個人タクシーは儲かるの?年収・稼げる金額を紹介!

個人タクシーは本当に儲かるの? 稼げるためのポイントを掴もう

「個人タクシーって本当に儲かるの?」
「念のためにメリットやデメリットを知っておきたい」

副業として個人タクシーを検討していても、その実態が分からずに最初の一歩が踏み出せない…。

当記事ではそんなあなたに向けて、個人タクシーのメリットやデメリット、本当に儲かるのかどうかを徹底解説していきます。

少しでも個人タクシーに興味のある人にとっては役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • 個人タクシーとは?
  • 個人タクシー事業主になるには?
  • 個人タクシー事業主のメリット・デメリット
  • 個人タクシーで儲けるためのポイント
  • 個人タクシーは儲かるのか
  • 【厳選】個人タクシーより儲かる副業

先に結論から言うと、個人タクシーの平均年収はあまり高くなく、地域によっては全く稼げないこともあります。

隙間時間からでも取り組める副業ですが、がっつり稼いでいくのは難しいのです。

それに、個人タクシーには資格が必要なので、気軽に始めることができません。

手軽に始められる副業としては、「スマホdeマネー」がおすすめです。

「スマホdeマネー」はスマホだけで作業できるので、地域によって収入が左右されることはありません。

後ほど詳しく紹介しますが、興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

個人タクシーとは

個人タクシーとは

まずは、個人タクシーとはどんな職業なのか?ということについて解説します。

個人タクシーとは簡単に言うと、会社に所属せずに個人としてタクシードライバーを行うことです。

一般的によく見かけるタクシーは、「法人タクシー」の為、会社に所属しているドライバーが運転します。

法人タクシーは、料金体系や車種も所属している会社によって様々です。

まず、料金体系は、お客さんを乗せて稼いだ金額の内、約50%~65%は所属している会社に納めなければいけません。

車種も会社によって決まりがあるため、自由に選ぶことはできません。

一方で、個人タクシーはガソリン代や車の維持費といった「必要経費」は自己負担になりますが、稼いだ金額は全て自分のものとして受け取れます。

ただ、収入はお客さんの数によって左右されるため、安定性で言えば個人タクシーの方が劣りますね。

個人タクシー事業主になるには

個人タクシー事業主になるには

では、個人タクシーとして開業する為には何をすれば良いのでしょうか?

ここでは、個人タクシー事業主になる為に必要なことを紹介していきます。

新規許可・譲渡譲受

新規許可とは、営業を希望している区域に開業申請し、許可が下りることで事業者になれる方法です。

営業区域によって申請時期・試験日・処分時期が異なるので、以上のことは事前に問い合わせておく必要があります。

一方で、譲渡譲受とは、既に個人タクシーの免許を持っている事業者から事業の譲渡を受ける方法です。

この場合は、初めに事業者との間で「譲渡譲受契約」を行い、その後に営業区域の地方運輸局に「譲渡譲受認可申請」を提出することになります。

資格について

まず、個人タクシーを開業する為には65歳未満であることが条件です。

その他にも、資格要件はありますが、年齢によって条件が異なるので注意が必要です。

年齢ごとの資格要件としては以下の通り。

≪35歳未満の場合≫

35歳未満の場合、タクシー会社に10年以上勤務しており、10年間無事故無違反であることが条件になります。

≪35~40歳未満≫

以下の1か2のどちらかの条件を満たしていなければいけません。

1.申請する営業エリアで、自動車を運転する仕事を10年以上勤めた経験があること。

ただし、旅客自動車(バス・タクシーなど)以外の自動車を運転する仕事をした期間は、実際の期間の半分(50%)で計算されます。

(例)運送業で2年勤務した場合は、1年間の勤続年数として計算されます。

2.タクシーまたはハイヤーを運転する職業に5年以上勤務しており、継続して3年以上働いていること

≪40~65歳未満≫

以下の1または2の条件を満たしていなければいけません。

1.25年以内に自動車を運転する仕事を10年以上務めた経験があること。

ただし、旅客自動車(バス・タクシーなど)以外の自動車を運転する仕事をした期間は、実際の期間の半分(50%)で計算されます。

2.3年以内に2年以上タクシーまたはハイヤーの運転を職業としていること。

一般的な要件として以上のものが挙げられますが、他にも申請日以前5年間の法令尊守の状況や、資金計画の内容なども精査対象となります。

引用:個人タクシー事業者になるにはどうしたらいい?より

資金について

結論から言うと、個人タクシーの開業に必要な資金はおおよそ200万円です。

詳しい資金の条件は以下になります。

設備資金

所要設備が80万円以下で揃う保証がない限り、原則として80万円以上の資金が必要

運転資金

原則として80万円以上必要

保険料

自賠責保険料と任意保険料、もしくは共済保険料の年間額

個人タクシーとして開業する場合は、上記の資金を100%以上所有していて、かつ申請日以降も常時確保できる状態でなければいけません。

よって、個人タクシーの開業に必要な資金はおおよそ200万円ということになります。

【儲かる?】個人タクシー事業主のメリット・デメリット

【儲かる?】個人タクシー事業主のメリット・デメリット

次に、個人タクシーとして開業することのメリットとデメリットを見ていきましょう。

それぞれの特徴を把握しておくことで、開業するかどうかの良い判断基準になるはずです。

メリット

個人タクシーの最大のメリットは、売り上げの100%がそのまま自分の給与になることです。

もちろん、ガソリン代や車の維持費は自己負担ですが、こうした必要経費を除いた額がそのまま手に入ります。

これは法人タクシーにはないメリットなので、ガッツリ稼ぎたい人にはピッタリですね。

デメリット

一方、個人タクシーのデメリットは、売り上げが安定しないことです。

法人タクシーであればそこそこ知名度があるので、固定の客が付きやすいでしょう。

しかし、知名度の低い個人タクシーではリピーターを確保しづらく、売り上げが安定しづらい傾向にあります。

また、先ほど述べたガソリン代や維持費などの負担も、個人タクシーのデメリットと言えます。

まずはスマホdeマネーなどの簡単な副業から始めてみるのがおすすめです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

個人タクシーで儲けるためのポイント

個人タクシーで儲けるためのポイント

では、どうすれば個人タクシーでも稼いでいくことができるのでしょうか?

ここでは、個人タクシーで稼ぐためのポイントについて解説していきます。

個人タクシーで儲けるためのポイント

  • 固定客を作る
  • タクシー以外の運転サービスを行う

固定客を作る

まずは、固定客を作ることです。

先ほども解説した通り、個人タクシーは知名度が低いため固定客がつきづらいです。

新規顧客ばかりになってしまうと売り上げが安定しづらいため、固定客を増やすように意識してみましょう。

固定客を増やすためには、おしぼりを渡したり、次回利用するときのクーポンを配布したりすると効果的です。

タクシー以外の運転サービスを行う

もう1つの方法は、タクシー以外の運転サービスも行うことです。

例えば、知り合いにクリーニングをしている人がいれば、乗客の洗濯物を預かってクリーニングするサービスも追加できますね。

こうした他の個人タクシーがやらないようなサービスで、差別化していくことが大切です。

個人タクシーは儲かるのか

個人タクシーは儲かるのか

個人タクシーは本当に儲かるのか?

あなたが本当に知りたいのはここだと思います。

なので、個人タクシーの収益に関する実態をお伝えしますね。

平均年収

個人タクシーの平均年収は、おおよそ350万円~600万円です。

ただ、この数値はあくまでも平均値なので、人によっては1000万円稼ぐ人もいます。

その一方で、平均値に満たさない年収の個人ドライバーも多くいます。

結局は個人によって年収は大きく左右されるということです。

地域によっては儲からないことも

個人タクシーは、地域によっては儲からないことも多いです。

タクシーの利用者が多い東京都では稼ぎやすいですが、利用者の少ない地方ではあまり稼げません。

  • 東京都の平均年収;478.8万円
  • 青森県の平均年収:273.6万円

地域によってかなりの差がありますね。

本気で個人タクシーとして開業を考えるなら、地域の検討は必須になります。

【厳選】個人タクシーより儲かる副業

【厳選】個人タクシーより儲かる副業

繰り返しですが、個人タクシーは地域によって儲からないこともあります。

条件をクリアして初めても、稼げなければモチベーションを維持するのは困難でしょう。

そこで、ここからは、個人タクシーよりも稼ぎやすい副業を3つに厳選して紹介していきます。

どれも無料で始められるものばかりなので、興味を持った方は公式ページを一読してみてください。

【厳選】個人タクシーより儲かる副業

  • スマホdeマネー
  • LIVE
  • どこでもビジネス

稼げる副業の記事と合わせてご参考ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーとは、スマホ1台でできる副業を紹介してくれるアプリです。

LINEに登録後、スマホだけでこなせる副業を紹介されます。

その副業の作業をコツコツこなしていくことで報酬をゲットできる仕組みです。

登録費や利用料金は完全無料なので、こちらがコストをかける心配はありません。

もちろん、個人タクシーのように資格も要件もない為、今すぐに取り組むことができます。

興味を持った方は、この機会に無料登録してみてはいかがでしょうか?

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業BLOG

LIVE

副業BLOGとは、大手企業も推薦しているスマホ副業アプリです。

作業に必要なものはスマホだけ。

なので、スマホを所有している人であれば、今すぐにでも副業を開始することができます。

好き時に好きな場所で作業できるのは嬉しいことですね。

忙しい人でもちょっとした隙間時間に副業を行うことができるでしょう。

会員登録は無料なので、気になる方は公式ページの情報をチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

どこでもビジネス

どこでもビジネス

どこでもビジネスとは、文字通りどこでもビジネスができる副業アプリです。

必要なものはスマホだけなので、場所や時間を選ぶ必要はありません。

また、どこでもビジネスは辞めたくなったらいつでも辞めることが可能です。

つまり、「お試し感覚」で始めることができるということですね。

これは、資格取得が必要な個人タクシーにはないメリットです。

登録費もいっさいかかりませんので、興味を持った方は公式ページを覗いてみてください。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

【まとめ】個人タクシーは儲けることがでるのか

【まとめ】個人タクシーは儲けることがでるのか

この記事では、個人タクシーのメリット・デメリット、儲かるのかどうかについて解説してきました。

個人タクシーは、平均年収もそれほど高くなく、地域によっては稼げないこともあるということでしたね。

しかも資格要件がある為、手軽に始められないというデメリットも存在します。

そこで、気軽に始められる副業として、先ほど紹介したスマホdeマネーをおすすめしたいです。

スマホdeマネーはどこでも作業ができるので、地域によって収入が左右されることはありません。

また、個人タクシーとは違って資格が必要ない点も「お手軽」と言えます。

会員登録は完全無料なので、気になった方はスマホdeマネーの公式ページをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*