カフェ開業は楽じゃない!開業準備と開業資金について詳しく解説!

カフェ開業は楽じゃない!開業準備と開業資金について詳しく解説!

この記事では、開業カフェについて紹介します。

「カフェを開業したいけどいくらかかる?
カフェを開くための資金を集める方法ってない?

カフェで開業したいけど、資金が気になる人もいるでしょう。そこでここでは、カフェを開業するならどのくらいの資金がかかるのか?について紹介します。

この記事で分かること

  • カフェを開業する方法
  • カフェの開業資金がどれくらいかかるのか?
  • カフェの開業資金を集める方法

結論から言いますと、カフェの開業資金は副業で賄いましょう

カフェを開業するなら、様々な資金がかかります。

開業をしても売り上げを上げられるかは分かりません。しかし、副業でカフェの開業資金を集めておけばリスクを少なくカフェを始められます。

おすすめの副業が、プチ起業です。プチ起業は、スマホ1台で完結する副業の1つ。

ネット回線がつながれば、いつでもどこでも稼ぐことができます。空き時間を使って稼ぐことができますので、ネットショップの仕事を続けながらでも大丈夫です。

無料でお試しできますので、登録だけでも済ませてはいかがでしょうか?

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

カフェを開業する方法

カフェを開業する方法

カフェを開業する方法には、大きく分けて3種類あります。

それが、こちらです。

カフェを開業する方法

  • 店舗型カフェ
  • 自宅型カフェ
  • 移動型カフェ

あなたに合った方法が見つかるように、1つ1つ紹介します。

店舗型カフェ

店舗型カフェは、ファミレスのような飲食店で経営するのと同じです

土地や物件が必要になります。初期費用も多くかかるためある程度の初期資金が必要になります。

自宅型カフェ

自宅型カフェは、自宅でカフェを作ります。ただし、自宅にカフェを作るには、条件があります

それが、1階と2階を分ける必要があるのです。例えば、1階は店舗、2階は住居。このように自宅と店舗を区切る必要があります。

移動型カフェ

移動型カフェは、駐車車や移動販売車両を使って販売のみを使うスタイルです

移動型カフェは、主に調理台と販売窓(注文をする場所)という少ない設備だけで行えます。

ただし誰でもできるわけではなく、資格が必要です。資格は、「食品衛生責任者」というものです。

移動型カフェをするなら、ぜひ取得しておきましょう。

これまで、カフェの開業方法について解説をしました。

気になるのが、カフェの開業資金です。どのくらいかかるのかイメージできていますか?

ここから先は、カフェの開業にはどれくらいの資金がかかるのか?を解説します。

カフェの開業にはどんな資金がかかる?

カフェの開業資金っていくら

「カフェを開業したいけど、いったいいくらの資金がかかるの?」

気になる人もいるでしょう。そこでここでは、カフェの開業にはどんな資金がかかるのか?を解説します

カフェの開業にはどんな資金がかかる?

  • 物件取引費
  • 内装工事費
  • 厨房機械費
  • 運転資金
  • 開業資金

1つ1つ順番に紹介します。

今回は、1店舗10坪程度のカフェを想定します。家賃は10万円程度。

物件取引費

物件取得費は、カフェの物件になるところを契約するのに必要な費用のことです

例えば、敷金、礼金、不動産仲介手数料が該当します。

10坪で10万円の家賃を想定します。

保証金が家賃の6か月分、礼金が2か月分、仲介手数料が1か月分、オープンするまでの内装工事中の期間を約2か月とすると、家賃の11か月分が費用として必要です。

家賃が10万円だと、約220万円が必要です。

内装工事費

内外装工事費は、カフェのイメージを支える重要な部分です。カフェに集めたいお客さんにも関わるので、大きなウエイトを占めます。

1坪あたりの工事費の目安が、30-60万程度。もし10坪なら、300万円近くが必要です。

かなりの金額ですよね。もし内装にお金を欠けたくない場合は、居抜き物件がおすすめ

居抜き物件は、過去に入っていたお店の内装や厨房設備、空調設備などが残ったままの施設です。

居抜き物件の内装が、あなたのお店のイメージに合っていれば、内装費にお金をかける必要がなくなります。

探す手間はありますが、内装費にお金をかける必要がなくなるため、おすすめです。

厨房機械費

厨房機械費は、カフェで必要な器具を揃える金額です

例えば、冷蔵庫や食器棚、シンク、ガスコンロなど。費用としては、100万円前後かかります。

他にもメンテナンスの費用が掛かる場合があるため追加で50万円程度を用意しておくのが良いでしょう。

運転資金

運転資金とは、従業員への給料や仕入れ資金が該当します。運転資金を考えておかないと、すぐに資金不足になり廃業になってしまうことも。

運転資金の目安としては、家賃の10か月分程度がおすすめです。家賃が10か月分なら100万円。運転資金に余裕を持っておくことで、安定したカフェの経営ができます。

運転資金は、いかなることがあっても他の資金に回さないこと。例えば、内装費が急に必要になったから運転資金から出そう。こう考えないようしてください。

なぜなら、運転資金を使ってしまうと、仕入れ資金や従業員への給料の補填ができなくなるから。

運転資金は、他の資金へ回さないことがポイントです。

開業資金

開業資金として必要になるのが、以下の項目です。

必要金額
物件取引費 220万円
内装工事費 300万円
厨房機械費 100万円
運転資金 100万円

合計すると、約720万円です。カフェの開業をするには、これだけの金額が必要になります。

さらに、内装や広いカフェを開業したい場合は、開業資金はもっとかかります。

「これだけの開業資金をどうやって集めるの?」

こう思っているあなたは、「プチ起業」をおすすめします。

スマホで簡単に稼ぐことでき、いつでも好きな時間にお金を稼ぐことができます。

少しでも興味があるあなたは、公式HPを確認してみましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

カフェを開業する資金はどこで集める?

カフェ開業資金の集め方

カフェを開業する資金はどこであつめるべきなのか?

ここでは、資金を集める方法を紹介します

カフェを開業する資金はどこで集める

  • 助成金を利用して作る
  • 借金をして作る
  • 副業を始める

おすすめは、副業で資金を始める方法です。他の方法も解説していますので、ぜひ比較してご覧ください。

助成金を利用して作る

カフェで開業をするなら、助成金を利用する方法があります。

厚生労働省が対応して返済の必要がないものがあります。以下のものが助成金対象です。

  • 社員を採用
  • 家賃の補填
  • 職場の喫煙室の設置
  • 外国人対応用の施設

申請して審査が通れば支給されます。

ただしあくまでカフェ開業の際の一部の資金が補助されるだけ。カフェの開業を考えるなら、他の収入源が必要です。

借金をして作る

銀行やカードローンを使って借金をする方法もあります。ただしおすすめできません。

なぜなら、カフェを開業してすぐに収入が得られるわけではないから

カフェを開業してもあなたのお店にお客さんを集めることができるかどうかは、お店を実際に開いてみないと分かりません。

だからお店を開く前に余計な借金をするのは、得策ではありません。

事前に開業資金を貯めておき借金なしで開業するをお勧めします。

副業を始めて作る

カフェの開業資金を集めるなら、副業をしましょう。

副業をすれば、カフェの開業リスクを減らすことができます

おすすめは、いつでもどこでもできる副業です。

おすすめは、プチ起業。プチ起業ならスマホ1台で始められます。

カフェの開業資金を集めるのはもちろん、カフェを始めてからでも続けられます。

仮に、カフェを始めても続けられるため借金を負うリスクを減らせます。

ここまで、カフェの開業資金の集め方について解説しました。

結論としては、カフェの開業資金を副業で賄うのがおすすめ。

「えっ。カフェを始める前に副業をしないといけないの?」

実は、大きな理由があります。ここから先は、カフェの開業資金を副業で集める理由について解説します。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

カフェを開業する資金は副業で賄おう

カフェの開業資金は副業で補う

カフェを開業するなら副業で資金を賄いましょう

その理由がこちら。

カフェを開業する資金は副業賄おう

  • 借金をする必要がない
  • カフェ開業後も続けられる
  • 副業なら稼ぐスキルも身につく

1つ1つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

理由①借金をする必要がない

カフェを開業するのに借金をするのはかなり不利です

なぜなら、カフェを開業した後にすぐに売り上げを上げられるとは限らないから。

どんなに立地が良いところや顧客のターゲットをしても、実際にカフェを開いてみないとどうなるか分からないからです。

開業をしても全く売り上げが上がらないことも。だから、開業前に借金があるとかなり不利になってしまいます。

開業前に借金はしておかないようにしましょう。

理由②カフェ開業後も続けられる

カフェ開業前に副業を続けておくのは、おすすめです

特に、カフェ開業後にも続けられるものが良いでしょう。なぜなら、開業に失敗してもある程度収入があるのは安心材料になるから。

開業してからも継続的に別の収入があるのは、とても安心材料になります。

特に、カフェ開業後も続けられるものもおすすめです。

理由③副業なら稼ぐスキルも身につく

副業を始めると、開業以外にも稼ぐスキルを身につけることができます

副業で稼ぐスキルを見つけられれば、いつでもどこでも稼げるようになります。

おすすめは、プチ起業。

プチ起業は、スマホ1台で稼げる副業の1つです。開業する以外に稼ぐスキルがあれば、安心してカフェに取り組むこともできます。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

カフェを開業する資金を得るのにおすすめの副業

カフェ開業資金を集めるのにおすすめの副業

カフェの開業資金を得るなら、副業がおすすめです

「どんな副業がおすすめなの?」気になりますよね。

ここで紹介する副業はこちら。

カフェの開業資金を得るのにおすすめの副業5選

  1. プチ起業
  2. どこでもビジネス
  3. マネーバンク
  4. 不動産投資
  5. 転売

おすすめは、プチ起業です。ネットショップのスキマ時間にしっかりと稼ぐことが出来ます。

やるべきことは、プチ起業から紹介される案件をこなすだけ。

登録に元手は不要です。登録を済ませていない方は公式サイトをご覧ください。

プチ起業

プチ起業

プチ起業は、スマホ1台でも稼ぐことができます。カフェで開業をしても他の収入源があると、安心感があります。

副業をするなら、空いた時間を使って稼ぐことができるのがおすすめ。

プチ起業なら、いつでもどこでも稼ぐことができます。

始めるのに、お金はかかりません。もし開業資金以外にお金をかけられないのであれば、プチ起業はおすすめできます。

登録は無料ですので、公式サイトをご覧ください。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

どこでもビジネス

どこでもビジネス

どこでもビジネスは、スキマ時間を使って稼ぐことができる副業アプリ

カフェが忙しくても、休憩時間で稼ぐこともできるのです。利用をするには、LINEを使うだけ。

興味のある方は、公式サイトをご覧ください。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

マネーバンク

マネーバンク

マネーバンクは、登録だけで明日からでも稼ぐことができる副業です

怪しそうなビジネスですが、作業をする必要はあります。

稼ぐための作業が必要ですので、稼げるのは当たり前ですね。

ただし、専門知識や特別なスキルは不要ですので、すぐに始められます。

出来る限りすぐに報酬が欲しい人は、登録をしてみてはいかがでしょうか?

\幅広い世代に対応!/

マネーバンクに
今すぐ登録する!

不動産投資

不動産投資

不動産投資は、価値のある不動産を購入して利益を得ることです

利益を得るためには、「家賃収入」や「安く買って高く売る」ことが求められます。

あくまで投資ですので、損をすることもあります。不動産投資に関する知識がなく始めるのは、ただのギャンブルです。

もし実践するのであれば、不動産投資に関する知識をしっかりと得ておきましょう。

転売

転売

転売は、仕入れが安いところを開拓するのが必須です

安く仕入れられれば、他のライバルよりも安く販売することができます。

仕入れ先の開拓を行うことは、転売成功の鍵とも言えます。

ライバルが未開拓の仕入れ先を見つけられれば、怖いものなしです。

転売成功のためにもたくさんの仕入れ先を研究しましょう。

【まとめ】カフェを開業するなら副業から始めよう

カフェの開業資金は副業まとめ

これまで、カフェを開業するなら開業から始めようについて解説しました

カフェなら、週末起業で土日だけ開けるなどいろいろと融通が聞くので嬉しいですね。

週末起業に関しては、こちらの記事で詳しく開設してあるので、合わせてご一読ください。

本ページをまとめと下記のようになります。

カフェを開業するなら副業から始めようまとめ

  • カフェには様々な資金が必要
  • カフェの開業資金は副業で賄おう
  • 副業は開業後も続けられる
  • 副業をするならプチ起業がおすすめ

結論を言うと、カフェを開業するなら副業で賄いましょう

開業資金は様々な資金が必要です。開業は、副業で資金を集めておけばリスクを減らして始めることができます。

副業なら、いつでもどこでも始められるのがおすすめ。

そこでおすすめなのが、プチ起業です。プチ起業は、ネットショップを運営する合間にかせぐことができる副業アプリです。

ネットショップの運営が忙しくても、スキマ時間を使って稼ぐことができます。

いつでもどこでも稼げるので、興味がある人は登録だけでも済ませてはいかがでしょうか?

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*