める前にいいかげんな態度で仕事をすると、最後に悪い印象を与えてしまいます。

逆に、それまで不真面目だった人でも、最後が真面目だと非常にいい印象になります。

そのため、これまでの勤務態度に関係なく、最後の時期はかならず誠実に仕事をしましょう。

どんなに酷い職場でも「しっかりした人」はいるものです。

職場のためではなく、そうした人に見てもらうつもりで、最後の仕事は真面目にするようにしましょう。

パートを辞めたい人によく聞かれる質問

パートを辞めたい人によく聞かれる質問

パートを辞めたい人が疑問に思う点はおおむね共通しています。

ここでは、パートを辞めたいと考えている人からのよくある質問について答えていきます。

パートは副業できない?禁止する会社は違法?

パートの副業が禁止されるかどうかは、その会社次第です。

会社の就業規則で禁止と書かれているなら禁止です。

もちろん「パートの副業まで禁止するのはおかしい」と感じる人も多いでしょう。

その場合は「その会社でパートをしなければいい」ということです。

わかりやすく言うと「嫌ならうちに来るな」ということです(会社側からすると)。

民法のルールでは、雇用契約をしたのであれば、その契約の内容は守るということが定められています。

採用されるときに契約書にサインした以上、副業禁止のルールも守る必要があります。

もっとも、パートとは文字どおり「部分的な時間で働く」というものです。

つまり「最初から別の仕事があることが前提」なのです。

主婦の女性だと別の仕事がないこともよくあるでしょう。

しかし、理論的には(言葉の由来的には)他の仕事があって当たり前なのです。

(もちろん、主婦業も立派な仕事です)

そのため、パートの副業を禁止している会社はほとんどないというのが実情です。

なお、パートの副業禁止のルールは「パートの副業」の記事でも詳しく説明しています。

興味がある方は、上記の記事もご覧ください。

仕事のブランクが長い主婦でも稼げる方法は?

かつて正社員として働いていた女性でも、出産や育児で長いブランクがあることは多いもの。

そのブランクが明けた後はパートとして働いていたものの、やはりもっと収入を増やしたいと思うことは多いでしょう。

その場合、仕事のブランクが長く、パートをしていた主婦の方でも稼げる仕事というのが気になるかと思います。

そのようなお仕事として、当サイトでは副業研究所おすすめの副業サービスをおすすめしています。

資格や業務経験、知識などは一切不問で稼げるビジネスです。

隙間時間にスマホだけで取り組める簡単なビジネスなので、ぜひ詳細を公式ページでチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】パートはすぐに辞めても問題ない

【まとめ】パートはすぐに辞めても問題ない

まとめると、パートはすぐに辞めても問題ありません。

辞めた後の収入源については、副業研究所おすすめの副業サービスなどのビジネスがおすすめです。

文中でも紹介してきた通り、老若男女誰でも稼げるビジネスであり、始め方も簡単です。

登録も完全無料で、継続にも費用はかからないため、ぜひ気軽に下の公式サイトを確認してみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*