【12選】手に職をつけられるおすすめの資格・仕事を紹介!

手に職

「どんな資格をみにつければ役にたつの?」「自分にできそうな資格はないかな?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

時間があるときに、ふと思うんですよね。

「何か資格でもとるか…」

って考えてみても、どんな資格をとればいいのか、わからないはずです。

ここでは、これから資格の取得をしようと考えている方に、選び方とタイプ別のオススメ資格を紹介します。

今回の記事が、あなたの資格選びの参考なれば幸いです。

この記事を読んでわかること

  • 資格選びの基準
  • あなたに合った資格の紹介
  • 稼ぐための副業

結論からもうしますと、稼ぎたいという目的で資格を取得される方は、「副業研究所おすすめの副業」を始めるのがもっともはやいです。

副業研究所おすすめの副業は、始めてからすぐに入る副業ですので、資格をとるよりも簡単に稼げます。

無料で登録できますので、興味のある方は公式サイトから申し込んでみましょう。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

手に職をつける資格の選び方

手に職

「自分に合う資格ってなんだろう?」「どんな資格をとればいいかわからない」

何か将来のために、手に職をつけたい!と思っても、どの資格を取得していいかわからないものです。

ここでは、資格選びの基準を解説します。

副業レベルの資格を探しているあなたは、副業に役立つ資格を紹介している記事もあるので合わせてご一読ください。

自分がやりたいことの中から選ぶ

自分がやりたいこと、興味のあるものなんでもいいです。

その分野の資格を片っ端から調べて、できそうなものから取得していけばいいのです。

例えば、パソコンに興味があるとしましょう。

IT関係の資格

  • ITパスポート(iパス)
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • 情報セキュリティスペシャリスト

調べると、上記の資格があることがわかります。

この中から、資格条件などを調べて勉強をしていく、といった方法です。

なぜ、自分の興味のあるものを優先した方がいいのか?

資格をとる前ではなく、資格をとった後が重要だからです。

資格を取る目的としては、今後自分が付きたい仕事のためにとるのではないでしょうか。

全く興味のない資格をとり、仕事に就けたとしても、長続きせずにすぐに辞めてしまうでしょう。

結局、資格を取得した期間も無駄にしてしまう可能性が高いからです。

そのようなことにならないためにも、自分が興味のある分野の資格を取得しましょう。

受講制限できるもの

まず、受験資格を調べてください。

例えば、実務経験1年以上だとか、学歴が必要であるなどなど。

受講制限があるものは、就職をするなりして経験を積んでからでないと、資格を取得する意味がありません。

自分が受講できない資格は、避けるようにしましょう。

安定した需要のある資格

できれば景気に左右されない資格の方が有利です。

不景気になってくると、勤めていた会社が突然倒産なんてことにもなりかねません。

そのようなときでも、仕事がみつかりやすい資格を選ぶといいです。

例えば、「日商簿記」なんかは、景気に左右されるものではありません。

会社という仕組みが存在する限り必要となる知識、資格です。

食べるための資格取得という意味でもおすすめの選び方です。

しかし、資格を取得してもすぐに収入アップにはつながりません。

資格を取得して収入アップを目指すよりも、「副業研究所おすすめの副業」を始めて、収入アップを目指した方が早いです。

副業研究所おすすめの副業は、スマートフォンに届く情報をもとに作業をすることで報酬が入る仕組みになっています。

始めは、戸惑うかもしれませんが、スマートフォンの操作ができれば、誰でも簡単に稼げるようになる副業です。

スマートフォン1台で作業できますので、隙間時間を有効活用して稼ぐことが可能です。

ちょっとした勉強の合間にでも、副業研究所おすすめの副業を開いてポチポチ作業するだけで、いつのまにか稼げています。

興味のある方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から登録してみましょう。

資格の勉強よりも、はるかに簡単に稼げるようになりますよ。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【文系向け】手に職をつけることができるおすすめの資格

文系 手に職

理論的な思考を得意とする、文系の方向けの資格を紹介します。

司法試験

「法科大学院課程の修了者及び司法試験予備試験の合格者」という厳しい受験資格がある司法試験。

裁判官や検察官、弁護士を目指す方向けの資格です。

2019年は、4466人が受験し、1502人が合格で、合格率は34%。

司法試験に合格できれば、就職、独立に非常に有利になりますので、受験資格を満たしている方は、ぜひとも挑戦したい資格ですね。

行政書士試験

行政書士とは、法律の専門家でもあり、行政手続が得意な職業です。

例えば、ビジネスのコンサルタントだったり、契約書の作成などを得意としています。

受験資格は、とくになく、誰でも取得できます。

しかし、合格率は過去をみても10%前後しかありません。

難しい資格ですので、覚悟して臨みましょう。

中小企業診断士

企業の経営に関する知識を身につけられる「中小企業診断士」。

就職や独立においても有利になりますので、身につけておいても損はありません。

受験資格は、誰でも受験できます。

合格率は、15%~25%ですので、多少は頑張らないと厳しい資格といえます。

この章で紹介した資格は、非常に難解な資格ですので、一度の受験では合格できないかもしれません。

なかなか取得できない方は、こちらの「副業研究所おすすめの副業」で稼ぎながら勉強をしましょう。

ある程度収入を得ながら、気楽に勉強をしたほうが合格する確率も高くなります。

副業研究所おすすめの副業なら、隙間時間にできる副業ですので、勉強しながらでも稼げます。

稼いだお金で勉強の気晴らしに遊んで、リフレッシュしましょう。

新鮮な気持ちで資格勉強に励めるので、効率もアップします。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【女性向け】手に職をつけることができるおすすめの資格

女性 手に職

女性の方向けの資格を紹介します。

保育士資格

保育士とは、子供を預かってお世話をする職業です。

共働きの家庭の方や片親の家庭の方は、小さい子供を家においていくのは不安に感じます。

このような方達が、安心して仕事に行けるように身に回りの世話をしてあげます。

保育士の受講資格として、学歴制限があります。

高卒以上が基本となっていますが、平成3年以前の方が対象となっています。

他は、すべて短大卒が条件です。

中卒の方や、平成3年以降の高卒の方は、実務経験2年以上がなければ、受講できないものとなっています。

ちなみに、合格率は、10%~20%です。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、お客様の要望通りのインテリアなどを提案し、住みやすい空間を提供する仕事です。

適切な提案を行うための商品知識などを、幅広く身に着けていく勉強をします。

受験資格は、とくにありません。

合格率は約20%ほどとなっています。

着付け技能検定

着付けとは、着物を着せることです。

着付け技能検定は、上手に着付けができる人でもあり、着付け業務ができる資格です。

筆記試験と技能試験がありますので、しっかり着付けができない方には、合格はほぼ無理といっていいでしょう。

いずれも、資格を取得するために、時間を必要としたり、厳しい受験資格があるものばかりです。

すぐに仕事に就いて稼ぎたい方は、「副業研究所おすすめの副業」をやりながら資格勉強がおすすめです。

副業研究所おすすめの副業は、スマートフォン1台で月のお小遣い程度の収入ならすぐに稼げるようになります。

資格の受験資格や教材などを購入し、さらなるスキルアップのために使うことだって可能です。

資格の勉強のためにも、簡単な副業をしながらの方が合格率もアップします。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【在宅でできる】手に職をつけることができるおすすめの資格

在宅 手に職

在宅でもできるおすすめの資格を紹介します。

日商簿記

日商簿記とは、会社の経営活動に発生するお金の流れを記録するための知識を得る資格です。

企業の財務状態を表す「財務諸表」を読めるようになり、株式投資といった副業まで応用がきく資格。

時間に余裕のある方は、とりあえず取得してもいい資格でもあります。

日商簿記は、1級から3級まであります。

受験資格はありませんので、誰でも取得できます。

また、合格率は下記の通りです。

日商簿記の合格率

  • 3級…約40%
  • 2級…約15%~30%
  • 1級…10%未満

1級は、10%を下回る難関資格ですので、覚悟してかからないと取得は難しいでしょう。

日商簿記は、会社のお金の流れを知るための資格として、とっておいて損はありません。

MOS

MOSとは、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト資格の略ですね。

MOSの資格を取得していると、マイクロソフト製品のワードやオフィスを使いこなせるとみなされます。

事務関係の仕事に就く人であれば、多少就職に有利になるでしょう。

また、営業職の方でプレゼン資料を作成する人も、多少有利に働くかもしれません。

受験資格はありません。

合格率は、60%~80%ほどありますので、とりやすい資格だといえます。

ワードとオフィスの基本知識を学びたい方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

心理カウンセリングスペシャリスト

心理カウンセラーになりたい方は、取得しておくと良い資格です。

心理カウンセラーは、相手の悩みなどをよく聞いてあげ、自分で解決できるように促すお仕事です。

誰でも心理カウンセラーと名乗ることはできますが、心理カウンセリングスペシャリストを取得した方の方が、相手から信頼されやすくなるメリットがあります。

受験資格はとくにありません。

ただし、認定機関での受講が条件になっています。

受講した後は、在宅での試験をうける → 合否判定

という流れになります。

ほぼ合格できる資格ですので、難易度は高くありません。

資格の勉強は、稼ぐまでに時間がかかります。

すぐに稼ぎたいのであれば、「副業研究所おすすめの副業」がおすすめです。

どこでも好きな時間に、スマートフォンを取り出して、副業研究所おすすめの副業で作業するだけで報酬が入ります。

1日のうちの隙間時間を有効活用して稼げますので、資格の勉強にも支障をきたしません。

「お金がかかるんじゃないの?」

いいえ。

副業研究所おすすめの副業は、完全無料で登録できます。

登録が無料ですので、あなたのリスクはありません。

安心して、始めましょう。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【40代】手に職をつけることができるおすすめの資格

40代 手に職

40代の方にお勧めの資格を紹介します。

介護福祉士試験

高齢化社会になりつつある日本では、ますます需要がでてくるであろう資格。

介護施設などで、介助をしたり、介護スタッフのマネジメントをしたり、と幅広い活躍が見込めます。

ただ、介護福祉士になるには、実務経験3年以上が必要です。

つまり、前から介護施設で働いている経験がある方向けの資格といえます。

興味のある方は、さきに介護施設で勤務しつつ勉強していきましょう。

合格率は、70%と非常に高い資格です。

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーの方は、結婚式といった、華やかな場所にお花を飾り付けをする仕事の方です。

ブライダル関係の仕事に就くのに、最適な資格といえます。

日本フラワーデザイナー協会のスクールなどを受講することで、取得できる資格です。

そのため、合格率は高めといえます。

歯科衛生士

歯科衛生士は、患者の口腔内のケアをするお仕事です。

予防治療をしたり、歯科医師のサポートをしたりします。

また、医療行為を行うことができる国家資格でもあります。

受験資格は、高校卒業後に、歯科衛生士の養成校を卒業した方でなければ受講できないという厳しい条件があります。

取得まで時間がかかる資格であり、厳しい受講条件がある資格をここでは紹介しています。

受講できない方やすぐに稼ぎたい方は、副業研究所おすすめの副業に取り組むのが手っ取り早いです。

副業研究所おすすめの副業は、10分といった隙間時間でも作業ができる副業です。

忙しい方であっても、簡単にまとまった金額を稼いでいけます。

難しい操作はとくになく、スマートフォンの操作ができれば誰でもこなせるようになります。

興味のある方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から登録しましょう。

資格を取得するよりも安く簡単に稼げますよ!

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】手に職をつけることのできるおすすめの資格

まとめ 手に職

いかがでしたでしょうか。

手に職をつけたい方に、おすすめの資格を紹介してきました。

結局は、自分がどのような仕事をやりたいか、を基準に資格を選びましょう。

ただ、「稼ぎたい!」という目的で資格をとろうと考えている方は、「副業研究所おすすめの副業」を始めるのが早いです。

副業研究所おすすめの副業は、実践で覚えていく作業ですので、特別勉強をしなくても問題ありません。

興味を持った方は、公式サイトから申し込んでみましょう。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*