在宅オンライン日本語教師のなり方!仕事内容や良し悪しを紹介!

在宅オンライン日本語教師のなり方!仕事内容や良し悪しを紹介!

日本語が得意な人は、外国人相手に教師をしたいと考えることもあるでしょう。

日本語学校で教師をする場合には資格が必要になりますが、そうでない場合は特に国家資格などを取る必要はありません。

しかし日本語を知らない外国人に日本語の言い回しだけではなく文法や使い回しなどをしっかりと教えなければならないので、責任重大な仕事と言えます。

そのためにきちんとした基礎知識を備えておく必要がありますし、意欲的に勉強に励むことができないとなるのは難しいでしょう。

いろいろな場所で講師として働くこともできますが、近年ではリモートで手軽に行うことができるオンライン日本語教師も人気です。

ということで今回は、オンラインの日本語教師という仕事について紹介していきます。

この記事を読むとわかること

  • オンライン日本語教師の仕事内容
  • オンライン日本語教師のメリット・デメリット
  • オンライン日本語教師を始める方法

結論から紹介すると、オンライン日本語教師はおすすめしません。

海外の人が使っているサービスなので、時差がありますし、自由な時間を使ってできるように見えますが、一定時間の拘束・決まった時間の授業のことを考えると、意外に辛いサービスなんです。

もっと手軽に、自分の好きな時間に稼ぎたいあなたは、「スマホdeマネー」を始めてみましょう。

登録無料で、スマホさえあれば稼ぐことができるので、おすすめの稼ぎ方ですよ。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

オンラインで日本語教師はできる?

オンラインで日本語教師はできる?

オンラインで日本語教師をすることは、結論から言えば可能です。

ネットが普及している現在ですから、教える方も学ぶ方も、ネットで気軽に質問などをしながら授業をする方が効率的と言えます。

ただ、オンラインで日本語教師をする場合には、基本的に1対1の授業になるので、収入はさほど安定しません。

授業も基本的には生徒のスケジュールに合わせて行うことになるので、好きなときに働くことができず、時間を拘束されてしまうこともあるでしょう。

もちろん相談をした上でスケジューリングをしていくことにはなりますが、好きなときに働くことができないのはマイナスポイントと言えます。

手間をかけずに楽に報酬を手に入れていきたいという場合には、オンラインの日本語教師よりもスマホdeマネーなどのネット副業をした方が効率的です。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

オンライン日本語教師の仕事内容

オンライン日本語教師の仕事内容

オンラインで日本語教師をしていくためには、その仕事内容が気になることもあるでしょう。

基本的にオンラインの日本語教師の場合には、2つのパターンの仕事内容があるので、チェックしてみてください。

直接方の場合

個人で仕事を取っていくのが苦にならない場合には、個人教師として直接生徒とやり取りをしていく方法があります。

企業や団体に属さずに仕事をすることができるので、媒介料や手数料なども不要で、報酬もそのまま受け取ることができるのが大きなメリットです。

個人で教師をする場合には、基本的に資格はいらないので気軽に始めることができます。

ただ、資格がない場合には生徒もつきにくいので、日本語検定などを取得して日本語スキルの資格者であることをアピールするのがおすすめです。

また、教師である以上教え方も学ばなければなりませんから、動画などを参考に勉強してみるといいでしょう。

媒介方の場合

個人で仕事を取るのは難しそう…と感じる場合には、媒介方で仕事を取るのがおすすめです。

媒介方とは、仕事を斡旋してくれる企業や団体に属して、そこから仕事をもらってオンライン教師として働くという方法です。

自分で仕事を取る必要がないので手間がかからないのが最大のメリットですが、仕事をする上では様々な条件をクリアしなければならないこともあるので、気をつけましょう。

団体側から教師として採用されるためには、日本語の資格を持っていることなどがありますし、外国人を相手にするのである程度の外国語スキルを持っていることも重要です。

また、基本的にオンラインでの授業になるので、パソコンの使い方もある程度知っておく必要があります。

オンラインで日本語教師をするメリット

メリット

オンラインで日本語教師をすることは、様々な利点があります。

ここからはメリットについて紹介していくので、チェックしてみてください。

いつでも仕事ができる

オンラインでの仕事は、基本的に時間を選ぶことがありません。

自分の都合のいい時間に仕事をすることができるので、ストレスなく仕事に臨むことができるのが大きなメリットです。

そのため、本業としてではなく、在宅で副業として作業をすることもできます。

もちろんそのために手を抜くのは良くないことではありますが、自分の時間を大切にしつつ仕事をすることができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

いつでもどこでもパソコンがあれば仕事をすることができるので、極端な話、出先でもまとまった時間を取ることができるようであれば、そこでも仕事をすることができます。

効率良く稼いでいくことができるのが、この仕事の最大のメリットと言えるでしょう。

資格がいらない

オンラインで日本語教師をする場合には、特別な国家資格などは必要ありません。

普通に日本語学校など授業をする場合には資格が必要となるので大変ですが、無資格で仕事をすることができるので、気軽に始めることができるのです。

資格がいらないといえどもある程度の知識は必要となるので、それなりに勉強をする必要がありますが、それでも資格を得なければ仕事ができない通常の教師と比較すると、比較的楽に仕事をすることができます。

時給は自分で決められる

オンラインの日本語教師は、自分で時給を決めることができます。

企業に勤めている場合には、基本的に時給や月給が決まっているので、自分で決めることというのはできずに、結果的に企業次第になります。

しかしオンラインの日本語教師の場合には、どれくらい稼ぎたいのか、どれくらいの時間を割くことができるのかということは自分で決めることができます。

自分のやりたい時間にやりたいだけ仕事をすることができるので、効率的に稼ぐことができるのです。

オンラインで日本語教師をするデメリット

デメリット

オンラインで日本語教師をするにはメリットもありますが、反対にデメリットとなる点もあります。

そのため、日本語教師になりたいと考えている人は、こちらもしっかりとチェックしてみてください。

準備に時間がかかる

まず、日本語教師を始めるためには、意外と準備に時間がかかります。

オンライン教師の場合には特に資格は要りませんが、ある程度のスキルがないときちんと教師をすることはできません。

そのために日本語の勉強をしなおしたり、人に教えるためのスキルを磨くことが大切です。

また、日本語を勉強するためには様々な動画を見たり、テキストなどを手に入れる必要が出てくることもあるでしょう。

媒介の場合は紹介料がかかる

個人でオンライン日本語教師をする場合には手数料などはかかりませんが、企業や団体に属して仕事をもらう場合には、紹介料というものがかかります。

紹介料はその団体にもよるのでなんとも言えませんが、だいたい30%くらい取られることが多いです。

そのため、例えば1万円の授業料の場合には、7千円ほどしかもらえなくなってしまうのです。

仕事を探す必要がないのはメリットではありますが、得たお金がそのまま自分に反映されるわけではないのでデメリットとなってしまいます。

時差がある

オンラインで日本語教師をやる場合には、ネットの利点を生かして世界中の人を相手に仕事をすることができます。

ただ、世界中の人とつながることができるという場合には、時差の問題が出てきてしまうのが厄介な点です。

時差があるので、自分がなかなか行動できない時間に予約が入ってしまうこともありますし、なかなかスケジュールが合わない、というようなことも考えられるので、注意しなければなりません。

ネットの仕事でも時差などのデメリットに左右されずに仕事がしたいという場合には、スマホdeマネーなどのようなネット副業を利用するのがおすすめです。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

オンラインで日本語教師を始める方法

日本語教師を始める方法

オンラインの日本語教師に興味が出たという人も多いでしょうが、どのように仕事を始めたらいいのでしょうか。

クラウドソーシングを活用する

オンラインの日本語教師は、クラウドソーシングサイトなどで案件の募集がされている場合があります。

初心者で実績もなく、どこで始めたらいいのかわからないという人は、まずはクラウドソーシングサイトに登録して作業をしてみるのもいいでしょう。

エージェントサイトを活用する

エージェントサイトというのも、オンライン日本語教師の案件がたくさん掲載されているので、こちらを利用してみるのもいいでしょう。

エージェントサイトというのは、「人材(エージェント)」を派遣しているサイトのことです。

どんなものに応募したらいいのかわからないという人は、相談することで気軽に仕事を探すことができるのも大きな魅力です。

自分で案件を探してくる

クラウドソーシングサイトやエージェントサイトなどを利用してもなかなか仕事が見つからないという場合には、自分で案件を利用してくるのも大切なことです。

まず個人で仕事をする場合には自分で仕事を探すことは大前提なので、いろいろなサイトを巡って募集をしている案件がないかということを逐一チェックしていくようにしましょう。

稼ぎたい人にオンライン日本語教師はおすすめしない

オンライン日本語教師はおすすめしない

副業として、お金を増やすために日本語教師を目指しているという人もいるでしょう。

オンラインの日本語教師はネット上で仕事ができるので便利ではありますが、その反面気をつけなければならないこともあります。

自由な時間に仕事ができると言っても一定時間を拘束されることになりますから、まとまった時間を取るのが大変ですし、時差もあるので授業のスケジュールを立てるのも一苦労です。

隙間時間に手軽に稼ぎたいという場合には、スマホdeマネーのような仕事を選ぶといいでしょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】オンラインで日本語教師をする方法

まとめ

今回は、オンラインで日本語教師になるための方法とそのコツについて紹介してきました。

他にもおすすめの在宅ワークを探しているあなたは、こちらの記事も合わせてご一読ください。

オンラインで日本語教師ができるのは非常に便利なことではありますが、教師をするからには資格が不要でもしっかりと勉強をして知識をつけなければなりません。

時差などもあるので自分の好きな時間に仕事ができないということもあるので、隙間時間を使って効率的に稼ぎたいという人には不向きです。

そのような場合にはスマホdeマネーなどのサービスをうまく利用していきましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*