なぜ老人ホーム経営が儲かるのか!仕組みと思わぬ落とし穴を紹介!

なぜ老人ホーム経営が儲かるのか!仕組みと思わぬ落とし穴を紹介!

「老人ホーム経営ってどうやって始めるの?」「老人ホーム経営は儲かる?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

今は、高齢者が増加傾向にあります。

増加傾向になるのを見越して、老人ホームを始めようとおもっている方は多いようです。

そこで今回は、老人ホーム経営について詳しく解説します。

これから老人ホーム経営を始めようと思っている方に読んでいただきたい記事です!

この記事を読んでわかること

  • 老人ホーム経営とは
  • 老人ホーム経営の収益源
  • 老人ホーム経営のメリット・デメリット

結論から申しますと、老人ホーム経営は、おすすめできません。

倒産件数が年々増えてきており、リスクが高いからです。

初期投資がかさみやすく、利用者も減ってきているので、経営が上手くいかなくなってきています。

稼ぐ目的であれば、「スマホdeマネー」を利用した方がよっぽど稼げます。

スマートフォン1台で始められますので、初期投資のリスクを背負うことなく、稼げます。

興味のある方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から申し込みましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

老人ホーム経営は儲かるの?

老人ホーム経営とは

老人ホーム経営は、高齢者の方々が日々の生活を過ごしやすくするために、支えとなってくれる施設を経営することです。

有料老人ホーム経営と聞くと、介護施設を思い浮かべると思いますが、老人ホーム経営は様々な種類があります。

要支援や要介護が認定されていない方でも受け入れている施設もあれば、要介護1以上を受け入れている施設もあります。

老人ホームの種類

  • 介護付き有料老人ホーム…介護を必要とする方が利用する
  • 住宅型有料老人ホーム…介護を必要としている方、自立できている方
  • 健康型有料老人ホーム…自立している方

介護を必要としない、元気な方も入居することができます。

一人暮らしをされている方は、病気で倒れたりしたときのことを想定して入居するようです。

老人ホーム経営をするのであれば、どのような老人を受け入れていきたいか、はっきりと決めておく必要があるでしょう。

ただ、問題点は倒産が増えている、という点です。

老人ホーム経営の倒産件数を、東京リサーチ商工は調査しています。

それによると、2011年は9件だったのに対して、2017年は115件までに増えています。

要因としては、「要支援」が介護保険の適用から外れたということが上げらえれます。

これにより、一気に利用者が少なくなってしまいました。

施設によっては、急拡大するために、事業者を増やし、思ったように入居者が集まらなくなって、経営が立ち行かなくなったといえるでしょう。

ですので、老人ホーム経営は、今の状況を考えると、おすすめはできません。

固定費などの初期投資もかかるため、利益をだしづらい経営ですので、辞めておいた方がいいでしょう。

稼ぐのであれば、初期投資が少なくてすむ「スマホdeマネー」をおすすめします。

スマホdeマネーは、スマートフォン1台あれば、誰でも始められるビジネスです。

完全在宅できるので、無駄な初期投資は必要ありません。

内容も難しくなく、スマートフォンに届けられた情報をもとに、作業をするだけで報酬が入る仕組みになっています。

有料老人ホーム経営は、現在の状況を考えるとリスクが高いです。

高いリスクをとって、倒産してしまったら、意味はありません。

「いやいや、俺は高齢者の笑顔が見たいんだ!」というような方は、老人ホームを経営してもいいと思います。

しかし、稼ぐ目的で始めるのであれば、おすすめはしません。

老人ホーム経営を始める目的をはっきりさせて、取り組むようにしましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【経営】老人ホームを収益化をする仕組み

老人ホーム 収益化

有料老人ホームの収益源は下記の2種類。

老人ホームの収益源

  • 入居一時金
  • 月額利用料
  • 介護報酬

入居一時金とは、家賃の前払いです。

施設によって違いますが、5年~10年分の家賃を前払いで受け取ります。

ただ、入居一時金を無料にし、前払いをなくしている施設もでてきています。

次に、月額利用料です。

月の、家賃、光熱費、食事といったものが該当します。

入居一時金を受け取らない施設であれば、月額利用料に含まれています。

最後に、介護報酬です。

行政から「特定施設入居者生活介護」(特定施設)の指定を受けることで、市区町村から介護報酬をうけとることができます。

介護報酬は、入居者の要介護度によって変わります。

特定施設の指定を受けるためには、一定以上の介護サービスと人員を導入したないと認められません。

敷居は高いですが、認定されると、定期的に入る介護報酬により、収益力が向上していきます。

また、総量規制により、認定を受けた施設の周辺に介護施設を建てられなくなるというメリットもあります。

つまり、認定をうけた施設がそのエリアの入居者を独占できるようになるので、競争がなくなります。

競争により、サービスの値下げなどもなくなるので、安定した収益が見込めます。

以上が、老人ホームの収益源です。

老人ホームで収益を高めたいのであれば、特定施設の認定を受けるのは、ほぼ必須といえますね。

老人ホーム経営で儲けるメリット

老人ホーム メリット

老人ホーム経営のメリットについて解説します。

社会貢献度が高い!

なんといっても、これからの日本は高齢化社会です。

どんどん老人ホーム経営のようなサービスが求められます。

とくに地方であれば、明らかに高齢者の方が増えています。

そのような方は、これからどのような老後を送ればいいのか、不安に感じています。

「自分で家事ができなくなったらどうしよう…」「世間に迷惑をかけたくない…」という方も実際数多くいらっしゃいます。

そのような方たちが、安心して過ごせる老人ホームを建設してあげれば、入居した方に喜ばれるだけでなく、地域からも賞賛されることでしょう。

老人ホーム経営は、地域社会に貢献できるサービスです。

収益がでやすい

老人ホーム経営は、いわば賃貸収入です。

例えば、アパートを購入して、月に3万円の家賃をいただく。

という仕組みです。

極論、大家業と同じような収益でもあります。

しかし、大家の場合は、その地域によって需要が決まってしまいます。

つまり、あまり頻繁に入居されない地域では、まったく人が入らなくなり、賃貸収入が期待できません。

その点、老人ホームであれば、これから需要が見込める業界です。

立地に影響されない強みがありますので、大家業より安定した賃貸収入が見込めるサービスなのです。

安定した収益が見込める

賃貸収入なので、ある程度の期間は、ほぼ安定した収益が期待できます。

また、特定施設に認定されることで、介護報酬が毎月もらえます。

老人ホーム経営で儲けるデメリット

老人ホーム デメリット

メリットばかりに見えますが、デメリットももちろんあります。

デメリットについて解説していきます。

倒産が増えている

冒頭でも触れましたが、介護施設は今倒産件数が増えてきています。

その理由として、「要支援」の方の介護保険の適用が外れたため、利用者が減ってきているからです。

今まで入居していた施設の利用料が高くなってしまいますので、必然的に利用する人は減るでしょう。

実際、要介護に認定されるまで、審査をしなければなりません。

審査に落ちて、再審査を要求した場合は、数か月の期間を経てから、一からやり直しになるので、さらに時間がかかってしまいます。

そのような状況だと、利用していく人も減っていくと思われます。

初期投資がかかる

老人ホームを建設するためには、土地や建物が必要です。

取得するためには、結構な資金を必要とします。

老人ホームは、一般的なマンションなどと違って、施設の基準をみたすように建設しなければなりませんので、約2億円以上かかるともいわれています。

初期投資があまりにかかるので、綿密な計画を立ててから、始めないと、利益が全くでないことになりますので、注意が必要です。

施設の需要がない地域も

地域によりますが、サービスの利用者に対して、事業者の数が多い場合。

このような地域で老人ホームを建設してしまうと、入居者が全く見込めないので、かなり苦戦をしていまうでしょう。

利用者は、価格が安くて良いサービスを求めるようになりますので、利益も減っていくのが見込まれます。

また、現在は、「施設から在宅へ」という流れになってきています。

訪問介護などのサービスで、老人ホームよりも安く良いサービスが提供できるようになった場合は、施設の利用者が減っていく可能性も考慮しておいたほうがよさそうです。

多くの方は、在宅での死を求めています。

なおのこと、施設でのサービス利用者は減っていくと思われます。

やはり、老人ホーム経営は、今後厳しくなっていくのが見込まれます。

高額な初期投資をかけてまで、無理して取り組む必要はないでしょう。

稼ぐという目的であれば、「スマホdeマネー」を利用した方がよっぽど効率よく稼げます。

なんせ、スマートフォンで作業をするだけで、稼げるですから、面倒な運営なども必要ありません。

初期投資もかかりませんので、売り上げがあがれば、まるまる利益になるので、非常に稼ぎやすいビジネスといえます。

興味のある方は、公式サイトから申し込んでみましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

老人ホーム経営で稼ぐための具体的な手法

老人ホーム 具体的な手法

稼ぐという目的で始めるのは、おすすめできません。

しかし、どうしても始めたい!という方にやらなくてはならないポイントを解説します。

特定施設にする

まず、特定施設にしましょう。

特定施設に認定されると、市区町村から介護報酬がうけとれるので、収益が安定します。

また、特定施設に認定されると、総量規制により、周辺に介護施設を建てれなくなります。

競合が減るので、サービスの価格競争が起きなくなり、安定した経営ができます。

というわけで、稼ぐなら特定施設になるのは、必須です。

特定施設の基準

  1. 人員基準
  2. 設備基準
  3. 運営基準

のすべてをクリアした施設が認定されますので、サービスを始める前に、必ず基準を確認しておきましょう。

厚生労働省のホームページで確認できます。

サービス付き高齢者向け住宅にする

サービス付き高齢者向け住宅とは、介護を必要していなく、自分で食事と家事ができる方が利用する施設です。

万が一「病気で倒れた」「突然、物忘れが激しくなった」みたいなときに備える目的で利用します。

サービス付き高齢者向け住宅を建設をするときに限り、国から約10分の1程度の補助金がでます。

補助金を利用して建設できれば、初期投資を抑えることができますので、利益をあげやすくなります。

老人ホームは、初期投資が1億、2億の世界です。

銀行からの融資に頼らなければなりませんので、経営が大変なのです。

その点、サービス付き高齢者向け住宅は補助金で初期投資を抑えられます。

いくらか経営が楽になるでしょう。

老人ホーム経営で儲けることはおすすめ?

老人ホーム おすすめ

ここまで、老人ホームの収益化などを解説してきました。

結論から申しますと、老人ホーム経営はおすすめできません。

初期投資があまりに高額だからです。

特殊な施設ですので、1億~2億の建設費用がかかります。

そのような金額を自己資金で賄える人は少ないでしょう。

よって、銀行からの融資に頼るしかありません。

経営が上手くいけば、借入をして問題ないでしょう。

しかし、利用者が減ってきている昨今では、返済できなくなって倒産している事業者が増えてきています。

2011年で9件だったのに、2017年で115件倒産しているんですよ?

というわけで、これから老人ホームを経営するのは、あまりおすすめできません。

よっぽど、地域社会に貢献したい方でなければ、継続して経営していくのは、難しいでしょう。

やるのであれば、初期投資がかからない「スマホdeマネー」のようなビジネスを始めましょう。

借り入れもしなくても始められるので、利息の返済におびえることはありません。

スマホdeマネーは、登録してから送られてくる情報をもとに、作業をして稼ぐビジネスです。

スマートフォンの操作を苦にしない方は、簡単にこなせる内容ですので、安心して始めることができます。

また、スマートフォンで取り組めるということは、時間を有効活用できるメリットがあります。

例えば、通勤時間の電車の中でスマホで作業をする、または休憩時間にスマホで作業をする。

といった隙間時間を有効活用して、コツコツ続けていくと、徐々にまとまった金額が稼げるようになります。

はじめは、戸惑うかもしれませんが、少しづつ操作を覚えていけば、次第に稼げるようになってきます。

なんでも、月収100万円以上稼いでいる方もいるとか…。

興味を持った方は公式サイト「オススメ副業を始める」から登録してみましょう。

登録は無料ですので、失敗しても老人ホームと違って全くリスクはありません。

やるだけやってみましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】老人ホーム経営って儲かるの?

【まとめ】老人ホームって儲かるの?

今回は、老人ホーム経営についてまとめました。

他にもおすすめのお金を稼ぐ方法を知りたいあなたは、こちらの記事も合わせてご一読ください。

結論は、老人ホームはおすすめしません。

なぜなら、初期投資がかかること、利用者が減っていることが挙げられます。

それに伴い、倒産件数が増えてきています。

今からやるのであれば、リスクは高いので、副業研究所としてはおすすめできません。

始めるのであれば「スマホdeマネー」にしましょう。

初期投資がかかりませんので、リスクが全くありません。

老人ホームより、はるかに簡単に儲けられます。

興味を持った方は、公式サイトから申し込みましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*