ネットショップおすすめランキング12選!最新のサービス徹底比較!

おすすめネットショップランキング12選!最新のサービス徹底比較!

この記事では、ネットショップおすすめを比較していきます。

ネットショップってたくさんあるけどどこがおすすめ?
ネットショップおすすめを比較して欲しい!

ネットショップのおすすめがたくさんあって迷ってしまいますよね。そこでここでは、ネットショップのおすすめを比較していきます。

この記事で分かること

  • ネットショップの種類
  • おすすめネットショップ7選を比較
  • ネットショップは稼げるのか?

結論から言いますと、ネットショップは稼ぐのに時間がかかります

ネットショップのおすすめを比較しましたが、開設したお店が認知されるまで時間がかかります。

ネットショップからの売り上げが上がるまでは、利益がありません。

正直利益ゼロでネットショップを続けていくのは、大変です。

少なくともネットショップ開設にあたる初期費用だけでも事前に稼いでおく必要があります。

そこでおすすめなのが、副業。

売り上げが上がるまでに、副業をしてお金を稼いでおけばネットショップを続けやすくなります。

おすすめの副業が、スマホdeマネー。副業研究所がおすすめする副業です。

スマホdeマネーは、スマホ1台で完結する副業の1つ。

いつでもどこでも稼ぐことができますので、ネットショップの仕事をしている合間でもできます。

無料でお試しできますので、登録だけでも済ませてはいかがでしょうか?

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ネットショップの種類

ネットショップの種類

ネットショップには、大別すると「モール型」と「ショッピングカート型」の2種類があります

これからネットショップを始めるなら、どちらが良いのか?

ここでは、ネットショップの種類について解説します。

モール型

モール型は、デパートの1つ1つのお店をインターネット上にしたようなものです。

例えば、楽天やヤフーショッピング。

様々な商品カテゴリーを含んでおり、商品をクリックすると、登録されているお店の商品を見ることができます。

「おすすめ順」「評価の高い順」「安い順」で並び替えることがもできます。

ショッピングカート型

ショッピングカート型は、独自ドメインでネットショップを運用できるサイトです。

モール型と比べると、ルールが緩く、デザインも好きなものを使うことができます。

自由が利く分、集客を自身で行う必要があります。

どっちがおすすめ?

「利用するのなら、どちらのショッピングサイトが良いの?」気になりますよね。

1つの視点が、資金力です。

資金力がある人は、モール型を選ぶの良いです。なぜなら、集客をすぐにできるから。大手のショッピングモールを利用すると、サイトに訪れる人が多いためすぐに売り上げを上げることもできます。

ただし、出店者が多いため、価格競争になることもあります。

もう1つの視点が、すでに売れている商品があることです。

もし商品がすでに実店舗で売れている場合は、ショッピングカート型がおすすめです。

なぜなら、やるべきことが集客だけになるから。

ネットショップの売り上げを上げる要素は、「商品力」と「集客力」の2つです。

すでに商品を売ることが出来ている場合は、集客だけに集中するだけ。

「集客ならモール型でも良いんじゃない?」

こう思う人もいるでしょう。確かにそうです。しかし、モール型の場合は、手数料が高くつきます。

運営や月ごとの運営用費用も高いため、利益率を高くしたいのなら、ショッピングカートがおすすめです。

手数料だけの問題なら、「スマホdeマネー」のような副業で、始めの手数料を稼ぐのもありかもしれませんね。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

モール型ネットショップおすすめ比較一覧【7選】

モール型ネットショップおすすめ比較一覧

ここでは、モール型ネットショップのおすすめを比較します

モール型ネットショップおすすめ比較のまとめ

  • Amazon
  • 楽天市場
  • メルカリ
  • ラクマ
  • Qoo10
  • ヤマダモール
  • ヤフオク

1つ1つ紹介します。

Amazon

Amazon

Amazonは、日本国内の最大オンラインECモールの1つです。Amazonの出品には、2種類存在します。

1つが、大口。もう1つが小口。2つの出品の違いがこちら。

  • 大口出品者:月額4,900円 販売手数料は販売額の8〜15%
  • 小口出品者:月額無料 販売手数料は100円+販売額の8〜15%

大口出品の方が、販売のしやすさや手数料が少なく済みます。

本格的に販売をするのであれば、大口出品がおすすめです。

楽天市場

楽天市場

楽天市場は、大手のショッピングサイトの1つです。手数料は、販売額の10%前後かかります。

さらに、出店料金や基本料金、デザインの修正などにも費用が発生します。

また商品が売れてから入金までも時間がかかります。まとまった資金がある人には、おすすめのショッピングサイトです。

メルカリ

メルカリ

メルカリは、フリマアプリの中でユーザー数が一番多いサイトです。7,000万人近くの利用者がいます。

お得に商品を利用したい人が利用する場合が多いです。

お得に商品が利用できる価格で販売できることが鍵になります。安い仕入れ先を見つけられれば、ユーザー数が多いので、利益を上げることができます。

メルカリの口コミや評判はこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせてご一読ください。

ラクマ

ラクマ

ラクマは、ユーザー数がメルカリについで多いフリマアプリです。

メルカリの手数料が10%に対して、ラクマは手数料が3.5%と安いのが特徴。

メルカリに比べてユーザー数が少ないため、メルカリよりもよりお得に販売できる商品があれば利用するをおすすめします。

ラクマの口コミや評判はこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせてご一読ください。

Qoo10

Qoo10

Qoo10は、韓国から世界へ展開したサイトです。

販売をするためには、販売手数料が6~10%程度。販売する商品のカテゴリーごとに手数料が変わります。

月額手数料や販売手数料はかかりません。

ヤマダモール

ヤマダモール

ヤマダ電機が運営しているオンラインサイトです。

手数料は、

  • 月額手数料
  • 販売手数料
  • ポイント分の手数料

がかかります。

ヤマダモールは、ヤマダ電機で商品を購入したポイントを使えます。

ポイントをネットで商品を購入したいと思う人を取り囲むことができれば、売り上げを増やすこともできます。

ヤフオク

ヤフオク

ヤフオクは、1000万人を超えるユーザー数のいるオークションサイトです。

メルカリに比べれば、ユーザー数が少ないですが、まだまだ販売先として優れているサイトの1つ。

手数料が8.64%ですが、落札するユーザビリティーを考えた決済手数料が無料になっています。

ヤフオクは、いかに売れる商品と価格帯を分析する目が必要です。

ヤフオクの口コミや評判はこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせてご一読ください。

カート型ネットショップおすすめ比較一覧【5選】

カート型ネットショップおすすめ比較

ここでは、カート型ネットショップのおすすめを比較します

カート型ネットショップおすすめ比較のまとめ

  • BASE
  • STORES
  • EC CUBE
  • MakeShop
  • カラミ―ショップ

1つ1つ紹介します。

BASE

BASE

BASEは、ネットショップを始めるに開設するならおすすめできるネットショップです。

なぜなら、操作性が優れているから。初めてネットショップを扱う人でも見やすいサイトになっています。

手数料は、販売額の6.6%+40円です。販売手数料以外には、お金がかからないため、お試しでネットショップを始めたい方にはおすすめです。

BASEの口コミや評判はこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせてご一読ください。

\無料でネットショップを開く!/

BASEに
今すぐ登録する!

STORES

stores.jp

STORESは、SNS連携やデザインを作ることができるネットショップです。

SNSが得意な人は、各媒体から集客をすることができます。さらに、HTMLやCSSを知っている人であれば、サイトのデザインを変更することもできます。

ネットショップのデザインを変えて、自ら集客をしっかりできる人にはおすすめのネットショップです。

STORESの口コミや評判はこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせてご一読ください。

\テレビCMで話題沸騰中!/

Storesに
今すぐ登録する!

EC CUBE

EC CUBE

EC-CUBEは、ショッピングサイトを構築するときに便利な無料ソフトです。

EC-CUBEを使えば、オリジナリティのあるサイト作り出すことができます。

さらに、様々な機能をつけることで、他にはないネットショップを作ることもできます。

ただし、自分のサイトにどの機能が必要なのか?を考えられないと、多くの機能に迷ってしまいます。

ある程度ネットショップを作るのに、慣れた人であればおすすめできるサイトです。

Make Shop

Make Shop

MakeShopは、集客をしやすいネットショップを作ることができます。なぜなら、アイテムポストという仕組みがあるから。

アイテムポストとは、ヤフオクや価格.comなどの有名サイトにワンクリックで商品を掲載することができる機能です。

各サイトを経由して売れた時だけ手数料が発生します。手数料は各サイトによって異なります。多くのサイトにあなたのショップを見せることができるので、すぐに売り上げをあげることもできます。

カラーミーショップ

カラミ―ショップ

カラーミーショップは、導入店舗数が一番多いネットショップ。

カラミ―ショップが人気のある理由は、サポートの充実生と豊富な決済方法です。

カラミ―ショップは、メールやチャットだけでなく電話サポートもできます。

さらに、カラミ―ショップやPaypalやAmazonPayなどもりようできる機能を追加できます。

多くの決済方法を利用したいならカラミ―ショップはおすすめです。

ネットショップでは稼ぐことはできる?

ネットショップでは稼ぐことはできる?

「ネットショップって稼ぐことができるの?」と気になる人もいるでしょう。

ここでは、ネットショップで稼ぐことができるのか?について検証します

努力次第で稼げる

結論を言うと、ネットショップは努力次第で稼ぐことができます。

「何?根性論なの?」

確かにひたすら努力をする必要はあります。しかし、努力の方向が間違っていると稼げません。

どんな努力をしたら良いのか?ネットショップで稼ぐためには、2つの努力が必要です。

  • 集客
  • 良い商品を扱うこと

良い商品を扱うのは、当たり前ですよね。あなたのお店で扱う商品が粗悪品だと、すぐに噂は広まります。

SNSを使って拡散されやすい時代ですので、ネットショップで扱う商品は必ずあなたのお勧めできるものを扱いましょう。

さらに、集客にも力を入れましょう。有名なネットショップを利用しても、あなたの商品の認知を広めるための努力をしなければ、商品は売れません。

なぜなら、ライバルが多いです。ライバルが多くても勝てるように、集客に力を入れなければいけません。

ぜひネットショップで稼ぐのであれば、集客と良い商品を扱うことに力を注ぎましょう。

【まとめ】ネットショップのおすすめ比較一覧

ネットショップおすすめ比較のまとめ

これまで、ネットショップのおすすめを比較しました。

ネットショップのおすすめ比較まとめ

  • ネットショップで稼ぐことはできる
  • ただし努力がかなり必要です
  • ネットショップの初期費用は副業で稼ごう
  • 副業をするならスマホdeマネーがおすすめ

結論を言うと、ネットショップで稼ぐのは、時間がかかります。

もしネットショップで稼ぎたいなら、他の副業を並行して実践するのがおすすめ。

副業は、いつでもどこでもできるものが良いですね。

そこでおすすめなのが、スマホdeマネー。副業研究所がおすすめする副業です。

スマホdeマネーは、スマホ1台で稼ぐことができます。

スキマ時間で稼げますので、ネットショップと並行をしながら無理なく実践できます。

興味のある方は、公式サイトをご覧ください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*