新卒で辞めた=人生終わりじゃない!辞めるメリット・デメリットや体験談を紹介

「新卒で会社を辞めたから、人生終わりかもしれない…」
「会社を辞めそうなぐらい追い込まれているけど、この先どうすればいいか分からない…」

上記のように悩んでいる方も少なくありません。

心理的に追い込まれている場合、ネガティブに考えてしまいやすいので、新卒で会社を辞めたら人生終わりと考えてしまいやすいです。

しかし、実際は新卒で辞めてもそれほど大きな問題はありません。

本記事では、新卒で辞めても人生終わりじゃない理由や新卒で辞めるメリット・デメリット、新卒でも辞めた方がいい企業の特徴などを解説します。

現在、あなたが悩んでいることを網羅的に解決できる内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • 新卒で辞めても人生終わりじゃない理由
  • 新卒で辞めるメリット・デメリット
  • 新卒でも辞めた方がいい企業の特徴

最終的に新卒で辞めると、一時的に収入が減るデメリットがあります。

そこでおすすめなのは、スマホ1台でスキマ時間に取り組めるスマホdeマネーです。

スマホdeマネーは、スマホ・タブレット・PCのどれかひとつあれば始められるスマホ副業で、月に数十万円から100万円を稼げます。

スマホdeマネーを始めるのにお金はかからず、完全無料で案件を紹介してもらえるので、新卒で辞めて収入が減少してしまった人におすすめです。

現在、3万円の応援金ボーナスを開催しているので、すぐにでもお金が必要な方は以下のボタンから登録しましょう。

スマホdeマネーの
概要を見てみる!

目次

新卒で辞めたら人生終わりと言われる理由 

まずは、新卒で辞めたら人生終わりと言われる理由から確認しましょう。

新卒で辞めたら人生終わりと言われる理由は、以下の3つです。

新卒で辞めたら人生終わりと言われる理由

  • バブル崩壊前は終身雇用が当たり前だったから
  • 社会のレールから外れることに抵抗を感じているから
  • 社会で通用するスキルが身に付いていないから

バブル崩壊前は終身雇用が当たり前だったから

かつての日本では、バブル崩壊前後まで終身雇用が一般的でした。

企業に一度入社すれば、入社した企業で定年退職まで働き続けていると、安定した生活が約束されていました。

しかし、バブル崩壊以降、企業の経営環境が厳しくなったことをきっかけに、終身雇用制度が崩れ始めています。

これらのバックグラウンドから、新卒で辞めることは、当時の価値観を持った世代から逸脱した行動と見なされてしまいます。

社会のレールから外れることに抵抗を感じているから

日本社会は教育から就職まで、一つのレールを進むように設計されています。

新卒で会社を辞めることは、社会のレールから外れることを意味します。

今でもレールから外れることに抵抗を感じる人は多く、そのような人にとって新卒で辞めることは悪と認識され、人生終わりと言われる場面のあるのです。

社会で通用するスキルが身に付いていないから

新卒で入社しすぐに辞める場合、社会で通用するスキルが身についていない可能性があります。

企業での経験やスキルの蓄積は、将来的なキャリアにおいて重要です。

新卒で辞めた場合、その後の進路に不安が残りやすく、周囲からは「スキルが身につかなかったのでは」との印象を受けることがあります。

新卒で辞めても人生終わりじゃない3つの理由

過去の風潮やイメージで「退職=人生終わり」と考える方も多いですが、実際は新卒で辞めても人生は終わりません。

新卒で辞めても人生終わりじゃない理由は、以下の3つです。

新卒で辞めても人生終わりじゃない3つの理由

  • 新卒3年以内の離職率は30%以上
  • 採用担当者が気になる転職回数は3回以上
  • 独立・開業して稼ぐという手段もある

それぞれ確認していきましょう。

新卒3年以内の離職率は30%以上

新卒で入社してから数年で転職することは、近年の労働市場ではよくあることとなっています。

実際、新卒3年以内の離職率は30%以上とも言われています。

上記の数値は、若手が自分の価値観やキャリア目標に合わない環境であれば、積極的に転職を検討する傾向があることを示しています。

新卒での離職は単なる失敗ではなく、自己成長や適職探索の一環とも捉えることができるでしょう。

採用担当者が気になる転職回数は3回以上

一部の企業は、採用担当者が転職回数に注目しています。

しかし、近年では異なる業界や職種での経験を積むことが、豊富な視点やスキルを持つ個人として評価されるケースも増えています。

異なる環境での経験が、個人の成長や専門性の向上に寄与することが理解されつつあり、単一の企業に長期間勤務することだけが成功とは限りません。

実際に、「リクナビNEXT 年代別の転職回数はどのくらい?」のアンケートでは、採用担当者は3回目から気になると回答しています。


引用元:リクナビNEXT

このように、1回や2回の転職ではそれほど気にならないと考えられるケースも多いため、新卒で辞めても人生終わりとは言えないでしょう。

独立・開業して稼ぐという手段もある

新卒で入社した企業を辞める選択肢の一つとして、独立・開業が挙げられます。

現代では、フリーランスや起業家として自らビジネスを構築することが可能です。

独立することで自分のアイディアを活かし、自己責任のもとで仕事を進めることができたり、新しい挑戦や夢を追い求めることができるため、独立・開業も一つの手段と言えるでしょう。

新卒で辞めるメリット

新卒で辞めても人生終わりじゃないということは確認できたと思いますが、まだまだ抵抗を感じている方も多いでしょう。

ここで一度、新卒で辞めるメリットを5つ解説します。

新卒で辞めるメリット

  • 人間関係のストレスから解放される
  • 自分に合っていない仕事に見切りを付けられる
  • 精神的・肉体的限界が来る前に休める
  • 自分の得意不得意を考える時間を作れる
  • 副業で稼ぎながらスキルアップする時間を作れる

人間関係のストレスから解放される

新卒で入社した企業での人間関係は、時にストレスの原因となることがあります。

同僚や上司との関係がうまくいかない場合、職場全体の雰囲気が合わない場合など、人間関係のストレスは大きな負担となります。

新卒で辞めることで、新たな職場での人間関係を構築するチャンスが得られ、より良い環境で働くことができるでしょう。

自分に合っていない仕事に見切りを付けられる

新卒で選んだ仕事が自分に合っていないと感じることは珍しくありません。

仕事に満足していないと、モチベーションの低下やストレスを蓄積しやすくなります。

しかし、新卒で辞めることで、自分に合った仕事を見つけるための新たな道が開けます。

自分の興味やスキルに合った仕事に就くことで、仕事に対する意欲が高まり成果を出しやすくなるので、見切りを付けるという意味で辞める場合はおすすめです。

精神的・肉体的限界が来る前に休める

新卒での仕事は、未経験の領域であることが多く、その中でのストレスやプレッシャーは大きいものです。

しかし、精神的なストレスや肉体的な疲労が限界に達する前に辞めることで、新たなスタートを切れリフレッシュが可能です。

自分の健康を最優先に考え、新しい環境で心身ともに再起できるチャンスと捉えましょう。

自分の得意不得意を考える時間を作れる

新卒で辞めることは、自分自身を見つめ直し、得意なことや興味を持っている分野についてじっくりと考える良い機会となります。

これまでの経験を振り返り、自分が本当にやりたいことや向いていることを考え抜きましょう。

自己分析を行いながら、次のステップに進むための計画を立てることで、今までは見えなかった本当の自分が見えてくるものです。

副業で稼ぎながらスキルアップする時間を作れる

新卒で辞める場合、次の仕事を見つけるまでの期間を有効活用できます。

そのなかで副業に取り組むことで、新しいスキルを身につけたり、自己PRを充実させたりすることができます。

副業を通じて得た経験やスキルは、将来のキャリアにおいて大きな武器となることでしょう。

仮に、副業が軌道に乗った場合は、フリーランスとして働き始めることも可能なので、独立したい方は副業に注力するのもおすすめです。

新卒で辞めるデメリット

新卒で辞めるメリットは多いですが、正直に言うとデメリットもあります。

新卒で辞めるデメリットは、以下の通りです。

新卒で辞めるデメリット

  • 勤務期間によっては転職が不利になる場合もある
  • つらいことから逃げる癖が付く可能性がある
  • 焦って転職活動を行うとブラック企業に入社するリスクもある

自身の状況と照らし合わせて、内容を確認していきましょう。

勤務期間によっては転職が不利になる場合もある

一般的に転職活動で企業は、応募者の職務経験を重視します。

新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまうと、職務経験が浅くなり、転職活動で不利になる可能性があります。

特に、3ヶ月以内に退職してしまうと「すぐに辞める人」という印象を持たれてしまい、採用担当者に警戒されてしまう可能性もあります。

つらいことから逃げる癖が付く可能性がある

新卒で入社した会社で辛い経験をしてすぐに辞めてしまうと、今後つらいことに直面した際に「辞める」という選択肢が頭をよぎりやすくなります。

しかし、社会人生活につらいことや苦しいことはつきものです。

新卒で会社を辞めてしまうと、つらいことから逃げる癖が付いてしまい、将来のキャリアに悪影響を与える可能性もあるので注意が必要です。

単に自分が甘えているだけなのか、外的要因によってメンタルがボロボロになっているのかを見極め、正しい選択をしましょう。

仮に「全て自分が悪い」というような極端な考え方になっている場合は、本当は外的要因によってネガティブになっている可能性も高いので、一度客観的に判断できる友人に相談してみることをおすすめします。

焦って転職活動を行うとブラック企業に入社するリスクもある

新卒で会社を辞めてすぐに転職活動を行うと、焦って判断してしまい、ブラック企業に入社してしまうリスクもあります。

ブラック企業では、長時間労働や低賃金、パワハラなどの問題が横行しており、心身ともに大きなダメージを受ける可能性があります。

勇気を振り絞って辞めたのに、ブラック企業に入社してしまっては逆効果なので、きちんと企業リサーチを行い、就職活動を行いましょう。

新卒で辞めても人生終わりじゃなかった事例・体験談

新卒で会社を辞めたAさんは、会社を辞めて1年後にはフリーランスとして活躍しています。

Aさんは保険会社に入社しましたが、ノルマが厳しかったり上司からの圧力を感じたりして、「自分には合わない」と判断して入社後10ヶ月で退職しました。

退職後数ヵ月は、メンタルを調整するために一時休養を取り、十分動けるようになってからスキルを身に付けるための勉強を行いつつアルバイトを始めました。

勉強とアルバイトの生活を半年ほど続け、副業に挑戦し始めると少しずつ収益化できるようになり、現在はフリーランスとして活躍しています。

このように、向上心が高くても、自分とは合わない環境に身を置くことで疲弊してしまうケースもあるので、思い切って辞めるのも決して悪いことではありません。

仮に、今の環境で心を病んでしまっているのなら今すぐに退職し、新たな道を見つけることをおすすめします。

新卒で辞めずに継続するコツ【今の会社で継続したい方向け】

ここまで、新卒で辞めるという部分に焦点を合わせて解説してきましたが、まだ辞めずに継続してみたいと考えている方もいることでしょう。

そこで、新卒で辞めずに継続するコツを3つ解説します。

新卒で辞めずに継続するコツ

  • 会社で働くやりがい・メリットを見つける
  • 人間関係で悩んでいる場合は上司に相談してみる
  • 新しいスキルを学んで副業で稼ぐ

会社で働くやりがい・メリットを見つける

新卒で入社した企業で継続するためには、仕事に対するやりがいやメリットを見つけることが重要です。

仕事にやりがいを感じることで、モチベーションが向上し、長期間にわたって働く原動力となります。

具体的な成果やプロジェクトへの参加、自身の成長など、ポジティブな面にフォーカスして意識的に捉えることが大切です。

人間関係で悩んでいる場合は上司に相談してみる

職場の人間関係で悩みが生じた場合、まずは上司に相談してみることが重要です。

上司に相談することで、コミュニケーションの円滑化や問題解決のためのサポートを期待できます。

上司との対話を通じて、適切なアドバイスやサポートを受けながら、職場環境の改善に向けて取り組むことで、不安や悩みを軽減させることができます。

新しいスキルを学んで副業で稼ぐ

仮に、新卒で辞めずに継続する場合、会社に勤めながら新しいスキルを学んで副業で稼ぐという方法もおすすめです。

おすすめの副業スキルはこちらの記事でたくさん紹介しています。

会社のどの部分に不満を感じているかは人によって変わりますが、新しいスキルを学んで副業で稼げるようになると、いつでも辞めるという選択を取れるようになります。

しかし、会社に勤めている方の多くは時間がないと悩んでいることでしょう。

そこでおすすめなのは、スキマ時間にスマホ1台で取り組めるスマホ副業です。

公式サイトのキャプチャ画像

副業アンケートは、スキルや知識は必要なしで、1日10分継続するだけで稼げます。

実際に利用者130名に「1ヶ月でどれだけ稼げたか」というアンケートを実施した結果、125名が「10万円以上稼げた」と回答しています。

そして、50万円以上稼げた人は130名中104名いるため、会社員の本収入より多く稼いでいる方が大半です。

通勤時間の30分で収入を30万円アップさせることもできますし、辞めたくなったらいつでも辞められるので、副業でスキルを身に付けたい方は以下のボタンから副業アンケートを始めましょう。

このような悩みがある人におすすめ

  • 会社を辞めるための自信を得たい
  • 大きな時間をかけずに収益化したい
  • 月収50万円以上を副業で稼ぎたい

新卒でも辞めた方がいい企業の特徴

辛い中、新卒で辞めずに継続することも素晴らしいことですが、実際は勇気を持って辞めた方がいい企業も一定数存在しています。

仮に、以下5つの中でひとつでも当てはまった場合、新卒でも辞めた方がいいと言えます。

新卒でも辞めた方がいい企業の特徴

  1. 長時間労働・有給未消化が常習化している
  2. パワハラ・セクハラなど人間関係に問題がある
  3. 意見が全く尊重されない
  4. 成長・スキルアップが見込めない
  5. 将来のビジョンとかけ離れている

現在、自身が勤めている企業を思い浮かべながら、記事を読み進めましょう。

1.長時間労働・有給未消化が常習化している

長時間労働や有給未消化が常習化している企業は、労働環境が悪く、心身ともに大きな負担がかかります。

このような企業で働き続けると、健康を損なったり、プライベートを犠牲にしなければならなくなる可能性があります。

仮に、勤めている企業に疑問を感じた場合、労働基準法を確認してみましょう。

仮に労働基準法を違反していれば、労働基準監督署に相談することをおすすめします。

2.パワハラ・セクハラなど人間関係に問題がある

職場においてパワハラやセクハラなどの人間関係の問題が横行している企業は、自分も同じような被害に遭う可能性があります。

仮に、パワハラ・セクハラ被害に遭った場合は、上司や社長、労働基準監督署などの相談できるところに相談しましょう。

相談する気力も起きず、会社に行くのが怖いと感じている場合は、無理に相談せずそのまま退職しても問題ありません。

しかし「なんとしても相手にやり返したい」という気持ちがある場合、弁護士に相談してみることをおすすめします。

証拠を集めることで示談金を受け取れる可能性が高まり、退職後生活が楽になるケースもあります。

3.意見が全く尊重されない

働く上での提案や意見が全く尊重されず、従業員の声が反映されない企業は、自己成長や働きがいを感じにくくなります。

仮に、出したアイディアに対して、文句を言われたり無視をされたりすると、今後も同じような対応が続く可能性が高いです。

仕事に対する意欲を根本から奪われないように、思い切って退職することをおすすめします。

4.成長・スキルアップが見込めない

将来的な成長やスキルアップが見込めない企業は、入社後にステップアップが難しい状況が続く可能性があります。

企業が自らの従業員の成長をサポートし、キャリアの構築を促進する環境でない場合、働きがいを感じにくくなります。

退職して新たなキャリアを歩み始めるのは一見リスクが高いように見えますが、成長・スキルアップを見込めない企業で何もしないで数年過ごすほうがハイリスクです。

自己成長に目を向けている方は、退職することをおすすめします。

5.将来のビジョンとかけ離れている

企業のビジョンや理念が自分の将来のキャリアや価値観と合わない場合、長期的に働くことは難しいでしょう。

企業の方針と自身の目標が合致しない場合、モチベーションや働きがいがなくなるので、必要なスキルを身に付けると退職してしまいましょう。

新卒で辞める前にやっておきたい3つのこと

現在勤めている会社から退職する場合、まずは以下3つのことをやっておきましょう。

新卒で辞める前にやっておきたい3つのこと

  • 退職するメリット・デメリットを自分なりに再確認する
  • 自分の得意・不得意を言語化する
  • 転職サイト・転職エージェントに登録する

退職するメリット・デメリットを自分なりに再確認する

転職を考える際、まず自分なりに退職するメリットとデメリットを再確認することが重要です。

現在の職場でのやりがいや成長の機会、人間関係などの良い点と、転職することで失うかもしれない安定感や経済的なリスクなどを同時に考えましょう。

仮に、退職するデメリットの方が大きい場合、考え直して同じ企業に働き続けるのも一つの方法です。

自分の得意・不得意を言語化する

転職活動を行う際には、自分の得意・不得意を言語化しておくことが重要です。

自分の強みや弱みを理解することで、自分に合った仕事や企業を見つけやすくなります。

得意・不得意を言語化するポイント

  • 具体的なエピソードに基づいて考える
  • 客観的な視点から自分自身を分析する
  • 強みと弱みを両方とも書き出す

上記のようにして、得意・不得意を言語化しましょう。

転職サイト・転職エージェントに登録する

転職活動を始めるには、転職サイトや転職エージェントに登録することが効果的です。

これらのプラットフォームを利用することで、様々な求人情報を手に入れ、企業とのマッチングがスムーズに進みます。

登録時には、自分の希望条件や職務経歴を詳細に入力することで、自分にピッタリの仕事を見つけるためのサポートを受けることができます。

長続きする会社に転職するコツ【次の会社で継続したい方向け】

新卒で会社を退職しても、次すぐに辞めてしまってはあまり意味がありません。

長続きする会社に転職することが重要なので、以下3つのコツを押さえておきましょう。

長続きする会社に転職するコツ

  • 自己分析で得意不得意を明確化する
  • 企業研究で自分と相性が良いか判断する
  • 転職エージェントにおすすめの求人を紹介してもらう

自己分析で得意不得意を明確化する

転職を考える際には、自分の得意なことや不得意なことを明確にすることが重要です。

自己分析を通じて、スキルや経験、性格などを整理しましょう。

自己分析によって自分がどのような職場や仕事に向いているのかを理解し、適切な求人を見つける助けになります。

自分の強みや弱みを把握することで、長続きする仕事環境を見つける一歩となります。

企業研究で自分と相性が良いか判断する

転職先の企業研究は非常に重要です。

企業の文化や価値観、ワークライフバランス、キャリアパスなどを詳しく調査しましょう。

また、企業の社風や風土が自分に合っているかどうかも考慮材料となります。

企業研究を徹底すると、転職後も長く働き続けるための環境を見極めることができます。

転職エージェントにおすすめの求人を紹介してもらう

転職エージェントは転職活動をサポートしてくれる重要な存在です。

エージェントに自分の希望条件やキャリアの目標を伝え、適切な求人を紹介してもらうことで、時間を節約し、効率的に転職活動を進めることができます。

エージェントが企業とのパートナーシップを築いている場合、優良な求人を紹介してもらう確率が高まります。

適切なアドバイスを受けることで、自分に合った長期的なキャリアプランを描くことができるでしょう。

【まとめ】新卒で辞めたら新たな人生を始める大チャンス!

本記事では、新卒で辞めても人生終わりじゃない理由や新卒で辞めるメリット・デメリットなどを解説しました。

過去の風潮から「新卒で辞める=マイナスの出来事」と考える方も多いですが、実際は人生をプラスに変えるチャンスでもあります。

仮に、残業があり、1日12時間週5日会社で働いていたとすると、1週間で60時間以上の時間が生まれます。

その時間で新しい副業を始めると、半年から1年で会社員時代と同じくらいの収入を得られるようになるでしょう。

また、会社に勤めながらでも、スマホ副業でスキマ時間に収益化すれば心の余裕が生まれます。

まずはスマホ副業で成功体験を積みたいという方は、以下のボタンからスマホdeマネーを始めましょう。

スマホdeマネーの
概要を見てみる!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*