農業で一番儲かる野菜とは!儲かる野菜ランキングを紹介!

儲かる野菜ランキング5選!稼げる野菜の特徴と高く売る一工夫!

「野菜を売って儲けたいけど実際は大変なの?」

「どんな野菜を売れば儲けることができるの?」

これから農業を始めようとしてこのように思っていませんか?

当記事を読むことで、今後野菜を売って儲けていく為のベストな判断をすることができます。

この記事では、儲けることのできる野菜のポイントやランキング、大変なのかどうかについて徹底解説していきます。

これから野菜のビジネスを始めたい人にとって非常に役立つ内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • 野菜で儲けることはできるの?
  • 儲けることのできる野菜のポイント
  • 儲けることのできる野菜ランキング
  • 農家が野菜でさらに儲けるためのひと工夫
  • 農家が野菜以外でも儲けられるようにするべき理由

先に結論から言うと、野菜は物によって儲けることができますが、天候などに左右されやすいため大変です。

できるだけ労力を減らし短期間で稼いでいきたい場合には、他の副業を行うようにしましょう。

時間をかけずに誰でも簡単に稼げるおすすめの副業はスマホ副業です。

「スマホ副業」はスマホさえあれば作業ができるため、農業のように大変な思いをする必要ありません。

農業は労力と技術が必要な大変なビジネスなので、簡単に稼ぎたい人はスマホ副業を利用してみてください。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

野菜で儲けることはできるの?

野菜で儲けることはできるの?

まずは、野菜で儲けることはできるのか?ということについて解説していきます。

答えから言うと、野菜で儲けることは可能です。

もちろん農家の全員が儲けることはできませんが、一部の人たちが儲けているのは確かです。

農家の平均年収は、おおよそ150万円から300万円程度と言われています。

そのうちの約40%は年収300万円未満の人たちです。

逆に考えれば、残りの約60%の農家は年収300万円以上稼いでおり、一部の人は1000万円以上稼いでいることになります。

とはいえ、農家として稼いでいくのは簡単なことではありません。

天候などに左右されやすいため、安定的に収入を得ていく為にはそれなりの時間がかかります。

もし、短期間で稼いでいきたいのであれば農業は向いていないでしょう。

そういった方は、冒頭でも紹介した「スマホ副業」をおすすめします。

「スマホ副業」はスマホで簡単作業をこなすだけなので、収益が天候に左右されることはありません。

登録費や利用料はいっさいかかりませんので、興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

(また、農業は副業で稼ぐこともできます。農業の副業の始め方はこちらのページでまとめています)

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

儲けることのできる野菜ランキング

儲けることのできる野菜ランキング

続いて、儲けることのできる野菜をランキング形式で紹介していきます。

以下の野菜は他の野菜に比べて収益性が非常に高いです。

儲けることのできる野菜ランキング

  1. キャベツ
  2. レタス
  3. レンコン
  4. トマト
  5. サトイモ

キャベツ

キャベツは、時給に換算すると約2000円にもなる「儲かる野菜」です。

市場価格の乱高下が激しいですが、しっかり利益計算すると儲ける野菜に分類されるようです。

レタス

レタスは、時給に換算すると約1700円程度になります。

夏場に需要が高くなるため、その時期に出荷できる地域では有利な経営を行うことができます。

冷涼な地域で栽培する場合は、レタスを検討してみると良いでしょう。

レンコン

れんこん出典:楽天市場

レンコンは、時給に換算すると約1500円程度になります。

初期費用を安く抑えることができ、2年目以降は種の費用も必要なくなることから、先ほど触れた「経費の掛からない野菜」に該当しますね。

利益率を拡大させていきたい場合は、レンコンを検討してみると良いかもしれません。

ただ、レンコンは収穫する際の環境が最悪なので、重労働に耐えられない人には向いていないでしょう。

トマト

トマトは、時給に換算すると約1300円程度になります。

栽培面積が少なくて済むことから、新規就農者に適した野菜と言えるでしょう。

ただ、トマトの栽培は夏に行うと逆効果となり、時給約600円前後に落ち込んでしまうので注意が必要です。

サトイモ

サトイモは、時給に換算すると約1300円程度になります。

サトイモは他の野菜に比べると管理作業が少ない傾向にありますが、収穫や出荷の際に労力がかかってしまいます。

以上が儲かる野菜のランキングですが、やはり農業自体がもともと不安定で稼ぎにくいということは間違いありません。

農業と違い確実に儲かる副業は下のサイトで紹介しているため、こちらもぜひ参考にしていただけたらと思います。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

儲けることのできる野菜のポイント

儲けることのできる野菜のポイント

次に、儲けることのできる野菜のポイントについて解説していきます。

以下の特徴に当てはまる野菜は儲けやすいのでチェックしておきましょう。

儲けることのできる野菜のポイント

  • 経費がかからない
  • 労働時間が少ない
  • 栽培方法を工夫する

経費がかからない

野菜で儲かるかどうかは、経費もしっかり計算しなくてはいけません。

どれだけ売上が多かったとしても、経費が掛かっていれば利益は少なくなってしまうからです。

例えば、年間800万円の売上があったとしても、経費が700万円かかっていれば利益は100万円です。

これでは全く儲かっていないことになるので、経費の掛からない野菜を選択するようにしましょう。

労働時間が少ない

野菜で儲けるためには経費だけではなく、労働時間を考えることも大切です。

いくら売上金が多かったとしても、それに見合わない労働時間であれば大変な毎日から抜け出せないからです。

例えば、半年で143万円の利益を得たとしても、その期間中に2155時間働いていれば時給は約644円になります。

これではアルバイトの最低賃金よりも安くなってしまうので、労働時間を減らせる野菜を選択するようにしましょう。

栽培方法を工夫する

野菜で儲けるためには栽培方法を工夫するのも1つの手です。

例えば、扱う野菜に応じて露地栽培か施設栽培などで分けることです。

露地栽培とは、より自然な環境で野菜を育てる農法ですね。

一方で、施設栽培とは、ガラス室やビニールハウスなどを利用して野菜を育てる農法です。

扱う野菜や育てる環境に講じて農法を変えていけば、効率よく野菜を育てていくことができます。

これだけあっても、毎日世話をしないといけませんし、正直稼ぐことができません。

本気で稼ぎたいのであれば、当サイトおすすめのスマホ副業のような副業を初めてみるのがいいかもしれませんね。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

農家が野菜でさらに儲けるためのひと工夫

農家が野菜でさらに儲けるためのひと工夫

では、農家が野菜でさらに儲けるためには何をどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、農家が野菜でさらに儲けるためのひと工夫について解説していきます。

今後、本格的に農業を営んでいこうと思っている方は、是非参考にしてみてください。

農家が野菜でさらに儲けるためのひと工夫

  • メルカリで野菜を販売する
  • 直売所で販売する
  • 自社ブランドを作る

メルカリで野菜を販売する

メルカリ出典:メルカリ

1つめの工夫は、メルカリで野菜を販売することです。

本来、メルカリでは安全面・衛生面の観点から、生鮮食品の販売を禁止しています。

しかし、野菜は加工していない限り販売することが可能です。

メルカリではプロの農家ではない人も野菜を販売しているので、1度チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

直売所で販売する

2つめの工夫は、直売所で野菜を販売することです。

直売所で野菜を販売すれば、自分で値段などを設定できますし、そういった場所では個人のお客さんも付きやすいです。

通常の小売店に出荷する場合よりも手数料が安く済むので、利益率を上げることもできます。

自社ブランドを作る

3つめの工夫は、自社ブランドを作ることです。

自社ブランドを作って販売すれば個人の客さんも付きやすくなりますし、いろんな情報を伝えることができます。

とはいえ、これまで紹介した3つの工夫を行うのは簡単ではありません。

特に自社ブランドに関しては大変な苦労を強いられるため、初心者が取り組むのはハードルが高いです。

できるだけ少ない労力で稼いでいきたいのであれば、やはり他の副業も同時に行った方が良いでしょう。

例えば、先ほども紹介した「スマホ副業」などです。

「スマホ副業」は簡単な作業をこなしていくだけなので、農業に比べて大変な思いをする機会は少ないです。

会員登録は無料でできますので、少しでも気になった方は公式ページをチェックしてみてください。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

農家は野菜以外でも儲けられるようにしよう

農家は野菜以外でも儲けられるようにしよう

最近は様々な仕事をこなす農家が増えつつあります。

副業(複業)が主流になりつつある農家の現状ですが、その背景にはどんな理由があるのでしょうか?

ここでは、農家が野菜以外でも儲けられるようにするべき理由について解説していきます。

農家が野菜以外でも儲けられるようにするべき理由

  • 天候に左右されやすいから
  • 安定した収入を得ることができるから

天候に左右されやすい

農業は天候に左右されやすいです。

特に台風が多く上陸する日本では、農業で利益を安定させるのが難しくなっています。

万が一の時に備えるため、他の収入源を作っている農家の人は増えているのです。

安定した収入を得ることができる

農業以外でも複数のキャッシュポイントがあれば、安定した収入を得ていくことができます。

例えば、先ほどから紹介している「スマホ副業」などもその1つです。

「スマホ副業」で安定的に稼げるようになれば、農業で万が一のことがあっても生活していくことができます。

なので、農業を行いつつ「スマホ副業」のような簡単な副業に取り組むのがベストでしょう。

「スマホ副業」は完全無料で登録できるので、興味を持った方は1度チェックしてみてください。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

儲かる農作物ランキング(果物・果樹)

儲かる農作物ランキング(果物・果樹)

儲かる農作物のなかでも、果物・果樹をランキングにすると下のとおりです。

1位 ナシ
2位 カキ
3位 ブドウ
4位 オウトウ
5位 モモ
6位 リンゴ
7位 キウイフルーツ
8位 ブルーベリー
9位 スモモ
10位 イチジク

ここでは、1位~5位について詳しく解説していきます。

1位:ナシ

農家の間で「儲かる果物」の定番となっている梨。

単価が高く作業が楽で、初期投資も小さいなど、あらゆる点でメリットがあります。

「それなら誰でも参戦するのでは?」と思うかもしれませんが、注意点もあるもの。

周囲2~3km以内にカイズカイブキやビャクシン属の植物があると、赤星病が発生してしまうのです。

2~3kmとなると、全体を把握するだけでも難しく「植えないでください」とお願いをするのも難しいもの。

つまり、もともとナシの産地という場所か、相当な田舎(で周囲に上記の植物がない)場所でないと栽培できないのです。

そのような条件を満たしている場所では、ナシを栽培するのが儲ける近道です。

2位:カキ

柿出典:https://www.ja-town.com/shop/f/f10a0/

儲からないと思われがちで、意外に儲かるのがカキ。

近年はギフト用の高級柿によって単価が上がっているため、その方向で栽培すれば、儲かる果物となります。

低予算でしられる柑橘系と同等のコストパフォーマンスを誇り、収穫が11月という点で安定性もあります。

夏に収穫する果実は、雨や高温の影響を受けやすいのですが、11月ならそのような影響も小さくなるためです。

カキを購入する消費者の大部分は高齢者です。

このため「いかに高齢者に売るか」が勝負となります。

3位:ブドウ

ぶどうは初期投資が高額で、栽培にも技術が必要です。

しかし、それでも超高級品種によって高単価を得られることから上位につけています。

また、安易に栽培できるスタンダードな品種もあり、間口が広いことも特徴です。

通常の販売だけでなく、観光農園(ぶどう狩り)でビジネスを展開することも可能で、事業の幅が広がることメリットといえます。

4位:オウトウ

オウトウ出典:JAタウン

黄桃(さくらんぼ)のことです。

収穫時期が早い、軽くて扱いやすい、単価も高いとあらゆる好条件が揃っています。

デメリットとしては、雨よけハウスが必須であるなど、初期投資が高額になること。

それも、あらゆる果物の中で最大規模といもされます。

また、受粉が少々難しいという難点もあるものです。

しかし、そうした最初の難関さえ超えられれば、オウトウは非常に儲かるフルーツとされます。

5位:モモ

モモは成木化年数(植えてから着果するまでの年数)で、イチジクやブルーベリーなどについで上位の果物です。

「桃栗三年、柿八年」という言葉もあり、長いイメージがあるかも知れませんが、実は早く実がなる果樹なのです。

実がなるまでの期間は短いものの、初期投資はそれなりにかかります。

また、早く実がなるのはいいのですが、その分厭地(いやち)も早くできるのが課題です。

厭地とは、作物がなった後で栄養分が不足してしまっている土地ですが、その土地をいかに早く回復させるか(他の土地で次の桃を育てるか)も鍵となります。

以上が儲かる果物のランキングですが、野菜でも果物でも、そもそも農業で安定して稼ぐのは難しいものです。

安定して稼ぎたいのであれば、やはり農業と合わせてLINE1つでできるLINE副業にも取り組むのがいいでしょう。

LINE副業の中でも特に稼げるビジネスは下のサイトで紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

希少価値の高い野菜3選

ここでは日本であまり流通していない希少価値が高い野菜を紹介します。

どれも単価が高く儲けやすいですが、日本で育てにくい点にも注意が必要です。

新しいジャンルの野菜に着手したい人はぜひ参考資料

希少価値の高い野菜3選

  • 紫アスパラガス・ホワイトアスパラガス
  • エシャロット
  • アボカド

紫アスパラガス・ホワイトアスパラガス

紫アスパラガスとホワイトアスパラガスは流通数が少なく希少価値が高い野菜です。

春先のイタリア料理やフランス料理で取り扱われることが多く、飲食店への卸売りを狙うことができます。

特に国産のホワイトアスパラガス1㎏あたり1,000円を超えることが珍しくなく、それなりの利益を狙うことが可能です。

しかし、ホワイトアスパラガスは栽培から収穫まで3年程度かかるので注意が必要になります。

葉物野菜などと違って回転率が良くないので長い目で見る必要があるのです。

エシャロット

エシャロット(ベルギーエシャロット)は日本であまり流通していない、フランス料理に欠かせない食材です。

玉ねぎのような見た目をしている野菜で汎用性が高いので需要がなくなることはありません

エシャレットというらっきょうに似た野菜がありますが別物なので注意してください。

エシャロットは基本的に海外からの輸入が多く、ほとんど国内では作られていません

そのため希少価値が高くなっています。

アボカド

アボカドは基本的にメキシコやチリなどで栽培されている野菜で、国内生産はほとんどなく希少価値が高いです。

質の良い国産アボカドであれば1玉数千円以上で取引されるのでかなりの価値があります。

しかし、アボカドは耐寒性が低い品種が多いのでハウスなどの初期投資が必要です。

手軽に作って売り出せる商品ではないので、素人の人が手を出すのはおすすめしません。

最低気温や湿度などの条件があるので西日本側の方が栽培に適している野菜になります。

冬に儲かる野菜は?

ここでは冬に儲けやすい野菜を詳しく解説します。

農業で稼ぎたいけど冬にどんな作物を育てたら良いか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

白菜

冬に儲かる野菜の1つに白菜があります。

冬が旬の白菜ですが、高騰が起きやすく1玉500円以上で取引されることがあるのでかなり稼げます。

また、高騰していない時でも労働時間当たりの収入が高いため効率よく稼げる野菜です。

秋冬は害虫が少なくなるので、必然的に栽培が簡単になるのも嬉しいポイントです。

キャベツ

キャベツ冬から春にかけてが旬の儲かる野菜です。

手間がかかりにくいでので、時間をかけずに効率よく稼ぎたい人に向いています。

キャベツでしっかりと稼ぐには農地面積が必要な点に注意してください。

単価が低いので薄利多売を実行できないとどうしてもおおきく稼ぐことができないのです。

ふきのとう

ふきのとうは冬から初春にかけて採れる山菜で冬に儲かる野菜です。

山菜は単価が高くライバルが少ないので稼ぎやすい野菜になっています。

また、ふきのとうは多年草なので、毎年新しく植える必要はありません。

毎年時期なると新芽が出てくるので、それを摘むことで収穫できます。

ふきのとうを時期までに増やしていき、冬から初春にかけて販売すると稼ぎやすいです。

野菜のネット販売は儲かる?

野菜のネット販売は儲かる?

野菜の販売の中でも、特にネット販売について「儲かるのか?」という点を知りたい人は多いでしょう。

ここでは、野菜のネット販売の収益性に関する情報をまとめます。

ネット通販に乗り出す農家が増えている

野菜のネット販売を行う農家は年々増えています。

これは、下記の『青果物のネット通販の実態と動向』という論文を見てもわかります。

資料出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh/29/1/29_17/_pdf/-char/ja

実践する農家が年々増えているということは「ネット通販は儲かる」ということです。

(少なくとも、何もしないより儲かるから増えているといえます)

野菜のネット通販が儲かる理由

野菜のネット通販が儲かる理由をまとめると、下のとおりです。

  1. 基本的にコストがかからない
  2. 特別な需要のある消費者に売れる
  3. 農協などに中間コストを取られない

それぞれ簡単に説明していきます。

基本的にコストがかからない

ネット通販は、売れなくても特に損失が出ません。

大々的にホームページ作成業者やマーケターなどに依頼したら別ですが、そうでなければ、せいぜいネットショップの月額やサーバー代・ドメイン代程度です。

売れなくても困らない以上「とりあえず始めておく」という選択肢もあるわけです。

(それで実践する農家が増えているともいえます)

特別な需要のある消費者に売れる

ネット販売で多くの消費者にアプローチすれば「特別なニーズ」をもつ消費者にもアピールできます。

たとえば、人間の足のような形をした野菜の場合、農協などには当然売れません。

しかし、そのような「変な野菜」をぜひ買いたいという消費者は多くいるでしょう。

そのような野菜を収穫直後に売れば、本来廃棄するはずだった野菜を高額で売れるということも考えられます。

農協などに中間コストを取られない

農協やスーパーなどを通して野菜を販売する場合、当然中間コストを取られます。

しかし、ネットショップであれば5%程度の手数料のみです。

このように「取り分が増える」ことも、野菜のネット通販が儲かる理由といえます。

以上のとおり、野菜のネット販売は確かに儲かります。

しかし、儲けを考えるのであればスマホ1台でできるスマホ副業の方が、遥かに稼ぎやすいものです。

そのスマホ副業のなかでも最も稼げるビジネスは下のサイトで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

直売所で儲かる野菜は?

ここでは、直売所で儲かる野菜を詳しく紹介します。

直売所に野菜をおろして稼ぐのに、どの野菜が良いか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

周りの農家が作っていない野菜

直売所で儲かる野菜には、周りの農家が作っていない野菜が挙げられます。

どうしても、周りに同じ野菜を作っている人がいると、自分の作物が埋もれやすいです。

一方で、周りの農家が作っていない野菜を持ちこむことができれば効率よく稼ぐことができます。

直売所の人に時期ごとの野菜のラインナップなどを聞いておき、育てる作物を選ぶようにしてください。

セットで売れる野菜

直売所で儲けるには、野菜をセットで売る方法があります。

例えば、冬の時期に鍋用の白菜やニンジンや長ネギなどをセットにして販売をすると売れやすくなります。

単体で考えるのではなく、セットで野菜を組み合わせて売るのも1つの商法です。

直売所で野菜をセットで売る人は少ないので、差別化ができ売れやすくなります。

セットで売ることでお得感を出しつつ購買意欲を刺激しましょう。

ハーブ栽培は儲かる農業?

農業で稼ぐには野菜を販売するだけではなくハーブを栽培して販売する方法があります。

ここでは、ハーブ栽培が稼げるのかどうかということから大切なポイントまで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

ハーブは稼ぎやすい

ハーブ栽培は稼ぎやすい儲かる農業です。

ハーブは観賞用だけではなく調理用にも利用されるようになってきていて、需要が伸びています。

また、ハーブは繁殖力が強い品種が多いので、経験が少ない人でも扱いやすいのが特徴です。

ローズマリーやタイムを食用に栽培するだけではなく、園芸用に様々なハーブを栽培するのがおすすめです。

売れやすい需要のあるハーブを見極めて育てていくことでハーブで十分に稼ぐことができます。

販売ルートの確保が大切

ハーブ栽培は儲かりやすい農業ですが、販売ルートの確保が非常に大切になってきます。

ハーブの需要はどうしても野菜に比べると低くなってしまいます。

そのため、栽培後に販売しようとしても買ってくれる人が見つからずに困ることが少なくありません。

ハーブ栽培で稼ぐ場合にはネット通販をうまく活用すると販売ルートの確保がしやすいです。

メルカリのようなフリマアプリや通販サイトにハーブを出品して販売ルートを確保するようにしてください。

【まとめ】野菜のみで儲けるのは危険

【まとめ】野菜のみで儲けるのは危険

この記事では、儲けることのできる野菜のポイントやランキング、大変なのかどうかについて詳しく解説してきました。

儲けることのできる野菜のポイントは、「経費がかからない」「労働時間が少ない」「栽培方法を工夫する」でしたね。

他にも副業でお金儲けを始めようと思っているあなたは、おすすめのお金を稼ぐ方法について詳しく解説している記事もあるので合わせてご一読ください。

キャベツやレタス、トマトなどは儲けやすい野菜のランキングトップでした。

こうした野菜を売れば儲けることはできますが、天候などに左右されやすいため、安定的に稼いでいけるまでは大変です。

なので、できるだけ労力を減らし、短期間で稼いでいきたいのであれば他の副業を検討した方が良いでしょう。

そこで、少ない労力で収益化できる副業として、先ほどから紹介している「スマホ副業」をもう1度おすすめしたいです。

「スマホ副業」は天候によって収益が左右されるわけではないので、農業のように大変な思いをする必要はありません。

「スマホ副業」に興味を持った方は、この機会に公式ページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*