田舎で儲かる仕事7選|地方でビジネスをするメリットや戦術を大公開!

「田舎でまったり暮らしながら、儲かる仕事をして一定の収入を得たい」

「田舎特有のビジネスチャンスはある?」

本記事に辿り着いた方は、上記のように考えていることでしょう。

本記事では、田舎・地方でビジネスをするメリットから確認し、田舎だから儲かる仕事を7つ紹介します。

後半部分では稼ぐための戦術を余すところなく公開するので、本気で稼ぎたい人は記事を最後までご覧ください。

この記事を読むとわかること

  • 田舎・地方ビジネスをするメリット・戦術を知れる
  • 田舎だからこそ儲かる仕事を7つ知れる
  • 田舎でまったりと暮らしながら、平均以上の収入を得られる

田舎で稼げる仕事はたくさんありますが、短期間で稼げる仕事はスマホ副業です。

スマホ副業の中でもスマホdeマネーは、応援金キャンペーンで3万円を配布しているため、初めに収益が発生している状態からスタートできます。

無料でLINEから10秒で登録可能なので、以下のボタンをクリックしてスマホdeマネーを始めましょう。

スマホdeマネーの
概要を見てみる!

田舎・地方でビジネスをするメリット

田舎・地方でビジネスをするメリットは、以下の3つです。

田舎・地方でビジネスをするメリット

  • 競合が少なく、利益を出すポジションを確立しやすい
  • 誘惑に惑わされず、腰を据えて仕事に集中できる
  • 運営コストを抑えられる

競合が少なく、利益を出すポジションを確立しやすい

田舎は総人口が少ないため、ライバルとなるお店も少ないです。

また、田舎は都会に比べて地域のつながりが強く、田舎で長年続いているお店は地元民に愛されている傾向にあります。

そのため、都会のお店に比べてマーケティング戦略を立てなくても売り上げを作りやすいです。

地元民とのつながりを大切にしつつ、マーケティング戦略を張り巡らせた店舗を作れば、地元民でリピーターを確保しつつ、他の地域から訪れる観光客で大きな売り上げを作ることが可能となります。

人が少ないからビジネスを避けるのではなく、少ないからこそマーケティング戦略が刺さりやすく、唯一無二のポジションを確立しやすいのです。

誘惑に惑わされず、腰を据えて仕事に集中できる

田舎は人が少なく、テーマパークやショッピングセンターなどの遊べる場所が少ないので、誘惑に惑わされず腰を据えて仕事に集中できます。

特に、時間や場所に縛られないWeb系の仕事であれば田舎は最適で、淡々とブログを書いたりSNSを運用したり、アプリ開発をしたりして短期間で大きな売り上げを作ることも可能です。

本気でビジネスに取り組みたいという方は、田舎に住んで集中できる環境を作り出しましょう。

運営コストを抑えられる

田舎は都会に比べて物価が低いため、店舗ビジネスをする場合には運営コストを抑えられます。

例えば、お店を出店する場合には家賃や人件費などを支払う必要がありますが、田舎は坪単価が低い傾向にあり、アルバイトの時給も低いです。

固定費を削減しながらビジネスができるので、失敗するリスクを最大限下げられるというメリットがあります。

田舎で儲かる仕事7選【地方だからアツい!】

田舎で儲かる仕事は、以下の7つです。

田舎で儲かる仕事7選【地方だからアツい!】

  • 学習塾・スクール
  • 飲食店・レストラン
  • ITエンジニア
  • ブログ運営
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • スマホ副業

それぞれの仕事内容や働き方を見ていきましょう。

楽な仕事を紹介している記事もあるので、この記事と合わせて読んでみましょう!

学習塾・スクール

田舎で学習塾・スクールを開講すると、口コミをベースに地元の学生を顧客にすることができます。

田舎は都会に比べて口コミが広がりやすいという特徴があるので、学習塾・スクール自体の質を高めれば、Webマーケティングに苦手意識がある方でも成功しやすいです。

近年、武田塾を代表的に多くの塾がWebマーケティング戦略を立て、圧倒的な速度で教室数を増やしています。

そのため、都会で生き残るためにはWebマーケティングが必要不可欠になってきていますが、田舎では口コミで人を呼べるため、教室運営が得意であれば十分に儲けられるでしょう。

飲食店・レストラン

飲食店・レストランを開くと、田舎で稼げるようになる可能性があります。

田舎の飲食店やレストランは地元民とのつながりが強いので、リピーターを確保しやすいです。

一度軌道に乗れば長期的に安定してお店を運営できるのは、ライバルが少なく顧客を奪われるリスクが低い田舎ならではのメリットでしょう。

ITエンジニア

IT(Information Technology)エンジニアとは、情報技術の技術者を表す職業です。

主な仕事内容は、プログラミング言語を使ってWebサイトを構築したり、Webサイトが正常に動いているかの管理・運用をしたりします。

プログラミング言語への専門的な知識や、顧客のニーズに応えるWebページの作成など、ITエンジニアは専門的な知識が問われます。

ITエンジニアとして稼げるようになるには、最低でも半年かかると言われているので、集中した環境で学び続けなければなりません。

仮に、途中で誘惑に負け、プログラミングから離れてしまった場合には学び直しとなるリスクがあるため、田舎の環境を活かして集中的に学ぶ必要があると言えます。

なお、田舎の環境を活かして集中的に学べるサービスとして、リモート案件特化のエージェントサービス「Remoters」が挙げられます。

Remotersは北海道から沖縄在住の方が利用可能で、システムエンジニアやWebデザイナーなど、募集職種も多数展開しています。

フルリモートワークの案件を紹介してもらえるので、会社勤務ではなく在宅でフリーランスとして稼ぐことが可能です。

案件を紹介してもらえるまで最短3日、1週間~3週間が目安のため、ITエンジニアとして働けるスキルを身に付ければすぐに収益化することができます。

70万円を超える高単価案件も紹介されているため、田舎でITエンジニアとして稼ぎたい方はRemotersの登録をおすすめします。

ブログ運営

ブログ運営では、WordPressといったソフトウェア上に自分のメディアを構築し、アフィリエイト報酬で稼ぎます。

ブログ運営で稼ぐには、検索した際に上位に表示されるような施策を施したSEO対策を行ったり、アクセスしてきた人に対して商品を購入してもらうための導線を用意したりする必要があります。

かなり専門性が高いため、ITエンジニアと同様にブログ運営は稼げるようになるまで最低でも半年かかると言われています。

ブログでアクセスを集める記事を書くには、SEO対策といった専門知識の上に、Webサイト自体のパワーを高める施策も必要です。

大半の方が1円も稼げず挫折するのがブログ運営なので、絶対に挫折しない気持ちの強さと常に学び続ける勤勉性が求められます。

都会では誘惑に負けそうな方は、あえて誘惑の少ない田舎に身を置き、集中できる環境でブログを量産するのも一つの方法です。

ブログの始め方はこちらの記事で詳しく解説しています。

Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントから依頼されたWebサイトをデザインします。

クライアントが思い描いているサイトデザインを制作するために、ヒアリングを通して擦り合わせを行うのもWebデザイナーの仕事です。

デザインセンスが問われる仕事なので、以下の適性チェックで自分に適性があるか確認しましょう。

Webデザイナーの適性チェック

  • 絵を描くのが得意であるか
  • 日常的に自然や街中のポスターに意識が向くか
  • 何かものを作るのが好きか
  • 基礎的なパソコンスキルはあるか
  • 最低でも半年間継続して勉強できるか

上記のうち、上3つはデザイナーとしての適性で、下2つはフリーランスとしての適性です。

上下合わせて2つ当てはまれば、Webデザイナーとしての適性があると言えます。

Webデザイナーもプログラミングと同様にスキルで稼ぐ仕事なので、半年程度の勉強期間が必要です。

適性があり、デザイナーに興味がある方は田舎でWebデザイナーを目指すのもおすすめです。

Webライター

Webライターとは、クライアントに依頼されたWeb上の文章を執筆し、収入を得る仕事です。

Webライターとブロガーは、Web上の文章を執筆するという点では同じですが、収入を得る方法が異なります。

ブロガーは自分でメディアを運営し、アフィリエイト報酬を獲得するのに対し、Webライターはクライアントのメディア記事を執筆し、クライアントから業務委託報酬を獲得します。

Webライターはクライアントから指摘をしてもらえたり、新しいノウハウを学べたりするため、ブログ運営で失敗した方でもWebライターとして稼ぐことは可能です。

ただし、クライアントの意向に沿って記事を執筆する必要があるので、自由にブログを書きたい人には不向きと言えるでしょう。

Webライターの始め方は、こちらの記事をご一読ください。

スマホ副業

田舎で儲かる仕事の中で最もおすすめは、スマホ副業です。

スマホ副業はその名の通り、スマホ1台で稼ぐことに特化しているため、パソコンスキルが必要ありません。

スマホ副業を実践している人は少なく、早期参入することで大きな収入を得ることができます。

副業研究所がおすすめしているスマホ副業は3つあり、最も成功率が高い副業は副業アンケートです。

副業アンケートは、130人中125人が1ヵ月で10万円稼げたと回答しているため、実に96%の人が収益化に成功しています。

スマホ副業で確実に収益を発生させたい方は、副業アンケートを以下のボタンから始めましょう。

公式サイトのキャプチャ画像

 

\3万円分のプレゼント!/

副業研究所おすすめ副業を
今すぐ始める!

田舎で儲かる仕事で稼ぐための戦術 

ここまで紹介した通り、「田舎は人が少ないから稼ぐことに向いていないのでは?」と考える方も多いですが、実際はそうではありません。

人が少ないということはお店が少なく、人気の高いお店に発展させやすいです。

また、田舎は遊び場も少ないため、誘惑に惑わされず仕事に集中できるというメリットもあります。

今の時代、スマホやパソコンを使って海外で稼いでいる人も多く、むしろ田舎の方が集中して稼ぎやすいと言えるので、具体的な戦術について解説します。

田舎で儲かる仕事で稼ぐための戦術

  • 競合分析を行い、差別化ポイントを明確にする
  • オンライン環境で学びまくる
  • 自分にできそうなことから始める

競合分析を行い、差別化ポイントを明確にする

田舎で儲かる仕事で稼ぎたい場合、第一に競合分析を行い、第二に競合との差別化ポイントを明確にしましょう。

競合分析のポイントは、以下の通りです。

競合分析のポイント

  • 営業時間
  • 顧客層(顧客の性別、年齢、お住まいの地域)
  • 店の立地
  • 売れている商品と売れていない商品
  • 競合のウィークポイント
  • 競合の強み・武器

上記のポイントを分析できれば、競合の戦略が見えてくるため、自分がどのように戦略を立てて対抗すれば良いかが明確になります。

差別化ポイントを作る際は、「顧客が求めているけど、競合がニーズを満たせていない内容」を差別化ポイントにしましょう。

主観的には顧客が求めていると思っていたものでも、実際はあまり需要がなかったケースも多いので、客観的に分析しつつ差別化ポイントを考えることが重要です。

オンライン環境で学びまくる

Web系の仕事で稼ぐ場合は、オンライン環境でひたすら学ぶことをおすすめします。

シンプルな戦略ですが、たくさん学習することが最も早く稼げるようになるので、田舎の強みを生かしてオンライン環境で学びましょう。

Webマーケティングの領域になると、書籍や教材でインプットするだけでは不十分です。

実際にブログを運用したり、クライアントから案件を受注して実績を作ったりすることで初めてノウハウを自分のものにできるため、アウトプットも忘れず行いましょう。

自分にできそうなことから始める 

ここまで、店舗ビジネスやWeb系の仕事を中心に解説してきましたが、難易度が高く感じている方も多いでしょう。

田舎で儲かる仕事で稼ぐ場合、都会のように物価が高くないので、生活費を抑えられます。

自分にできることから1つずつ取り組み始めると、気づけば自力で稼げるようになっているので、まずは難易度の低い仕事から挑戦していきましょう。

副業研究所がおすすめする副業はスマホ副業なので、スマホ1台あれば稼ぐことができます。

中でも副業アンケートは、「1ヵ月でどれだけ稼げたか」のアンケートに130人中125人が10万円以上稼げたと回答しています。

ほとんどの人がスマホ1台で稼げた難易度の低い仕事なので、気軽に挑戦してみましょう。

このような悩みがある人におすすめ

  • 今回紹介された仕事が難しく感じた
  • 副業に苦手意識があり、成功するイメージが湧かない
  • まずはできることから始め、後に大きな収入に繋げたい

公式サイトのキャプチャ画像

\3万円分のプレゼント!/

副業研究所おすすめ副業を
今すぐ始める!

【まとめ】田舎で儲かる仕事

本記事では、田舎・地方でビジネスをするメリットや、田舎で儲かる7つの仕事、田舎で儲かる仕事で稼ぐための戦術などを徹底解説しました。

田舎は人口が少なく、ライバル店も少ないです。

田舎という環境を活かしてビジネスを集中的に学び、ライバル店に勝てるマーケティング戦略を立てることができれば、都会では考えられないような収入を得られる可能性があります。

ただし、出店やWeb系の仕事は難易度が高いので、できることから一つずつ始めたい方は副業研究所がおすすめするスマホdeマネーを利用してみてください。

現在、応援金キャンペーンで現金3万円がプレゼントされるので、以下のボタンからLINE登録しましょう。

\3万円の応援金がもらえる!/

スマホdeマネーの
概要を見てみる!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*